2008年02月12日

2月12日

2月12日
金曜日の泊り込みレセプトに続き、難症例の土曜日。大好きなCSIも途中で爆睡して
しまった。日曜日は、相も変わらず洗濯デーと掃除に明け暮れた。もっけもんの
月曜日は友人達が珍しく訪ねてきて、そこは女同士で食べるは飲むわ、ひとんちの
クローゼットを物色するわなんやで大騒ぎで終わってしまった。

朝目覚めると、どんよりとした天気。出かける頃には、しとしと雨が降りだした。
週の始めは、スカッと明るい太陽が欲しいって思う。後一ヶ月半も過ぎれば、桜の
開花の話題で占められるだろう。

Day by day,天候は移ろい、色んなセレモニィをこなしてトワイライト。
馬鹿っな事ばかり書いてるって、マタマタ友人に怒られた。だけど、利口ぶってる
馬鹿よりかはマシなんじゃないか?って思う。だべ? でしょ?

今日は、日本語にはない英語OR米語について書きます。
セレンディピティーって言葉知ってますか?(スペルが自信ないので書きません。)
この一言で「幸福な偶然」って意味です。これを知った時、21歳だった私は、
異様に興奮したのを覚えています。だって、こんな日本語ないじゃないですか?
インディアン・サマーが「小春日和」だったり、このテの言葉に興味しんしんでした

愛の言葉も「Iwas born to love you 」なんて翻訳出来ない位、すごくないですか
そんな風に日本語と比べるとオドロカされる言葉が多々ある。
卒論にサリンジャーを選んで、モチ原語で読んだ?が米語は、英語より面白いが、
日本の英語教育は英語(イギリス語)なんです。この時勢、米語なんではないで
しょうか?(基本的には、同一語なんですが微妙に異なる。)

でしょ?っとだべ?の違いくらいです。私は東北人ではないけれど、何時の頃から
かだべ?って良く使います。本来的には、んだべ?だと思うのですが、私語的に
だよね?の意味で使ってます。結構、典子語なる言葉が多々あって、よく何処の
出身ですか?って聞かれる。「全然、好き」とか文法的におかしい使い方も良く
する。が、若い方のようなKYみたいな言葉は使わない。

若い時は、誰でもその傾向にある様に思うが、難解な言葉を使っていた。
三島由紀夫なんてその最たるものと思われる。現在は、幼稚な言葉や略語が多い
様に思われる。再三、書いている様に人は言葉でモノを考えるので、幼稚な言葉が
幼稚な頭脳にならない様にって思う。やる事は私達の若い時より、大胆だけれどね。

その身にならないと、わからないっていうのは、人として未熟です。自分の苦しみ
でなくとも、人の痛みがわからないと、いけないと思うのです。
殺人事件、無理心中等々が毎日の様に報道されています。「命の重さ」にもっと
きずいて欲しいって思います。

明日は晴れるそうです!  サバ!





 

iimorinoriko at 12:55│