スポンサード リンク

ブックマークに追加する
アミノ酸の効果は摂取により、筋力、瞬発力、持久力、回復力などがアップします。アミノ酸配合の栄養補助食品は、プロ野球選手やマラソン選手といった第一線で活躍するスポーツ選手たちの運動能力をあげるために必要不可欠なものとして使用されてきました。スポーツ時にアミノ酸が発揮するおもな効果は次の通りです。
●筋力アップ:
アミノ酸は筋肉をつくるタンパク質の主成分です。筋肉トレーニングをすると筋線維が疲労し、その修復作業の際にアミノ酸が新たな筋肉の材料となり、強い筋肉をつくります。また、成長ホルモンの分泌を促進して筋細胞の働きを活発にし、筋肉を強化します。
●瞬発力アップ:
瞬間的な動きに不可欠な情報を伝える「神経伝達物質」の原料となります。脳の命令がスムーズに筋肉へと伝わって筋肉の収縮スピードを速めます。
●持久力アップ:
運動を続け、エネルギー源としての炭水化物が不足してくると、血中のアミノ酸がエネルギーへと変換されて使用されます。血中のアミノ酸濃度が高いと、持続的にエネルギーを供給することができます。
●筋肉疲労を予防・回復:
エネルギーをつくるシステム(TCA回路)の材料にアミノ酸が使用されると、乳酸(疲労物質)を発生させることなくエネルギー源となります。運動前にアミノ酸を摂取しておくと、脂肪や炭水化物をエネルギー源に使った後、摂取したアミノ酸がエネルギーに変えられるため、疲労を早く回復でき、より長くスタミナを持続することが可能になります。
●やる気アップ:
神経伝達物質の材料となり、脳を興奮させることによってやる気を高め、運動を持続することができます。 アミノ酸は地球に太古の時代から存在する最古の栄養成分です。アミノ酸は、原始生命から現在のヒトに至るまで、生命の源として使われています。
それに【筋力向上、疲労回復 】、【記憶力低下の予防】、【ダイエット】などなどにも効果があります。
 
ブックマークに追加する

アミノ酸石鹸は、自然の恵みを原料としています。アミノ酸の配合された石鹸は、アミノ酸系の合成界面活性剤の固形であり、本来の意味での「石鹸」というものではありません。 合成界面活性剤は、肌のバリアゾーンを壊してしまいます。すると、肌にとても小さな穴が出来ます。そこにそのアミノ酸石鹸に含まれている、加水分解コラーゲン(水溶性合成ポリマー)の粒がたくさん入り込むため、肌がぷっくりと膨らみます。そのため肌触りもよく見た目もよくなり、使った後は美しい肌に感じると思います。 合成ポリマーによって肌を塞がれるために水分が出て行かなくなるため、水分が肌に常に蓄えられた状態となり、お肌はしっとりとします。
これは皮脂も肌の外に出て行かないしポリマーで覆っているために、お肌はつるつるに感じます。 しかし、普通の石鹸と違って、洗顔後に残留した合成界面活性剤は分解されないため、それにより角質細胞間脂質も皮脂も破壊され続けてしまいます。実際は、見た目の美しさを求めすぎて、肌を老化させているだけなのに、宣伝文句のとおり、手放せなくなってしまいます。石鹸を使っているのではなく、使わされている状態となってしまうのです。確かに有害で発ガン性物質は入っていませんが、肌への影響は決していいとはいえないのです。 数日〜1週間程度使用し、肌の状態を見て真価が解る化粧品などないのですから、宣伝文句に釣られてしまわず、本当に体や心にいいものを 見極め、選択出来る目を持ちたいものです。

 
ブックマークに追加する
アミノ酸サプリメントは今やテレビや雑誌で大変な話題となっています。

■ビタミンB6(ピリドキシン)

ビタミンB6はたんぱく質の代謝を促す大切なビタミンです。体内においてたんぱく質が合成されるときには補酵素として働きます。ビタミンB6が不足すると、たんぱく質の合成が不可能になり、体の組織の形成、維持に悪い影響を及ぼします。その結果として、口内炎や皮膚炎などを引き起こします。たんぱく質がエネルギー源として働く時にも、ビタミンB6が働きます。また、赤血球の合成の手助けもするため、ビタミンB6の摂取は運動中や後に、体内でヘモグロビンが効率的に働くために必要なんです。

■L-カルニチン

脂肪燃焼に欠かすことのできない成分としてカルニチンは知られています。他の栄養素と一緒に摂取することにより、エネルギー消費がさらなる効果を生み出すことがわかっています。ビタミンB6と組み合わせることによって吸収力が大幅に増加します。

■L-リジン

必須アミノ酸のうちの一つです。単純疱疹の予防、解消、カルシウムの吸収促進やブドウ糖の代謝促進、肝機能を高めるといった作用があります。ブドウ糖の代謝を促進するので、肉体疲労を回復させて気力や集中力を高める働きがあるとされています。脂肪酸の利用に関わることによって、脂肪分解酵素を活性化させる作用もあります。不足した場合には、エネルギー不足、集中力低下、脂肪燃焼低下、吐き気、貧血、めまい、視覚障害、慢性疲労、筋肉痙攣の原因になったりします。

■L-オルニチン

脳の下垂体に作用して成長ホルモンの分泌を促します。成長ホルモンの分泌は、たんぱく質の合成を促すことにより筋肉を増強します。アルギニンと共に摂取することにより、筋力アップの効果が増幅することがわかっています。

■L-アルギニン

成長ホルモン(HGH)の合成を増量させ、免疫や筋肉、体脂肪などに働きかけます。脂肪燃焼、筋力アップに欠かすことができません。

■L-ロイシン

必須アミノ酸のうちの一つであり、筋肉の中で代謝される分枝鎖アミノ酸(BCCA)の一つでもあります。肝臓で代謝されるのが普通のアミノ酸ですが、分岐鎖アミノ酸は筋肉中で代謝され、グリコーゲンをエネルギー源へと変える働きを助けます。筋肉組織、骨、皮膚の合成を促し分解を抑制するため、体力アップ・疲労回復に効果があります。また、肝臓機能を高めることにより血糖値の調整を助ける働きもあります。

■L-バリン、L-イソロイシン

ロイシンと同じく分岐鎖アミノ酸(BCCA)と呼ばれる必須アミノ酸です。脂肪の燃焼を促し、有酸素運動の効果を助け、筋力アップや疲労回復などの効果があるとされています。BCAAが不足すると、筋肉の疲労が進み、肉離れや筋肉痛が起こりやすくなります。

一般的なダイエットである食事制限を伴うものでは、たんぱく質を充分に摂取することができないため、アミノ酸が不足しがちになります。筋肉を維持し、肌の調子を整えてくれるアミノ酸をアミノ酸サプリなどによって充分に補給することで、ハリの衰え、くすみ、肌のかさつきなどのトラブルを回避することができます。脂肪を燃やす基礎代謝を高める筋肉を維持して、ダイエットしてもリバウンドしにくく痩せたままという綺麗な体型をキープすることができます。
そのために、ダイエットで話題のアミノ酸サプリメントは美しい体型を維持することに気を遣っている現役ファッションモデルの間で大ブレイクしているんです。
 
ブックマークに追加する
アミノ酸配合の栄養補助食品は、プロ野球選手やマラソン選手といった第一線で活躍するスポーツ選手たちの運動能力をあげるために必要不可欠なものとして使用されてきました。アミノ酸の摂取により、筋力、瞬発力、持久力、回復力などがアップしますがスポーツ時にアミノ酸が発揮するおもな効果は次の通りです。

●筋力アップ……アミノ酸は筋肉をつくるタンパク質の主成分です。筋肉トレーニングをすると筋線維が疲労し、その修復作業の際にアミノ酸が新たな筋肉の材料となり、強い筋肉をつくります。また、成長ホルモンの分泌を促進して筋細胞の働きを活発にし、筋肉を強化します。

●瞬発力アップ……瞬間的な動きに不可欠な情報を伝える「神経伝達物質」の原料となります。脳の命令がスムーズに筋肉へと伝わって筋肉の収縮スピードを速めます。

●持久力アップ……運動を続け、エネルギー源としての炭水化物が不足してくると、血中のアミノ酸がエネルギーへと変換されて使用されます。血中のアミノ酸濃度が高いと、持続的にエネルギーを供給することができます。

●筋肉疲労を予防・回復……エネルギーをつくるシステム(TCA回路)の材料にアミノ酸が使用されると、乳酸(疲労物質)を発生させることなくエネルギー源となります。運動前にアミノ酸を摂取しておくと、脂肪や炭水化物をエネルギー源に使った後、摂取したアミノ酸がエネルギーに変えられるため、疲労を早く回復でき、より長くスタミナを持続することが可能になります。

●やる気アップ……神経伝達物質の材料となり、脳を興奮させることによってやる気を高め、運動を持続することができます。

アミノ酸は地球に太古の時代から存在する最古の栄養成分です。アミノ酸は、原始生命から現在のヒトに至るまで、生命の源として使われています。

また、たんぱく質は20種類のアミノ酸から構成されていますがアミノ酸はその種類によって様々な働きがあります。

【筋力向上、疲労回復 】 バリン、ロイシン、イソロイシン
BCAAとも呼ばれ、筋肉をつくるタンパク質に多いアミノ酸です。スポーツ時のスタミナ維持や筋肉痛を予防する効果を期待できます。

【記憶力低下の予防】 バリン、ロイシン、イソロイシン、アルギニン、セリン、グルタミン酸 
脳細胞にも働くアミノ酸といわれ、歳をとるにつれ衰退する記憶力の低下を遅らせる機能があると言われます。
【ダイエット】 リジン、アルギニン、アラニン、プロリン
燃焼系アミノ酸とも呼ばれ、リパーゼという体の中に入ると脂肪を分解する酵素を活性化するアミノ酸です。リパーゼが活発に機能すると体脂肪は遊離脂肪酸となって血液中に取り込まれて、エネルギーとして燃焼しやすくなります。脂肪を燃焼しやすい体にします。






-------------------------------------------------------------------
 
ブックマークに追加する
アミノ酸5大パワーは次の様なものです。
1.肌再生アミノ酸

 肌再生を、肌の原料となっているアミノ酸を摂取することでスピードアップ。
 肌再生アミノ酸 アルギニン、プロリン、システイン 5,070mg/100g

2.体力アップ

 スタミナアップが、筋肉内でエネルギー燃焼に作用しているアミノ酸を摂取することで可能。
 体力アップアミノ酸 ロイシン、イソロイシン、バリン、アルギニン 11,420mg/100g

3.脂肪燃焼

 脂肪燃焼を、脂肪燃焼を促すホルモンを構成するアミノ酸を多く摂取することで促進。
 脂肪燃焼アミノ酸 プロリン、アラニン、リジン、アルギニン 11,510mg/100g

4.免疫力アップ

 免疫力が、マクロファージなど免疫細胞を構成するアミノ酸を摂取することでアップ。
 免疫力アップアミノ酸 グルタミン酸、アルギニン 8,810mg/100g

5.集中力アップ

 脳を、脳の伝達物質であるアミノ酸を摂取することで活性化。
 脳機能活性アミノ酸 チロシン、トリプトファン 1,450mg/100g




■各アミノ酸名称と特徴

アラニン
 免疫システムの強化、低血糖症の緩和、腎臓結石の予防

グルタミン酸
 脳の機能を高める
 潰瘍の治りを早める
 疲労を軽減

アスパラギン酸
 免疫システムの強化、スタミナと耐久力を高める

オルニチン
 筋肉増強ホルモンとして働く、アルギニンの効力を高める

システイン
 皮膚・髪・爪の状態を良くする

ロイシン、イソロイシン、バリン
 筋肉の基本的なエネルギー源となる、筋肉を増強、インシュリンの分泌とのバランスをとる

ヒスチジン
 ストレスを軽減、慢性関節リウマチの症状を緩和

フェニルアラニン
 抗うつ薬的に働く、自然の鎮痛剤として機能する、食欲抑制の助けとなる

プロリン
 傷の治りを良くする、学習能力を高める

セリン
 痛みを緩和、自然の抗精神薬として働く

スレオニン
 タンパク質を体が使えるようにするのに必要

トリプトファン
 不安を軽減、入眠を助ける

リジン
 集中力を高める、単純疱疹の感染を予防する、受精率を高める

メチオニン
 コレステロールを下げる、精神分裂症・パーキンソン病の治療の助けとなる

チロジン
 性能力を高める、食欲を抑制し気分を高揚させる、ストレスを軽減する

アルギニン
 精子数を増加させる、筋肉組織を正常な状態にする、傷の治りを早める






-
 
ブックマークに追加する
アミノ酸配合化粧水

美しい肌の基本はうるおいです。肌にうるおいがなければ、肌はかさつき、それによって皺が増えます。うるおいを保ち、そして、うるおいを取り戻すよう働いているのが天然保湿成分(NMF)、つまりアミノ酸です。
人間の皮膚は、上から角質層、表皮、真皮、皮下組織の多層構造になっています。この中でNMFが存在するのは角質層を構成する角質細胞の中です。角質層の厚さはかなり薄く、わずか0.01ミリ程度ですが、異物の進入や外部からの刺激を防ぐバリアとして働き、その役割は大きいです。美しい肌を保つためには、充分な水分と油分を保ち、一番外側にある角質層を健康にすることが大事です。十分なNMFの含まれているうるおいのある肌は、角質層が整い、角質細胞そのものの潤いもキープしています。逆にNMFが不足した場合、角質層が乱れて乾燥してかさつき、うるおいのない肌になります。
そのうえ、体全体の60%をも占めていた水分量が年とともにどんどん減少していくので、ますますNMFを必要とすることになります。
しっとりとした感触で肌にじっくりと浸透し、必要なうるおいをたっぷり補給します。そしてみずみずしい肌に保つ、グリチルリチン酸、セリン誘導体配合の化粧水です。弱酸性であり、着色料・香料・防腐剤(パラベン)・アルコール・鉱物油・皮膚刺激性原料・合成界面活性剤・重金属は無添加となっています。

NMF成分のPCA-Naやヒアルロン酸と8種類のアミノ酸を配合した化粧水です。使い心地はサラッとしており、ハリがありしっとりとした肌を保ちます。弱酸性、無香料、無着色です。敏感肌に合わせ日本古来の植物成分、ソメイヨシノ葉エキス、ウメ果実水をたっぷりと配合した化粧水です。ローヤルゼリーエキス、オタネニンジンエキス、加水分解酵素エキス、甘草フラボノイドも配合しています。皮膚にうるおいを与え、肌にハリとツヤを与え、肌荒れを防ぐことにより水をたっぷりと含んだみずみずしく健康的な肌となります
 
ブックマークに追加する
アミノ酸の中で非必須アミノ酸であるグルタミンは体内で十分な量を生成することができますが、筋トレや怪我・病気などで身体にストレスがかかると、グルタミンが筋肉で合成されその修復や治療のためにたくさん使われることになります。すると体の中で作られるグルタミンが不足し、免疫機能が低下し風邪などの病気にかかりやすくなったり、筋肉がやせ細ってきたりします。つまり、体の中で生成することのできる非必須アミノ酸といっても、激しい運動やスポーツをするならばグルタミンの補給をすることも不可欠であるという事です。特にスポーツ選手にとっては大切なアミノ酸の1つです。
 また、グルタミンは潰瘍の治療薬として使用されていますが、最近では消化管の粘膜を修復するという作用が注目されています。このグルタミンは卵・肉・魚などに豊富に含有されていますが、調理などの酸や熱などにより変成してしまうため、食物から摂るなら「生」でないと意味がありません。そのため、サプリメントで摂取した方が効率はいいのです。このように、正しい知識をもってアミノ酸を利用すれば、スポーツ選手にとってとっても役立つ栄養素となります。

■ビール酵母

生活に不可欠なアミノ酸・ビタミンが豊富に含まれています。18種類のアミノ酸がビール酵母には含まれ、人の体の中で生成することが不可能な9種類の必須アミノ酸もすべて含まれています。この中でもとくに注目したいのが、ダイエット中の人は特に不足しがちな「リジン」です。ここではビール酵母での栄養補給をお勧めします。
ビール酵母にはミネラル、ビタミンもバランスよく含まれており、アミノ酸は消化を助けます。また、腸内環境を改善するのにもビール酵母に含まれるいろいろな栄養素は役立ちます。

■ダイエットのサプリメントとして最も適しているコエンザイムQ10(ビタミンQ10)

コエンザイムQ10(ビタミンQ)は人間の心臓、腎臓、肝臓といった多くのエネルギーを必要とする部分に含まれていますが
年を重ねるとともに体内生産能力が低下するためサプリメントとして人気になっています。
コエンザイムQ10はユビデカレノン、ユビキノンとも呼ばれています。

■発芽玄米

玄米を一定温度の水につけて0.5mmから1mm程度発芽させた状態のものであり、発芽することにより胚芽に多いビタミンB1、B2、B6、葉酸、パントテン酸といった
B群が豊富で、さらにビタミンE、亜鉛、マグネシウム、フィチン酸、リノール酸、セレン、フェノールといったものも含む成分が増え玄米の状態では使用することの不可能成分や、玄米にはまったくといっていいほど含まれていなかった成分が新しく生じてきます。最近注目を浴びているのがギャバ(ガンマ-アミノ酪酸)で、白米の約10倍も含まれているといわれています。

■玄米

玄米は米の外側のもみ殻を取り除いただけの米で、発芽(胚芽)する生命力を持つ栄養価の高い米です。何分ツキ玄米とは栄養素の詰まった胚芽を残した米であり、胚芽をはじめ果皮、種皮、糊粉層(ぬか)をすべて落としたのが白米になります。このように玄米は今身近で最も注目されています。玄米にはミネラル、ビタミン、食物繊維、キャバをバランス良く含んでおり、マクロファージやNK細胞を活性化し、現代人の様々な症状から健全で健康な身体づくりを助けます。低インシュリンダイエットとしても注目されています。

■納豆菌

納豆のネバリの中に含まれている酵素です。食品の中で唯一納豆にだけ含まれる酵素納豆キナーゼ血液の固まりである血栓に作用すると注目を集めています。また体内に入ると、腸内でビフィズス菌(善玉菌)を増殖させます。そのような栄養豊かな食品が納豆です。このエキスを入れた臭いの気にならない栄養補助食品納豆嫌いの人には発売されています。これからは納豆菌 納豆キナーゼに注目です。また、納豆菌は熱に弱いとされていますので高温料理は避けたほうが良いかもしれません。






--------------------------------------------------
 
ブックマークに追加する
アミノ酸ダイエットということが世間ではよく言われる様になりました。今やアミノ酸はダイエットと美肌を応援してくれ、女性の救世主となっています。
人間の体の中にはリパーゼという脂肪燃焼酵素があり、このリパーゼという酵素が脂肪を分解し血液の中へと送り込みます。そして、このリパーゼの働きを活性化させるのがアミノ酸です。それだけでなく、基礎代謝をよくさせるのに必要な筋肉を作るのもアミノ酸です。ヒスチジンは食欲抑制をサポートするものとして、チロシンは脂肪燃焼の原料をつくるのに必要なカルニチンや高コレステロール改善作用のあるものとして、それぞれ有名です。水分代謝を活発にして、むくみをとってくれるだけでなく、肌の弾力を保つコラーゲンもアミノ酸が主成分となっています。

ダイエットブームの訪れにより、いろいろなダイエット方法が様々なメディアによって紹介されています。しかし、その中には食事制限だけといったものもあり、ダイエットをやめて通常の食事に戻した際にリバウンドが発生するケースが多くあります。
アミノ酸ダイエットとは、食事制限をすることなく、運動によって脂肪を燃焼させたり、運動による筋力アップを図ったりすることにより、基礎代謝量をアップさせ、脂肪を燃焼させすい体にするというものです。その後のリバウンドはありません。
そこで、筋力トレーニングの疲れを翌日に残さないということに役立つのが、運動前後の筋力アップアミノ酸、BCAAの摂取です。
BCAAを摂取することで、毎日の運動量を増やすことが出来ますし、ダイエットに対するストレスを軽減させることにつながります。このアミノ酸ダイエットに対して一番大切なことは筋力トレーニングをすることです。この筋力トレーニングにより、基礎代謝量が増え、太りにくい体となるからです。そこで、補助的な役割を果たすのがBCAAです。アミノ酸ダイエットは、急速な体重の減少はありませんが、個人差はあるものの、3ヶ月間で5kgほど痩せ、その後リバウンドしないというのが標準的なレベルです。


 
ブックマークに追加する
アミノ酸のUVケア品は「紫外線をしっかりとブロックし、しかも肌にやさしいサンスクリーンが欲しい」というたくさんのユーザーの声に応えたものです。
アミノ酸の研究をすることで、低刺激の日焼け止め用乳液で、肌へのやさしさ・保湿効果・仕上がりの美しさ・高UVカット効果(SPF48・PA++)のすべてを実現させました。アミノ酸系UVカット成分である「ソフトシェードDH」が配合された新処方があります。
今までの紫外線吸収剤を使用したサンスクリーンで問題となっていた肌へのダメージをクリアしただけではなく、重いつけ心地や白浮きまでを解消しています。
汗をかくことによって失われがちである肌のうるおいを補給し、8種類の保湿アミノ酸・アミノ酸由来のセラミド類似成分と、アミノ酸系サラサラパウダーの機能により、SPF48・PA++の強力なUVカット効果を持つと思えないぐらいの、軽くサラサラとしたつけ心地としっとり感が体感できるとのことです。

モイスチャー成分(アミノ酸・ヒアルロン酸Na・コラーゲン)を配合しています。
紫外線によって肌は黒くなるだけでなく、うるおいを失い、乾燥します。うるおいをバリアする機能の崩れた肌は、紫外線などによる外部ダメージを受けやすくなり、よりそばかす・シミができやすい肌になります。健やかでみずみずしく美しい白肌をキープするには、日々のUVカットと乾燥を防ぐうるおいケアが必要です。
そこで3つのモイスチャー成分(アミノ酸・ヒアルロン酸Na・コラーゲン)を配合した「メンソレータム スキンケアUV」は、 とことんうるおいにこだわっています。
従来品に比べてたっぷりの保水力があり、乾燥した肌にうるおいを与え、素肌をみずみずしく整えます。
 
ブックマークに追加する
私たちの肌は自ら潤いを保つための天然うるおい成分・NMF(Natural Moisturizing Factor)を、持っています。このNMFが肌荒れ・クスミや乾燥を防ぐ、美肌には欠かすことのできない成分なのです。そして、アミノ酸がこのNMFを構成する主要な成分です。NMFが不足すると、肌は新陳代謝が乱れて、乾燥・肌あれ、そして「荒れ肌」状態になってしまいます。そしてこの「荒れ肌」を調べてみると、なんと健康な肌に比べてアミノ酸が4割近くも失われていることがあります。どれほどアミノ酸が「健康=美しい肌」にとって大切なのか、あらためて認識することができます。
アミノ酸には知られざる美肌機能がたくさん含まれています。例えば、

【エルデュウ】
肌の保水力を高めることで、ふっくらしたハリのある肌に。

【セリン】
肌代謝を促すことで、肌をうるおします。

【ロイシン、イソロイシン】
うるおいキープ、肌代謝を促進、コラーゲン生成など。

【アルギニン】
くすみを改善、肌をうるおし、代謝を促進、そして肌老化の原因である肌サビを防ぐ=抗酸化作用といった働きもあります。

【プロリン】
コラーゲン生成に欠かせません。つまり、アミノ酸をしっかり補っていればコラーゲンはつくられていく、ということです。

体脂肪を燃やすアミノ酸には、女性にとってうれしい効果がもう1つあります。それはスキンケア効果で、体の内側から肌の状態を整えて女性を美しく見せます。
アミノ酸で髪や肌も、爪までもツヤツヤになります。
肌がカサついていたり、くすんでいたりすると、メイクのノリが悪く気分まで沈みがちになります。実はアミノ酸は肌の調子の良し悪しにも関わっているのです。
血液中のアミノ酸濃度が高い人ほどイキイキとしたキレイな肌をあり、濃度が低い人ほど肌の色ツヤが悪いのです。それもそのはずで、アミノ酸は肌の細胞をつくる原料となり、さらに肌のハリやキメ、うるおいを保つためにも使われています。
美肌やツヤツヤの爪づくりのためには毎日のお手入れに加え、アミノ酸を充分に摂取することが大切です。
体をつくる20種類のアミノ酸のすべてが美肌づくりにも役立ち、うるおいを保つ、肌荒れを防ぐ、シミ・ソバカス・シワを防ぐ、キメを整えてハリを保つ、くすみをとるなど、肌のことであれば何でもおまかせです。アミノ酸たっぷりの体になれば、肌だけでなく、爪や髪までツヤツヤになることができます。