こんな町に越してきた3

神戸から山口県山陽小野田市の北、旧山陽町の厚狭(あさ)の町に越してきて懐かしい古里の原風景を見つけました。その後6年半厚狭に住み、今は小野田地区在住ですが、厚狭は第三の故郷、現在も厚狭の町おこし「厚狭杜のまち」のメンバーとして頑張っています。

町おこし「杜のまち」

2017年厚狭小学校スタンプラリー

・・・「厚狭杜のまち」Facebooより転載・・・・・・

秋の晴天に恵まれて、厚狭小学校5年生によるスタンプラリーが行われました。
杜のまちではポイントで解説などのサポートを行いました。

天満宮では関係者の協力で説明など行っていただいたようです。

23215854_1726025014137945_1280646260370560479_o (600x450)

23275705_1726025107471269_247448518587361728_o (600x450)


またお寺ではご接待を受けていました。

23270467_1726024650804648_5297948092730270831_o (600x450)


さらに、殿町デゴイチ公園でははるばる北九州からデゴイチ修復のプロ入江さんが駆けつけて資料を渡しての熱弁。
気持ちが伝わったと思います。

23213422_1726024517471328_7381371342704166423_o (600x450)


23213346_1726024777471302_7273293247758775203_o (600x450)

23215710_1726024907471289_6934343692185670574_o (600x450)

いろいろなことがある地元の魅力、感じてもらえると嬉しいですね。(村上)



・・・・・・転載ここまで・・・・・・・




お天気も良くて本当に良かったです。

丹後屋さんで待っていると鴨橋の方からこちらに向かって歩いてくる厚狭小5年生82人。

ここは、往復通るので、最初は通過。
通過する時「ひがんばなさ~ん」と手を振って通り過ぎていきました。

IMG_1687 (630x400)

各ポイント地点を巡っていきます。

IMG_1689 (630x410)

「いってらしゃ~い」と手を振りました。



スタンプラリーの最後の班に説明を終え目指すは殿町児童公園

SLの修復の際、北九州から足を運ばれた入江さん。汽笛の音も聞かせて下さった。

以前にもスタンプラリーの説明を村野さんに代わってやって下さり、今回もたくさんの資料を準備して来て下さいました。

本当にありがとうございました。

村野さんの日頃の手入れの跡がうかがえるD51300の前で記念写真を撮りました。

23231314_1725104804229966_7638211286677476419_n (630x473)
向って左端が入江さんです。
 

先日歩いて厚狭駅からの所要時間を計り、この公園まで片道20分。
往復40分、少し散策で50~60分。

駅で時間待ちで1時間ある際には、お勧めの地点です。
「厚狭駅近辺には何もない」とは言わせません。



にほんブログ村





厚狭のまち魅力発見ウォークラリー

31日は厚狭小ウォークラリーでした。
宇部日報サイトの記事よりお借りします。

無題1


詳しくは宇部日報サイト。
こちらから→http://ubenippo.co.jp/local/%e5%8e%9a%e7%8b%ad%e5%b0%8f%e5%85%90%e7%ab%a5%e3%81%8c%e5%8f%a4%e9%87%8c%e3%81%ae%e9%ad%85%e5%8a%9b%e7%99%ba%e8%a6%8b%e3%82%a6%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%af/


総勢600人、10人づつの縦割りグループで60組でのこの鴨庄周辺のウォークラリーは初めてでした。
ずっと商店街コースだったので今年は目先を変えたと先生がおっしゃっていました。

ひがんばなは熊谷家家臣だった桐原邸の担当。

桐原邸(600x400)


沓古墳~圓應寺(円応寺)~鴨庄一帯をぐるっと回り厚狭川の土手をテクテク行く厚狭小の皆さん。

IMG_1594 (600x376)

1年生も元気に歩いていきました。



にほんブログ村




まちあるき 雨天決行!

・・・・「厚狭杜のまち」Facebookより転載・・・・・・・・・

新しいマップを使ってまちあるきをやりました。

22829660_1714536765286770_3816627073721652028_o (630x473)


台風の影響か、雨となりましたが厚狭の町筋と鴨ノ庄地区をてくてく歩き回りました。

目的はマップに記載する所要時間の確認です。
これでまた一歩完成に近づきました。

22829359_1714536558620124_2002323919574570928_o (630x473)

22829208_1714536861953427_6477197991860685985_o (630x473)

22861415_1714537078620072_8841876719236566548_o (630x473)


しかし、よく歩きました。さすがに疲れましたね。

参加の皆様ご苦労様でした。

マップご期待下さい。


・・・・・・Facebookからの転載ここまで・・・・・・・・・



P1020087 (630x473)


マップに厚狭駅からのこんな散策コースを入れています。

無題


原稿に記載の時間は適当に書いたので、ちゃんとした時間の検証をしないわけにいきません。

台風の影響で雨になってしまいましたが、なんとか全部(厚狭駅からSL公園~茅壁醤油店までのコース。一旦駅に戻り昼食後、今度は沓古墳、圓應寺、熊谷居館跡や細迫邸など鴨庄界隈を散策の遠距離コース)

厚狭10時集合で、午後3時まで、雨の中の歩き、頑張りました。


鴨庄。沓古墳はサイクリングコースだと思いました。
私がこのブログを開設して間もなく思ってここに書いたはず。
「レンタサイクルが欲しい」。

今、サイクリングコースを作っている市町村がありますが・・残念ながらわが市は追いつきません。



にほんブログ村







寝太郎水路分岐点

今日のふるさとの窓はこちらです。

IMG_9293 (600x400)


ここが寝太郎堰から取水した水が厚狭盆地内を縦横無尽に張りめぐらされる寝太郎水路に送られていく分岐点です。

まっすぐ行く水路、西に向かって流れその先で又分岐して流れていくのです。

水の流れや水量を分ける工夫もここで見ることができます。

IMG_9291 (600x400)

ずっと眺めていると、水の中に引き込まれそうな気がします。



今月31日(10時前~12時頃まで)に厚狭小学校の全児童600名の「秋の集会~厚狭のまち魅力発見ウォークラリー」で ここ寝太郎水路分岐もチェックポイントに入っています。

鴨庄~沓古墳を600人が歩きます。
以前は商店街~殿町を歩きましたが、この鴨庄コースを600人が歩くのは初めてのことです。




にほんブログ村




雨の寄合

・・・「厚狭杜のまち」facebookより転載・・・・・・・・・・・・・

外は雨降りとなりましたが、今回も熱の入った寄合となりました。

会議

ひがんばなさん作成のまちあるきマップについて意見交換。
皆さんに喜んでいただける様な出来となっています。

マップは厚狭駅からの案内となっていますのでまずは駅においていただくのが希望ですがいずれ市内各所での配布となるでしょう。
皆さんのお手元に届くまでもう少しかかりますがお楽しみに。

月末31日の厚狭小ウオークラリーへの参加についても協議しました。
これから厚狭小と詰めを行います。小学生600名が鴨ノ庄方面を巡ります。さていかがなりますか。
(村上)

・・・・・・転載ここまで・・・・・・



まだまだ完成ではありません。

私はA4サイズのものを作ったのですが、この日お披露目のマップはA3。
文字がいやに大きくなって、びっくりです。
A4では字が見えない方がいらっしゃるので大きいサイズに変更ということで、少し慌てています。

まだ記載漏れもあって、家で修正しています。
もう少しで完成します。
駅からの散策マップなので遠い場所は載せていません。

ひがんばなはこのブログがあったから、説明文が書けました。

ただし下手な文章と言うことは、このブログでよくご存知かと・・その辺はご勘弁を!。



にほんブログ村







9月17日の寄合から

・・・・「厚狭杜のまち」Facebookより転載・・・・・・・

忘れていました 寄合しました。

22180030_1682478388492608_8572368826983151247_o (600x450)


 月見の会の反省とまちなかコンサートへの取り組みのお話をしました。
 ポケットパークの新しい整備方法についても。

 ひがんばなさんが作ってくれた まちあるきマップを披露して意見交換、10月28日には試しに歩いてみます。
 厚狭駅10時出発、まちなかと北部鴨ノ庄近辺を散策します。

 ちなみに10月31日は厚狭小学校ウオークラリーで北部を全校生徒600人あまりが回ります。
 保護者や関係者を入れるともっと人数は増えますから、知らない人はびっくりするでしょうね。



・・・・・・転載ここまで・・・・・・・・・・



そう遠くない殿町にはD51300のSLもあり、わざわざ遠方の方が厚狭駅で下車して殿町まで行かれるのに厚狭駅周辺は何もない町として名が通っています。

厚狭の町の魅力を知る者として、悔しくてたまりません。


厚狭は昔の街道もあり、街道巡りの人達が通り過ぎていきます。
豊臣秀吉のお休処だった枝村屋枕流亭跡もあります。
築100年、130年越えの白壁の建物があちこちにあります。

そんな厚狭が説明が足りないだけで、何もない町になって残念、無念。


駅前の看板は散策に役にも立たないものです。

1時間、待ち時間で散策できる場所を教えてあげたい!ここから〇分で何があるかを教えてあげたい!そんな思いが詰まったマップを作ります。

行政が作るマップはプロが作成した立派なものですが、羨ましがってばかりでは何も進みません。
念願のマップを私たちで作ることにしました。

そのうち 「厚狭駅からの散策マップ」できますよ!。

もう少しお待ちください。




にほんブログ村