エクステリアプランナーの幸せを呼ぶ雪国の庭づくり

雪国秋田を代表する1級エクステリアプランナー、 伊藤良浩が大仙市からお届けします。 雪国初、冬も楽しめる庭、夜もワクワクする庭、だから早く帰りたくなる庭。 「家族が幸せになる庭づくりとは?!」雪国の庭づくりの秘訣大公開中!

2006年10月

ぁ峅屬閥き巣と商売繁盛の不思議な関係?」

04b19418.JPG「花があるところは、はやってるみたい。
でも、緑があっても花がないとダメみたいよ。」
と妻が言ってました。
ガーデンデザイナーの耳がピクンとしました。

そう言えば「ご近所の底力」(NHK)でやってました。
空き巣を減らす効果的な方法は、
花を植えることだそうです。
花が空き巣を減らすとは意外でした。

レストランの入り口に良くある、
ウィスキー樽に鉢植え、三脚にのせたメニュー。
確かに目がいき、一度行ってみようか、となります。

人間だって同じですね。
着るものや化粧のセンスのいい人は、
やはり注目を集めます。

うーん、何か関連がありそうです。
花を飾る、
注目される、
関心がいく、
空き巣が減る、
お客が来る、
モテる。
運勢があるって、こういうことかも知れません。
運勢のある庭、運勢のある町内、運勢のある街並み。

注目を集めるのに一番効果的なのが、
「花」」ということらしいです。
でも、冬はどうするの?
その話は次回にしましょう。



伊藤良浩
             ―「月刊αアルファ」(三森印刷発行)11月号'06より―


エクステリア・ガーデニング工事(外構工事)の詳細はこちらをクリックしてください

さきがけ新聞のカーポート記事

4f16b2c8.jpgカーポートの記事が掲載されました。

去年の超豪雪があったためか、カーポートのシーズンを迎えてカーポートのことを取り上げたのだと思います。

私も少しだけ言わせてもらいました。

秋田では雪のことを一番優先しないといけません。

カーポートの選びのコツもアップしましたのでご覧下さい。

●「カーポート選び、コツのコツ」



エクステリア・ガーデニング工事(外構工事)の詳細はこちらをクリックしてください

●カーポート選び、コツのコツ●

‥玄┥譴蚤┠茲靴覆ぁ
 
 安いからと言って、性能や寸法を確認しないで決めると、後悔することになります。
 賢い人は、予めカタログやホームページでしっかり調べます。
 そこで候補をいくつか決めます。
 その後で、実際の色や雰囲気、丈夫さなどを確認するために展示場へ行くようです。
 これなら失敗は少ないでしょう。 


値段で決めない。

 カーポートなんてどれでも同じと思われがちですが、実際はかなり違います。
 値段で選ぶととんだ失敗をすることがありますから注意が必要です。
 まず自分たちが必要としている機能と性能、デザインが満足できているかを検討し ます。
 それらを満足する機種の中で、一番安いのはどれか?選ぶとほぼ間違いありません。


0貳銘楼萢僉∪兩稈詫僂豪雪地用か確認する。 

 県内でも雪の比較的少ないところは積雪地用、多いところは当然豪雪地用を選ぶべきです。
 

げ虻の雪をどう処分するタイプか確認する。

 大きく分けて、流れるタイプと流れないタイプ。
 雪が流れるタイプは強度的に屋根にのぼれないようになっています。
 雪が流れないタイプは屋根に上って降ろすようになっています。


ズ犲舛砲茲辰涜儺彑も違ってきます。

 本体はアルミとスチールです。
 主流はアルミ製で軽く、さびに強い特徴があります。
 そして、スチール製、これは強度があるので部材のサイズが小さくてすみます。
 屋根はスチールとポリカーボネート、アクリルなどです。
 (アクリルは耐久性が劣るためか、少なくなっているようです。)
 スチールは波形の折板と呼ばれ、工場や倉庫の屋根に使用されているものと同じです。
 強度があります。ただし光を採り入れることが出来ません。

 ポリカーボネートは光を採り入れることが出来て明るいのが特徴です。
 重さには弱いですが衝撃に強く、石が落ちたくらいでは割れません。
 以前はフラットなものしかなかったので、流れるタイプの屋根にしか用いられませんでした。
 最近は折板タイプが出来て、スチール折板に組み込んで採光出来るようになりました。


β冑圧強度のチェックも忘れずに。

 最近は異常気象のせいか、大型台風も多くなってきました。
 全国エクステリア工業会に加入しているメーカーであれば、
 耐風圧強度を、『Vex=○○m/s相当』と表示しています。
 カタログでこの項目を確認するようにしましょう。


Д妊競ぅ鵑盻斗廚瞥彖任砲覆辰討ました。

 敷地が広くて、機能さえ果たせばいいという時は、問題がないかも知れません。
 でも、最近のように狭くて庭と接近している時は、出来るだけ庭の雰囲気を壊さないものを選ぶとベターです。
 また、メーカーによっては住宅の色に合わせられるように、色を選べるようになりました。


●質問・相談窓口:0120−584−860(フリーダイヤル)
●メール相談・問合せ:ryo@palre.co.jp
●FAX相談窓口:0187−62−7125
●一級エクステアプランナーのホットライン:090−2275−1095

エクステリア・ガーデニング工事(外構工事)の詳細はこちらをクリックしてください

ブログランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ
お役立ちがあったらポチッと
ranking
プロフィール

伊藤良浩

ケータイアクセス用QRコード
QRコード
お知らせ
「★新築の庭づくり講座」が開講

雪国で、お家を新築される方のために講座を開講いたします。
最近感じるところがあります。着工する前に、一言エクステリアプランナーに相談に来てくらたら、こんな無駄なお金を使わなくても良かったのに…と。庭の知識が無いために、外構、ガーデニングで損をしている人が多くなっています。
そんな方のために月に2〜3回講座を開くことにしました。
スポンサーのサイト
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
キャンペーンのお知らせ
TOEXガーデンルームキャンペーンサイトへ
訪問者数2007/11/19〜
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

全国の庭と店とデザイナー
    エクステリア・外構と庭のガーデンプラット
記事ランキング
最新コメント
訪問者数

    人気ブログランキング
    スポンサーのサイト
    • ライブドアブログ