2011年05月19日

編集長のつぶやき(2011年05月18日のTwitter)




  1. おはようさんです。今日は神戸です。原発の処理が、なかなか進まないのが、気がかり。関西では、仕事が増えているようです。まず、明るいムードづくりが必要です。


  2. 神戸の大手クリーニング店を取材しました。3代目の若い社長さんですが、値段だけでなく、集客のための対策を色々と考えておられました。


  3. その後、大池にありますアンティークショップ、和風喫茶を取材しました。オシャレな部屋で、食器、家具などがおかれていました。全て売り物だそです。元気な女性オーナーでした。


  4. 長田区にありますシューズメーカーを取材しました。女性用の外反母趾に対応した健康シューズです。販売ルートをどうするか、そこがポイントだと思います。


  5. 続いて、ゴム部品用の金型をつくっている会社を取材しました。数ミリの小さなゴム部品、変わった形のゴム部品用の金型が得意という技術力のある会社でした。社長さんが明るいのが、一番良かった!




Powered by t2b



iij_take at 01:57コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
カテゴリ
日本一明るい経済新聞とは?
日本一明るい経済新聞

産業情報化新聞社が編集制作。
月刊紙として発行。
フジサンケイグループの日本工業新聞社(現サンケイビジネスアイ)で、約30年間記者活動をしてきた竹原信夫が編集長を務め、中小企業をメインに明るいニュースを取材、紙面に掲載しています。

大企業のように目立ちませんが、利益を出して活力あふれる経営を進めているベンチャー、中小企業はたくさんあります。

毎月、約40社の企業の経営トップに取材、「なぜ、儲かっているのか?」−。元気経営の秘密を探り、紹介しています。社長の営業力、社員のがんばり、3S運動、女子社員の活用、社内コミュニケーションと、それぞれ元気力は違います。

読まれた方に、「そうか、こうすればやれるのか」といった経営のヒントをつかんでいただき、“自信”と“やる気”と“明るさ”を取り戻してもらいたいと願っています。

日本一明るい経済新聞