Back of handbill

他愛も無い事を落書きと共に日記としてお送りいたします。

2016年08月

ラプティアス

150807az
160723az
160728az
160806az


今でも最前列に飾ってあるラプティアス。さすがにもう手だけ黄ばんできてイーダの手みたいな色(レイトンブルー?)になっている。

FAG迅雷

160630az
160703az
160704az

フレームアームズ・ガールの迅雷(じんらい)。FAG轟雷をベースにFAGマテリアのよく動く股関節、接地性の良いFAGアーキテクトの足など良いとこ取りしたような印象。公式から包丁手にした病みキャラみたいなキャラ付けがされていますが、敢えてそこには触れずに普通に可愛く描いておく。

FAGアーキテクト

160501az
160505az
160506az
160602az

フレームアームズ・ガールのアーキテクト。FAG轟雷やFAGスティレットじゃ着ぶくれ過ぎるしマテリアは素体すぎる、そこで程々なFAGアーキテクト。ただし他とつり合いをとるためか武器パーツがゴッツイので中間的なのが良いという人には「武器いらない・・・」と感じてしまうかも。

FAGマテリア

160323az
160328az
160403az
160404az
160506bz
160601az
160805bz


フレームアームズ・ガールのマテリア。こんなエッチなプラモデルがあるか!
武装が無くてほぼ素体状態なので自由度が高く、メカ分も多少残されているので描きやすい。

FAGスティレット

160324az
160330az
160405az
160604az


フレームアームズ・ガールのスティレット。成型色が何だか水色で絵と全然違うものだから全塗装したらあまり動かして遊べなくなったりもする。

FAG轟雷

160329az
160331az
160407az
160604bz


FAG轟雷。言わずと知れたコトブキヤのプラモデルシリーズであるフレームアームズの亜種として発生したフレームアームズ・ガールの最初の製品。現時点で発売から1年以上経っていて飛ぶように売れているので認知度も割とあるハズなのですが、アンテナ低い奴にとっては「何それ新しい武装神姫?」でしかない様子。

一長一短

160517az
160520az
160804az
160804bz


塗りに関してはもう10年くらい上2つのような、いわゆる「アニメ塗り」をしてきているのですが、8月前半にちょっと思い出したように下2つのような塗りをやってみました。こういう塗りは実はアニメ塗りになる前にやっていた塗りなのですが、融通が利くし表現としては詳細にやれる一方で、どうにも絵がボンヤリとしてシャキッとしない感があります。
アニメ塗りは簡単なように見えて奥が深く、上手に見せるにはかなりの修練が必要。10年やってもまだその更に十数年前に見て憧れた「とある方」のセル塗りにはまだ全く遠く及びません。

そして1年が経った。

160510az


160511az


160512bz


160607az


160608bz


ふと日々描いている行為に疑問を抱くようになり、他の趣味に専念したかったのもあったので去年の8月末辺りから半年ほど断筆していました。その間自由時間を主にプラモ組んだり電動ガンいじったりして過ごし、「描かなきゃ!」という強制力から解放されて他の趣味もそれなりに捗ったりもしました。
しかし半年ほど過ぎた今年の3月頃にあるところから同人誌のゲスト参加の依頼が来たのですが、断筆中な事もあり断ったところ描かない理由を精神的なものだと決めつけられてしまいカチンときたのでぽつぽつとまた描くようになって半年が経ちました。
画像は実質ウチのトイガン自慢シリーズ。


記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ