ブログネタ
ひとりごと に参加中!
難易度:簡単







前回と同じ轍を踏まないように、重要人物が今どうなっているかを注意しながらプレイしました。またトレドの制圧で損害が大きくなっていたので、今回は塔を守っている兵士に弓を打ち込んで外まで引っ張り出して待ち伏せていた兵士で叩くという戦法をとりました。おかげで損害は少な目でしたが制圧に時間がかかってしまい、「急ぎましょう」的なセリフを言われたので最後の1塔は直接トレドへ乗り込んで兵士と塔を破壊して制圧しました。外にいたターリクがやられかけていたので慌てて城の中へ避難させました。あぶないあぶない。

前回同様、トレドの出入り口は一か所だけにして後は城壁で塞ぎ、東側には城を建てました。内政は順調で徐々に軌道に乗って来たなと思ったところでセビリアが「民族の象徴」を建設し始めたのです。・・・この間より建てはじめるの早いよ・・・。でもそんな時・・・



ムーサー イブン ヌサイルの軍が到着したのです。前回は援軍として現れた兵士、兵器を連れて行ったけど、今回は足の遅い破城鎚とスコーピオンとムーサーはコルドバ内に置いておきました。兵士は損耗することを前提として槍兵と散兵を援軍に加え、セビリア攻略をしました。

セビリアは民族の象徴と城を破壊したところで降伏しました。降伏後も兵士は攻撃してくるのでしばらく戦闘は続きました。遠投投石機は破壊されてしまったものもあったのですが、損傷しているだけのものは修理して使い回しました。その後も別の町で民族の象徴が建設され始めるので、それを破壊→制圧の流れとなりました。3つ目の都市はグアダラハーラだったので、今までため込んでいた遠投投石機を全て出陣させ、城はあっという間に粉砕されました。この街は城を破壊しただけでは降伏しなかったので、敵側の町の人を全滅させたところで降伏し、ゲームクリアとなりました。