一番枠からスタートしたL.Dettori騎手騎乗のEminentが先手を取り、人気のChurchillは好位の内でレースは淡々と進み、勝負は直線の追い比べ。直線Churchillは前が壁になるようなシーンがあり、伸びあぐねる一方、道中最後方にいたDecorated Knightが鋭い伸び脚。これも後方にいたPoet's Wordとの追い比べを制して直線一気の見事な勝利。ここ2戦International Stakes(G1)、Eclipse Stakes(G1)は惨敗し人気を落としていたが、その前のPrince of Wales's Stakes(G1)ではHighland Reelの2着と好走しており、ここでも勝負になる可能性は十分あった。馬単468.20ドルと高配当での決着。
 馬券はMan o'War Stakes(G1)勝ちの牝馬Zhukovaに期待したが直線伸びきれず8着に完敗。元々先行するものと思っていたが、中団からのレースでは厳しいものだあったか。ここは素直に力不足だったと認めるしか無い。なお8/11に推された人気のChurchillは直線の不利もあって7着に敗退。一旦中距離路線に転じたが再びマイル路線に転じる可能性もあるかもしれない。勝ったDecorated Knightは同じ1マイル1/4のChampion Stakes(G1)を目標にするとのこと。どうやらこのレースは凱旋門賞にはつながらなさそうだ。