November 27, 2021

対浦和。

浦和戦。

クラブのいろんな人のいろんな想いの詰まった勝利。
その温度を文だとうまく伝えられるかわからないからと動画で撮ってみたけれど、しゃべってるうちに酔いが回ってきてよくわからなくなっちゃったけどそのまま採用しました。笑




最後残り1試合、みんなで1つになって残留、、、というか、14位を目指しましょう!!!!



それから動画ではあえて喋らなかったんだけど、

阿部勇樹選手、現役生活お疲れ様でした。

いつの間にか浦和での在籍年数の方が圧倒的に長くなっていたみたいですけど、やっぱり僕はジェフ時代の方が印象強烈で。
やっぱり“アベッカム”笑
阿部選手が出てきたとき、むしろユース時代から名前を聞いていて、地元の先輩なんかも一緒にプレーしていたりしたから昔から勝手に親近感があって好きな選手の一人。
日本代表でも応援させてもらえたし、岡崎選手を追いかけてレスターに試合見に行った時も、阿部選手が先にあの地でプレーしてくれたからこそ色々情報あったりで。
どんなプレーが、どんな試合がっていうのはね、ジェフや浦和ファンの方々に話してもらうとして、とりあえず僕からはね、お疲れ様でしたと、ありがとうございました、という言葉を。
指導者を目指すらしいからね、すごく楽しみです。
若い時から才能を見出され、さらにオシムさんやミシャのような特異な監督の指導を受け、キャプテンシーもあり世界大会を知る、日本サッカー界において貴重な人材。
今後のご活躍も楽しみにしております。

ijan0257 at 22:00|Permalink ふっとぼーるじゃん?! 

November 21, 2021

対広島。



無事に勝利でした。

この試合に関しては前々から準備してきたことや、ちょっと前から若いやつ中心に絶対勝たせるための応援を、逆にいえばここを落としたらヤバいという危機感を持ちながら我々も準備してきたので、それを当日エスパルスファン一人一人みんなで形にして、音にして、選手達も頑張ってくれて、とりあえずはそれが報われて良かったなと思いました。


試合に関しても前半からいい入りができていて、逆に後半ガス欠気味なところはあったけど、全体的にいいように見えた、、、、けれども、広島の出来自体もそんな良くなかったし、広島自体が監督変わって未勝利、さらにはACLも残留も懸かってないという状況なので、諸手を上げていては次で簡単にやられてしまうと思うので、今日の試合はサクッと忘れることにします。


それでも平岡さんになって前節にも書いたけど、攻撃の部分で枚数かけるからその後のネガトラの時に高い位置で引っ掛ける回数が増えたりとか着実に変わっているところが見れているのは嬉しいところではありますね。

逆に攻撃の回数は増えたかもしれないけど、“超”が付くほどの決定機はロティーナさんの時の方があった気がするなーとも。
ただ、その時も今も決定力不足には変わらないのだけれども。笑

そしてヨシノリさんの先発復帰、そしてエウシーニョが帰ってきていいプレーしてくれたのは素直に頼もしい。
久々の先発復帰となった後藤や期待の山原も思い切ってプレーしていたし、チームとしての一体感はこの土壇場で出てきてる気はしてます。
そこを重視しているのは見て取れるしね。

その裏で遥々日本へ助っ人としてきてくれた実力のある外国人選手達の出番がなくなってしまっているのは申し訳なさみたいのを感じるけれど、チーム内でのいい競争とモチベーションの向上に繋げて、今季はもちろん来季以降の戦いに繋がってくれたらなーと思います。


はい、そんなところですかね。
先ほども書いた通り、この勝利は今日でもう忘れます。

次は浦和と。
相手は長年チームを引っ張ってきた選手達の退団が発表され、最後のホームゲーム。
広島とは違い、ACL権争いや残留争いがなくとも高いモチベーションで来ることでしょう。
そう簡単に上手いこと物事が進まないことは本当に身に染みて知っているからね。
もう今日から必死こいていい準備して、次で残留が決まることを祈ってます。

ijan0257 at 22:46|Permalink ふっとぼーるじゃん?! 

November 17, 2021

ベトナム戦オマーン戦。




11月シリーズ、無事2連勝!

とりあえずはよかったです。

オマーン戦、伊東純也の点が入ったとき普通に1人で声出たからね笑


10月にサウジに負けたあとのBlogでなんかモヤモヤしてるけどそれを言語化する技術がないなー
なんてこと書いたんだけど、
オーストラリア戦のときに気付いたんだよね、それがなにか。

でもオージー戦は埼スタで勝って気分良かったしそのことを書かなくていいかーなんて思って書かなかったんだけど、今回の2試合であらためて感じて。


今の日本に足りないもの。
なにかもやもやするなーって感じるもの。

もちろん決定力云々とかあるけど、
超直感的で抽象的な感じではあるけども、

それは、

『KING OF ASIA』

ですよ。笑


そりゃあ前回のアジアカップで優勝出来なかったし、もうASIAのKINGではないと言われたらそりゃそうなんですけど、言うて準優勝なわけで、そしてそれまでの実績から言ったら日本はやはりアジアのサッカー王国として振る舞ってなんら問題ないはずなんですよ。
それは傲りではなく、誇りとして。

でもなんか相手をリスペクトしすぎているというか、相手に合わせすぎているというか、それは時代が進歩し相手を色んな面から研究できるようになったからなのか、森保さんの謙虚さ故なのか、それとも上記のような誇り的な部分なのかはわからないけど、というかその全てな気もするけども、ここまでの試合から『KING OF ASIA』を感じないんだよな。

それがこのモヤモヤの正体。


思い返してみれば今日と同じ会場で2012年11月14日に行われたブラジル大会最終予選のオマーン戦も中東でのデーゲームで非常にしんどい中での試合で、試合最終盤まで同点という状況、それでもこのチームなら絶対勝てる、勝てないわけがないっていう安心感信頼感とアジア王者としての誇りを持って最後まで応援していて、最後の最後にザキオカさんのゴールで勝ったんだよね。

あのときはチームとしても、個々の選手としてもアジアの中での日本はアジアの王様だっていう感覚を持っていたと思うし、相手の研究ももちろんしていたと思うけど、それでも基盤は自分達のサッカーを貫いて相手を撃破するという強い意志を感じていた。

で、今Blogを書きながら当時のBlogにはなんて書いてあったんだろうって振り返ってみたら、、、


http://blog.livedoor.jp/ijan0257/archives/65701107.html



ちゃんと「日本はアジアチャンピオンなんだ」的なことが書いてあって今日の今書いてるBlogと上手くリンクして、おればも天才!って自画自賛したくなりました\(^o^)/
9年の時を経てこんな形でリンクしてくるとは。笑


話を戻そう。
思えばこのときのBlogにも書いてある通り、今の代表の選手達の中にはワールドユース、U20W杯アジア予選を通過出来なかった世代が少なくない。
(2009年から4大会連続で本戦出場出来ていなかった)
また、監督の森保さんもいわゆる“ドーハ組”。
細かいことを突付いて、それって関係してるの?と思わなくもないが、アジアの中での日本の捉え方は、ちょっと前までのどの世代でもアジアの中で当たり前に勝ってきた世代&それを率いる外国人監督とのチームと、今の代表チームとではちょっと感覚が違うのかもしれないなと思ったりもした。

そこらへんも9年前のBlogでちょこっと触れられていて、おればも有能だなってなりました(またかい)。


この11月シリーズも2連勝したとはいえ、一昔前からロシア大会くらいまでのチームから長らく感じられてきたアジア王者感は感じられなかったよね。

アウェイ2連戦、コロナで前代未聞の状況で試合をしなくちゃいけないっていうエクスキューズはあるけどさ。


裏で今日オージーが中国と引き分けてくれたお陰でなんだかんだ2位に浮上したとはいえ、まだアウェイでオージーとの直接対決を残してるし、オージーの最終節はその頃には予選突破が決まっていそうなサウジと。
コロナ化で消化試合となればサウジは無理させないメンバーで戦うだろうし、勝ち点1差での2位はそこまでのハンディにはなってないよね、まだ。


まだまだ気は抜けない、
というか最終予選に楽な試合はない、
そんなことは誰もがわかっている。

ただ必要以上にビビる必要はないし、いろんなネガティブな要素、不安要素はあるけども、年明けのホーム2連戦は、ホームであるわけだし、結果だけでなく内容もいいものを見たいなーと思います。

でもまぁ結果が出ればいいよ予選は、本戦とは全然違うし、なんてその時が来たら思ってたりもするんだろうけども笑


そんな感じですかね。

サッカー的な話ではなく精神論みたいなBlogになってしまった。笑
まぁサッカー的な記事は世の中に沢山転がってるし、おればもくらいはこういうこと書いておこう。笑


バモニッポン!!!!



では。

ijan0257 at 05:16|Permalink ふっとぼーるじゃん?! 

November 07, 2021

対東北。

SYMMETRY_0001_BURST20211107140913625_COVERDSC_0788


超ウルトラ久しぶりに野球観戦!

久しぶりのロッテ!

久しぶりのマリン!!

めっちゃ上がるー!!!!

一昔前まではね、このBlogのカテゴリー欄に『やきゅうじゃん?!』てカテゴリーがあるくらい行きまくってたのにね。

クライマックスシリーズの美味しいとこだけひょっこり現れてすみませんなんてちょこっとだけ思いつつも野球観戦楽しみましたよ。

ロッテも勝ってファイナルステージ進出を決めたしね!!

なんか野球のBlog書いてなさすぎて書き方忘れちゃったよ!笑

しかもDAZNでも見てないからあれこれ内容のこと書くのも気がひけるしな?!

いやー、昨日に引き続き熱い試合だったなーとか思ったこと書けば良いのだろうけど、今日は久しぶりのマリンてことで試合内容がアツかったのももちろん素晴らしかったのだけれども、あのボールパークの空気感というものに終始感動していましたよ。

てわけで内容薄くて『やきゅうじゃん?!』ていうカテゴリーで記事を書くのが気が引けるレベルだけど、私の日常備忘録として書いておきます。

来季こそはもう少し試合行くぞ!!
って毎年1回くらいは言ってる気がする、、、、笑


でも本当に行きます!!
みんな誘ってね!!


では


ijan0257 at 22:58|Permalink やきゅうじゃん?! 

November 06, 2021

対札幌。

DSC_0787



貴重な勝ち点1をGET。

欲を言えば勝ちたかった。
が、今は欲を言えばのところではなく現実的に積んでいくこと、4試合で4取っていければ問題ないはずなのでね、
まぁ明日の他会場の結果次第のところもあるけども、
監督交代から中2日という難しい状況、
去年もそういう状況で勝てはしたけれども、まずは勝ち点を得られたことをポジティブに捉えよう。


言うてチームの組織力は言うまでもなく札幌のほうがよくて、だからこそ1取れたことに価値があるんだけれども、
攻から守、ネガトラのとこでの切り替えは全然だったし、ラインの押し上げも緩くて中盤スペース与えすぎてたけど、竹内と松岡が頑張ってくれました。

各スキルというところでは正直竹内よりホナウドのほうが、ってところはあるのかも知れないけど、やはり彼はチームの精神的な柱。
特にこういうチーム状況、そして監督変わって戦術云々とかが難しい状況では彼の魂の叫びが絶対的に必要。

もちろん今日は上述の通り松岡とスペース埋めたり身体張ったり貢献してくれました。
残り試合もこのチームを頼みます。


魂の叫びと言えば、滝くんのゴールが決まったあと、ベンチで皆祝福し終わったくらいに出遅れてもう皆解散してるところに猛然とダッシュしてきて絶対遅れた感満載だったにも関わらず吠えてた永井選手。
まじで永井選手推せる。
いつも控えメンバーながらずっとみんなを鼓舞し続け、
アップしている仲間にも声をかけ続け、
HTでも下がってく選手を1番に激励。
チームに来てまだ1年目とは思えません。
彼みたいな選手には本当に報われてほしいなと思います。
本当に尊敬しています。



話が逸れた。
ネガトラはそんなんだったけど、ポジトラ、守から攻に関してはロティーナさんとは大きく変わったところが見れましたね。

象徴的だったのが滝くんのゴールが決まり、さらに3点目を狙いに行くところでCKからのカウンター。
結果的に鈴木唯人の持ち上がりから中山のシュート、あれが入っていればって全エスパルスファンが思っているシーン。
結果的に2人での攻撃にはなったけど、そのとき一気に5人が同時に全力で駆け上がっていたんだよね。

ロティーナさんはポジショナルだし、リスクマネジメントでああいった場面でも3枚くらいで攻撃を完結させようとする傾向が多かったんだけど、おそらく行くところはみんなで行こうという指示が出ていたんだろうなというのが容易に想像できるシーンでした。

終盤疲れが見え始めていた札幌の守備陣相手に、途中出場の選手が多く絡んで効果的でした。

去年の平岡さんの采配を見るに、おそらく行くときにはチームとしてイケっていうところは残り試合も統一してチームとしてやっていくと思うし、声掛けとかだけではなく、チームとしての戦い方でも1つになって、一体感を高めて行くやり方でいくと思うのでね、そこも迫力ある攻撃に残り3試合でなっていけばいいなと思いますね、はい。


次節はヴァウドさんが出場停止でまた守備は変わると思うけど、ヨシノリさんが入って今日控えめだったラインの押し上げなんかはやってくれそうな気がするし、今はコロリさんがメンバー外、ホナウドさんがスタメンを外れたように、まずは連携、チームとしての一体感というのを大事にしていく気がするので、変にネガティブに捉えず、1週空くのでね、やれることできることを少しでも埋めて、広島戦でも勝ち点を、できることならば3積み上げて少しでも後々を楽にしたいですね。



そんなことでしょうか。

最後に、あらためてこのような状況で再度監督を引き受けてくれた平岡さんに感謝はもちろんなんだけど、
就任してからコロナ云々で、我々としては支えきれずなにも力になれなかったロティーナさん、イヴァンさん、トニさん、小寺さんにもエスパルスに来てくれたことに感謝だし、色々と申し訳なさ無念さを感じております。
チームロティーナの為にも残り試合で勝ち点積んで絶対に残らなきゃなと思います。


広島戦からまた1段階応援のいろんなことが緩和され、さらに我々の想いを表現をする手段が増えます。

ともかくやれることをやっていきましょう。


今日の結果に不満な人もいると思うけどさ、今日の1点目、
絶対に届かないのに身体投げ出してた片山選手みたいにさ、
声を出せなくてもその身を投げ出すくらい全身で表現する応援、
その情熱が隣の人やスタンド全体、そしてピッチに伝わるはずだからさ
人を動かすのは、ネガティブな言葉ではなく情熱だよ。
みんなでね、その身を懸けよう



では

ijan0257 at 23:14|Permalink ふっとぼーるじゃん?! 

November 03, 2021

対東京。




いやー、これがリーグのもうちょっと早い段階だったら、いっそのこと心がポキッと折れてしまってもね、
なんだけど、

もう折れそうになっても折っちゃいけないところに来てるから余計にしんどい余計に苦しいよな

川崎での"負け方"に一定の理解を示していたけれども、それを無にする早い時間帯での3失点。


サッカー的なことはもうなんか言えることないですよ、
建て直してください、としか

で、我々としてはありきたりだけどやれることやるしかない

まだ辛うじて有利な順位にいる。
残り4試合のうち3つがホーム日本平。

下の4チームが残るよりは若干数字上は有利なんだから、

言うてチーム状況は?と言われると今日の試合で一気に自信をなくしてしまった感があるけれども

もうそうは言ってられない
もうそんなこと言ってられない

自らに問うのはもちろんだけど、

選手にもそれを伝えて発奮してもらわなきゃいけない

むしろ俺らは盛り上げていかなきゃいけない側。

やれることをやろう

応援すること、信じること
それが今俺らにやれること

みんなで乗り越えよう。


ちょっと重たく書いちゃったけど、なんだかんだイケるから。
みんなでやれば。

ijan0257 at 23:07|Permalink ふっとぼーるじゃん?! 

October 27, 2021

川崎対鹿島。

DSC_0763


ふらっとお誘い頂いたので等々力に天皇杯観に来た。

まさか日曜に来てまたすぐ来るとはね。笑
でも意外と武蔵小杉駅って行きやすいのよね。
ただ駅からも遠いし横須賀線で着くから駅構内ひたすら歩かされるけど。笑


試合は、、、

ひたすら川崎が強かった。

私の記憶が確かならば3日前と同じスタメンだと思うので連戦なわけだけど、あの鹿島相手に3−1。
川崎は中2日、鹿島は中3日と日程的にも不利だったのに。

よく我が軍は0−1で抑えられたなと。

もちろん清水と違って鹿島は受け身ではなかったし、トーナメントという特性上前に行くしかない時間帯もあったので単純にスコアで比較できるもんではないけど、3日前の試合を思い返してみても、ボールを持てる時間は清水戦の方が圧倒的に長かったのに、ゴールをこじ開けるという部分では清水戦の方がやりにくそうだった気がする。
それだけこないだの試合は負けたけれども評価すべき点もあったことを再確認できた試合だったかな、今日の試合は。

川崎と鹿島の試合で清水主観の感想になってしまった。笑

でもまあ時間もないし鹿島と川崎の試合をこれまでいっぱい観てるわけではないのでね、サクッとした感想でした。笑

期待してみてくれた川崎と鹿島のファンの人がいたらごめんなさい笑


これで天皇杯はベスト4が揃ったんだって??

んー、残っていたかったぜ。


では。

ijan0257 at 23:38|Permalink ふっとぼーるじゃん?! 

October 24, 2021

対川崎。

DSC_0754


もどかしい試合だった、、、


でもチームがその選択をしたように、大崩れしないこと、組織として、チームとして、団結して一つの方向に進もうとするしかない。
今日の負けは切り替えなくてはならない、というかきっぱり切り替えられる負けだ。


相手に大方ボールは持たれていたし、ある程度持たせなくてはいけないほどのチーム力の差に憂う人も多いとは思うけれど、川崎としても自分たちでボールを保持して行くサッカーが得意な中であえてそのサッカーをさせた上で中はしっかり固めて、相手がボールと人を動かしてきた時にはしっかり連動するというのはかなりの時間でできていたんじゃないかな?

それが相手のやりたいサッカーをやらせながらも、リーグトップの攻撃力を誇るチームが得点してからもなお2点目を取りにきているも関わらず0−1という最小スコアで終われたことを示していると思う。


なんでこの後に及んで交代枠も残して勝点1を取りに行かねーんだよ!
0−1も0−3も勝点ゼロなんだよ!!
だったら捨て身で1取りに行けよ!!
ってのもわかるけど、ここ数年の残留争いを見ていても現場サイドはもっと冷静で。

確かにどの試合でも勝点1でも欲しい状況ではあるけれど、清水は残留争いの直接の相手との対戦はない。
つまりは格上のチームとの対戦ばかり。
でも順位表上は残留争い6チームの中では一応1番上にいる。
大事なのはこれ以上上にいくのではなく今の位置をキープすること。
残りの対戦相手に勝点3を計算できるチームは普通に見れば無くなってしまったが、今日の試合を見たらどのチームからでも1を積み上げられる可能性は存分にある。
実際今日の試合が初めてシーズンダブルを食らった相手だ。
Fマリノスからも名古屋からも神戸からも勝ち点は得ている。
残り試合で勝ち点を得るために、今日の試合で玉砕覚悟で勝ち点1を得るために突っ込んで守備が崩壊するよりも、しっかりと基盤を持って残りの上のチームと対戦することの方がベターと考えたのであろう。
守備に関しては悪くなかった、むしろしっかりやれていた試合だったはずだから。

もちろん前半から狙っていた攻撃の形というのはあったし、最初から負けること前提ではなく柏戦の時にBlogにも書いたように点を取らなければ引き分けに持ち込めない相手だ。
だから用意していた攻撃で終盤にもあわよくば同点というのはもちろん頭にあったはずだが、大事なその基盤を失わないというところを重視して試合終了を迎えた。



とはいえ柏戦でも決定機を作っていても決めきれていないし、今日に関しても攻撃のパターンも少なければ、去年あれだけあったセットプレーでの得点も少ないのは深刻。
攻撃に厚みがないのはリスクを減らしているのでしょうがない(しょうがないというのはそれをよしとするかどうかは別として理由はわかるってことね)けど、こういう言い方は悪いけど、こういう弱者のサッカーをするのであれば(それを強みにしてセレッソ時代のロティーナは強者であったけれど)、しっかり決め切るとこで決め切らないと、、、
柏戦なんかもろにその逆をやられてしまったし。

そういう意味では残り5試合全試合完封というのは難しいわけだから点の取り方を考えるのは急務。
ここまで積み上げてきているはずのものなんて選手が入れ替わりすぎてないに等しいだろうし、来年もおそらく違うチームになる気がするので特効的な何かがほしい、、、


とはいえ、最終的に我々は信じることと応援することしかできないわけです。
でも逆にいえば信じることと応援することはできるわけです。

弱音や溜息、批判はひとまず置いといて、
沢山選手が入れ替わったから選手起用に対する不満とか、愛着のある選手が出れなくなってしまったって人も沢山いるだろうけど、ともかくは今はバラバラにならないこと。
我々のチームなんだから、我々しか信じてあげられないし、我々しか応援できない。
無観客やアウェイ席設置なしだったりっていうのを乗り越えて、今は多くの人がスタジアムに行ける、声は出せなくともゲーフラや手拍子で直接選手に気持ちを伝えられる場所がある。
あらためてチームとともにいられること、直接応援できることに感謝して、この苦境をみんなで乗り越えましょう。

降格だなんだーとか必要以上に恐れないで、
どんな苦難や壁も、越えていける、俺達なら。

そう、信じよう。

ijan0257 at 23:00|Permalink ふっとぼーるじゃん?! 

October 16, 2021

対柏。

DSC_0723


きっちーなー、この内容で勝てないのは。

分けでもなく完全に勝ちゲームだったのに。

なかなか簡単には勝利の神様ってのは微笑んでくれませんな。

柏の内容がよくなかったし、ただそれでも相手は一発がある選手が多いから早めに1点取っておきたいなーってとこだったし、前半のこの内容だったら間違いなくいつもの清水なら後半立ち上がり勢いよく出てくるだろうと思って、案の定出てきて、決定機も作っていたのにその裏を返され53分に失点。

それでもこちらのゲームが出きていたので、
というかこちらのゲームができていたからこそそれが焦りにならないように早めに返したかったけども、、、

チームはみんなで戦っていたし、スタジアムの雰囲気もビハインドながらいい雰囲気だったのだけれども逆転することはできず。

なんで途中交代で右サイドで効いていた中山をさらに終盤で左SBにしたのかだけはロティーナさんに聞いてみたいわ、、、

おそらくあのような形でのスクランブルは今日の試合では想定してなかったんだろうね??
してたら指宿とか入れてそうだし。


いやー、今日勝っておくかどうかでかなり今後のリーグ戦における気楽さが変わっていただけに厳しいなー
ここ数試合本当に内容はできてきているだけに、それでも今は結果が欲しい時期ってことで自信は失わずにやってほしい。
本当それだけ。
だからこそ俺らは支えるしかないと思うのよ。

ここから先は勝点でだいぶ上を行くチームばかりとの試合。
変な話、負けて当たり前のチームとの対戦しか残ってないわけだ。
もう勝てなくてブーブー言える試合は無くなりました。
無根拠なプライドは捨て、本当にひたむきに、真摯に、チームと向き合って、ちょっとでも選手の力になれるよう応援していこう。

川崎相手に"負けない"試合をするにはね、
普通の負けない試合をするためにはまずはどう守りきるかを考えると思うけど、川崎相手に等々力で90分失点ゼロで抑えるのはなかなか難しい話。
ということは負けない為にはどこかで1点は取るプランが必要になる。

だからこそ、番狂わせを起こせる可能性もあると思うのよね。
まぁふつーにボコされる可能性のほうが大きいとは思うけどもw

でもそれでも我々は期待するしかない、応援するしかないのでね、
番狂わせの準備、しておきます。


では


ijan0257 at 22:54|Permalink ふっとぼーるじゃん?! 

October 12, 2021

対豪州。

DSC_0713


なんなんだなんなんだなんなんだ!
最終予選かよ!!

最終予選だった!!!!

みたいな。
埼スタでの最終予選は本当に盛り上げ上手だわ。
とんでもないね。


サウジ戦から形を変えてメンバーもいじって、特に中盤に違いが生まれたわけだけど、それが上手くハマったね。

最後1点欲しい場面で柴崎を出すあたりも森保さんらしいし、今までの批判が嘘のような名監督っぽい采配。

最後ゴール裏に感謝の叫びを吠えてくれたけど、実際のサッカーのディテールについては俺らは素人だからさ、もちろんこれはどうなの?ここはどうなってんの?って思うことはあれど、素人のテキトーなこと、テキトーな感想しか書いたり表現できないけど、少なくともずっと現場で数年間見てきた者としては、この監督と共に勝ちたいって思わせてくれる人なのは間違い無いよね。
19年のUAEアジアカップの時にも書いたような気がするけどさ?!


でもとりあえず最終予選は結果が全て、その一言に尽きます。

何大会か前までは、その『結果が全て』と言う言葉が最終予選では面白い内容で勝つことができないことへの言い訳?みたいに感じたこともあったけど、俺もいろんな経験をして、ドイツ大会予選以降何試合も最終予選も、それからW杯本戦も経験してそれは違うってことがわかったから。
それは単にアジアのアウェイ環境が厳しいってことや、日本は警戒される存在だからとか、そこら辺ももちろんあるけど、それだけじゃなくサッカー的な部分でもね、本戦とは違う種類の『結果が全て』が詰まっているのがアジア最終予選。


とりあえず今日は勝ててよかったよ。

ただ、まだまだ追いかける側なので油断ならないし11月ラウンドはアウェイ2連戦。
厳しい戦いが続くなんてありふれた言葉で煽りたく無いけど、1試合1試合覚悟が必要な戦いが続くからね。

まだまだ何も成し遂げてないからね、でもそれを成し遂げられることも、その先へ行くことも信じて応援します。


バモニッポン!!!!!!


ijan0257 at 23:39|Permalink ふっとぼーるじゃん?! 
記事検索
月別アーカイヴ
記事検索
コメントあざーーっす!!