ブログネタ
ひとりごと に参加中!
難易度:簡単








このシナリオではアルブケルケの部下を転向させるところから始まります。同じポルトガル人なので殺害数は極力減らしたいところです。聖職者のスキルで「転向を行った際には一人だけ休息すればよい」というものがあるのですが、これは帝王の時代のスキルのようなのでまずは帝王の時代へ進化させます。敵は攻めてこないので比較的のんびりしていても大丈夫だと思います。町の中心がないので適当な位置に作成する必要はあります。

聖職者をある程度の人数作成し研究をいくつかした後に転向の旅へでます。転向させた後にそのユニットは自軍側につくのですが、殺害数を抑えたいのであればすぐさまそのユニットを後方へ移動させておく必要があります。尤も集団で来られた時はある程度の犠牲はやむなしといったところですが・・・。ポルトガルの町の前での攻防ではこちらの聖職者も倒されてしまいましたが、見事目的を達成させることが出来ました。そうしたらマップ上の敵が襲ってくるようになり、さらに制限時間内に民族の象徴を破壊するように言われます。



いきなりかよと思ったけど、手持ちの船には何隻かのキャラベル船にキャノンガリオン船があったので、それで破壊しました。輸送船の中には兵士が乗っているので上陸させて町の防備をさせました。この時点では城の一つも無かったため、町の人が何人か犠牲になってしまいました。敵の上陸部隊は手持ちの兵士で片づけて一旦は落ち着きました。でも船を操作している間に転向につかってた聖職者たちは敵の手にかかり全滅しました・・・。

民族の象徴を破壊すると以下の目的に変わります。



難易度:簡単ということもあり民族の象徴を建造、防衛は楽すぎるとおもったので敵を殲滅する方を選びました。最初の敵はトルコになります。主に北側から攻めてこられるので、北側の橋の手前に築城しました。同時期にフェイトリアを一つだけ建設し、時間とともに資源を獲得できるようにしました。どの兵種を主として攻め込もうかと思案した結果、採用したのは騎兵です。足が速くて敵の遠距離ユニットを倒しやすいのと、敵側の町の人にちょっかいを出しやすいためです。

敵の砦は守りが固く破城鎚を大量投入して門をぶち破りました。内部には城や各種育成所があり、門をぶち破ってからも激しい戦闘は続きました。そこで敵の兵站を削ぐため砦後方にある町の中心を騎兵で破壊し、町の人を倒していきました。その甲斐あってか敵の攻撃は緩み、城を破壊したりパシャを倒したりできました。

次はマムルークを攻略する予定でしたが、どうも敵が自軍の西側から攻め入ることが増えたのでそちら側にも城を建てておきました。マムルークは防壁に守られているということはありませんでしたが、防御塔や砲台があるので騎兵で破壊しようとすると損害は甚大でした。町の中心を狙い撃ちにと思ったけど近くに城があるため、結構な騎兵が倒されました。それでも内政を荒らすというのは中々効果的で、敵の攻撃が幾分和らいだように思えました。フェイトリアもきっちり破壊したし。城や塔は破城鎚で破壊しマムルークのパシャも倒すことが出来ました。

最後はディーウの攻略となりました。沿岸部に施設があったので艦砲射撃は有効でした。ここに限ったことじゃなかったかもしれませんが・・・。今思えばもっと早めに海軍をうまく運用していたら、ここに至るまでの道のりはもう少し楽だったかもしれません。それはともかくとして艦砲射撃ですべての港と城を破壊して残るのはパシャのみとなりました。ユニット相性としては本当のところは槍兵がよかったのだけど、作り置きしておいて余り気味な騎兵をぶつけました。多数の屍が折り重なる中、見事パシャを撃破しゲームクリアとなりました。