男と女の職場話

いい女になれる気づきを発信♪  ★男と女の充足レシピ★

出会いが人を成長させるのです

こんばんは

なんとなくこのままの自分ではいけないなぁ、変わりたいなー、あんな風になりたいなぁーetcと悶々と思い悩むことはあっても、どうにも「じゃぁ具体的にどうする?」という風には踏み出せないときってありますよね。


そんなときに背中を押してくれるのではないでしょうか。



にほんブログ村 OL日記ブログへ 続きを読む

「耳を澄ます」日本人と「口を見る」英米人

こんばんは

 

先日の実現塾では、いつも前週の内容がレポートにまとめられているのですが、それを各自で目で読み込むのではなく、誰かが音読し、他の皆はそれを耳で聞くのみ(目でもレポートを追わない)というのを試みました!

 

すると不思議なもので、黙読していた時よりもスッと内容が頭に入ってきたし、ここが自分は理解が不十分だなというところも捉えやすかったんです♪

日本人の場合、視覚情報が音声判断の邪魔をすることもあるようです。

興味深い記事に出会いましたので、紹介します♪


にほんブログ村 OL日記ブログへ 続きを読む

リズムさえも、共同体の生み出したもの

おはようございます

次男の運動会が最近ありまして、保育園なのでみんなで踊るダンスの発表がありました。
親にとっては微笑ましい光景ですが、そもそもみんなで音楽やリズムをとるのはいつから始まったのでしょうか?

日本をはじめとする世界の音楽について研究されていた小泉文雄さんの著書の感想から、
引用させていただきます。

にほんブログ村 OL日記ブログへ 続きを読む

人体はネットワーク〜腎臓はネットワークの要

こんばんは

NHKで28年前に放送された『驚異の小宇宙 人体』(1989年6、9月放送)をご覧になった方は多いと思います。
最近またNHKスペシャルが人体について放送していました。

======================
【NHKスペシャル 人体・神秘の巨大ネットワーク】
10/1 「長寿のカギは腎臓にあり」
最先端の科学が、腎臓の驚くべき姿を次々と明らかにしている。実は腎臓は、尿を作るだけでなく人体の司令塔の役割を果たしていて、全身の臓器に向かってメッセージを伝える物質を、常に出し続けている。腎臓のパワーを生かすことで、さまざまな病気の治療にも革新が起きている。番組では腎臓の最新事情を紹介する。
======================
腎臓が体の司令塔!?
思いもかけない真実が、まだまだ私たちの体には眠っていそうです。
もう少し詳しく見ていきましょう。
コチラから引用させていただきます。
にほんブログ村 OL日記ブログへ 続きを読む

遊びの場には勝者も敗者もいません

こんばんは

 

トランプの神経衰弱が気に入った息子(3歳)。

息子がミスして私がしめしめとほくそ笑んでカードをとったら、「僕がめくったからやで、『ありがとうは?』」と言い出した。

「ありがとう」と伝えると、にんまりと嬉しそうに「どういたしまして」。

最近は、(僕がめくったからやから、お母さんが取ったカードの)1枚ちょうだい☆と、勝手に新しいルールも作りだしてしまいました。

 

勝ち負けにこだわって「しめしめ」と大人の私は思うわけですが、子どもはそんなことは気にしていない様子。

遊びの場には勝者も敗者もいないのです。

 

しかし、試験制度のもとで点数で序列が決まることに慣れてしまった子どもたちの遊びの場は変わりつつあるようです。




にほんブログ村 OL日記ブログへ 続きを読む

脳が一生成長し続けるためには

おはようございます

身体の可能性を追求するとき、
同時に身体の一部としての脳の可能性はどれほどのものなのだろう、と考えます。
人間を人間たらしめている脳、
以前は脳細胞は生まれた時が最も多く、そのあと減るだけ…と考えられていましたが、
最近はその可塑性が注目されています。

脳に関する著作の多い茂木健一郎さんの「脳が変わる生き方」より
引用しながら、脳の可能性を考えてみます
にほんブログ村 OL日記ブログへ 続きを読む

相手のために触れる〜「慈愛の心」

こんばんは


先日は進化過程から見た皮膚のすごさを主にお伝えしましたが、今回も引き続き同じ書籍『皮膚は「心」を持っていた!』から、一部抜粋と要約で紹介します♪


皮膚というのは外との境界線でもあるけれど、だからこそ、接点(融合)の場=同化や慈愛の心の交感の場でもある!というところが気付きでした☆



にほんブログ村 OL日記ブログへ 続きを読む

身体性と生活がかつては直結していた

こんばんは

先週は、日本人の体の動かし方が明治以降に大きく変化していたことをご紹介しました。
このように、他にも明治以降、それまでの日本人の歴史から無理矢理に変えさせられてしまったものが、他にもいくつもあるのかもしれません。

今回は、整体の活動をしている寺門 琢己さんのインタビューから引用させていただきます。
体に関する意識自体が学校を始めとする画一的・強制的な制度の元で失われてしまったのかもしれない、という根本的な問題をはらんだ内容です。

にほんブログ村 OL日記ブログへ 続きを読む

肌に触れることは、心に触れること

こんばんは

スキンシップが子育てをするうえでとてもとても大事であることや、はたまた子育て以外でもスキンシップは純粋に気持ちがイイことはみなさんよくご存知だと思いますが、それを皮膚感覚のすごさとして分かりやすく説明している書籍『皮膚は心を持っていた!』(山口創著)を見つけました♪


生きる意欲(活力)の再生にも皮膚感覚に注目することはとても重要だと思います☆

一部抜粋と要約をして紹介します♪

にほんブログ村 OL日記ブログへ 続きを読む

日本人の歩き方は、明治以降に大きく変えられた

おはようございます

小学2年生の息子は最近学校で運動会の練習が始まりました。
その運動会に代表されるような体の動かし方自体が、
実は明治以降に導入されたものだってご存知でしたか?

特に「歩き方」に注目した記事をコチラよりご紹介します。

にほんブログ村 OL日記ブログへ 続きを読む
新発売♪
みんなをやる気にさせる、場を活性化させる、いい女になれる!
女を磨く、最高のテキスト♪

GRAND THEORY
最近のコメント
ランキング参加中!!
にほんブログ村 OL日記ブログへ


人気ページ
Archives
アクセスランキング
アクセスランキング レンタルCGI ブログパーツ
livedoor プロフィール
メールはこちら
naisyo-blog●hotmail.co.jp
(●を@に変えてください♪)
  • ライブドアブログ