2017年04月14日

JR東海バス 中部空港線(中部国際空港行)

金城ふ頭駅と中部国際空港を結ぶ路線に乗車しました。
CIMG5820


乗車したのはJR東海バスが運行する中部空港線。中部国際空港と金城ふ頭駅の間を土休日と繁忙期限定で1日4往復する路線となり、平成29年4月1日から運行が開始されました。今回は金城ふ頭駅を10:55に出発する中部国際空港行に乗車。

名古屋駅からあおなみ線に乗車して金城ふ頭駅に到着。レゴランドと反対側の階段を降りたロータリーにバス停が設置されています。
CIMG5752
設置されているバス停標識は金城ふ頭駅に乗り入れるJR東海バス・三重交通・つばめ自動車の3社共用となっていました。
CIMG5754CIMG5755
中部国際空港行はJR東海バスと三重交通をまとめて表記されています。10:25頃につばめ自動車の中型エアロエースが到着。
CIMG5760
10:30発の名古屋港行「みなとシャトルバス」として折り返して行きました。

更に待つこと暫し、10:45頃にJR東海バスのエアロキングが到着。
CIMG5768
車両後部にラッピングが施された中部空港線専用車の744-02993号車でした。
CIMG5771
ここにJR東海バスのエアロキングが停車しているのは違和感ありますね。

この路線は高速バスネットで予約・決済が可能となっており、乗務員氏に高速バスネットの乗車票を提示して乗車となります。ただ、予約時に座席を指定することは出来ず、車内は自由席となっていました。

車内はこのような感じ。
CIMG5774
座席には変化ありませんね。
CIMG5776
コンセントは付いていませんが、窓側の小さなテーブルは健在。
CIMG5818
乗務員氏から2階席に着席するようにとの案内があり、1階席はカーテンが閉じられていました。

乗車時にこのような乗車記念証の配布が。
CIMG5778
CIMG5777
中部空港線のデータが細かく表記されていて良い資料になりますね。

出発時刻になっても他の乗客は現れず、この便の乗客は自分1名のみに。富山-金沢間で運行されていた北陸道昼特急号以来のエアロキング貸切乗車となりました。

定刻通り10:55に金城ふ頭駅を出発。バス停には11:00発の「みなとシャトルバス」が入れ替わりに到着していました。
CIMG5779CIMG5783
あおなみ線の高架沿いに少し走り名港中央ICから伊勢湾岸道路へ。
CIMG5786
本線に合流する直前、ズラリと並ぶ輸出車両の先に太平洋フェリーが見えました。
CIMG5788CIMG5789
名港中央大橋と名港東大橋を渡り東海JCTを通過。
CIMG5792
名港中央ICから10分弱の大府ICで伊勢湾岸道を流出となりました。

伊勢湾岸道の高架下を少し走り、上入道交差点を右折して知多半島道路へ。
CIMG5794CIMG5796
大高料金所を11:11に通過。知多半島道路では遠鉄バスや名鉄バスとスライド。
CIMG5798CIMG5799
半田中央JCTの手前にはこのような所要時間表示が。
CIMG5801
11:24に半田中央JCTを通過して知多横断道路へ。
CIMG5803CIMG5806
こちらの道路では「セントレアライン」の標識が付けられていました。

常滑ICを通過して、りんくうIC付近まで来ると前方に海が見えてきます。
CIMG5808CIMG5809
イオンモールの中に設置されたサーキット場を見つつ、海沿いに進み、りんくう本線料金所を通過して中部国際空港連絡道路へ。
CIMG5810
名鉄線と並走してセントレア大橋を渡り中部国際空港へ。
CIMG5812
セントレア大橋では名阪近鉄バスの貸切車に抜かれました。

空港島をグルリと半周。ホーイング787の飛行試験1号機の姿が。
CIMG5815
中部国際空港の降車場には定刻から少し遅れて11:37に到着。
CIMG5821
降車扱いが終わると、待機場へ回送されて行きました。

意欲的な路線だと思うのですが、乗車率の悪さが気になるところです。特徴的な車両での運行だけに、もう少し広くPR出来れば状況も改善すると思うのですが・・・。

ヨッシー at 00:00│Comments(1)TrackBack(0)乗りバス 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by とうかいちゃん   2017年04月14日 19:25
エアロエースかセレガでの運行と思っていたが

週末とかはどうなんでしょうか?
相変わらず空気輸送ですかね・・

名古屋駅〜金城ふ頭が運行だったら乗客ものっていたのかな?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔