ドクターナゴーの「EBM Diary」

  • ブログの紹介
    「求められることに対してお役に立てることが医師としてのやりがい」をモットーに、Evidence-based medicineのあれこれなどを綴っていきます。 2011年6月に東京・西国分寺で開業。開業してから今まさに進行していることも紹介できればと考えています。
  • 著者プロフィール
    名郷直樹(なごう なおき) 1961年名古屋生まれ。86年自治医科大学卒。95年、作手村国保診療所所長、2003年地域医療振興協会地域医療研究所地域医療研修センター長、東京北社会保険病院臨床研修センター長を経て、11年武蔵国分寺公園クリニックを開院。著書に『EBM実践ワークブック よりよい治療をめざして』、『人は死ぬ それでも医師にできること』、『治療をためらうあなたは案外正しい』など。

2014年06月

失言、暴言の類を言うなとは言わないで




「結婚しろ」なんて野次で大変なことになったのをきっかけに考えたこと。


結論はすでに明確。
私は、失言、暴言のない世の中よりも、失言、暴言を言うことが許される世の中に生きたい

失言そのものよりも、それに対するバッシングのほうが怖い。
もちろん失言、暴言も少なくなるといいが、そうだとすれば、あのような極端なバッシングも少なくなるといいと思う。



考えるくらいなら何を考えてもいいと思う。
これに対しては多くの人に賛成してもらえるだろうか。

言うくらいなら何を言ってもいいと思う。
こうなるとほとんど無理だろうか。
今回の事件を見ていると無理なようだ。

やるくらいなら何をやってもいいと思う。
これは私も無理だ。



気の利いた野次とか皮肉は、世の中で最も素晴らしいものの一つに数えられると思う
今回の事件だって、議会討論の内容自体には誰も触れないくせに、野次のことばかり取り上げているじゃないか。
それは、興味があるかないかで言えば、みんな議会討論などには全く興味がなく、野次に興味があるということだろう。討論・答弁はすばらしくなりようがないが、野次はすばらしいものにもなりうる。


だから、野次がなくなるようなことだけは避けてほしい。
野次は文化だ、と誰かも言っていたし。


『しない生活』小池龍之介(幻冬舎新書)



タイトルに惹かれて買ってみた。

著者の名前はなんとなくギラギラした感じがする。書名と著者にギャップがある。
そんなこともちょっと気になった。

読んでみると、どのページもすんなり入ってくる。
その通りだなあ、と思う。
その反面、引っかかるところがなさ過ぎて、わざわざ読まなくてもいい本という気もする。



でも、あらためて気づくこともある。
そのうちの一つ。
 
「人とつながりすぎると、『快感過多』で不幸になる」



医療でも、多職種連携なんてのが大きな話題になるが、よくよく考えたほうがいい気がする。そこにあるのは単に連携側の「快感過多」に過ぎないのではないか。

私自身もかつて多職種を集めて「EBMワークショップ」を毎年開催していたのだが、なんだか続けることができなくなって、やめてしまった。
 
そのやめてしまった背景を改めて振り返ると、まさに私自身が、「人とつながりすぎると、『快感過多』で不幸になる」という状態であったような気がする。

参加者の快感のためのワークショップ。
そんなのどうしようもない。そんなのは自己啓発セミナーにでも任せておけばいい。



つながらない、というのは今の自分にピッタリくる。
自らの快感のための多職種連携など、くそくらえである。
連携ではなく、孤独こそが必要ではないか。



医療介護を受ける側は孤独である。

その孤独に向き合うために必要なのは、
連携ではなく、医療者側が自身の孤独と向き合うことではないか。