新作短編映画「位置について、」第12回小田原映画祭<審査員特別賞><市民スタッフ賞>ダブル受賞!

「落研冒険支部」が京都国際映画祭で再上映

カテゴリ:


先日、「位置について、」と「Day7」の再上映についてお知らせしましたが、
「落研冒険支部」も再上映が決まりました。

2016年にグランプリをいただきました京都国際映画祭が今年も開催され、
そのコンペ部門であるクリエイターズ・ファクトリーにて、
「落研冒険支部」と昨年度グランプリ「カランコエの花」が再上映されるとのこと。

「カランコエの花」は数々の映画祭で受賞されている話題作で、
これを機会に「落研冒険支部」も合わせてご覧いただけたら嬉しいです。

思えば、2年前「落研冒険支部」初のシネコン上映を体験できたのがこの映画祭。
大画面・大音響での感激はいまでも忘れれない幸せな時間でした。

関西圏での上映はなかなかできないので、ぜひ!

>>「落研冒険支部」公式サイトはこちら

>>京都国際映画祭公式サイトはこちら

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

<京都国際映画祭2018クリエイターズ・ファクトリー「落研冒険支部」再上映>

日時 ◯ 10月13日(土)

場所 ◯ イオンシネマ京都桂川

時間 ◯ 16:00〜 2016年受賞作品「落研冒険支部」上映

上映時間等、詳細は変更になる場合がありますので、
映画祭公式サイトもしくは劇場にお問い合わせください。
(2018.10.8現在、上映スケジュールについてはまだ告知されていないようです)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

「位置について、」「Day7」渋谷で再上映ですよ

カテゴリ:


先日、小田原映画祭で「審査員特別賞」「市民スタッフ賞」をいただきました監督作「位置について、」が、今週末にまた上映されることが決まりました。

<第4回ネットシネマフェスティバル・ゴールデンエッグ>のプログラムで、第3回の製作作品が上映されるようで、僕のもうひとつの監督作「Day7」を含めた全6作が一度だけ再上映されます。

NCF04チラシ表

↓下のチラシでは小さくて見えづらいかもですが、初日6日(土)の最後のプログラムになります。

夏頃に上映会をやると言いながら結局秋を迎えてしまい、なんだかなぁな状況なのですが、前回の上映でご覧いただけなかった方はこの機会にぜひ!

* * * * * * * * * * * * * * *

<第4回ネットシネマフェスティバル・ゴールデンエッグ "第3回製作作品"再上映プログラム>

日時 ◯ 2018年10月6日(土)

場所 ◯ 渋谷ユーロライブ

料金 ◯ 1500円

時間 ◯ 20:30〜(第3回製作作品再上映プログラム)

* * * * * * * * * * * * * * *

ちなみに「位置について、」「Day7」出演の役者さんの中には、6日と7日の両日にわたって上映される第4回の製作作品に、また違う役柄で出演されている方もいらっしゃるので(別プログラム)、そちらも合わせてご覧いただけたら嬉しいです。

よろしくお願いします!

NCF04チラシ裏

「位置について、」小田原映画祭でダブル受賞!

カテゴリ:
 adawara_1

9月16日(日)に開催された<第12回小田原映画祭>に行ってまいりました。

春に完成した短編「位置について、」がショートフィルムコンテストにノミネートされ、他の7本のノミネート作品とともに上映されるので、スタッフ・キャストの面々と、会場に突撃いたしました。

4DXシアターもある<コロナシネマワールド>というシネコン!

シネコンで「位置について、」がかかる!イエーイ、ということでみんなで記念撮影までしちゃったりしてこの浮かれっぷり。

4月のユーロライブ以来の映画館での上映は、その大画面、大音響とともに、とても嬉しい上映になりました。やっぱ映画館はええわぁ。

上映後に映画祭のクロージングセレモニーがあり、そこでコンテストの表彰式があったのですが、「位置について、」はなんと2つの賞をいただくことができました。

グランプリに次ぐ(と思われる)<審査員特別賞>。

観客賞にあたる(と思われる)<市民スタッフ賞>。

まさかのダブル受賞で、なんだか本当にありがたく、みんなで頑張って作ってよかったなぁと、スタッフ・キャストともども幸せな思いにしていただきました。

<審査員特別賞>ももちろんありがたく光栄ですし、<市民スタッフ賞>は、映画祭のスタッフとして携わっておられる一般の方々の評価ということなので、そのような方たちにも「位置について、」が届いたのかと思うと、なによりも嬉しい思いです。

 odawara_2


グランプリは川尻将由監督の「ある日本の絵描き少年」という、アニメーションや実写を駆使した力作。「位置について、」の次の上映だったのですが、一観客として普通に凄いなぁと思える作品で、納得のグランプリでした。

他のノミネート作品も力作が多くて、いろいろな刺激を頂き、会場に出席していた監督さんや役者さんと作品についてたくさん話ができたことも、とても楽しい時間になりました。

うむ、あらためて、またじっくり映画作りたいなぁ。

小田原映画祭に足を運んでいただいた皆さま、実行委員の皆さま、本当にありがとうございました!

「位置について、」が小田原映画祭に入選しました。

カテゴリ:


4月に完成した短編映画「位置について、」が、
このたび第12回小田原映画祭ショートフィルムコンテストに入選しました(^^)。

<第3回ネットシネマフェスティバル・ゴールデンエッグ>参加作品として、
13人の俳優陣とともに奮闘して制作したものですが、
今回は先日の上映会で初披露した「完全版」での入選になりました。

>>第12回小田原映画祭サイトはこちらから

9月16日(日)に映画祭で上映されますので、ご覧いただけたら嬉しいです。

それに伴い、予告編を作成しましたので、そちらも合わせてぜひ!
といっても、15秒のCM尺ではありますが(笑)。あっという間なので見てね。

>>「位置について、」の紹介はこちらから

おくればせながら...

カテゴリ:
428 a

大変遅ればせながら、4月28日の上映会へご来場いただきました皆様、
本当にありがとうございました。

思い掛けず満員のお客さんに来ていただき、とても嬉しい半面、
窮屈な状況でのご鑑賞をお願いすることになってしまい、お詫び申し上げます。

にも関わらず、最初から最後まで全プログラムをご覧いただいた方もいらっしゃり、
心からありがたい思いで会場におりました。

今回は「落研冒険支部」の全タイプの上映に加えて、
新作「位置について、」 「Day7」の別バージョン初披露ということもあり、
ネットシネマフェスティバルではお話することが出来なかった制作時の話など、
あらためてお伝えできたことが嬉しいことでした。

428 b

新作短編については、今後も上映活動を通じて、広めていけたらと思っております。

とりあえず、夏頃にもう一度短編2作の上映が出来たらと計画してますので、
詳細が決まりましたら、またこちらのブログ等でお知らせいたします。

今後ともよろしくお願いします。

明日28日上映会、お待ちしておりますー。

カテゴリ:
428上映会s

毎度告知でスミマセンm(_ _)m。
「落研冒険支部」と「新作短編2本」の上映会はいよいよ明日28日(土)。
もう一度、上映作品の簡単なご紹介させてください。

落研冒険支部_メインビジュアル_01_s

まずはこれまでたくさん上映してきました「落研冒険支部」
公開の状況によっていくつかのバージョンがあるのですが、
今回はその全部を一挙に上映しちゃいます。

オリジナル版、テレビ放送版、番外編のメイキング版。
どれも気軽にご覧いただけますので、この機会にぜひ!

A_03

そして完成したばかりの短編その1「位置について、」
俳優のワークショップからの映画製作ということで、
15分作品に13人を出演させるという条件の一本目です。

銭湯を舞台にしたドタバタほのぼの作品です。
今回は映画祭版から修正を加えた"完全版"としてのお披露目です。

B_03

ワークショップ短編その2は「Day7」
こちらも同じ条件のもと、「位置について、」とはガラリと雰囲気を変えた、
先の見えない不条理モノとして製作しました。

今回は映画祭版では泣く泣くカットせざるを得なかった
俳優陣の微妙な表情やセリフなども復活させた"ディレクターズカット版"です。

"夜長オーケストラ"の中村康隆さんの音楽もさらにパワーアップして、
今回の上映会で初お披露目になります。

主演俳優のトークも予定しておりますので、撮影時の苦労などもぜひお聞きください。

eki_bushinaware_a

その他にも、以前まったくの即興的に撮影した短編2本、
「駅にて、状況。」 「失われしモノたち」も同時上映。

こちらの2本は「ほのぼの不条理」とも言える、不思議なテイストですが、
「失われしモノたち」は自分の中では「Day7」を作る際の精神的ベースにもなった作りなので、
今回その2本を見比べてもらえたらとても嬉しいです。

駒沢大学駅からすぐ1分のイベントスペース<エムズカンティーナ>にて、
17︰00から上映です。

予約も絶賛受付中!

皆様のご来場を、心からお待ちしておりますヽ(^o^)丿 。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



「落研冒険支部」全タイプ ☓ 新作短編2作一挙上映会 (2018.4.18修正)

京都国際映画祭グランプリ受賞作「落研冒険支部」を、
オリジナル版と、テレビ放映された”全速力特別篇”の同時上映!

撮影の裏側に迫る「plerude〜もう一つの落研冒険支部」を含め、
「落研冒険支部」全バージョン公開。

“第3回ネットシネマフェスティバル”で初披露された最新短編作
「位置について、」「Day7」に加え、かつての即興短編2作も上映!


日 時 ◯ 2018年4月28日(土) 16:30開場 / 17:00開演(21:00終演予定)

出 演 ◯ 飯野歩(映像ディレクター)

司 会 ◯ 花里紗知穂 (俳優) 、岩見理奈 (俳優)

ゲスト ◯ 石出裕輔、榊滉太郎、花里紗知穂、逢生多晄、島崎義久、岩松れい子、岩見理奈

会 場 ◯ <エムズ・カンティーナ>
     世田谷区上馬4-4-8 新町駒沢ビル 2階
      (東急田園都市線・駒沢大学駅徒歩1分)

料 金 ◯ 1,500円(1ドリンク代500円別途・自由席・途中入退場自由)

ご予約&お問合せ ◯ <エムズ・カンティーナ> 03-6450-8111

予約フォーム ◯ https://ws.formzu.net/fgen/S13353355/

―――――――――――――――――――――――――――――――――


【上映作品】※各作品上映前後に解説トーク

17:00〜  挨拶

17:05〜 『落研冒険支部 〜全速力特別篇〜』(2018年/13分・12分)
      監督:飯野歩 出演:鈴木つく詩、小園優
     【MXTV「明日のSHOW」放映・前後編バージョン】

17:40〜 『prelude 〜もう一つの”落研冒険支部”〜』(2017年/18分)
      監督:石出裕輔 出演:鈴木つく詩、小園優
      トークゲスト:石出裕輔

18:15〜  休憩

18:25〜 「駅にて、状況。」 「失われしモノたち」(2004年/12分・8分)
      監督:飯野歩 出演:阿部英貴、高松博美、市村政晃

18:55〜 新作短編「位置について、」(2018年/15分)
      監督:飯野歩 出演:榊滉太郎、花里紗知穂
      トークゲスト:榊滉太郎、花里紗知穂、逢生多晄

19:30〜 新作短編「Day7」(2018年/18分)
      監督:飯野歩 出演:島崎義久、岩松れい子、坂口彩、岩見理奈
      トークゲスト:島崎義久、岩松れい子、岩見理奈

20:10〜  休憩

20:20〜 『落研冒険支部』(2016年/28分)
      監督:飯野歩 出演:鈴木つく詩、小園優、東野瑞希
     【京都映画祭2016クリエイターズ・ファクトリー グランプリ、
      第9回おもいがわ映画祭準グランプリ、第2回神保町映画祭準グランプリ】

20:50〜  上映後挨拶

---------------------------------------------

【飯野歩プロフィール】

京都国際映画祭やPFFアワードなどで多数の受賞暦を持つ映像制作者。
MVやゲーム作品なども手掛けつつ、エンターテインメントを目指した勢いのある作風が特徴。

ブログはこちらから
公式サイトはこちらから

新作ディレクターズカット版とトークですよ

カテゴリ:
B_09

いよいよ28日(土)に近づいた<落研冒険支部全タイプ☓新作短編2作上映会>
絶賛予約受付中!でございます。

"ネットシネマフェスティバル"で初披露した新作短編2本は、
映画祭のフォーマットにより15分版での上映でしたが、
今回の上映では再編集を施したバージョンでの初上映になります。

特に「day7」はセリフが多く、15分では詰め込み型の編集でした。
今回の上映では泣く泣くカットしたセリフや、さりげない表情などを感じてもらえる
"ディレクターズカット版" (15分版もディレクターが切ってるんだけど)での上映になります。

A_06

さらに上映後のトークでは各作品の主演メンバーをゲストに迎えて、
ワークショップから撮影に至るまでの話を出来たらと思っています。

"ネットシネマフェスティバル"では、なかなか作品ごとの詳しい話などはできなかったので、
出演者の思いや苦労などもお伝えできたらと思っております。

なお、タイムスケジュールが若干変更になりましたので、
下記の情報でご確認ください(トークの時間等の修正になります)


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


「落研冒険支部」全タイプ ☓ 新作短編2作一挙上映会 (2018.4.18修正)

京都国際映画祭グランプリ受賞作「落研冒険支部」を、
オリジナル版と、テレビ放映された”全速力特別篇”の同時上映!

撮影の裏側に迫る「plerude〜もう一つの落研冒険支部」を含め、
「落研冒険支部」全バージョン公開。

“第3回ネットシネマフェスティバル”で初披露された最新短編作
「位置について、」「Day7」に加え、かつての即興短編2作も上映!


日 時 ◯ 2018年4月28日(土) 16:30開場 / 17:00開演(21:00終演予定)

出 演 ◯ 飯野歩(映像ディレクター)

司 会 ◯ 花里紗知穂 (俳優) 、岩見理奈 (俳優)

ゲスト ◯ 石出裕輔、榊滉太郎、花里紗知穂、逢生多晄、島崎義久、岩松れい子、岩見理奈

会 場 ◯ <エムズ・カンティーナ>
     世田谷区上馬4-4-8 新町駒沢ビル 2階
      (東急田園都市線・駒沢大学駅徒歩1分)

料 金 ◯ 1,500円(1ドリンク代500円別途・自由席・途中入退場自由)

ご予約&お問合せ ◯ <エムズ・カンティーナ> 03-6450-8111

予約フォーム ◯ https://ws.formzu.net/fgen/S13353355/

―――――――――――――――――――――――――――――――――


【上映作品】※各作品上映前後に解説トーク

17:00〜  挨拶

17:05〜 『落研冒険支部 〜全速力特別篇〜』(2018年/13分・12分)
      監督:飯野歩 出演:鈴木つく詩、小園優
     【MXTV「明日のSHOW」放映・前後編バージョン】

17:40〜 『prelude 〜もう一つの”落研冒険支部”〜』(2017年/18分)
      監督:石出裕輔 出演:鈴木つく詩、小園優
      トークゲスト:石出裕輔

18:15〜  休憩

18:25〜 「駅にて、状況。」 「失われしモノたち」(2004年/12分・8分)
      監督:飯野歩 出演:阿部英貴、高松博美、市村政晃

18:55〜 新作短編「位置について、」(2018年/15分)
      監督:飯野歩 出演:榊滉太郎、花里紗知穂
      トークゲスト:榊滉太郎、花里紗知穂、逢生多晄

19:30〜 新作短編「Day7」(2018年/18分)
      監督:飯野歩 出演:島崎義久、岩松れい子、坂口彩、岩見理奈
      トークゲスト:島崎義久、岩松れい子、岩見理奈

20:10〜  休憩

20:20〜 『落研冒険支部』(2016年/28分)
      監督:飯野歩 出演:鈴木つく詩、小園優、東野瑞希
     【京都映画祭2016クリエイターズ・ファクトリー グランプリ、
      第9回おもいがわ映画祭準グランプリ、第2回神保町映画祭準グランプリ】

20:50〜  上映後挨拶

---------------------------------------------

【飯野歩プロフィール】

京都国際映画祭やPFFアワードなどで多数の受賞暦を持つ映像制作者。
MVやゲーム作品なども手掛けつつ、エンターテインメントを目指した勢いのある作風が特徴。

ブログはこちらから
公式サイトはこちらから

428上映会s

4/28 新作短編2本 ☓「落研」全タイプ 一挙上映です!

カテゴリ:
428上映会s

ネットシネマフェスティバルにご来場の皆様、ありがとうございました。
テイストの異なる新作を同時に公開できたことはとても嬉しいことでした。

さて、そんな僕の新作短編『位置について、」 「Day7」ですが、
早くも今月28日に再上映が決まっております(笑)。

いつも上映でお世話になっている"エムズカンティーナ"さんで、
「落研冒険支部」とともに上映いたします。

「落研冒険支部」はオリジナル版はもとより、
先日のテレビ放映版や、メイキング版など、
すべてのバージョンを一日でご覧いただける上映会になります。

この機会にぜひご来場ください!


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


「落研冒険支部」全タイプ ☓ 新作短編2作一挙上映会 (2018.4.18修正)

京都国際映画祭グランプリ受賞作「落研冒険支部」を、
オリジナル版と、テレビ放映された”全速力特別篇”の同時上映!

撮影の裏側に迫る「plerude〜もう一つの落研冒険支部」を含め、
「落研冒険支部」全バージョン公開。

“第3回ネットシネマフェスティバル”で初披露された最新短編作
「位置について、」「Day7」に加え、かつての即興短編2作も上映!


日 時 ◯ 2018年4月28日(土) 16:30開場 / 17:00開演(21:00終演予定)

出 演 ◯ 飯野歩(映像ディレクター)

司 会 ◯ 花里紗知穂 (俳優) 、岩見理奈 (俳優)

ゲスト ◯ 石出裕輔、榊滉太郎、花里紗知穂、逢生多晄、島崎義久、岩松れい子、岩見理奈

会 場 ◯ <エムズ・カンティーナ>
     世田谷区上馬4-4-8 新町駒沢ビル 2階
      (東急田園都市線・駒沢大学駅徒歩1分)

料 金 ◯ 1,500円(1ドリンク代500円別途・自由席・途中入退場自由)

ご予約&お問合せ ◯ <エムズ・カンティーナ> 03-6450-8111

予約フォーム ◯ https://ws.formzu.net/fgen/S13353355/

―――――――――――――――――――――――――――――――――


【上映作品】※各作品上映前後に解説トーク

17:00〜  挨拶

17:05〜 『落研冒険支部 〜全速力特別篇〜』(2018年/13分・12分)
      監督:飯野歩 出演:鈴木つく詩、小園優
     【MXTV「明日のSHOW」放映・前後編バージョン】

17:40〜 『prelude 〜もう一つの”落研冒険支部”〜』(2017年/18分)
      監督:石出裕輔 出演:鈴木つく詩、小園優
      トークゲスト:石出裕輔

18:15〜  休憩

18:25〜 「駅にて、状況。」 「失われしモノたち」(2004年/12分・8分)
      監督:飯野歩 出演:阿部英貴、高松博美、市村政晃

18:55〜 新作短編「位置について、」(2018年/15分)
      監督:飯野歩 出演:榊滉太郎、花里紗知穂
      トークゲスト:榊滉太郎、花里紗知穂、逢生多晄

19:30〜 新作短編「Day7」(2018年/18分)
      監督:飯野歩 出演:島崎義久、岩松れい子、坂口彩、岩見理奈
      トークゲスト:島崎義久、岩松れい子、岩見理奈

20:10〜  休憩

20:20〜 『落研冒険支部』(2016年/28分)
      監督:飯野歩 出演:鈴木つく詩、小園優、東野瑞希
     【京都映画祭2016クリエイターズ・ファクトリー グランプリ、
      第9回おもいがわ映画祭準グランプリ、第2回神保町映画祭準グランプリ】

20:50〜  上映後挨拶

---------------------------------------------

【飯野歩プロフィール】

京都国際映画祭やPFFアワードなどで多数の受賞暦を持つ映像制作者。
MVやゲーム作品なども手掛けつつ、エンターテインメントを目指した勢いのある作風が特徴。

ブログはこちらから
公式サイトはこちらから

新作短編「Day7」について!

カテゴリ:
B_08

前回「位置について、」という新作短編のご紹介をしましたが、
今回はもう一本のご紹介。

「位置について、」のわかりやすさからは一転、
こちらは、わかりやすさからは程遠い、ある意味、実験作(問題作?)になっております。

そのタイトル「Day7」

七日目という意味合いでつけたタイトルです。

あるスペースに集まることになった13人の人物。
お互い関係も無ければ、なぜそこにいるのかも不明。

さらにその外では何が起きているのかよく分からず、
外に出ると、出た人間が消えてしまうこともあるらしい。

というような状況だけは判明している中、
また二人の人間が消えてしまった。

そんな7日目の朝から始まる物語です。

B_06

今回、2チームの短編制作を担当するに辺り、やるなら違うテイストを試みたいと思い、
「位置について、」はドタバタと決めたのですが、
この「Day7」は何が起きているのかわからない不思議な世界、
"始まりも無ければ、終わりもない"、「ある状況の一部分」を切り取ったような作りになってます。

外に出るにも、残るにも、何が正しいのかわからない世界。
食料も限りがある中、それぞれの思いが交錯して、
自分たちのあるべき姿を模索する不条理劇となっております。

多くのお客さんはポカーンとなってしまうかもなのですが、
ハードルの高い中、キャラクターを作っていった役者陣の頑張りを感じてもらえたら嬉しいです。

B_11

僕が以前作った「失われしモノたち」という即興短編があるのですが、
今回はちょっとそのパート2という思いも重ねて制作しているので、
もしご覧になったことがある方には、そんな視点でも見てもらえたら。

ちなみに「失われしモノたち」は4月下旬の僕の上映会で、
今回の新作と一緒に上映を予定しております(^^)。

8日(土)10:50〜の上映では、僕も含め役者一同の舞台挨拶も予定されております。
ぜひ、ご来場ください。

>>映画祭公式サイトはこちらから
>>プログラム等の詳細はこちらから!

新作短編「位置について、」について!

カテゴリ:


いよいよ今週末に迫ってきました”第3回ネットシネマフェスティバル"。
前回の投稿で概要をお伝えしましたが、
今回と次回で各作品について、詳しいご紹介を。

A_04


ある下町の老舗銭湯「有馬湯」。
そこを切り盛りするの兄妹の士郎と結衣。
その日は少し特別な日。結衣が海外留学に旅立つ日だった。

病の母親と銭湯の営業を兄に任せたまま一人旅立つことに、
少し後ろめたい思いを抱いている結衣は、
出発前に兄ときちんと話したいと思っているのだが、
その日に限って、なぜか慌ただしい騒動が起こって…

という、ちょっとドタバタ、ちょっとしんみりな家族モノでございます。

A_02

15分作品に13人の登場人物という決まりの中、
家族や銭湯客が所狭しと、ワイワイ騒ぎまくる撮影は、
2日間という制約で大変ではありましたが、とても楽しい時間でした。

今回はワークショップからの映画撮影ということで、
役者さんがいかに生き生きと演じられるかも、僕にとっては課題だったのですが、
銭湯客を演じた皆さんは、本当に楽しそうに自由に演じてくれて、
想定以上に賑やかな作品になりました。

A_05

一方、主人公の兄妹役の二人は、その分作品を支えるために、
かなりの締め付けが行われましたが(笑)、こちらも全力で臨んでもらえて、
それぞれの不器用な思いを表現してもらえたと感じています。

「落研冒険支部」のテンポが好きな方なら楽しんでいただけるかも。

7日(土)15:40〜の上映では、僕も含め役者一同の舞台挨拶も予定されております。
ぜひ、ご来場ください。

>>映画祭公式サイトはこちらから
>>プログラム等の詳細はこちらから!

チケット取り置き出来ます。飯野まで。

次回はもう一本の「Day7」についてご紹介します。

このページのトップヘ

見出し画像
×