エクステリアプランナーの幸せを呼ぶ雪国の庭づくり

雪国秋田を代表する1級エクステリアプランナー、 伊藤良浩が大仙市からお届けします。 雪国初、冬も楽しめる庭、夜もワクワクする庭、だから早く帰りたくなる庭。 「家族が幸せになる庭づくりとは?!」雪国の庭づくりの秘訣大公開中!

2007年09月

大仙市刈和野上ノ台N邸



砕石敷き完了です。
左官の親方が今敷いてあるものと同じ砕石をさがしてくれました。

大仙市刈和野上ノ台N邸



目隠しフェンスの基礎コンクリート打ち込み状況です。




通路のレンガ敷き部分の三角目地です。
ここに1つずつモルタルを詰め、化粧砕石を埋め込んでいきます。
とても手間のかかる仕事です。

大仙市刈和野上ノ台N邸



目隠しフェンス組立状況です。
柱が2.2mあるので基礎は、掘削してコンクリートを流し込みます。




石乱張りと奥は仮置きです。




サークル(八角形)の目地詰めです。
奥の黒くなっているところが目地を詰めた部分です。




目隠しフェンスをウッドデッキから見たところです。
私の視点からは、お隣さんの窓は完全に見えなくなりました。

大仙市刈和野上ノ台N邸



サークル(八角形)の貼り付け完了です。
かなりボリュームがあるように見えます。




自然石乱張りの仮置きです。
縁取りがないので、型枠を付けて後でモルタルで取り付けます。

大仙市刈和野上ノ台N邸



レンガ敷きが終了です。
後で本体と縁取りの間の三角目地に石を詰めます。




ウッドデッキからのながめです。




サークル(八角形)の仮置き終了です。
位置や角度、目地幅などをチェックします。

大仙市刈和野上ノ台N邸



ラチスフェンス組立です。
ラチスパネルの水平を調整しています。




柱の建ち(垂直)を調整しています。




通路のレンガ敷き。
縁取りレンガを並べて、曲線と色合いのバランスを見ています。




モルタル系の接着剤でレンガを固定していきます。




通路本体は曲線に合わせて、半端をカットします。
縁取りが固定されていますので、並べるだけです。




ラチスフェンスの組立完了です。

大仙市峰吉川M邸

本日は芝張りです。



土を敷いてから時間がたったため、少し雑草が生えてきました。
芝を張る前に出来るだけ抜取ってしまいます。




芝張り完了です。
芝はコウライ芝です。
住宅には一番適しているようです。




リビングからのながめです。
手前の花壇を通して見る庭はいいものです。

大仙市刈和野上ノ台N邸

敷物の工事です。




こちらはサークル(正確には八角形)です。
土をスキとって、砕石を敷いています。




玄関ポーチからウッドデッキに至る通路です。
こちらはレンガ敷きです。
砕石を敷いて、通路の縁に型枠を取り付けていきます。




型枠の間に、バサモルタル(水の配合が少ないモルタル)を敷いていきます。
これでレンガ敷きの下地の終了。

大仙市刈和野上ノ台N邸

ラチスフェンスと目隠しフェンスの基礎工事です。




地面に既製のフェンス基礎が入る大きさに掘削します。
コンクリート製フェンス基礎のサイズが200×200×H450です。
余裕をもって350×350の大きさで掘ります。




水糸に合わせて、フェンス基礎を設置していきます。
水糸は水平と境界からの距離を一定にしてあります。
後は柱の間隔をスケールで測って、位置を決めます。




高さと位置が決まったら、周囲に砕石を充填します。
この時の砕石は粒のそろっていない、砕いた物がすべて含まれているクラッシャーランを使います。
これによってすき間がなくなり、十分に固定されます。

さらにクラッシャーランに水をかけて、「水締め」をします。
これは水によって砂やもっと細かい粒が砂利のすき間を埋める方法です。
先人の知恵というのはすごいものです。





大仙市峰吉川M邸

枕木2ヶ所には両方とも20Wの裸電球をつけました。
中央のランプの明るさがどうか、夜確かめにいきました。




20Wでは少し暗いようだったので、40Wにしたらちょうどいい感じです。
石も照らし出されました。




右側に植えたヤマボウシの葉っぱの裏が、ライトアップされました。




手前のマリンランプです。
この明かりはリビングから見たときに光源が見えないように配置しました。
写真では見えませんが、乱張りが照らされて、良く見えます。
ブログランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ
お役立ちがあったらポチッと
ranking
プロフィール

伊藤良浩

ケータイアクセス用QRコード
QRコード
お知らせ
「★新築の庭づくり講座」が開講

雪国で、お家を新築される方のために講座を開講いたします。
最近感じるところがあります。着工する前に、一言エクステリアプランナーに相談に来てくらたら、こんな無駄なお金を使わなくても良かったのに…と。庭の知識が無いために、外構、ガーデニングで損をしている人が多くなっています。
そんな方のために月に2〜3回講座を開くことにしました。
スポンサーのサイト
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
キャンペーンのお知らせ
TOEXガーデンルームキャンペーンサイトへ
訪問者数2007/11/19〜
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

全国の庭と店とデザイナー
    エクステリア・外構と庭のガーデンプラット
記事ランキング
最新コメント
訪問者数

    人気ブログランキング
    スポンサーのサイト
    • ライブドアブログ