本日、小牧市役所会議室で「第2回  新小牧市立図書館建設審議会」が
開催されました。傍聴は先回とほぼ同数の29名。以下は会議に提出された
資料の大要です。
 
   ①  今後の進め方の基本的考え方について
       1、  答申     諮問のあった「新図書館の建設方針」は、「新小牧図書館
                       建設基本計画書」(H21.3) を改訂するものとし、これを答申
                       とする。
        2、 審議の進め方     「新小牧市立図書館基本計画書」を一通り審議
                        した段階で、中間的に「新図書館の建設方針(案)を取り
                        まとめる。その後の審議は、審議項目を絞り込んだ上で
                        議論していく。
        3、 他自治体の図書館についての勉強     本格的な審議を始める前に、
                       他市の図書館の関係者を招いて、講義およびパネルデイス
                       カッションを行う。
        4、 グループ分け     より活発な議論を行うため、一部、部会制を採択する。
                       部会はソフト部会(サービス及び運営)とハード部会(施設及び
                       設備)とする。
        5、その他       アンケートについては、今後、審議会が必要と認めた場合に
                       実施することとし、現時点ではスケジュールに組み込まない。

    「審議会」の議論の進め方について「小牧の図書館を考える会」の渡辺さん
郷治さんのお二人から「審議会の議論に関しては多くの市民が関心を持っている。
傍聴者も大勢出席しているのだから、発言の機会を保障すべき」との意見が出され
ましたが、内野会長は「審議会はあくまで審議委員の皆さんの審議の場なので
傍聴者の意見を聞く場とすることは考えていない」と発言、他の委員の方どなたも
「沈黙」したままだったので、結局会長の意見に「同意」したものとみなされ提案は
認められませんでした。アンケートの先送りも含め、審議会運営の「閉鎖性」が懸念
されるところです。 

    ※  アメリカでは議会で傍聴者である市民が自由に発言する権利が当たり前のように
      認められています。(  ブログ「山下りつこのぶっちゃけ本音ルポ」2009年6月9日付を
      お読みください)   傍聴者の発言を認めることにより審議会の議論に市民の声を直接
      反映させることが可能となり、審議会の議論をより活性化させることにつながることは
      間違いありません。(そんなことを認めたら審議会が混乱するとの意見もありますが
     「傍聴要綱」には「会議の秩序を乱し、会議の支障となる行為をしないこと」と記され
     「傍聴者が上記の事項に違反した場合又は係員の指示に従わない場合は、退場して
      もらうことがあります」とも書かれているので議事進行に関する議決に際し投票権を
     持たない傍聴者が 審議会を混乱させようと思ってもできない「仕組み」になっています)
       

      ②   審議会のスケジュール(案)   ※  日程は「候補日」です

     第3回  (5月11日:水   AM10時)
                 他市図書館職員と内野会長のパネルデイスカッション
                  テーマ「図書館サービスの可能性」   多治見図書館、塩尻図書館の
                            職員を招いて実施
     第4回  ( 5月25日: 水   AM10時)
                全体会     新図書館の基本方針について
                                新図書館に必要な機能とサービス
                                新図書館の資料収集目標
     第5回  (  6月6日:  月   AM2時) 
                全体会    新図書館の建設計画の基本的考え方
     第6回  (  6月29日:  水  PM2時)
                    全体会    新図書館の建設位置、規模
     第7回   (  7月13日: 水   PM1時半)
                    ソフト部会   図書館システム及びネットワークの構築方針
                    ハード部会   駐車場及び駐輪場整備について
                                        図書館家具、サイン、各種設備について
     第8回    ( 7月27日:   水  AM8時)
                    ソフト部会    専門職員の育成、その他の管理、運営
                    ハード部会   建設スケジュール
     第9回    日程未定    全体会    管理運営手法について
     第10回   日程未定   全体会   中間的な「新図書館の建設方針(案)の
                                                   とりまとめ 

    この日程を見ると「図書館の建設位置と規模」「管理運営手法」について1日
議論するだけとなっており、相当タイトなスケジュール設定となっています。ただ
この日程はあくまで目安であり、議論の内容によって柔軟に対応するという
事なのであまり気にする必要はなさそうです。第3回として「パネルデイスカッション」
が予定されていますが、この日は「審議」というより「学習」という位置づけになるの
ですから、それこそ質疑を「審議委員」に限定することなく、一般市民も議論に加わ
れる、よりオープンな場にしてもらいたいものです。
  
   ※  審議会の議事内容については後日HPで公表されます。(約10日後)