昨日訪問した海老名市図書館、現在中央図書館は改装中(工費10億円)
なので分館の有馬図書館で、谷一統括館長(このような肩書になったそうです)
有馬図書館長松田氏から話を伺いました。中央図書館長には、当ブログでも
紹介したCCCの執行役員高橋氏が就任するとの説明を聞きびっくり。海老名
では、CCCとTRCの共同事業体が指定管理団体として選ばれたと聞いて
いたのでテッキリ書籍、DVDレンタル等はCCCが、図書館はTRCが分担して
運営することになると思っていたのですが、TRCが担当するのは有馬図書館
と学校図書館支援、中央図書館の運営はCCCのみで運営するそうです。
  今回の業者選定に当たっては、一応入札が行われたそうですが、応募した
のは1グループだけ、実質随意契約でした。委託費は一括して支払われるそう
すがその内訳は不明、蔦屋書店、スターバックスが負担する家賃も非公開です。
今回同行していただいた福富氏が情報公開請求して入手した事業報告書を
見せてもらいましたが、肝心な部分はすべて黒塗り、内容がほとんどわからない
状態でした。話し合い終了後、改装中の現場で外観だけ見学しましたが
海老名駅に隣接しているとは言うものの、徒歩で10分ぐらいかかる所に位置して
おり、文化会館以外はまだ未整備の区域が大半でとても「集客」を期待できる
立地ではありませんでした。正直、現地見学で実のある情報はほとんど得られ
ませんでしたが、ただ谷一さんに直接面談して、率直な意見交換ができたことは
収穫でした。(彼女の考えについてはネット検索すれば、かなり詳細に紹介されて
います)

   ※  書き忘れてしまいましたが、町田図書館では今年度資料費が前年比で
     なんと30%、額にして1500万円がカットされとの事。聞くところによると
     図書館協議会委員のかなりの人が現市長の対立候補を応援したことへの
    「報復」ではないかとの話です。