鹿部散歩

多治見、厚木、姫木平、鹿部と仕事と田舎暮らしのためにクラゲのように浮遊するおじさんの日記

2006年06月

右も左もわからないバッタ君

20060630batta.jpg 下界にでて間もないバッタ君に遭遇した。人間の怖さを知らないのか逃げようとしない、人間という生き物の怖さを教えるためにもここは鼻先に一発お見舞い、と思った瞬間にどこかに飛んで行ってしまった。下界にでてきてやらないといけないことが沢山あるのだろう、暇な人間の相手をしてくれるほど暇ではなかったようだ。話し相手ができたと喜んでいたのに残念!これから自然という大海の中にくり出したバッタ君の人生にはどんな試練が待ち構えているのだろうか。ここらへんには野鳥も多いし、佃煮にして食べてしまう生き物もいる、まあイナゴではなさそうだから平気だろうけど。

信号は赤?黄色?

20060629sunset.JPG 帰りの車の中からきれいな夕日が沈むのが見えた。信号で止まった時を狙ってカメラを取り出して慌てて撮った、構図とか良くわからないけどとりあえず太陽と信号が画面の中に納まった!夕日はやはり大きい!昼間の太陽と大きさは変わらないけど比較するものが近くに(ビルとか信号とか)あるんで大きく見えると本に書いてあった。そんなことはないように見えるけど実際はそうなんだろう、人間の目は不思議である。

キノコ現る!

20060628kinoko.jpg 昼休み外に出て足元に注目してみるとなにか橙色の小さなものが目に入った。おや?っと思ってよく見てみると小さなキノコが頭を出していた。色はちょっと毒々しい橙色!食べたらいっぺんにおなかを壊しそうな色をしている、梅雨に入って湿度が上がってきたんでキノコの成長にはもってこいなのだろうか!カメラも小さすぎるのか、焦点を合わせにくい色なのかピントが合わない!草にピントを合わせてキノコの分だけカメラを引いてみたりしたがここまでしかピントが合わなかった。まあ仕方ないか

ムラサキツメクサかな?

20060626murasaki.jpg この前の土曜日土岐川でみつけたツメクサなのだが、ムラサキツメクサにしては色が薄すぎる、しかし明らかにシロツメクサではない。アルビノのムラサキツメクサだろうか?周囲のムラサキツメクサ、シロツメクサとも明らかに違ったこの花‥‥といいつつ‥‥  ネットで調べてみました。どうやらモモイロシロツメクサという種類らしいです。すっきり!まあ人間が勝手につけた名前なんでややこしいけど!モモイロなのかシロなのかはっきりしてくれと言いたくなるけど、けど、けど、これって桃色?どっちかというと薄紫に近いような気がするが、最初に見つけた人がモモイロシロと名づけたんだろう、深く詮索はしないことにしよう。

ネジリソウ(土岐川)

20060624nejiri.jpg 今日は一日暑かったが夏の走りでこの暑さが新鮮であった。うんざりする暑さが続くのも時間の問題なのだが「走り」はなんでも新鮮で大目に見れる。今日は冷房はつけないで窓を開け放して過ごすことができた、窓から入ってくる風がものすごく気持ち良かった。テニスの後、最近お決まりのお昼寝をしてから土岐川に散歩に出かけた。ここいら辺では珍しいネジリソウが咲いていた、どっかから種が飛んできて根付いたのだろうか。これから土岐川に勢力を拡大してネジリソウ一家を築いて土岐川周辺を乗っ取ろうというのか、今はツメクサ一家がほぼ独占している状態だ。勢力争いに巻き込まれないように、まあ長い目で見ていこう!

ブルースカイ!

20060624bluesky.jpg 昼休み外にでてみたら思いのほか青空がでていた。もう日なたでは暑いくらいの陽気になったんだと再認識させられた。今年の梅雨は晴れ間と雨が両極端にやってっ来ると言っていたが今日は晴れ間のほうっだたのだんだろう。そうそう週末の天気に雨マークがなくなっていた、それどころか晴れマークがでてきているではないか。う~ん、これはどこかに行かねば!山にしようか、低山ハイクにしようか、今の季節、暑くなる前の晴れ間の散歩はいずれにしても気持ちのいいことには変わりはない!新緑がきれいだし

ニワゼキショウ(瑞浪)

20060622niwa.jpg いよいよ梅雨も本番に入ったようだ。昼前から降り出した雨はシトシト降り続いている。そんなに強い雨ではないのだが、やみそうもなくただ黙々と降っている。小さい頃は雨が降っても山に登っていた、いつからだろうか雨が降っていると山に登らなくなったのは!たしかに眺めはよくないし、濡れるし、おまけに昔の雨具は性能がよくなくポンチョという頭の上からすっぽりかぶるタイプが主流であった。今のようにゴアテックスなる、雨は通さないけど湿気は通してくれるすばらしい繊維ができる前の話しである。ポンチョの中は蒸れて大変だったことを覚えている。初めてゴアテックスのスーツタイプの雨具を着て登った時は蒸れなくて感動したもんだ!これならいくら降っても山に登れるぞ!って思ったのは‥‥道具が揃うと安心してしまって山に行かなくなる、悪い癖である。今週末は雨マークがついているけどゴアテックス着て八曾の森でも徘徊して来ようかな!写真は数日前の晴れたときに撮ったニワゼキショウです。

マツバウンランの花のあと

20060620matsu.jpg マツバウンランの花が終わってひょろ長く伸びた茎の先に種子ができていた。長く伸びた茎は遠くまで種を飛ばそうとしているのだろう、しかしコンクリートの割れ目では種はコンクリートの上にしか落ちないだろうと思うのだが、そのほんの少し遠くに飛ばせるということがいままで種を残してきたのかもしれない。ほんの少し遠くに飛ばせることでコンクリートの端から土の上に落ちることができて次の世代につなぐことができたのかも!ほんの少し遠くに飛ばせると言うのが大切なんだろう。茎を少しでも長くすることがマツバウンランのできる最大の努力なのだろう。

雨の浅間山

20060618seng.jpg 朝起きたらやはり予報通り雨が降っていた、下見のつもりで浅間山に行ってきた。朝7時に家を出て15分頃には駐車場に到着してしまい、見晴台まで20分の看板が目にはいった。依然雨は降っているが強くなりそうもない、雨具を持ってくれば良かったなあと思いつつ参道を登り始めてしまった。すぐに浅間神社に到着しその先の展望台まで歩いた。天気がよければ多治見の町並みがよく見えるそうであるが今日の天気では‥‥ 写真は展望台からの風景です。道端にサクライソウでも咲いていないかと視線を下に集中しながら歩いたがそれらしい花は咲いていなかった。浅間山からはサクライソウはなくなってしまったのか‥家には8時に着いた。早かった。

多治見から見た高社山

20060617taka.jpg いつも多治見の家から見ていた山だけど頂上近くに白い板があるのは気がついていた。この前登った高社山の展望台の反射板だと気がついたのはつい最近。やっとつながった!なんか推理小説を読んでいて全てのつじつまが合ったようにスキッとした。となりの右側のピークは高社神社の先のピークだ。そしてこの高社山の向こう側にはホタルが住んでいる北小木がある。  天気予報はみごとに外れて今日明日は雨になるそうだ、最近あっちこっちに行った写真でもホームページにのせられるように加工でもしようかな~。  横のブログツールに瑞浪からと多治見からの風景をのせて見ました。真ん中くらいにある movie をクリックして小さな写真が出てくるんでクリックすると動画が見れます。 小さいですが‥‥
ranking
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 放送大学単位取得試験
  • ハリナックス
  • ハリナックス
  • ハリナックス
  • 港偵察
  • 港偵察
  • 今日も函館の日は暑かった~
  • 枯れたアオダモ
  • 枯れたアオダモ
アクセスカウンター

アーカイブ
  • ライブドアブログ