October 2007

October 30, 2007

直井君、飲み会沢山の方で盛り上がったよ!

みなさん、こんにちは。井口です。

昨日、突然飲み会を開催しました!

今回は2日前から告知したのもあったのか、多くの方にいらして頂き、深く感激しました!

いらして頂いた皆様、有難うございます!初めてお会いする方も多く、新鮮さと高揚感がいっぱいで、おいしい酒が飲めました。

沢山の方にこのブログを読んで頂いていると実感し、感謝の気持ちでいっぱいです。

初対面同士の方も多かったのですが、時間がたつごとに打ち解けて、良い感じで盛り上がった気がします!

昨夜は偶然に荒川良々さんや遠藤憲一さんが飲みにくるというビックリサプライズもあり、無意識的豪華オフ会になった気がします!
やっぱりこういうブログを読んでる方同士の交流もたまにはいいですね。ブログを始めて本当に良かったです。
また時折開催するつもりでおりますので、今回来れなかった方もぜひいらしてください!

それではまた!


iguchinoboru at 15:24|PermalinkComments(8)TrackBack(0) DIARY 

October 29, 2007

突然飲み会問い合わせ先

こんにちは今日の夜開催される「突然飲み会」の問い合わせ先をお伝えします。

ビキニマシーン

03-3202-7733

夜九時すぎ辺りからマスター・デモ田中がいますので、問い合わせは彼にしてみてください。

僕は九時半くらいに行きます。

ちなみに場所は新宿歌舞伎町の風林会館から歩いて一分です。わかりにくい場所なので電話問い合わせをおすすめします。

では、来られる皆さん、後ほどお会いしましょう!


iguchinoboru at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) DIARY 

October 28, 2007

明日の飲み会続報です!

こんばんは!突然飲み会の参加希望コメント有難うございます!
ぜひいらしてください!

夜九時半くらいから新宿歌舞伎町ビキニマシーンでやります!

場所分からない方は明日お店の番号をブログにアップしますので、読んでくださいね!
朝まで開催予定です!では明日楽しみにしております!


iguchinoboru at 23:46|PermalinkComments(8)TrackBack(0) DIARY 

突然飲み会参加者募集の瑳跌

日々、演ぶゼミ短編映画用の台本を書いてます。

SFです。藤子不二夫のAみたいなブラックユーモアものを目指しています。

コメントを頂きましたヤエガシさん、はあとさん、たけうちさん、有難うございました!
マシンガールは今後なかなかいい展開をしそうです。きっと皆さんにお目にかける日が来ますので、もう少しお待ちください!


ピルクルさん、コメントの返事が遅くなってすみません!神代辰巳監督の僕は大ファンで作品はほとんど観ています。

ロマンポルノ時代もたまらないですが、僕は草刈正雄さん主演の「櫛の火」や、「遠い明日」といったマイナーであまり評価されてない作品を愛してます。
特に「遠い明日」は三浦友和の目を若山富三郎が舐める場面が焼き付いて離れないです。DVDとかならないのかなぁ。

昨日は好きすぎて「青春の瑳跌」をバルド9にまた観に行ってしまった。今週二度目である。

もう何度観ても新鮮だから凄い。音楽を聞く感覚で観れる心地良い大傑作だ。

カメラと編集も凄い。凄いとしか言葉がみつからない。さりげないインサートや、手持ち長まわしのシーンで奇跡の様な名場面も多い。長まわしといえば最近は「引きのフィックス」ばかりでスタイリッシュすぎるものが多いけど、色々な監督にこの映画を見せたい。芝居を撮るとはこういう事だ。

それにしても哀しくもキラキラした映画だ。ショーケンも神がかったみたいに素晴らしいし、役者も皆いい。

見終ってしまうのが寂しくなる映画だ。また何年後に観るのだろうなぁ。



さて、また「突然飲み会」をやろうと思います!イベントでありません。ただダラダラ飲むだけです。

月曜日の夜九時くらいからデモ田中の店です。参加してみたい方はコメントしてみてください!

さて、今回は何名の方が来るかしら。


iguchinoboru at 00:53|PermalinkComments(5)TrackBack(0) DIARY 

October 27, 2007

直井くーん、パソコン買っちゃったよー!

778e6608.jpgついにノートパソコンを買いました。

ずっとケータイで台本も原稿も書いてましたが、「いい加減にパソコン買って!」という周囲の声に圧されて購入しました。

超ウルトラ機械オンチなので、すっごいノンビリの作業になってます。ブラインドタッチまで五年かかりそうです。


脚本を初めてパソコンで書いてたら、突然電源が切れてデータが消えました。ショック!
あぁケータイ作業に戻りたいっ!

でも諦めずにやってみます。


iguchinoboru at 09:17|PermalinkComments(4)TrackBack(0) DIARY 

October 26, 2007

ありがとうございました。

前回のブログに沢山のメッセージ有難うございました。

大変勇気づけられ、心から感謝しております。女性からも、男性からもコメント頂き、嬉しく思います。

自分が産まれてきた性別や宿命についてよく考えていました。心にいる女性的な部分と、肉体と欲望での男性のバランスが最近悪くて鬱気味でした。

他の人は自分の性別についてどう感じているのだろうと思っていましたが、皆さんからのコメントを読んで救われた気持ちにもなりました。

僕はスカトロジストでもあるので、ノーマルやアブノーマルについてよく考えます。自分にとってはごく自然な興味や思考も、世間の平均的な価値観に合わないと「アブノーマル」として語られてしまいます。

でも一般的に言われる下ネタやY談やヌードグラビアやセックスシーンの方が僕にはよっぽどエゲツなくて、グロテスクです。一般的に「エロい」と言われるものに拒絶反応したり、理解できない事がよくあります。半年に一回、僕は男性雑誌が気持ち悪くて読めなくなるのですが、今もその時期です。「男」の中にも入れない猛烈な疎外感もあります。

それでも男として産まれて、エロの仕事を受けている限りは宿命を受け入れて立ち向かわなければと、皆さんのメッセージを読んで思いました。

この前、デモ田中さんが「宿命とは変えられないものだけど、運命は自分次第で変えられる。」と久々にイイ事を言ってました。背負うものを抱えながらも、転んでも諦めずに生きるのも大事ですよね。

メッセージを頂いた、はあと様、みえ様、パコ様、しゃっくれ様、チャム様、カス様、あらためてありがとうございました。


iguchinoboru at 21:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) DIARY 

October 24, 2007

カミングアウト

いつも本ブログを読んでいる皆さんに励まされてばかりですみません。ただ、リアルな日記を書こうとすると楽しいだけじゃない日常がどうしても浮上してくるのですね。

kimie様、ヤエガシ様、コメント有難うございました。お陰様で、少し脳を休める事ができました。

フジワラさんも有難う。高3という時間を大切に生きてください。僕はあの時代をもう一度やり直したいと思ってますので。好奇心をもって過ごす事をおすすめします。応援しています。

よく思いますが「青春」って、いつ終わるんでしょうね。始まりすらわからなかったし、言葉の意味も定かでないし。終わりを感じるのは個人差なんでしょうが、僕は全然終わってないですね。多分何かが満たされてないハングリーな時期を「青春」と呼ぶのでしょうね。

実は今回このブログを読んでいる皆さんにカミングアウトしたい事があります。たぶん飲み屋とかで話すと笑われて終わるので、ブログで書きます。

実は僕、レズビアンなんです。

正確にはレズビアン的な思考が強い男なんです。スカトロ趣味もありますが、根本はレズですね。

誤解されそうなんですが、ニューハーフとか女装趣味があるわけではないのです。

自分の中に女性がいて、その人が他人の女性に恋をしたりするのです。面倒くさい事に男の自分もいたりするのですね。血液型もABなので、分裂しているというか、一種の多重人格のような気がします。性同一障害まではオーバーすぎるのかなぁ。

だから男っぽすぎる状況も苦手だし、男が群れるドラマや、男向けのエロ雑誌やAVも実は苦手です。そういう仕事はしてますが、そこに葛藤があるのです。
それ故なのか、僕がつくる映画はいつも女性が主人公になってしまいます。しかも同性愛に憧れる物語に気がつくとなっています。ヒロインは僕の分身というか、「自分がなりたかったもう一つの姿」なんでしょうね。

男女の恋愛を描いた「恋する幼虫」にしても、あれは男に生まれてしまった苦しみと、男がレズ的な愛に憧れる裏テーマがありました。

映画を撮る事で自分の精神的な空洞を埋めているのかもしれません。

今までも男の肉体的本能や欲望と、心の中にある女性とのギャップに悩みつつ乗り越えてきました。ただ、あまり人から理解されないし、葛藤も強くなってくるし、埋まらないものも大きくなってきてるし、年々つらくなってきてるのは事実です。

これを読んでいる皆さんで同じ様な事で悩んだり、賛同できる方はコメントください。

でもカミングアウトしたら、スッキリしました。こんな私ですが今後ともよろしくお願いします。


iguchinoboru at 15:11|PermalinkComments(9)TrackBack(0) DIARY 

October 22, 2007

デブの休息

人生いろいろありますね。

いろいろあって休息してました。休みというより動けなかったというのが正しい。最近会う人ごとに目の下にできたクマについて指摘される。自分では元気なつもりなのに「お疲れですね」と言われてドキリとする。寝不足なのか老けてきているのか。

でも、すでに現在4つの脚本にかかわっている。えんぶゼミの課題で生徒総出演で中編映画を撮るのだが、脚本に苦闘中。

知り合いの監督さんの結婚式で上映用余興映画でも悩み中。

つい最近まで書いてた脚本も不満だったクライマックスを全て書きなおすつもりだ。

最新のシネコン・バルド9でショーケンの「青春の磋跌」を久しぶりに観た。中学生の時に初めて観て衝撃をうけた作品で、もう何度も観たかわからない。
クリアな映像と音で再会できて嬉しかった。昔は野望のかたまりにみえていたショーケンの役が、か弱く優しさのかたまりに見えたのは僕も歳を重ねたからなのか。

優しさとは残酷なものだなぁ。人は自分の中の優しさという業にふりまわされ、傷ついたり、傷つけたり。傷つける事の方が多いかも。

脚本を書いていくと自分が心に閉まっていた残酷さと対面し、つらい時もある。

だが、生きるという事は壮大な罰ゲームを受けているようなものだ。乗り越えなきゃ。


iguchinoboru at 00:32|PermalinkComments(5)TrackBack(0) DIARY 

October 17, 2007

直井君、思い付き打ち上げは面白いぞ!

d628cded.JPGデブだぞ!脚本打ち上げをしたぞ!

一昨日は脚本をひとまず書きあげ、まさに真っ白に燃えつきた。全身から力が抜けてヘロヘロになった。

色々直したい部分もあるが、ひとまず一息。
その後はどうしても酒が飲みたくて、このブログで告知した「脚本打ち上げ」をしにデモ田中の店へ。

ブログを観てくれた方がお二人もいてくれて感激!シガナイ子さん、ヤエガシさん、有難うございました。

マスター・デモ田中の小粋なトークによって何だかアットホームな飲みができました。

味をしめたので今後も「突然打ち上げ」をこれからも開催したいと思います。次は前日あたりに本ブログで告知しますので、時間が合う方は参加してみてください!


ちなみにデモ田中の店でやる予定のイベント「第2回 井口昇を囲む会」は延び延びになってますが近日開催予定です!くだらないマイフェバリット映像の数々を上映しますので、予定が決まったら告知します!こちらもご期待ください!


昨日はデモ田中に頼んだAV編集チェックでまた会った。何かと縁がある。

今日の画像は隠し撮り風・マスターデモ田中だ!


iguchinoboru at 15:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0) DIARY 

October 15, 2007

直井君、デモ田中の店&打ち上げ情報だよ!

おおっ!打ち上げ参加コメントが来てるっ!
シガナイ子さん有難うです。女性一人でも安心して飲める気楽な場所です!

ただ、現在まさにクライマックスを書いてまして、終了がかなり遅くなります。

田中さんの店はオールナイト営業で僕が行けたとしても12時過ぎです!

「それでも行きます!」って方はコメント書いてください。まぁさすがに無理かしら。

ちなみにデモ田中の店・ビキニマシーンは新宿歌舞伎町の風林会館の付近です。電話して確認ください。

03-3202-7733

ビキニマシーン デモ田中まで問い合わせてください。

営業も電話受付も夜九時くらいからです!

期待せずに待ってますねー!


iguchinoboru at 19:33|PermalinkComments(3)TrackBack(0) DIARY