男と女の職場話

いい女になれる気づきを発信♪  ★男と女の充足レシピ★

意識の量を相手に向ける

一緒に仕事をしていて、気持ちがいいなぁ。
と感じる人はたいてい、聞き上手だなと思うのです。
みんなの言葉の奥にある想いも汲みとって、形にしてくれる。
そんな人は、仲間をまとめる力がある、とも言えますね。

聞き上手な人と、そうでない人。
気持ちを受け止めてくれるなぁと感じる人と、そうでない人。
その違いは何なのだろう、と最近観察しています。

それは、『心が(身体が、意識が)相手に向いているかどうか』
が大きいのではないか、と感じています。

相手が発した言葉に対して何を返すか、も、もちろん重要ですが、
相手の表情は?声色は?しぐさは?
そんな言葉の外にある様々なことを感じ取れるよう、
自分の心と意識を、全て相手に向けようとしている。

その意識は、互いに伝わるのだな、と思います。

改めてそう感じた記事を、ひとつご紹介します。  にほんブログ村 OL日記ブログへ 続きを読む

日本における「遊び」とは♪

こんばんは

強制圧力ではない、内発的欠乏(やる気)を喚起するには、遊び心がポイントになることが分かりました。

でもさらに、「遊び」ってそもそも何だろう?

そんな疑問が湧きました。


>現在人は遊び心を失ってしまっているようですが、元来日本人には遊び=仕事というような感覚が深くあったりもします。遊びとまじめが一体になった感じでしょうか。だとすれば、ホイジンガのいうまじめさって「追求」のことかもしれない。追求充足って言えば、スッキリするのでは!?


ホイジンガが日本人の生活理想の中では、異常なまでの厳粛さ、まじめさというものが、森羅万象はただ遊戯たるにすぎざるなり、という虚構の奥に隠されている」と語ったように、日本人と「遊び」という切り口で追求すれば、何か見えてくるかも!


西洋とは何か違うものがありそうなのです。

にほんブログ村 OL日記ブログへ 続きを読む

「相手に言われたことを気にするのではなく、相手の言いたかったことに想いを馳せる」

先日、友人の結婚式に参列してきました。
その中で、人生の大先輩が素敵なお話をしてくださいました。

『相手に言われたことでなく、
相手の言いたかったことに想いを馳せよう』

「相手の言葉尻だけを捉えて判断するのではなく、
相手はどんな状況で、どんな意図で、
その言葉を発したのか?をくみ取るようにすると、
不必要な争いや齟齬なく、
夫婦円満に楽しく暮らせますよ」

これは夫婦生活だけでなく、人間関係すべてにあてはまる、
大切な認識だな、と感じました。

例えば、
「うん」とだけしか返ってこない返事に、
「そっけない返事ってことは、興味がないのかな?」
って勝手に解釈して、悲しくなったり、怒ったりすること、ありませんか?
でもよくよく相手を見てみたら、
瞳がキラキラしていて興味を持っていることがわかったり、
あるいは忙しくて疲れているから、
あまり頭が働いていないのかなぁとわかったり。

言葉の奥に込められている意図、想いに同化することが、
コミュニケーションの本質であり、人間関係の基本なんだと思います。

改めて、心掛けて日々過ごそうと思える記事をみつけたので、
合わせてご紹介します。 にほんブログ村 OL日記ブログへ 続きを読む

「遊び心」が大切♪

こんばんは

強制圧力では、ダメ。内発的な欠乏を引き出すにはどうすればいいでしょうか?


>オープンマインドの特徴として、ものごとに惑溺せず、捉われない心境をあげるとしたら、この側面を《遊び心》と呼んでもいいだろう。ちなみに名著『ホモ・ ルーデンス』(遊戯人)を著したホイジンガによれば、人間とはそもそも遊戯する存在であり、文化よりも古いとされる遊戯は、自然が人間に与えてくれたもの であって、緊張・歓び・面白さを備えている。この《面白さ》の要素こそ、遊戯の本質であって、《真面目》の対立概念であり、なによりも《自由な行動》であ るとされる。こちらより引用)


楽しむことができれば勝ち♪ってこと?

「面白さ」や「遊び心」って一体どんなものしょうか?



にほんブログ村 OL日記ブログへ 続きを読む

日本の消費者は消費に無関心になっている〜人とのつながりで選ばれる時代

日本では物的生産の時代が終焉を迎えました。
豊かさが実現された今や、
物を消費することに対する興味関心は非常に低くなっています。

一方で、つながりがある対象に対しての興味関心は高い。
その商品が誕生したきっかけや込められた想い、
それに共感すればするほど、口コミで広がる時代です。

社会に生まれるすべての商品(サービス、価値)の成果は、
その価値の発信の仕方や、共認形成の仕方も含めて、
どれだけ人々の意識を掴めたかに規定されています。
徹頭徹尾、人々に意識を向けている企業のみが、
今後は生き残っていける。
そしてそれは最終的に、消費者を情報の発信者(=供給者)として、
巻き込んでいく営みとなり、単なる消費者は消えていく時代に
なるのだろうと思います。

そんなことを改めて考えるきっかけとなった記事を、
ご紹介します。  にほんブログ村 OL日記ブログへ 続きを読む

場を作るって、相手発でないとできない

こんばんは

仕事で、頭でっかちに「〜せねば」とか思ったり、虚勢をはってしまい、一緒に働く仲間に同化できずに信用を失うことがありました。

なんとか変わっていきたいと思う私に、仲間がくれたアドバイスが、頭で考えることを止めて潜在思念を解放し、潜在思念で追求すること(=観念停止)。

そしてもう一つ、私は場を作ることが苦手だから、誰かが作ってくれたところににお客さん的に参加するとかじゃなく、自らが主体的に場を作って、周りを巻き込んでいってほしい。そうやって動くことが、気づきも大きくするし、結果転換も早くなるはずだと。

 

場づくりに対しては、なんとなく苦手で、昔から腰が重いなという自覚はありました。

でも、苦手と思うってことは、できるようになりたいという欠乏があるからこそ。

そう思い、いろいろ探索してみて、あっ、これヒントになりそうだという記事を見つけました。

同じように、苦手だな〜って思ってらっしゃる方の参考になれば。

こちらより引用させていただきました。

 

にほんブログ村 OL日記ブログへ 続きを読む

『部下が全員働くママになったら、私の残業時間が減ったという話』

私の職場には、働くママさんがたくさんいらっしゃいます。
子連れで出勤される方、お互いに預かり合いっこしている方、
保育所で預けて働かれる方、等々、勤務形態は様々ですが、
みなさまとても上手に時間をやりくりして、子育ても楽しみつつ、
仕事でも成果をあげていらっしゃいます。

その秘訣は何なのでしょうか?

ある先輩女性社員は、
「前例がない働き方をする以上、
成果を出すことが、組織に居させてもらうのに不可欠だと思った。」
とおっしゃっていましたが、
その仕事(+子育て)に対する本気度と、
それに基づく多様な工夫が、成果を規定しているのだろうと思います。

働くママさんたちが、組織全体の成果も引き上げている、
面白い事例をみつけたので、ご紹介します。

  にほんブログ村 OL日記ブログへ 続きを読む

人のために行動できるか

こんばんは

 

相手のやる気を引き出すには、チームで成果を出すには、相手の(みんなの)内発的欠乏を喚起するしかありません。

強制圧力は一瞬は効果があるように見えるかもしれませんが、長続きはしませんし、なにより相手の本来の欠乏を封鎖してしまうことは犯罪的な行為です。(とりあえず生きているだけ、という人間を量産してしまいます><。)

 

どうしたら相手の内発的な欠乏を喚起することができるでしょうか?

講師をしている同僚が、教えてくれました。

にほんブログ村 OL日記ブログへ 続きを読む

身口意〜言動と心を一致させる

「身口意(しんくい)」という言葉をご存知でしょうか?
元は仏教用語で、身は行動、口は言葉、意は心を表し、
これらが一致していることが是とされているものです。

言動一致、という言葉はよく聞きますが、それでは不十分。
言動に何となく違和感があるときは、
心と不一致が起きているとき、なのです。

その違和感は相手に伝わりますし、
自分自身に対して感じることもあります。

心が自分発になって、自己の利益ばかりを求めてはいないか?
その発言は、行動は、潜在思念とつながっているものなのか?
改めて自らの心の在り様を考えるきっかけとなった
記事を、ご紹介いたします。

にほんブログ村 OL日記ブログへ 続きを読む

事務所ももたず、社員も雇用しない会社〜合同会社ココロザシ

こんばんは

事務所ももたず、社員も雇用しないスタイルを追求している会社があります。

 

ココロザシは事務所を持たず、人も雇わず
ノマドワーカー、主婦、在宅ワーカーそしてコワーカーなど
これからの新しく自由な働き方を実践し、自立したメンバーを集めたチーム。

新しく自由な働き方を実践する自立したメンバーが雇われることなくプロジェクト単位で集まることで、雇用関係では生まれにくい新しい価値。仕組み。
仲間とともに生み出し提供いたします。

 

ココロザシさんのブログより引用させていただきました。

 

仕事を「志事」と表記されているので、何か面白いことをされている気配がします♪

>雇用関係では生まれにくい新しい価値。仕組み。

とは一体何でしょうか?!

にほんブログ村 OL日記ブログへ 続きを読む
新発売♪
みんなをやる気にさせる、場を活性化させる、いい女になれる!
女を磨く、最高のテキスト♪

GRAND THEORY
最近のコメント
ランキング参加中!!
にほんブログ村 OL日記ブログへ


人気ページ
Archives
アクセスランキング
アクセスランキング レンタルCGI ブログパーツ
livedoor プロフィール
メールはこちら
naisyo-blog●hotmail.co.jp
(●を@に変えてください♪)
  • ライブドアブログ