2006年07月07日

PEACEを語るドキュメンタリー〜戦争・平和憲法・未来〜 上映会

とてもステキなイベントのお知らせです。
by 中川いちろう

8月の3日から6日まで、王子市民ギャラリーで、「平和への祈り〜そして、希望へ」というイベントが開かれます。このイベントは、私にとっても大切な友達である辰巳玲子さんや平和をおもう仲間達が企画しているもので、みなさんにもぜひ参加していただきたくお知らせすることにしました。会場に使われるギャラリーは、ステキなレンガ作りのチャペルを移築した建物らしく、平和を願う人たちが集うには最高の場所だと思います。

イベントの内容は、ランド・アンド・ライフのブログ
http://hopi.exblog.jp/で読んでください。

盛りだくさんで、例えば、8月の5日には、「六ヶ所村ラプソディ」(監督)という映画が午前中に上映されます。監督の鎌仲ひとみさんも広島のイベントから駆けつけてくださるそうで、お話がたのしみです。最終日6日(日)には、「ホピの予言2004年版」の上映と岡部昌生さんのお話が予定されています。映画「ホピの予言」は今の私たちへの大切なメッセージですが、お話を通して、深くスピリチュアルなところまで感じていきたいものです。

そしてお待ちかね!? 5日の午後には、まだ製作真っただ中の「PEACEを語るドキュメンタリー〜戦争・平和憲法・未来〜」(下記参照)を上映させてもらうことになりました。そのすぐ後の「タッピング・タッチでピース・メイキング」とタイトルしたセクションでは、ドキュメンタリーを見たうえで、タッピング・タッチを体験し、こころを癒しながら、私たちの本来の優しさや平和なこころを育む時間にしたいと思っています。国内外で活躍されている福井幹さんの美しく平和な音楽の生の響きのなかで、楽しい時間をすごしませんか?

「PEACEを語るドキュメンタリー〜戦争・平和憲法・未来〜」(仮称)ベトナム帰還兵のアレン・ネルソン氏のインタビューをきっかけに制作が始まったドキュメンタリーです。平和憲法とはいったい何なのでしょうか?戦力をもち戦争ができる国になるということは本当にどのようなことなのでしょうか?国際平和ミュージアムの安斉育郎氏、ジャーナリストの斉藤貴男氏、ノーベル平和賞受賞者のベッティ・ウイリアム氏、元コスタリカ大統領カラソ氏ほか、有名・無名の人たちの素顔と平和への思いをちりばめました。制作中のドキュメンタリーを見て皆さんと平和への思いを分かち合えたらと思います。

正直なところ、イベントの企画は素晴らしく、みんなの思いはとてもピュアですが、たくさんのサポートや支援がいりそうです。当日は、公の会場で、入場料を徴収することができないため、事前に賛同人、ボランティアスタッフ、協力団体などを募っておられます。楽しくいろいろなかたちで、みなさんが関わってくださると嬉しいです。

中川いちろう

****************************
平和への祈り〜そして、希望へ
2006年8月3日(木)〜6日(日) 
10:00〜18:00(最終日17:30)
@王子市民ギャラリー
1904年建設された関西学院大学のレンガ作りのチャペルを移築した建物です。
(神戸市灘区王子町3−1−2 阪急王子公園駅歩5分 JR灘駅歩7分)

主催 「平和への祈り〜そして、希望へ」を開く会
共催 ランド・アンド・ライフ http://www.h6.dion.ne.jp/~hopiland/
 
イベントの内容など ⇒ ランド・アンド・ライフのブログ
http://hopi.exblog.jp/

ihpe2005peaceblog at 09:00│Comments(2)TrackBack(0)平和憲法ドキュメンタリープロジェクト 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ヤルちゃん   2006年07月03日 02:48
1 はじめましてっ(^^)
色んなトコ見てたら飛んできました。
私もblog作ってみましたっ!☆
よければ見てもらいたいなぁ〜(結構H系?)
てか、絶対にきてねっ!><;

では、また遊びに来ますね(*δ_δ)
2. Posted by ヤルちゃん   2006年07月03日 14:36
1 はじめましてっ(^^)
色んなトコ見てたら飛んできました。
私もblog作ってみましたっ!☆
よければ見てもらいたいなぁ〜(結構H系?)
てか、絶対にきてねっ!><;

では、また遊びに来ますね(*δ_δ)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔