November 22, 2009

直井君、大人な映画を二本見たぞ!

081020_1224~01

『ロボゲイシャ』の再上映が始まりました!ある意味、今の日本では珍しい作品だと自負しておりますので、まだの方は是非いらしてください!イベントやプレゼントなども色々考え中です!

さて最近は脚本と打ち合わせをメインに仕事している訳ですが、映画を作れば作る程、底無し沼がある事に気がついていきます。何が面白いのか、求められているのか。自分と第三者の価値観や感覚の差に悩まされていきます。

そんな中、映画「ファイナルデッドサーキット」と「スペル」を見ました。

どちらも過剰なホラー映画がビジネスとして成立するアメリカという国で作られている作品であり、実際にアメリカで大ヒットした映画です。観客が求めているモノの差が日本と全く違いますね。

とにかく感心したのは 2本とも観客を楽しませるためのサービスが徹底しているという事。「サーキット」は3Dで、登場人物が「いつ、どうやって死ぬか」という事だけでハラハラワクワクさせてくれます。「スペル」は婆さんがサディスティックなまでにヒロインを痛めつけ、頼んでもいないのに毎回ゲロをかけてくれます。その しつこさ、見世物に徹しぶりが素晴らしく、潔く「ホラー映画以外の何ものでもない」映画になっています。この志が本当に素晴らしい!

というのも日本は「単なる娯楽映画」である事を何故か嫌い、恥じる事が多い国だと思ってしまうからです。ホラー映画イコール、キワモノや幼稚なジャンルと思われがちだし。なので日本の作品はホラー映画なのに妙に複雑な人間ドラマを入れてしまったり、作家主義的なスタイリッシュな撮り方を入れてしまう傾向があります。

さらに、日本のホラーに出演した役者さんのインタビューを聞くと「この作品はただのホラー映画ではありません」と答えている事が多く、とても寂しく思います。その度に「何で、ただのホラー映画じゃ悪いの?」と反論したくなるんです。

誤解されているようですが真っ当なホラー映画を作るには残酷描写を羅列すればいいっていうものでは ありません。観客の心理に寄り添いながら サスペンスを提供していく演出的なバランス感覚とテクニックが必要なんです。

「サーキット」のエリス監督も、久しぶりにホラーへ回帰したサム・ライミ監督もその辺りのテクニックではピカイチだし、第一級の演出家です。しかも、人間描写にも実は長けていて、「サーキット」ではアル中の黒人警備員、「スペル」ではヒロインの細やかな葛藤とコンプレックスのさりげない描き方が作品に深味を与えています。そういう事を下地に描く事で恐怖がより切実に感じれるのです。特にライミ監督には「スパイダーマン」のような大作やシリアスな作品を手掛けた経験が強く生かされている気がしました。

ある意味ジャンルムービーとしての使命を真っ当する姿勢は そのまま監督の人柄の良さを実感させます。本当の意味で「大人」が撮った映画とは こういう作品の事を言うのだと、目から鱗が落ちました。尊敬できる監督の方々です。機会があれば是非見てください。

iguchinoboru at 04:59│Comments(9)TrackBack(0)DIARY 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by masa   November 22, 2009 09:52
ブログのタイトルから、まさかコノ2本だとは思いませんでしたが…(笑)
ワタシも[スペル]観ました!!
とにかく人間が描かれていました。支払いの延長を断られた婆さんの気持ち…。そしてヒロインの恐怖感だけではない様々な心理描写…。素晴らしかったです。でも井口監督や西村監督から教わった『笑い』のイズムも沢山あって…オッカナイけど笑ってもいいんだよ〜♪的な鑑賞も出来た気がします!!お二方がどんな感想を持っているか気になっていたので…今回のブログ嬉しかったです!!ありがとうございました☆
2. Posted by ARUKA   November 22, 2009 22:47
井口監督 こんばんは。昨日は ロボゲイシャの 再上映初日 舞台挨拶お疲れ様でした。 個人的には 昨日は 行けるかどうか わからなかったんですが 行けて良かったです。 昨日の会場内の様子は 本上映期間中とは ある意味 また 雰囲気は違った様子でしたが(笑) 非常に楽しい時間を どうも ありがとうございました 。 また お忙しい日々は続くと思いますが お身体には気をつけて下さい。
3. Posted by ARUKA   November 23, 2009 15:34
連続の投稿失礼します。井口先生、朗報(かな?)です! つい さっきの事ですが、井口監督も着ぐるみ姿で 朝のモーニングショー番組で紹介されてた 日本テレビの昼のワイドショー番組を ぼ〜っと見てたら 「んっ?」 何か聞き覚えのあるBGMが…、何と!番組内で ロボゲイシャのオープニングのBGMが使用されておりました! すでに ご存知ならすいません、ちょっと嬉しかったので ご報告をと思い、連続の投稿失礼致しました。
4. Posted by 西村喜廣   November 24, 2009 14:48
masaさん。
僕の「スペル」の感想は今発売中のキネマ旬報に書いてます。
購入もしくは立ち読んでみてください。
5. Posted by masa   November 25, 2009 01:32
わぁ〜☆西村監督!!ありがとうございます!!井口監督ブログ内ではございますが…御礼申し上げます!!早速、キネ旬を☆
蜘蛛男より闇男なサム・ライミ先生が好きです!!
片腕…残酷…ミートボール…エクスクロス…吸血少女…ロボ…自分の映画に対するモヤモヤを一掃するだけでなく、邦画とか洋画とか、ジャンルも関係ない!!何かを貫いている作品たちに映画館で会えて幸せな日々です。
6. Posted by 脚やせ長野   January 15, 2011 08:33
また面白いブログ書いてくださいね。
応援しています。
7. Posted by christian louboutin uk   June 13, 2011 09:48
5 白いブログ書いてくださいね。
8. Posted by moncler down jackets   September 24, 2011 10:49
masaさん。
僕の「スペル」の感想は今発売中のキネマ旬報に書いてます。
購入もしくは立ち読んでみてください。
9. Posted by christian louboutin heels   September 24, 2011 10:49
masaさん。
僕の「スペル」の感想は今発売中のキネマ旬報に書いてます。
購入もしくは立ち読んでみてください。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字