2019年09月10日

WILLER EXPRESS 大阪-名古屋線W805便

名古屋と大阪を結ぶ路線に乗車しました。
CIMG7630


乗車したのはWILLER EXPRESSの運行で名古屋と大阪を結ぶ路線。路線開設以来何度か乗車していますが、四日市−亀山間で新名神を走行すると聞いて久しぶりに乗車してみました。

今回は名古屋駅前を10:30に出発するWBT大阪梅田行に乗車。名古屋駅太閤口側ビックカメラ前のバス停からの出発となります。東京バスグループの路線と共用のバス停となり、標識も2つ設置。
CIMG7589
路線開設時は少し離れた場所のバス停から出発していましたが、現在では昼行便はすべての便がこのバス停からの出発となります。待つこと暫し、10:20頃にバスが到着。
CIMG7597
この日の車両はWILLER EXPRESS大阪営業所のエアロエースでした。車内はこのような感じ。
CIMG7600CIMG7601
「リラックス《NEW》」と呼ばれる仕様となり、フットレスト・レッグレストが装備されたカノピー付きの4列シートが縦10列配置されており、トイレは付いていません。各座席にはコンセントが設置されており、無料Wi-Fiも利用可能。
CIMG7603
数年前に乗車した時の車内Wi-Fiはソフトバンクグループのサービスを使用したものでしたが、現在はキャリアに関係なく使用できる仕様のサービスとなっていました。車内に掲示されていた運行案内表示はこのような感じ。
CIMG7599
また運行表はこのようになっていました。
CIMG7633
よく見ると「四日市JCTより新名神」と書かれていますね。

車内は約7割ほどが女性客で、ほぼ満席に。中途半端な時間帯の便ですが、しっかり埋まるのですね。定刻通り10:30に出発となりました。

出発後、WILLERが今年5月よりサービスを開始したバス車内での動画配信サービス「WILLER THEATRE」を試してみました。
CIMG7602
車内のWi-Fiに接続した後、専用アプリをスマホにインストールして起動するとあっさりとメニュー画面が表示されます。
CIMG7637CIMG7605
洋画を視聴してみましたが、映像・音声の乱れや読み込み待ちは発生せず、ストレス無く見ることが出来ました。今回は支障なく視聴できましたが、ネット上にはトラブルの書き込みもチラホラと見受けられます。個人的には視聴できる映画の作品数が少ないのが少し残念なところ・・・

烏森ランプより名古屋高速へ入り、名古屋西JCTより東名阪へ。
CIMG7609CIMG7612
80km/hで東名阪を進み、11:10頃に四日市JCTから新名神へ入りました。
CIMG7617
新名神に入っても80km/h走行は変わりません。東海環状道が分岐する新四日市JCTを過ぎると、三岐鉄道の車庫の近くを通過。
CIMG7619CIMG7620
菰野IC付近で名古屋駅前を5分後に出発した「名古屋特急ニュースター号」の名古屋バス便に抜かれました。新規開通区間を約20分で走り抜けて、11:30過ぎに亀山西JCTを通過。
CIMG7623
三重県から滋賀県に入り、甲南PAで開放休憩となりました。

甲南PAには11:50に到着。
CIMG7635
12:10まで20分停車となりました。
CIMG7632
休憩中のハンドルロックは健在ですね。
CIMG7626
先程抜かれた大阪行の名古屋バスや神戸行の名鉄バスも停車していました。名鉄バスは亀山JCTまで東名阪を走行していた模様です。

予定通り12:10に甲南PAを出発。草津JCTから名神に入り、瀬田東JCTから大山崎JCT間も名神を走行。
CIMG7636CIMG7639
吹田ICでも名神を直進して、13:23に豊中ICで名神を流出。豊中ICからは阪神高速池田線を大阪駅方面へ向かいます。淀川を渡る手前付近から渋滞に遭遇。
CIMG7641CIMG7643
豊中ICから約25分かけて梅田ランプまで進みました。13:39に梅田ランプを流出して、終点のWBT大阪梅田には13:47に到着。
CIMG7650
定刻より17分遅れての到着となりました。

新名神の四日市-亀山間を走行する路線に乗車できてとりあえずは満足。また、今回体験したWILLER THEATREのような新しいサービスの展開に今後も期待したいところです。


ヨッシー at 00:00│Comments(0)乗りバス 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔