お元気ですか?私は、無事ベトナムから帰ってはや2週間になります。これまでいろ
んな国を訪れてきましたが、ベトナムは日本の文化や環境との対極にあるような感じ
で、今回は強いカルチャーショックをうけました。

ベトナムではホーチミン市を訪れ、ストリートチルドレンの施設 (FFSC)での
実践とリサーチを行ってきました。戦争の傷を癒し、平和を育てることのお手伝いに
なる実感があり、ほんとうによかったです。

それと、戦争(特に枯葉剤)による後遺症で苦しんでいる子どもたちがケアされてい
る病院、べトちゃんドクちゃんで知られているツーズー病院なども訪問してきまし
た。そこでは、何人かにタッピングタッチをさせてもらい、体が硬直してしまってい
るような子供たちの体が、驚くほど柔らかくなっていった事例もあり、とても役立ち
そうな感触がありました。

施設のスタッフやシスター達にもタッピングタッチの良さをよく知ってもらうことが
でき、週一でタッピングタッチをスケジュールに組み込んでみたいとのことでした。
ベトナム政府が運営する病院などでも研修の依頼をもらえたので、スタッフ研修やイ
ンストラクターの養成などを含め、8月頃に再度訪れることを相談しています。(研
修ツアーやサポートに興味のある方は、ご連絡ください)

とにかく、今回は、1)心身のケアのニーズの高い発展途上国においても、たいへん
役立つことが確信できたこと、2)ダイオキシン(枯葉剤)で苦しんでいる子供達に
も役立ちそうだという2点において、収穫の多い旅でした。病院などの事例などを含
めて、10月の日本心理臨床学会でも発表する予定です。

話は変わりますが、先日、三重県立看護大学での講座をしたのですが、たまたま妊娠
6ヶ月の人が参加されていました。タッピングタッチをし合っていると、お腹の赤
ちゃんがいつもの「蹴り」のような感じではなくて、やさしいトントンのような感じ
で動いていたって、とても喜んでおられました。

「ここにいるよ〜 楽しいよ〜」っていうコミュニケーションだったんでしょうか。
これまで一才くらいの子がお母さん達がしあっている横で、見よう見まねでしている
のは見たことがありますが、胎児がタッピングタッチのセッションに参加したと
は!!

とにかくタッピングタッチはしっかり育っています。これまで日本のみなさんに大切
に育てられてきたタッピングタッチっていう種が、今度はベトナムで育っていきそう
な気配です。 

スケジュールには、ベトナムの子供たちの描画やビデオなどを交えたセミナーなど、
いろいろと企画しましたので、ぜひご参加ください。またお会いできるのを楽しみに
しています。

中川いちろう 2009年3月28日