January 18, 2007

真夜中の芳太郎

デブセクシー!

新しい挨拶をやってみました。飽きるまで続けてみます。

ホフマンの意外な反響にびっくり。結構人気あるんだな。気色悪い人ブームとか起こればいいな。

昨日日はPVの台本書き。台詞もあるしPVというよりも短編映画の雰囲気。大掛かりでアクションも沢山ある。頑張るぞ!

昨夜はPVの打ち合わせでスタッフ会議。といってもデモ田中や直井君といつもの面々ばかりなのでリラックスしてできた。

帰りの飲みで、デザイナーの中平さんと[真夜中の招待状]というコワーイ映画の話しで盛り上がった。

[真夜中の招待状]とは80年初頭に当時の人気女優・小林麻美と小林薫が主演のマイナーなサスペンス映画なのだが、これがものスッゴク気味の悪い映画なのだ。

中平さんと会うと必ずこの映画の話しになってしまうくらい、トラウマ率の高い作品だ。
なんたって監督は[ニッポントラウマ映画の帝王]野村芳太郎である。[鬼畜][震える舌][影の車]など、不気味な子供と団地を撮らせたら右に出る人はいない。

どんな風に怖いの?と聞かれたら団地の中で子供が[ギャッーー!]と叫んでいるのが沢山観れて怖いんだよ、と説明する。

[招待状]には子供は出てないが全編にわたる不穏な空気では野村映画史上ベスト1に思える。

社長令嬢のヒロインが失踪した婚約者を追って、精神科医と共に謎を探ってゆくのだが、キーワードとして心霊写真や、降霊実験、催眠術、サブミナル効果といった気味悪エピソードが沢山出てくるのだ。あえて書かないが心底ゾッとするカットがいくつもある!

見慣れた大物役者である丹波哲郎や藤田まこと、北林谷栄なども超気色悪いぞー!

デビットリンチよりもずっと早く不条理世界を築いていたのよ!シュールすぎて笑っちゃうクライマックスも見逃せないぞ!

映画史に無視されたこの奇作の封印を解くのは今だ!興味ある方はぜひTSUTAYAに行ってみてね!

次回もまたホフマン!


iguchinoboru at 00:57│Comments(3)TrackBack(0)DIARY 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 柴村犬吉   January 18, 2007 02:50
さっそくツタヤで「真夜中の招待状」借りてみます!
「幻の湖」は別な意味で怖かったですが。
2. Posted by ケロリン   January 18, 2007 15:17
「真夜中の招待状」の「彼」の造型もD.リンチ作品の影響があからさまですね。その姿を目の当たりにした小林麻美の正直な反応をしっかり撮っているのもすばらしい。
3. Posted by ナカダイラ   January 18, 2007 17:08
確かにお会いすると7割以上の確率で『真夜中』の話を反芻しておりますね。やはり私的には笑顔・揉み手で登場する霊媒のオヤジが怖いです。これからも『真夜中』にうっすらとスポットを当てていきましょう。
あと、PV楽しみにしております。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字