2010年10月05日

網走から紋別へ

網走からは、9月30日で中湧別−常呂間が廃止となった湧網線代替バスに乗車。
f5583057


ターミナル内に貼ってあった廃止のお知らせ。
CIMG3473_new
・・・なんだか他人事のような文面ですね。網走バスとしては自社路線というより、補助金で運行しているコミュニティバス的な路線という認識なのかなと。

出発は網走バスターミナルの3番のりば。札幌行のドリーミントオホーツクや女満別空港行と同じ乗り場となります。
CIMG3475_new
北端の中湧別まで行く便は13時40分発ですが、11時50分に常呂までの区間便があるので、そちらで先行することに。
CIMG3482_newCIMG3485_new
10名ほどの乗客を乗せて出発。

市街地を抜けると、稚内までオホーツク海沿いに続く国道238号に進入。明日の稚内到着まで基本的にはこの国道を進んで行くことになりますが、沿線の集落に入るため、周囲の道道への出入りが結構あります。
CIMG3486_newCIMG3487_new
湧網線の廃線跡はかなりの区間がサイクリングロードとして整備されているため、廃線後20年以上が経過していますがバス車窓からも見つけやすいです。

途中からの乗車はほとんどなく、網走からの乗客がボツボツと各所で降りていき、車内が閑散としてきます。卯原内付近では突然雨が振り出したと思えば、10分ほどですぐに晴れてきたりと天気が変わりやすかったですね。
CIMG3489_newCIMG3490_new
北海道らしいバス停と風景を見ながら能取湖沿いに進み、前方にオホーツク海が見えてくると常呂に到着。

旧湧網線の駅跡に立派なターミナルが設置されています。
CIMG3495_new


常呂には12時40分に着いて、次の中湧別方面は14時25分。2時間近い待ち時間があったので、当初は13時05分の網走行で少し戻り、卯原内あたりで中湧別行を捕まえる予定にしていました。

ところが・・・
CIMG3498_new
こんな看板を見つけてしまい、廃線跡を歩いてみよう・・・ということに(笑)
CIMG3499_new
常呂の住宅街を抜けるまでは道道〜国道を進んでいき、住宅街を抜けた付近から始まるサイクリングロードに入り、防風林を抜けると・・・
CIMG3505_newCIMG3509_new
いや、すんごい良いじゃないですか。
風が強かったですが、気温も程良く歩きやすかったです。
CIMG3511_newCIMG3512_newCIMG3517_new
結局、延々と60分くらい歩き続けました。原野の中の一直線の道を歩くのって楽しいですね(笑)。

時間が14時を回ったので、国道へ出て近くの「能取学校跡地」バス停で中湧別行を待つことに。
CIMG3518_newCIMG3519_new
ちょうど、中湧別からの網走行が走り去って行きました。「佐呂間経由」というのも見納めになりますね。
待つこと暫し、ほぼ定時に中湧別行が到着。
CIMG3522_newCIMG3542_new
乗客は5名。常呂までは乗降が無く、常呂で3名が降りて車内は2名だけに。
CIMG3531_new
しばらく進むとサロマ湖の姿が。しばらく湖畔沿いに進み、浜佐呂間からは国道238号から離れて道道103号を内陸へ進み佐呂間へ。途中で2名ほどお年寄りの乗車が。

佐呂間バスターミナルには15時05分に到着。ここで途中から乗ったお年寄りが下車したのですが、下車の際に「今までお世話になりました」と乗務員に挨拶していたのが印象的でした。
CIMG3540_newCIMG3541_new
佐呂間では5分ほど休憩。佐呂間は網走バスだけでなく、遠軽や留辺蘂からの北海道北見バスの路線も9月30日で廃止となり、このバスターミナルも町営バス専用となります。

佐呂間からは道道961号を通り、再びサロマ湖へ。サロマ湖に出てからは、時々国道から離れて集落に入ったりしながら、国道238号を北上していきます。
CIMG3548_new
途中、「愛らんど湧別」なる派手な遊園地を併設した道の駅の姿も・・・。

湧別の街が近づいてくると、まだ15時台にも関わらず、太陽がかなり西へ傾いてきました。
CIMG3550_new
終点の中湧別には定刻通り16時ちょうどに到着。
CIMG3554_new
ここまで乗り通したのは、私と紋別まで行くという年配の女性の2名だけ。廃止直前に「お別れ乗車」する人ってバス業界は少ないですね・・・。

この湧網線、常呂以降では5名を超えることはありませんでした。10月以降は各地域で自治体がバス運行を行うことになりますが、湧網線ルートで網走から中湧別まで乗り継いで行くことは出来なくなります。佐呂間町へ公共交通で行こうとすると、北見・遠軽・網走の病院へ週数便動いている町営バスを使うしか手段が無くなるわけで・・・。
特定地方交通線の廃止から20年と少しで、代替交通手段すら消えることになってしまいました。

中湧別のバス停は湧別町の文化センター横に設置されており、網走バス・北海道北見バス・湧別町営バスと3社のポールが立ってます。しかしバス停名が、それぞれ「中湧別」「中湧別文化センター トム」「文化センター」とバラバラ(苦笑)。
CIMG3564_newCIMG3563_new
バス停の向かいには旧名寄本線の中湧別駅の一部が保存されていました。ゆっくり見たかったのですが、ここでの乗り継ぎが4分しかなく、写真数枚撮るのが限界・・・。

中湧別からは16時04分発の紋別行に乗車。北海道北見バスと北紋バスの共同運行路線ですが、今回は北海道北見バスの車両でした。
CIMG3566_newCIMG3567_new
遠軽から走ってくるこの路線は、旧名寄本線の代替バス。ハイバックシートにICカード付き料金箱と、意外と車両のグレードが高くてビックリしました。

下校時間ということもあり、高校生でサラっと埋まる程度の乗車率で中湧別を出発。途中のバス停での乗り降りもあり、紋別まで常に10名程度は乗っている状態での運行になりました。
CIMG3569_newCIMG3572_new
徐々に薄暗くなる中、何度か国道を外れて途中の集落に寄り道。オホーツク紋別空港付近では、滑走路の端を横切ったりなど。

網走から乗り継いできて、久々に「市街地」と呼べる街並みに入り、紋別バスターミナルには16時55分に到着。
CIMG3573_newCIMG3574_new
常呂・佐呂間・中湧別・紋別と本数の割にターミナルの建物が立派なんですよね(苦笑)。まぁ紋別はそれなりの本数がありますが・・・。

この日は紋別で一泊となりました。


ヨッシー at 23:59│Comments(1)乗りバス 

この記事へのコメント

1. Posted by 永江聡   2011年12月26日 15:37
JR深名線の路線バス廃止します

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔