June 18, 2018

タリン2日目、そしてついに。



昨晩は楽しみにしてた白夜を体験、、、と、思ったんだけど、白夜っていうほど白くはなりませんでした。
が、港の方まで太陽を見に行くと、完全に沈んでない!!
ので、全然明るい。

DSC_1643


これ、深夜0時半だからね。
沈んでない、というか、もうこれ日付変わったから登り始めてる感じなのか??
ともかく日本では見れない光景に興奮です。

それから深夜のお散歩。

DSC_1645DSC_1644

夜の1人歩きも全然平気そうな治安です。
外も明るいし、土曜の夜だったってこともあり、街も朝までずっと賑わってました。
昼間は観光客が沢山いたけど、深夜はほとんど現地っ子ばっかり。
どこのクラブもパンパンに人が入ってるようで、外は肌寒いのにオープンカフェもどこも人が入ってて外でみんな飲んでる。
ストリートミュージシャンが歌う声、そして酔っぱらいがみんなで歌う声は朝まで聞こえ続けてました。
他に遊ぶとこがないからなんだろうけど(?)バルト三国は民族が伝え続けてる歌と躍りがユネスコの無形文化財になってるくらいだし、みんな歌や躍りが好きなんだろうね、昼も夜もストリートミュージシャンが沢山いました。

想像していたより全然平気そうな愉快な街です。

で、今朝はというと、1人旅になってからずっと毎日5時起き6時起きだったけど、今日は夕方まで予定がなかったってことでゆっくり起きて、宿で何の変哲もない朝食食べて

DSC_1647


朝のお散歩。

DSC_1658DSC_1661
DSC_1662


で、海好きとしては昨晩深夜に行った港を見に行ってみたくなって港へ。

そしたらもうちょっと奥地で泳いでる人がいるううううううううううう
、、、ってことで笑


DSC_1651
DSC_1652DSC_1654

ロシアに向かう前にバルト海でひとっ風呂浴びてきました。笑
でも今回海パンを忘れたので、トランクスのまま入水w
激しく泳ぐと脱げちゃうのでwただ浸かっただけって感じです。
また1つ、泳いだことのある海が増えましたw


で、宿に戻ってシャワー借りてビール飲んで宿の人からもらったパンを食べて、いざタリン駅へ。

タリン駅16:51発の列車でついにロシアへ向かいます。

モスクワまでは16時間。
今回は2等寝台。
部屋はこんな感じ。
俺のベッドは上の段。

DSC_1665

部屋に入ったら車内食が置いてあって、
クロワッサン1つ、ヨーグルト、チョコレート、リンゴジュース、それと水がパックの中に入ってました。
それから発車してしばらくしたらロシア風クレープ、ブリヌィが運ばれてきました。

DSC_1666DSC_1669

いや、飯付きなのはありがたいけど、出発時点ではみんな長旅覚悟して食べてから乗ってるっしょ笑

あとで食べるっつってもヨーグルトとか弱っちゃいそうだしぬるくなるし、、、


ベッドはこんな感じ。
そこそこ幅狭くて落ちそう。
しかも上段のベッドはみんな柵が立つようになってるのに俺の壊れてて柵がない、、、(~o~)

DSC_1668


で、国境へ。

まずはエストニア、EUの出国手続き。
いろんな国境越えてきたけど、電車で越えるときはいつも降りて審査場行くか、電車乗る前に済まされるか、シェンゲン協定内でいつのまにか国境越えてるかで、初めて電車の中に入国審査官が来てスタンプ押される経験です。

で、ロシアの入国審査。
あのさ、ロシアの入国審査ってさ、ちょっと緊張するじゃん?
あのロシアってことで。
だけどね、

寝台列車の中での審査だからね、まさかのベッドの上でゴロゴロしながら入国審査w
今までのどの入国審査よりも緊張感なかったわwwwww

DSC_1672

いい経験になりましたw

そんなこんなでついにロシアに入国しました。
ドイツメヒコ見たかったー!!!!  

まじで今回のW杯おもしろいな?!
俺もワクワクが止まらないぜ?!
そしてなんやかんやいろいろあるけどやっちまおうぜニッポンジン!!!!

なんてテンション上げたところであと13時間は寝台列車だし、モスクワに着いた半日後には、1戦目の会場であるサランスクまでまた寝台列車で10時間なんだけどな?!笑

コロンビア戦までだらだらごろごろ過ごします。笑


ではまた!


ijan0257 at 03:27|Permalink りょこうとかえんせい。 | のみくいっぽい

June 17, 2018

Tallinn。



リガ発朝8時のバスでエストニアの首都タリンにやって来ました。
こちらの旧市街も例に漏れず世界遺産になってます。


もうね、着いて2分で気に入ったよこの街を。

目に入る光景や肌で感じる空気、すっと心に入ってくる感じ。
今回の旅はゼーフェルトに始まり素晴らしい街ばかり行ってきたけど、バルトの中でタリンが1番いいよって行ったことある人たちから口々に聞いてきたけど、確かに頷けた。

見える建物は歴史を感じさせつつもいちいちかわいい感じで、なんだろ、うーーん、なんだろ笑
ともかく素敵なのです。

ビリニュスやリガも元々は街をぐるっと城壁で囲んでいた街だけど、さすがにこのご時世、ほとんどが無くなっているなかで、タリンは未だに街がぐるっと城壁で囲まれている。

DSC_1592DSC_1596
DSC_1629

城壁で囲まれてるから街の中にこういうトンネル?や門があって、旅心をくすぐられる

DSC_1621DSC_1627
DSC_1620DSC_1630

日本にいるとちょっと想像できないよね。
なんかルパンのアニメを見ているような街並みというかなんというか。

DSC_1590DSC_1591
_20180616_142836_20180616_142817
_20180616_142759DSC_1604
DSC_1624DSC_1626
DSC_1623DSC_1631
DSC_1610


まじで本当に、、、素敵です。笑


で、例のごとく観光地。

1219年にデンマーク人により建てられ、1684年の大火災により焼失したものの、100年かけて再建されたエストニア最古の教会、大聖堂。

DSC_1595


トームペア城。

DSC_1601


アレクサンドル・ネフスキー聖堂。
This is ロシア正教って感じのタマネギ

DSC_1599DSC_1600


聖ニコラス教会。

DSC_1603

旧市庁舎

DSC_1606


聖霊教会

DSC_1608

大ギルドの会館

DSC_1609

聖オレフ教会

DSC_1614DSC_1615DSC_1611
DSC_1612DSC_1613

街の最も重要な出入り口を守るために作られた砲塔、その名も
『ふとっちょマルガレータ』 

DSC_1619DSC_1617


例によってここの旧市街地もボコボコの石畳なので、毎日そんな道を歩き続けてたらさすがに足首が悲鳴をあげ始めたので、今日は夕方から宿にこもってこちらの名物、ニシンのオイル漬けをツマミにW杯観戦。

DSC_1633DSC_1635


って、W杯見てたら深夜23時前なのに街中で急に花火ドンパチ始めやがったwwww
宿の人たちみんな飛び上がって起きたぞw
白夜だからって時間考えろww

DSC_1639

そう、今日は白夜らしいです。
教科書でしか見たことないあれです。

海沿いのほうまで行くと楽しいよって宿の人に教えてもらったのでせっかくの白夜を楽しみにこれからお散歩しに行きます。


ijan0257 at 04:56|Permalink りょこうとかえんせい。 | のみくいっぽい

June 16, 2018

Riga。



十字架の丘のあるドマンタイからシャウレイに戻り、そこからバスで2時間半、ラトビアの首都リガにやって参りました。

DSC_1552DSC_1551


ワルシャワ、ビリニュスに続き、こちらも世界遺産になっている街です。

まずは街歩き。
宿が中央市場の近くだったので中央市場から。
ここらへんはベリー系の産地なのでストロベリーやブルーベリー、それからサクランボが多かったです。

_20180615_160234DSC_1555

もちろん肉やシーフードも沢山あって、ともかくイクラとキャビアが日本の比にならんほど安い。

DSC_1557DSC_1558
DSC_1559DSC_1560
DSC_1561


ここから世界遺産になっている旧市街へ。

ビリニュスと同じように街が迷路のように入り組んでいて、ボコボコの石畳なので足への負担大です。笑
ビリニュスとは違って坂が無かったのは楽だったけど。

DSC_1569DSC_1570
DSC_1571DSC_1576


聖ヨハネ教会
中世では生きた人間を壁に塗り込めば災いを建物から守れるという信仰があったので、志願した二人の修道士が壁の中に埋め込まれてるらしい、、、
教会の前には同じハンザ同盟の都市であったブレーメンの物語『ブレーメンの音楽隊』の像があった。

DSC_1562DSC_1564
DSC_1565


高い塔が特徴的な聖ぺテロ教会

DSC_1566DSC_1567DSC_1568


ブラックヘッドの会館。
素晴らしい外観。
特に、月、日、時間、月齢を刻むこの大時計はとても素晴らしく、言い伝えによると、これほどまでに美しい時計を作った職人は、2度と同じものを作れないよう目をくりぬかれてしまったらしい、、、

DSC_1572DSC_1573
DSC_1574DSC_1575



リガ大聖堂とその前に広がるドゥアマ広場。
バルト三国最古の建築の1つ。
バルトの歴史はここから始まったとも言える場所、らしい。

DSC_1577DSC_1578
DSC_1581


三人兄弟。
肩を寄せ会うようにして中世に建てられた住宅。
1番右が最初に建てられた兄で、リガで最も古い住宅。
弟達の時代になると土地問題が深刻になり肩身が狭くなってくるが、兄の時代には窓の大きさで税金が変わる窓税があったので、窓が小さかったが、弟達の頃には廃止されたので窓が大きくなっている。

DSC_1579



今回の旅の教訓として、W杯始まってから旅するのはあれだね、集中できないね!笑
観光しなきゃいけない(?)から試合見れないし、でも試合みたいからバーとか入りたいし、と、観光にも試合にも集中しきれない笑

イラン対モロッコっていうカードだから干そうかなと思ってたけど、結局見たくなって観光切り上げて見てしまった。笑

てわけで、街にあった数多くの飲食店の中で、安くてビールとウイスキーの種類が豊富で、ラトビア料理が食べれて、TVが見れるバーへ。

IMG_0100
IMG_0098IMG_0099

マンチェスターシティのサポーターだっていう8人組がもはやビール片手に歌いながら観戦してた。笑

で、俺は3種類のラトビアビール(各500ml)と自家製ソーセージと味付けキャベツとポテトのプレートを。

FullSizeRenderIMG_0102
IMG_0104IMG_0106


リトアニアもそうだったが、バルトのビール、まじで美味い。
今日飲んだのはラトビアのビールだけど、1杯目のはコクがあるピルスナー、2杯目は黒ビールなのに甘味が強く、今まで体感したことのない味。
3杯目は店員さんに進められた名物のラズベリービール。
ラズベリービールは苦味がほとんどなく、日本で缶で「氷結 ラズベリー」で売られててもビールとはわからないかも。笑
甘い系缶チューハイ大好物の俺にとってはドアタリ!

飯ももちろん、美味。
見た目以上に結構ボリューミーで、他のツマミも頼みたかったんだけど、ワンプレートでお腹いっぱいになっちゃいました。
この白いおそらく西洋ワサビのソースが意外にポテトと合うのが今日の発見。


試合も面白い試合でしたね。
スペイン、ポルトガルと同居するグループなので、この試合は絶対に落とせない両チームだけに前半からハードなゲーム。
そして最後の最後でイランの勝ち越し。
This is footbaaaaaaall!!!!


そのあとはドマンタイからシャウレイ、シャウレイからリガまでずっとバスで一緒だった日本のバレーボールとアニメのファンで、サッカーが大好きだという台湾人二人と待ち合わせてスペイン×ポルトガルを観戦。
隣のイスラエル人とも御一緒に。

IMG_0107


こちらは逆にイランとモロッコと同居してるのでこの試合は"大ケガ"しなければいいという堅い試合になるかなと思いきや、開始早々のCR7のPKでスイッチ入りましたね。笑
スペイン×ポルトガルという好カードの期待に十分答えてくれました。
そして最後の最後でCR7の一撃。
スーパースターは違うなー
PV会場でも一斉にみんな立ち上がってビールが宙を舞いました。笑


昨日今日といろんな国の方々と飲みながらサッカー見てるけど、あらためてサッカーの凄さ、W杯の凄さを感じております。



ざっとこんな感じ!
なんかいつの間にかサッカーの話になってるけど笑

リガの街はビリニュスよりも活気があるというか陽気というか、そんな印象を受けました。
帝政ロシア時代にはロシア第3の都市として発展し「バルトのパリ」と呼ばれたリガ。
日本ではあまり目立たない国だけど、素敵な街でした。


ちなみに、世界一美女が多い国として有名なラトビア。
実際は、、、
街行く人達はそうでもなかった。笑
が、街の人達は観光客なのかな?とも。
カフェやバーの店員の姉ちゃん達は確かにスタイルよくて美人さん多かったわ。
でもなんか世界一かっていうと、うーーん。。。
僕は日本人が好きです。笑

DSC_1585


そんなこんなで今朝も早くから起きてさらに北上していますー!!


ijan0257 at 17:13|Permalink りょこうとかえんせい。 | のみくいっぽい

June 15, 2018

the hill of crosses。



ビリニュスから朝イチの電車で2時間ちょっと、北部リトアニアの経済・文化の中心シャウレイへ行き、
そこから路線バスで12km、ドマンタイへ。

DSC_1530DSC_1531

緑以外なーーんにも無いところで下ろされ、ずっとまっすぐ歩くこと20分強。

やっと見えてきた

DSCPDC_0003_BURST20180615110610157_COVERDSC_1533

ずっと行ってみたかった地
『十字架の丘』

DSC_1534DSC_1535
DSC_1536DSC_1537
DSC_1541DSC_1542
DSC_1543DSC_1544
DSC_1545DSC_1546
DSC_1547DSC_1548
DSC_1549DSC_1550


ででーーーん!!!!

思った以上に十字架だった。笑
足下にちょこっと刺さってたり2mを裕に越えるものだったり、他の十字架に掛けられていたり、イエスの顔付きだったりなんだり、もはや倒れてるもの倒れそうなもの。。。

百聞は一見にしかず。
ともかくその量に圧倒された。

昨日ビリニュスの街中で目の当たりにしたリトアニアの人達の信仰心の強さをあらためて感じました。

しかしなんでこんな十字架がここに集まるのか。

それはこれを読んでください(横着)

DSC_1553

そんな感じでこれからさらに北上します。


ijan0257 at 21:47|Permalink りょこうとかえんせい。 

Vilnius。



リトアニアの首都、そして世界遺産に登録されている街ビリニュスに来ました。
ので、町歩き。

夜明けの門。

DSC_1493DSC_1492


城壁。
ワルシャワもそうだったけど、町全体がこういう城壁で囲まれていたってスゴいよなー
さっきのトラカイもそうだけど、やはり人類の歴史は戦争の歴史だなーなんて

DSC_1495DSC_1496
DSC_1497


街の中心、
大聖堂(左)と王宮(右)とカテドゥロス広場

DSC_1499

大聖堂
内装の「白」がとても美しかった

DSC_1500DSC_1501

DSC_1502DSC_1503DSC_1505
DSC_1506DSC_1507
DSC_1508DSC_1509


トローリーバス。
未だに屋根上の架線に繋がれて、オンボロになりながらもまだ走っているのを見ると、ここが旧ソ連であることを強く感じる。

DSC_1512


聖ぺテロ&パウロ教会。
ちょうどお祈りの時間だったので中に入るのは遠慮したが、中の無数の漆喰彫刻群はお見事。

DSC_1514DSC_1515
DSC_1516DSC_1517

聖アンナ教会。
素晴らしいゴシック建築の教会。
幾重もの戦禍に巻き込まれてきたビリニュスにおいて、500年以上前から変わらぬ姿を維持しているらしい。
こちらもお祈り中だったので入り口までしか行かず。
中は表とは対照的にシンプルな佇まい。

DSC_1518DSC_1519
DSC_1520DSC_1521

この街、ともかく教会の数が多い。
そして他のキリスト教の国々に比べても教会で熱心にお祈りしてる人、膝まずいてる人がかなり多い。
強い信仰心を感じました。


ビリニュスの街。
旧市街地は坂が多く石畳の道が続き、迷路のように道がいりくんでいるので、長時間のお散歩はなかなか足に来るw
クロアチアのザグレブに似てるかなー

DSC_1498DSC_1494


市街地を走るビリニャ川。
なんの変哲もないこの川を見ながら東京という街はなんてワガママなんだろうと思いを馳せる。
ちょっとでもそのままの自然を残すだけでこんなにも心が癒されるのに、一度破壊された自然を人工的に造ったりして、確かに緑は多くなれど本当の自然はないし、雨が多い国であるが故、氾濫防止で川の周りはコンクリートで固められている。
もうちょっと自然があるだけで人はもっと優しくなれると思うんだけどなーなんて

DSC_1511


散策した後は本日ついに開幕したW杯のPVをやっていたオープンバーへ。

DSC_1522DSC_1523
DSC_1524DSC_1526

ビリニュスはモスクワまでの直行列車が出ているということで、陸路で入る世界各国のファンが街中にいました。
このバーで観戦していた人達だけでもブラジル、アルゼンチン、ポーランド、コロンビア、そして予選落ちしたけどアメリカのユニフォームを着た人が観戦していました。
日本人は島国だから航空券が高くても直接ロシアに入ろうとするけど、結構ヨーロッパ各国から陸路で入るファンも多いのね。
ビリニュス駅にはFanIDぶら下げた人が何人もいたわ


んまぁそんな感じで宿に戻り、今日のご飯はスーパーで買ったSUSHI。

DSC_1527

フィラデルフィアロール390円!
リトアニアはヨーロッパでも最も物価の安い国の1つで、スーパーのものと言えど高級品であるはずの寿司もこの値段で食べれちゃいます。
日本にはないけど海外ではカリフォルニアロールと並んでポピュラーなフィラデルフィアロールは日本人が食べても結構イケると思います。
ちなみに物価の安いリトアニアでは、600mlくらいの瓶ビール1本130円前後で売ってます。
天国かよ。笑


そんな感じです。
さて、明日からもどんどん北上していきます。


ijan0257 at 05:44|Permalink りょこうとかえんせい。 | ふっとぼーるじゃん?!

June 14, 2018

Trakai。



ポーランドからリトアニアに飛んできて、バスでリトアニアの以前の首都トラカイにやってきました。

30以上の湖と森に囲まれ、自然公園として保護されている街です。

Screenshot_20180614-131406


街の中心はルコス湖とトトリシュキュウ湖に囲まれたこちらのエリア。

Screenshot_20180614-113115

早速散策。
バスターミナルからしばらくは民家とちょろっとスーパーちょろっとカフェがある程度の街なのか?と、思ってたけど、湖側に出てみると凄く癒される光景が。

DSC_1461DSC_1462
DSC_1465DSC_1468

もりとぉ〜♪
いずみにぃ〜♪
かぁこぉ〜まれて〜♪

なんて鼻唄がついてでます。
最初から湖沿いを歩いていれば良かったw
あ、天気が悪くて写真が映えないのは雨男仕様だから皆さんで脳内補正かけてくださいw
だいたい僕が旅するときは雨か曇天なのです(~o~)
でもそれでも森林浴しながらの散歩、最高です。
湖もさりげ透明度が抜群で、アヒルのガー子やガー助、ガー太郎達も気持ち良さそうに泳いでました。

DSC_1484

こんなのもいた

DSCPDC_0003_BURST20180614113312059_COVERDSC_1463


で、この島の最北端に橋が掛けられていて行けるのが水に浮かぶ古城・トラカイ城。

DSC_1470DSC_1481
DSC_1475DSC_1476
_20180614_115650


中はこんな

DSC_1472DSC_1474

敵から守る上で水に囲まれていることが有利だったんだろうね。
上から見るとこんな感じらしい

DSC_1482

日本でもそうだけど、今でこそお城ってのは観光地なわけだけど、当時は戦いの舞台でもあったわけだからね。
そうやって見るとなんか見え方が変わります。
遠くから見ると立地といい色合いといい美しい城なんだけど(青空ならもっとキレイに見れたんだろなw)煉瓦の壊れ具合とかにいろんな想いを馳せてみます。

_20180614_131648


トラカイ観光の〆にトラカイを中心に200人ほどがその民族性を維持しながら生活しているという少数民族カライメの人達の民族料理「キビナイ」を食す。

DSC_1485DSC_1486
DSC_1487

いろんな味のがあったんだけど、豚肉のやつをチョイスしたら、中の餡が日本の餃子のそれと同じでめちゃくちゃ旨かった!!!!
パイ生地もいい塩梅のサクサクしっとり具合で良いし、餃子よりも大きい分玉ねぎも大きめにカットされてるんだけど、それがまたしっかり食感があるぐらいで美味!
これはうんんんんんまい!!!!
少数民族だけのものにするには大変もったいない逸品でございました。


で、これからバスでビリニュスに向かいます。



ijan0257 at 20:40|Permalink りょこうとかえんせい。 | のみくいっぽい

Warsaw。



試合後インスブルックからバスと電車を乗り継いで5時間かけてミュンヘン空港へ。
昨晩は空港ソファで寝っ転がって、今日は朝イチの便でポーランドのワルシャワにやって参りました。

とは言っても、本当は次の目的地までの経由地で、乗り継ぎ時間が22時間あるが故の棚ボタ観光です。

でもせっかく丸1日ありますからってことで存分に楽しみました。

まずはヨーロッパで1番美しい公園と言われるワジェンキ公園で朝のお散歩。
ポーランド・ワルシャワと言えばショパン。
めちゃくちゃデカいショパンの像がこの公園のシンボル。
子供たちが一生懸命よじ登ろうとしてましたが、あまりの大きさに台座までも登れず。

DSC_1431DSC_1432
DSC_1433DSC_1429
DSC_1430DSC_1434

この公園、本当に美しい。
道が整備された森林といった感じで、空気も綺麗だし、心が無駄に整います。笑

DSC_1437DSC_1438
DSC_1439DSC_1440
DSC_1441DSC_1442

そしてともかく広い。
中に宮殿やら美術館なんかもあって、あのクジャクさんが何羽も放し飼いにされてます。

DSC_1435DSC_1436
DSC_1446DSC_1447

こんな花壇にクジャクがいるなんて反則です。
スケールが違うな、スケールが。


で、Googleマップ見ながら公園を歩いていたらスタジアムみたいなシルエットが。
もしかして、、、
と、歩いて近づいて行ったら、
この落書きの数々。

DSC_1449DSC_1451
DSC_1452

そう、今世界最強最悪の呼び声高いフーリガン達を持つチーム、レギア・ワルシャワのホームスタジアム、スタディオン・ヴォイスカポルスキエゴでした。笑
こんな街中にあんのな。

DSC_1456


てわけでスタジアムツアー&ミュージアム

IMG_0042IMG_0043
IMG_0045IMG_0047
IMG_0049IMG_0051
IMG_0053IMG_0054
IMG_0056DSC_1453
DSC_1454DSC_1455


コレオが凄すぎるからもっと大きいと思ってたけど、思ったよりゴール裏でかくなかった

IMG_0057


そのあとはバスで世界遺産・ワルシャワ歴史地区へ
王宮、広場、バルバカン、通り。

IMG_0058IMG_0059
IMG_0061IMG_0062
IMG_0063IMG_0064
IMG_0065IMG_0066
IMG_0067IMG_0068

IMG_0070IMG_0071IMG_0072


聖アンナ教会。
ワルシャワで1番重要な教会らしい。

IMG_0078IMG_0074
IMG_0075IMG_0076
IMG_0077


聖十字架教会。
ショパンの心臓が安置されている教会。

IMG_0081IMG_0082
IMG_0083


ワルシャワの街にはちょいちょい像が立ってる。
ちょいちょい、ではないな、もりもり、だな。

IMG_0079IMG_0080
DSC_1459


で、オシャレなオープンカフェ的なとこでビアー&ポーランド名物ピエロギ。
ピエロギさん、ポーランド風餃子って感じなのだが中華の餃子よりも大きく、ナイフで2つに切って食べるとちょうどよい感じ。
なんと言っても味がまた絶品なんだこれ!!
帰国してもまた食べたい!!
誰か作って!!!!
昨晩ぶりの飯だったが一皿で十分お腹いっぱいになった。
ビールは1リットルジョッキで500円という安さ。
腹いっぱいピエロギ食べて、ビールを2リットル飲んで1500円しないという安さ。
日本だと量的に生中5杯飲んでる計算になるから爆安です。

IMG_0088
IMG_0086FullSizeRender
IMG_0090IMG_0092



で、飲んだあとは昨晩空港泊であんま寝れてない上に今日も空港泊なので、軽く散歩して早めに空港戻ろうと思ってたんだけど、、、

飲んだあとってことで無性にラーメン食べたくなりまして笑

サクッと検索して『NIPPONKAN』という和食居酒屋へ。
すげぇこの店日本の居酒屋で出るものから定食屋で出るもの、それから日本人が好きでよく食べる中華等々、寿司刺身からカツ丼ラーメンチャーハン、抹茶アイスまでが勢揃いしてる!!
閉店間際に行ったんだけどお客さんは日本人だけ。
写真見ても明らかに美味そう。
これは期待できる。
しかも海外の和食はお値段が高いイメージがあるけどまったくそんなこともなく、確かに日本で食べるより高いものはあるが、そもそもの物価が安いポーランド、日本食なのに日本と同等くらいのお値段設定。

残念ながらお腹はいっぱいでシメのラーメンを食べに来ただけなので、残念ながら味見は出来なかったが、和食ブームのワルシャワでハズレの和食も少なくない中、写真と日本人のお客さんの量でここが間違いないお店だというのがわかる。

で、話は戻して『醤油らーめん』

FullSizeRender


いやー、美味い。
ちゃんと日本的なラーメンで、久しぶりにラーメン欲が満たされました。

で、お会計を済ますとお隣のテーブルのおじさまに話しかけて頂きしばし談笑。
そしたら、なんとこの店のオーナーさんでした!!!!

なかなかにお話をしていたらビールをご馳走して頂いちゃいました。
しかもヨーロッパではまず見ない、ジョッキをキンキンに冷やしてあるやつ!!
この細部まで日本式にこだわっているあたり、さすがでございます。

IMG_0094

ちょっとした共通点も多く、海外でのいろんな刺激的なお話を聞かせて頂き、大変有意義な時間でございました。
ありがとうございました!!


DSC_1460

こうしてワルシャワ1日滞在は終わり、ワルシャワ・ショパン空港で一夜を明かし、今から次の目的地へ移動します。





ijan0257 at 14:22|Permalink ふっとぼーるじゃん?! | りょこうとかえんせい。

June 13, 2018

対巴拉圭。

DSC_1426DSC_1427
DSC_1423DSC_1422


W杯前最後の親善試合、パラグアイ戦でございました。

とりあえず西野JAPAN初ゴールが生まれ初勝利が生まれましたおめでとうございます。

「本番で勝たなくちゃ意味がない」って吐き捨てるのも簡単ですが、本番で勝つために1度ここで勝っておくというのは重要なことだったと思うので、まずは良かったんじゃないかなと思います。

先日のスイス戦で主力組と目されるチームが0-2で破れて、サブ組と目されるチームが今日4-2で勝利。
まぁスイスとパラグアイのチーム力・仕上がりの差は歴然だったけど、コロンビア戦に向けて選手選考は悩むところですね。

もちろん相手があってのサッカーで、ましてや日本のようにチャレンジャーの立場であるならば、なおさら自分達のやりたいサッカーだけを押し通しても力負けしてしまうわけで、
まずは相手の良いところを消すことが大前提になるのでね、今日結果出したからって本戦使えるかとなるとそう簡単な話でもないよな。
ましてやまだ相手は日本がどんなサッカーをやるチームなのかこの直前の監督交代で把握出来てないと思う。
だからこそ試合中に戦術やプランを変更して来る可能性がある。
逆に日本は相手のスカウティングが出来ていたとしたら、試合途中に変化させてくる相手に対応する柔軟性も必要になってくる。
単に結果を出した選手を使い、自分達のサッカーで行けばいいというほど横綱相撲が取れるようなチーム力でもなければ、世界のトップクラスで通用する個の力がほとんどの選手に備わってるわけでもない。


でも1つ言えるのは、チーム作りにおける時間がない中で、現在同じチームだったり元同じチームでやってましたセットっていうのは攻守において有効的ですね。
逆に岡崎さんと長くやってる選手が多くないので、彼の動き出しを見てくれてる選手、動き出すタイミングで出せる選手がいなかったよなーと。
このままだと彼の良さは前からのディフェンスのみになっちまう。
あと1週間で周りに理解してもらいたいねーと同時に、数少ない決定機、現状出場時間も機会も限られると思うので1回のシュートチャンスでも確実に、というか必ず決めるくらいの想いと覚悟で"岡崎らしく"ゴールを狙ってほしい。


さぁ来週には日本の初戦を迎えるわけです。
完成度が低いのは当たり前、下馬評が低いのも当たり前、でもだからこそ燃えるくらいな気持ちで選手達には戦ってほしいし、どんなに協会がゴタゴタしてようが負けていいことなんてないから。
人生懸けて目の前の一戦を戦ってほしいです。

てかもう2日後にはW杯開幕か!
ついに!!!!
実感わかねぇ〜



そうそう。
試合前に去年の京都ユースの10番で、今年から今日の試合会場であるインスブルックのトップチームでプレーしている財前くんがお土産チョコレート持って挨拶に来てくれました!ありがとー!!!!

DSC_1428

東京五輪に海外組としてプレーするのを楽しみにしてます。
直近だとU-19のインドネシアが目標かな?シーズン中になるけど。
まだ若いしホームシックとかあるかもだけど、心身逞しく成長して将来のA代表も期待してます応援してます!



さて、そんなこんなで私は日本戦前日の18日までロシアに入らず旅しながらロシア入りします。

では、アウフヴィーダーゼン!!


ijan0257 at 06:40|Permalink ふっとぼーるじゃん?! 

June 12, 2018

前日練習。



今日は明日の試合会場チボリシュタディオンで前日練習でござんした!

例のによって冒頭15分のみの公開。

IMG_0031IMG_0032


まぁ最初の15分しか見てないしそのあと選手達と話ししたわけでもないのでなんもわかりませんw

楽しい試合になるといいなーって感じです。
渡欧して明日で5日目、やっとサッカーの試合が観れます。笑


さすがに今日からいろんなメディアの方や元選手の方々がいらしてて、いよいよだなって感じです。
我らがノボリさんも来てましたよー!

そして、我らが世界のキャプテン翼。
朝から幕の掲示お手伝いさせてもらいました。

IMG_0030
DSC_1403DSC_1404


練習後は宿で昼寝してディナーへ。
1軒目。

IMG_0033IMG_0034
IMG_0035

ローストビーフとツナのブルスケッタにスズキと野菜のなんちゃらかんちゃら

2軒目
IMG_0040DSC_1413
_20180612_084348_20180612_084303
DSC_1412DSC_1419


ごちそうさまでしたm(__)m


ijan0257 at 15:45|Permalink ふっとぼーるじゃん?! | のみくいっぽい

June 11, 2018

とれーにんぐ 欧州生活4日目。



本日は朝起きて昨日行ってない方面のゼーフェルトの街を散策して

DSC_1362DSC_1363
DSC_1364DSC_1365


昼に今日こっちに着いた正也と合流してランチ。
この旅で初めて有料の飯食ったw

DSC_1368

オーストリア名物のビーナーシュニッツェル(オーストリア風カツレツ)と南ドイツやチロル地方のチーズシュペッツレ(チーズぶっかけパスタみたいの)を頂きました。

DSC_1369DSC_1370
DSC_1371


で、練習へ。

DSC_1376DSC_1377


冒頭15分だけの公開でした。

スイス戦に長く出た組は早めの上がり、出てない組はプラス45分くらいやってたかな?
スイス戦出た組は昨日オフで、今日も軽めで、、、負荷落とすの早すぎない?ましてやパラグアイ戦ではメンバー変えるんでしょ??なんてことは思いましたが、今はそれがベストなんだと信じます。
なんてったって、俺、素人だし?!
早めに上がっただけでめっちゃしんどい練習やってただけかもだしね??

DSC_1384

最初の15分と練習場から上がる姿とかしか見てないけど、表情や雰囲気はいい感じだったと思う。
特に年長者組は結構いろいろ気を使ってるのかな?なんて。

今日1番話題をさらっていった長友くん。
金髪がめっちゃ輝いてた。笑
なぜ金髪にしたかはわからないけど、
金髪にしたからには、
なのか、
だから金髪にしたのか、
は、わからないけど、今日1番の話題になるこの話題性というか、そこの狙いというか、バス入りのときもメディア対応のところでも、あえて目立つように振る舞って、ネガティブな話題を吹き飛ばそうというか、こーゆー話題を作ろうというか、なんかそーゆー狙いみたいのを感じた気がしました。
それが自然に出来てるのかもしれないし、なんも考えてない、俺の考えすぎなだけかもだけど、そんなことを思ったりしたなー。

で、あらためて。
俺が応援人としていろいろ学ばせてもらった北京五輪代表チーム。
やっぱあのチームにいた選手達好きだなーと。

DSC_1381DSC_1382DSC_1383

そして、彼。
ここ数年代表戦で特別点獲ったときくらいしかこのBlogでは触れてこなかったけど、メンバーに入ったとはいえ、選手としてもチームとしてもいい感じに逆境ですからね、
いや、いい感じに逆境とか言ってられないくらい逆境だね、
ん?そしたらただのいい感じでもない逆境か笑
でもね、そういう境遇だからこそ、期待しかしてないっす!!!!
ゲットゴール!!!!!

DSC_1385

そんな具合で明日は非公開、明後日パラグアイ戦です。


練習後は丸1日過ごしたゼーフェルトをおさらばしてパラグアイ戦のあるインスブルックへ、、、
と、思ったが、ド田舎なもんで1時間半以上電車が来ない、、、
30分くらいの距離なのに、、、
と、いうことで(笑)

久しぶりにヒッチハイク決行!!!!

DSC_1389

と、思ったらものの2分で拾ってもらえた笑
あっさり過ぎる。笑

DSC_1390

しかも拾ってくださったのは日本とオーストリアのハーフの方で日本語ぺらぺら。
いろんなこと教えてもらいました。

てわけで、標高1180mのゼーフェルトから車で30分、ひたすら下ってきて標高574m、インスブルックにやってきました。

30分くらい?山を下っただけでインスブルックはゼーフェルトと違って全然都会でした。
逆に駅前は黒人やイスラム系、浮浪者などもいて治安は良くなさそうでしたね。
でも旧市街の街並みはヨーロッパらしく綺麗でしたね。

IMG_0021IMG_0022
IMG_0023


晩飯は車乗っけてくれた人がお勧めしてくれたお洒落カフェバーへ。

IMG_0026

飯は数種類のタコスとブリトーをチョイスできるメキシカン。
俺はチキンブリトーボール全部乗せみたいのと、ビール2種をチョイス。

IMG_0025IMG_0027

うんまい。そしてボリューミー。
普段1日1食しか食べない生活の俺には2食目でこれはヘビーだったぜよ。
しかし旨かったので完食。

そんなこんなで海外生活4日目が終わりました。



ijan0257 at 15:59|Permalink ふっとぼーるじゃん?! | りょこうとかえんせい。
記事検索
月別アーカイヴ
記事検索
コメントあざーーっす!!