鹿部散歩

多治見、厚木、姫木平、鹿部と仕事と田舎暮らしのためにクラゲのように浮遊するおじさんの日記

2006年10月

最近の天候って!

20061031koyo.jpg ここのところ週末はずーと天気に恵まれている、それはそれでいいことなのだが。あまりに天気がいいと雨のことも心配になる。今年は台風もそんなにこなかったし、ここ一ヶ月くらいまとまった雨が降っていないような気がする、毎年恒例の異常気象かなと思いきや、水不足も気になるところだ。今年は紅葉が始まってなにかが足らないような気がしてならなかった、やっと足りないものがわかった。トンボだ!毎年大量に自然発生するトンボが今年はいない!なぜなんだろう。雨といいトンボといいなにか関係があるのだろうか地震の前兆?ってこともないだろう、単なる自然の気まぐれなのだろうか。

モミジとカエデの違いって?

20061030kaede.jpg ふと思った。モミジとカエデってどう違うのか漢字で書くと紅葉と楓、今まで気にもとめていなかったが自分の中では赤く色づくのがモミジで黄色く色づくのがカエデかな、これは大間違いだろう。調べてみるとカエデの語源は蛙の手からきたようだ、モミジはその昔、葉が色づくことを「紅葉づ」 ”もみづ”と言った所からきているらしい、葉の切れ込みが深いのをモミジ、切れ込みが浅いのをカエデという説もある。植物学上はカエデ科カエデ属はあるけどモミジはないらしい、植物学上は全てカエデ。 結局のところはっきりしたことはわからなかった。写真は昨日のせせらぎ街道で撮った色づいた葉であるがモミジにしようかカエデにしようか、そんなことはどうでもいいか!本人に聞いてみたいものである、どっちがいい?

せせらぎ街道の紅葉

20061029kaede.jpg 紅葉狩りに高山経由してせせらぎ街道に行って来た。経費削減のため高速はなるべく使わないで時間がかかっても下で行こうと思った。なんと高山まで多治見から3時間で着いてしまった。この前高速を使って行った時は2時間くらいで着いたのでこれは時間があれば早起きして下(41号線)で行くに限ると思った。因みに高速代は片道北陸道3750円+中部縦貫道代がかかる。途中乗鞍の方にぬける野麦峠への道もありこっちも中央を使わないで41号線で行っても大差ないことがわかった。しかしこれから道路が凍結する季節危ない時は高速かな!高山は駐車場も混雑していて紅葉もまだだったのでそのまま通過してせせらぎ街道に行った、せせらぎ街道の紅葉はちょうど見頃だとネットであったとおり丁度色づいていた。やはり混んではいた、何箇所かある駐車場は車があふれるほどだった。でも運転しながらも紅葉を楽しめたので満足満足!でもあまり写真は撮れなかった。

昨日の恵那山

20061027ena.jpg 今日もまずまずの天気だった。恵那山も少しだけ雲に隠れていたが稜線もはっきり見えた。写真の恵那山は実は昨日の恵那山!昨日のほうが空気の透明度が高かったみたいでよりはっきり見えていた。ヘブンスそのはらでは上のほうの紅葉が終わって園内の紅葉が見頃だそうだ。そろそろ紅葉も南下して多治見の辺りまでもうちょっとという感じかな、しかしおととしは11/28、去年は11/27に定光寺に紅葉を見に行っている。ということはあと一ヶ月もあるのか!(あと一ヶ月も楽しめるのか)。土日にまとめてやりたいこともちょっと紅葉の季節は後回しになりそう。サーバーも古いコンピュータをそのまま使っているけど(ペン2 自爆!)ちゃんとしたのも買わないといけないかな(つうても6万くらいのペン4狙い)と思っているし、冬支度もしないといけないし(人間の)、まあぼちぼちやるかな!

カタバミ

20061026katabami.JPG 今日も昼休みは非常に天気が良くって気持がいい!一年のうち春と秋に一週間ずつくらいあるだろうか、過ごしやすい気候となった。庭で椅子に座っているだけで幸せな気分になる、安上がりで非常にいい。車道との境界にカタバミの花を見つけた。なかなか可憐な黄色い小さな花である、冬になる前にもう一花咲かせて種をあっちこっちに飛ばそうとしているのだろうか。もうすぐ冬になることは植物たちが一番良く知っているのだろう。

屏風山に沿って流れる朝雲

20061025morning.jpg 最近涼しくなってきたお陰で大分空気が澄んできている。朝ほとんど快晴だったのに屏風山だけ雲をかぶっていた、その雲も屏風山に沿ってゆっくり流れていた。風がなかったんで攪拌されずに流れてきた空気が屏風山の高低差、つまりは温度差で飽和水蒸気量を超えて雲になったんだろう。写真のように山頂のほうが見えているのは少ない風のいたずらだろうか?今日は昼休みも天気が良かった。恵那山の稜線もはっきりくっきり見え、今年の瑞浪Viewのベスト5には入る風景だった。もう来週からは11月!車のタイヤはもう溝がなくなっている、雪が降る前にスノータイヤを購入しないと!これが購入の時期が難しい!早ければ減りが早いし、雪が降ってからだと死ぬほど混雑しているし、まあ天気予報と相談して早めに履き替えよう!

紅葉の始まったなんじゃもんじゃの樹

20061024nanjya.jpg いつも見ているから変化に気がつかなかったけどなんじゃもんじゃの樹も立派に紅葉を始めていた。なんじゃもんじゃの樹は黄色に紅葉する、カエデの様に緑から赤に変わればすぐにわかるのだが緑から黄色に変わるのは気がつきにくい、まさにアハ体験(だったかな?)。気がつくと葉っぱはしっかり黄色になっていた、構内の通路の脇に植えてある桜の樹も落葉が始まっているが、これはただ単に排気ガスのせいで落葉したのだろうか。地面の上には黄色いなんじゃもんじゃの葉と赤だか黒だか良くわからない桜の葉が落ちている。これから落ち葉拾いが大変な季節になる。掃除をする人ご苦労様です。

なんでそんな模様なの?

20061023imo.jpg 昼休みいつものように会社の庭でボーーと風景を眺めていると足元に動く小さな物体が!かなり原色に近い色をして草の上を歩いていた。上半分は青、下半分が黄色、横には黒い丸が、うねうね動いていた、イモムシ君だった。生き物には絶対にそうなる理由があるはずだがこれはどんな理由があってこの模様になったんだろうか!?なんかの擬態?自分には毒があるという意思表示??外敵はなにかと考えてみると鳥かな?こんな目立つ色だとすぐに見つかってしまうと思うのだが。しかし長い時間をかけてこの模様が一番いいということでこの模様になったのだろう。自然は不思議だ。この時期にイモムシをやっているということはサナギで冬を越して来春でも蝶(蛾かな)になるのかな。どんな親虫になるんだろうか、予想に反して飛び切り綺麗な蝶にでもなるんだろうなあ

土岐川散歩(陶彩の径)

20061022batta.jpg 先週の木曜日にテニスで腰を痛めてしまった、やった瞬間腰に電気が走ったような気がした。やばいと思ってテニスはやめて家に帰ってホッカイロでずーと温めていた。昨日心配だったがテニスをしてみてまあそんなにひどくないことがわかって一安心。でも本日は遠出をあきらめて土岐川の散歩に出かけた、いつも通り行き先を決めないでぶらぶらとGPSとカメラを持って。川に白サギが川面を見つめて餌を探していた、こっちはその白サギを写真に撮ろうと構えたがやはりそう簡単には近づかせてはくれなかった。ちょっと近づくと羽ばたいて先に飛んでしまう、追いかけっこをしばらくしていたが先を進むことにした、この散歩道は笠原鉄道という昭和3年に営業を開始して昭和46年に休止した線路の跡地を陶彩の径(とうさいのみち)という市民の散歩道にしてくれたようだ。歩いた経路はこちらです。

乗鞍からの御嶽山

20061015ontake.jpg 今日は会議が長引いて昼休みに大分食い込んでしまい、慌ててカメラを持って庭に出た。つもりがカメラでなくて携帯を持って出ていることに気がついた。慌てるとなにをやってもだめですね!あきれてカメラを取りに帰ることもやめてしまった。つうことで今日は先日の乗鞍から撮った御嶽山の写真をのせます。ちょっと逆光になっていますが。逆に御岳から乗鞍を撮った写真はこちらの御岳山6,8、12で見ることができます。これはおととしの10/17に御嶽山に登った時の写真です。殆ど2年前のの10/17には向こうの頂上にいたんだ!なんか変な感じですね!こうやって踏み跡をあっちこっちにつけていくのですかね!まあピークハンターではないですが。それよりも今週末はどうしようかな!?
ranking
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • キツネ君もゴルフ!
  • 庭の桜
  • バター醤油焼きは無敵
  • 血圧の薬とこむら返りの因果関係は?
  • 血圧の薬とこむら返りの因果関係は?
  • 雨のカタクリ
  • 雨のカタクリ
  • テニス練習会と陶芸教室
  • テニス練習会と陶芸教室
アクセスカウンター

アーカイブ
  • ライブドアブログ