コスタリカ文化財米国とコスタリカに5月ほぼ2週間もいっていましたが、平和憲法に関するドキュメンタリーのための取材旅行でした。コスタリカの元大統領カラソ氏やノーベル平和賞受賞者のウイリアム氏などとのインタビュー、それから一般の人たちや学生達の街頭インタビューなども収録でき、とっても収穫の多い旅でした。コスタリカは平和教育と軍隊を持たない国であり、今の日本の私たちにとても大切なメッセージを持っています。近いうちに、収録したビデオの上映などもかねて集いを持ちたいと思っています。

それと、タッピング・タッチはコスタリカでも好評でした。コスタリカの「チャンネル6」という番組から取材があり、朝の健康関係の番組で放映され、急遽おこなった3時間のワークショップには、40人以上の人が集まりました。思っていなかった以上の人が集まってくださり、使った場所が一杯になってしまったうえに、夜の6時から9時までの3時間の講座だったのですが、最後の最後までみなさん熱心に参加されていました。彼らの話すスペイン語はまったく出来ないのですが、同時通訳のできる方がついてくださって、本格的な講座がもてたのはありがたかったです。

コスタリカTTそのほか、タッピング・タッチに関しては、リンコン・グランデという高校へも訪れ、紹介することができました。貧困や犯罪がはびこる地域で、生徒たちの間での暴力なども絶えない学校なのですが、不安や否定的な感情を軽減する効果のあるタッピング・タッチはとてもよく受けとめられました。実際には、校長先生と生徒指導の先生に説明し体験してもらってから、30人ほどの学生のいるクラスを訪れましたもちろん始めは「これなに?」って感じでしたが、しばらくして分かってくると、とっても楽しそうでした。「帰ったら家族の人たちにしてあげたい」という感想や、質問をしに来てくれた生徒が多かったのが印象的でした。体験された先生方の感想としても、子ども達の関係作りや暴力の軽減などにも役立ちそうだとのことで、継続して関わっていきたいと思っています。

コスタリカ一郎と今回の訪問で、タッピング・タッチの有効性や面白さを感じ、コスタリカや中南米で広げることに興味を持っている人たちがおられます。「軍隊を持たない中南米を作ろう」という女性会議に出席した人たちが主ですが、とっても熱心で大きなハートの持ち主たちで、これからが楽しみです。リンコン・グランデ高校へも、もうすでにファローアップとして訪れたいとのことです。
(これを受けて、来年度タッピング・タッチの海外研修を検討中です。ご期待ください!)