2007年03月31日

Walk9開催にあたって&若狭でお会いします!

以下は、虹海祭りの開催にあたり、正木高志さんの貴重で力強い呼びかけを受け、それに答えるような気持ちで、Walk9へのメーリングリストへ投稿したものです。
いちろう
*************************************

安倍内閣が成立したとき、改憲はするつもりだが、まだしばらく先のことだ、と
いったメッセージが流されていました。それは怪しいな〜、さっさと国民投票法
を決めてしまえば、そのあと2〜3ヶ月のうちに、みんなが考えたり話しあった
りする間のないうちに、あっさりと改憲してしまえる。それを狙っているのに違
いない、と感じていました。

そして、その流れがじわじわと速まって、弱者切捨ての格差社会を作り・・・教
育基本法を改悪し・・・防衛庁を『省』に格上げし・・・戦中に牙をむいた治安
維持法よりも恐ろしいとも言われる「共謀罪」を審議し・・・ そして正木さん
の言われるところの「なりふりかまわず強行採決して国民投票を実施する」と
いった状況まで来てしまいました。

わたしは、何か少しでもできることはないかと、平和憲法に関する冊子「あなた
の平和憲法を知っていますか?」を書きました。ホームページから全文が読め
ますので、よかったらアクセスしてみてください。

そして、もう少し何かできないかと、無謀にも素人で、平和憲法のドキュメンタ
リーの制作にとりかかりました。去年は2月から12月まで、仕事のあいまを
縫って、沢山の方々にインタビューして回りました。遠いところでは、平和憲法
のあるコスタリカにまで飛んでいきました。

そして、最後に訪れた沖縄ではとても貴重な気づきと深い癒しを経験したのです
が、その後、忙しさのため、編集できないままにいてしまいました。今ようやそ
の編集をし始めたものの、いただいた貴重なメッセージをまだ役立てられずにい
ることに深く反省している次第です。

少しのつもりが長い挨拶になってしまい、失礼いたしました。私は、今回どうし
ても出雲へはいけませんが、若狭でのイベントにはご一緒させていただくことに
なっています。みなさんと一緒に歩めることを光栄に感じています。

最後に、先ほどお伝えした「あなたの平和憲法を知っていますか?」の冒頭のポ
エムを載せて終わらせていただきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<ある朝の 平和への想い>

ある朝早く起きて不安を感じました。

戦争で今から殺し合いが始まるとしたら、なんて恐ろしいことだろうと思いまし
た。

今、日本が再び戦争をする国にされようとしているならば、ただそれに対して
「NO!だめだよ!それはまちがっているよ!」と言うしかない。

あまりにもあたりまえだけど、それ以上でもそれ以下でもない大切な事実がそこ
にあることを、すなおに感じたのです。

殺すも殺されるのも恐ろしい。

ナパーム弾で焼かれたり、核兵器で細胞まで壊されたり・・・

自分にも、家族にも、誰にも、そんなことがあってはならない。

戦争、つまり違った国どうしの人たちが殺し合いをさせられるような、とんでも
なく馬鹿げたことを許していくわけにはいかない。

ただそれだけのことなのです。

そこには、なんのかけひきも、理屈もいらない。

真実はシンプルで、小さな子どもでもよく理解できます。

いやなことがあったり、もめごとを解決するために、殺しあうことは許されませ
ん。

ナイフや銃を隠し持ち、脅し合いながら、お互い仲良く生活することはできませ
ん。

「世界貢献」や「テロをなくすため」に、ミサイル、空母、軍隊は要りません。

殺しの道具や破壊兵器を増やして、平和はやってこないのです。

今までもそうでしたし、これからもそうです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「あなたの平和憲法を知っていますか?」http://earth-citizen.org/top.html

ihpe2005peaceblog at 12:15│Comments(0)TrackBack(0)平和の集い 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔