鹿部散歩

多治見、厚木、姫木平、鹿部と仕事と田舎暮らしのためにクラゲのように浮遊するおじさんの日記

2015年12月

エゾリス君VSカラス

20151230squirrelKarasu.jpg
ふと餌場を見てみると、リス君(ヒマワリの種が置いてある板の下)とカラスが鉢合わせ!長野だったらリス君は猛ダッシュで逃げるのに!エゾリス君は体が大きいんでカラスも餌にするのは躊躇っているのかな。リス君は構わずヒマワリの種を食べていたけど。

20151230squirrel.jpg
しばらくしてリス君は背伸びして周りを警戒していたけど。平気なのかな?カラスだってお腹が空いていたら攻撃してくるだろう、気を付けてくれ!カラスがヒマワリの種を食べているところはよく見かけるけど、本当に平和主義なのかもしれない

20151230FunkaHarber.jpg
噴火湾にはたくさんの漁船が魚を取っている。向こう側の陸地はおなじみの室蘭だ!もうハタハタのシーズンは過ぎてしまったのかスーパーには売っていなかった。代わりに腹子(タラの卵)がたっぷり入ってて200円で売っていた。ダイエット中でなかったら買っていた、残念。

20151230shikabePort.jpg
近くの鹿部港、漁船がたくさん繋がれていた。港の向こう側には真っ白に雪化粧をした北海道駒ヶ岳が!青空に真っ白な駒ヶ岳が眩しい。防波堤で釣りをしていいのかわからないけど、イシモチ、クロソイ、チカ、アブラコが釣れるようだ。

番頭はん

20151229squirrel2.JPG
樹の上でこっちが気になるリス君、番頭さんのように両手を体の前で合わせている。なんでこの格好が番頭さんなんだろう?わからないけど

20151229gojyukara.JPG
やはりゴジュウカラはいた!でも北海道ニジュウカラ軍団とは行動を共にしていない。地域ごとでコミュニティーの作り方が違うんだろうなあ、面白い。ちょっとベルトがきつくなってきた!諦めて体重計に乗ってみた、2kgも増えていた、正月はダイエットしないと。でも北海道は野菜がおいしいんで野菜中心の食生活もそんなに苦にはならないだろ。寝る前の薪ストーブの前で食べる北海道アイスクリームが!それは太るわな。

熊には注意

20151228sanpo.jpg
氷点下の森の中の散歩、歩いているとコツコツと音がするんで足を止めて音の方向をよく見てみると!アカゲラが樹を突っついていた。森の中にたくさん生き物がいると思うのだが。しかし町のホームページには熊の目撃情報が。この森ではないけれど、と思って確認してみたら9月にこの森の2km先の民間飛行場との間で熊の食害の報告があったみたいだ。この森の延長だ!まあ今は冬眠しているから平気かな!

かわいい、エゾリス君

20151227squirrel1.jpg
エゾリス君はかわいい!今日もやってきた!耳の毛がフサフサ、どこに住んでいるんだろう。ここの別荘地は駅の近くに20軒くらいの別荘があってそれ以外の別荘は駅からかなり離れている、なんでここの家からちょっと離れればすぐに森の中になってしまう。森の中にはたくさんの生き物が生きているんだろうなあ~森の中の散歩の途中でガサコソと音がすると足を止めて生き物がいないか探すのだが!まだ生き物に出会ったことはない

20151227squirrel2.jpg
昨日からの雪でだいぶ積もって来た。もう根雪になるだろうなあ~最近家の温泉に入りながら三浦綾子さんの電子ブックを読んでいる、北海道の話が多いんで読み入ってしまう!タブレットも防水仕様だがいつか湯船に落としそうだ!気を付けないと。正月のうちに磁場の計算ができるようにしないといけないのだが、なかなか進まない!磁場は難しい!自分を奮い立たせてやらないと。

人に慣れているエゾリス君

20151226squirrel1.jpg
北海道のエゾリス君は人に慣れている。家の中から窓を開けて写真を撮っても逃げない、時々こっちの様子を伺っているが気にしないで樹の表面を走り回っている。体が大きい分木の表面を走る音も大きい。シャカシャカと爪を立てて木の表面を走り回っている。

20151226squirrel2.jpg
鳥たちも人に慣れている。雪が降りだして餌箱のヒマワリの種が雪で覆われて見えなくなっていた。雪をどけて新しいヒマワリの種を交換したらすぐに飛んできた。1mくらいしか離れていない、樹の上にも4,5匹の鳥たちが飛んできた。近くの大沼公園には冬にはハクチョウがやってくる、楽しみだ。今日はこっちに来て初めて冬日だった、最高でも氷点下3℃くらいだった。

横津岳の航空監視レーダー

20151225squirrel.JPG
いつも暗いうちからやって来るんで光量が足りなくて白黒に近い状態の写真だったのだが、今日は雪が降って餌が少なかったのか明るくなってからもやってきた。ヒマワリの種の入っている容器に頭を突っ込んで一生懸命に食べていた。

20151225train.JPG
今日は今年最後のネット会議があった、10時過ぎから会議が始まって終わったのは12時半!昼飯食べて昼寝して湯船に温泉を溜めていざ、散歩へ!近くの駅は貨物がよく通過する、家にいても振動で貨物が通過するのがわかるほど。駅の横の広場に居ると遠くから貨物列車が近づいてきた、急いで先頭車両を撮ってみた。貨物なんで長い長い、いつまでたっても終わりの車両が来ない!

20151225yokotsu.JPG
ちょっと山の方に視線を動かすと山のピークに何かが建っている。長野は車山の頂上に卓球記念会館の卓球のボールのモニュメントがあるけどそれに近い、家に帰って調べてみると横津岳の航空監視レーダーだ。航空監視レーダーの他にも気象レーダーも置いてあるみたいだ。レーダーの右手前の雪の斜面は函館七飯スノーパークで日本最長クラスの3319mのゴンドラがある!スキーはやらないけれど遊びに行ってもいいかも、スノーシューで遊べるところはたくさんありそうだ、横津岳も函館側から車で入って途中からスノーシューで行けるみたいだ。手前の林の中にも山スキーのコースができると兵庫の人が言っていた。この林の2kmくらい先に民間の飛行場があるだけ!雪が積もるのが楽しみだ~ 

平和主義のカラス君

20151224karasu.JPG
ここのカラスはヒマワリの種を食べにくる。長野のカラスはリス君を狙っていた!ここのカラスは平和主義なのかもしれない。大きなくちばしで器用に食べている、あっという間になくなるけど。カラスがいなくなると北海道ニジュウカラ軍団がやってくる。近くの樹の上で待っているんだろうなあ~

20151224suzuran.JPG
昼間は薪ストーブが消えても暖かいんで仕事に集中できる。集中しすぎて時間がわからなくなる。気が付くと朝なのか昼なのか夜なのか?まあ窓の外を見れば夜でないのはすぐにわかるのだが!夕方にはいつもの散歩!鹿部すずらん会の立て札が!そういえば長野にいたときにそんな名前の温泉があったなあ~長野の自然も素晴らしかったのだが。なんか長野は会が裁判起こしたり、匿名を使って消えろと書き込まれたり、薪ストーブ設置したけどあとのメンテナンスはまったくやってくれなかったし!なんか今となってはあまりいい思い出は残っていないなあ!こっちの人はみんなのんびりしていて思っていた通りいい別荘地だ~ いよいよ明日の夜から寒波がやってくる!

断熱窓

20151223window4.jpg
家の断熱がいいのは窓がしっかりしているから!熱が逃げやすいのは窓から。ここの窓は2重、3重の窓になっている、これだったら熱は逃げにくいだろうなあ~やっぱ寒いところでは窓の作りは重要だ。

20151223window2.jpg
取っ手を90度回転させると普通に開けることができる。

20151223window3.jpg
取っ手をさらに90度回転させると上部が開く!なかなか複雑な構造をしている。家の窓は全てがこの構造になっている。凝っているなあ~最近は寝る前に薪ストーブを焚かない!でも朝起きたら17℃くらいだ!今朝の気温は氷点下4℃まで下がったけど平気だった。さすがログハウス。富良野では今朝は氷点下20℃を超えたみたいだ。

本格的な寒波到来

20151222train.jpg
夕方に散歩に行こうとしたら駅に向かう車がどんどんやって来た。ちょうど電車が来る時間なんだ!電車がやって来た!電車から学生がたくさん降りてきた。次々に車に乗ってどこかに走り去ってしまった。バスもこの時刻に合わせてやってきたが、やはりどこかに走り去ってしまった。明日の朝は氷点下4℃まで下がる予報。さらに今週末からは最高気温が氷点下4℃で最低気温が氷点下10℃が並んでいる。いよいよ本格的な冬がやってくる。

たこドーグ

20151221tako.jpg
いつも森のほうのホクレンのスーパーに行っていたのだが今日は函館のスーパーまで足を延ばしてみた。延ばしてみたと言っても距離的には同じくらいだった。スーパー魚長という店で生鮮食料を得意としている。またハタハタを買ってしまった!たこドーグという名前で写真の商品が売っていた、これで100円ちょっと、安い。奇妙な物体、名前からして多分タコの内臓なんだろう!生食用と書いてある、醤油でもつけて食べるんだろうなあ~ちょっと勇気がいるなあ~鍋の具にしてわからないようにして食べよう!明日はハタハタ鍋だ!(たこドーグ入り)
ranking
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 鹿部は霧の中
  • 鹿部は霧の中
  • 無名岬の先端のロープ
  • 無名岬の先端のロープ
  • 無名岬の先端のロープ
  • 無名岬の先端のロープ
  • 雨の函館の日
  • 雨の函館の日
  • 鹿部に帰還
アクセスカウンター

アーカイブ
  • ライブドアブログ