【偉人録】郷土の偉人

郷土の偉人の志を引き継ごう!偉人の故郷、ゆかりの地の紹介。生誕地、記念館、史蹟、墓所、関連HP、関連書籍、ニュースの紹介。【郷土の偉人研究会】 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

<秋月悌次郎>幕末の会津藩士しのび詩吟(河北新報・2017/5/2) 幕末の会津藩重臣、秋月悌次郎(1824〜1900年)が戊辰戦争後に藩の行く末を思って漢詩を詠んだ福島県会津坂下町の束松(たばねまつ)峠で4月29日、悌次郎をしのぶイベントがあった。 悌次郎は戊辰 …
続きを読む

麻生太吉(あそう・たきち)・福岡の偉人 筑前国嘉麻郡栢ノ森村(福岡県飯塚市柏の森)生まれ。 安政4年(1857)7月7日-昭和8年(1933)12月8日 77歳 明治大正時代の炭鉱業者。 安川敬一郎、貝島太助と筑豊御三家とよばれた。 第92代内閣総理大臣麻生太郎の曽祖父。 麻 …
続きを読む

「藤原啓記念館」リニューアル(山陽新聞・2017/4/28) 備前焼の人間国宝(重要無形文化財保持者)藤原啓氏(1983年没)を顕彰する「藤原啓記念館」(備前市穂浪)が28日までにリニューアルオープンした。  77年開館の同館は、啓氏や長男で人間国宝の雄氏(2001 …
続きを読む

麻生磯次(あそう・いそじ)・千葉の偉人 千葉県武射郡睦岡村戸田(千葉県山武市)生まれ 明治29年(1896)7月21日-昭和54年(1979)9月9日 83歳 昭和時代の国文学者、教育家。 明治29年(1896)7月21日、千葉県武射郡睦岡村戸田(山武郡山武市)の豪農の家に生ま …
続きを読む

斎藤實絶筆 保管へ 紫波町が寄託 記念館、限定公開検討(岩手日日新聞社・2017/4/29) 内閣総理大臣などを務めた奥州市出身の斎藤實が揮毫(きごう)した書が28日、所有する紫波町から同市の斎藤實記念館に管理を寄託された。 この書は斎藤が二・二六事件で倒れる前日の1 …
続きを読む

高知城歴博 山内容堂の本当の姿 教養や夢−30点展示 /高知(毎日新聞・2017/4/23) 土佐藩十五代藩主の山内豊信(容堂、1827〜72)の実像に迫る特別展「幕末・維新の言葉 山内容堂の主張」が県立高知城歴史博物館(高知市追手筋2)で22日、スタートし、初日 …
続きを読む

伊豆の碑巡り 68/顕彰碑編 8=梅原寛重寿碑(伊豆の国市) 農書多く出版全国で講演(伊豆新聞・2017/4/23) 明治時代後期に、農書などにより農学を研究し、これに自らの農業体験を加えて高い農業技術を身に付けた農業指導者や研究者を「老農」と呼んだ。伊豆半島で著 …
続きを読む

安島帯刀(あじま・たてわき)・茨城の偉人 文化8年(1811年) - 安政6年8月27日 49歳 江戸時代後期の常陸国水戸藩士。 諱ははじめ忠誨、のり信立、字は思誠、通称は弥次郎、峨興と号した。 文化8年(1811)水戸藩士戸田三右衛門忠之の次男として生まれ、母の生家安島 …
続きを読む

高井鴻山と北斎の交流紹介 小布施の記念館再オープン(信毎web・2017/4/21) 江戸から明治にかけて活躍した上高井郡小布施町の豪農商、高井鴻山(こうざん)の書斎などを保存している高井鴻山記念館が耐震改修を終え、21日、リニューアルオープンする。 これを記念して同日 …
続きを読む

「河内国府遺跡発掘100周年」展 考古学草創期の息吹伝え 先史日本人の姿まざまざと(毎日新聞・2017/4/19) 大正時代、「日本考古学の父」と言われる京都帝国大学教授、浜田耕作や毎日新聞社社長、本山彦一らが発掘した国史跡、国府(こう)遺跡(大阪府藤井寺市)の1 …
続きを読む

「高杉晋作の生きた時代に触れて」 没後150年、下関で「焦心録」 /山口(毎日新聞・2017/4/19) 高杉晋作(1839〜67)の没後150年を記念して下関市立歴史博物館と市立東行記念館による記念企画展「焦心録(しょうしんろく)」が開かれている。 焦心録は64 …
続きを読む

堀直虎企画展 没後150年 須坂・田中本家博物館 /長野(毎日新聞・2017/4/19) 第十三代須坂藩主の堀直虎の没後150年を記念した「『直虎』須坂の殿様と田中本家」が須坂市穀町の田中本家博物館で行われている。 同企画展では、江戸時代創業の豪商、田中家に残された …
続きを読む

知里幸恵像、表情豊かに 日展会員・能島さん、登別「記念館」に日本画寄贈 /北海道(毎日新聞・2017/4/19) 登別市の「知里幸恵(ちりゆきえ)銀のしずく記念館」に、日展会員で横浜市在住の能島和明さん(73)が日本画「知里幸恵像(アイヌ神謡集)」を寄贈した。 能島 …
続きを読む

「中野邸記念館」に改称、20日開館 新潟秋葉区 調度品など展示(新潟日報・2017/4/18) 国内屈指の石油王中野貫一、忠太郎親子が明治時代後期に造った邸宅と庭園を今に伝える中野邸美術館(新潟市秋葉区)が「中野邸記念館」に改称し、20日に新装オープンする。 中野家 …
続きを読む

松陰を描いた絵師・松洞紹介(読売新聞・2017/4/18) 吉田松陰の肖像画を描いた幕末の絵師、松浦松洞(しょうどう)(1837〜62年)の作品や手紙を紹介する企画展が18日から、山口市の県立山口博物館で始まる。 松洞は松下村塾の門下生の1人。その人生はほとんど知ら …
続きを読む

芦田恵之助(あしだ・えのすけ)・兵庫の偉人 兵庫県氷上郡竹田村樽井(兵庫県丹波市)生まれ。 明治6年(1873)1月8日-昭和26年(1951)12月9日 78歳 明治から昭和にかけての国語教育の改革につとめた教壇実践家。 明治6年(1873)1月8日兵庫県氷上郡竹田村(市島村) …
続きを読む

企画展 藤堂藩、幕末の足跡 「天誅組の変」史料など文書、パネルを公開 名張市郷土資料館 /三重(毎日新聞・2017/4/17) 今年で大政奉還から150年になるのに合わせ、企画展「名張藤堂家史料から見る幕末の藤堂藩」が名張市安部田の市郷土資料館で開かれている。 名張 …
続きを読む

札幌で島義勇顕彰祭 山口知事ら県関係40人も参列 北海道神宮(佐賀新聞・2017/4/17) 佐賀出身で明治政府樹立直後、北海道開拓に貢献した島義勇(よしたけ)(1822〜1874年)をたたえる顕彰祭が16日、島が創建に関わった札幌市の北海道神宮で開かれた。 山口 …
続きを読む

品川ゆかり 幕末、明治の偉人 区がリーフレットで紹介(東京新聞) 坂本龍馬ら幕末、明治維新期に活躍した人物の足跡を紹介するリーフレット「品川ゆかりの幕末・明治の偉人たち」を品川区が作製し、観光客らの人気になっている。 A4判カラー3枚つづり。12人の人物像 …
続きを読む

シラスの西郷像 出水市の造形作家が制作(毎日新聞社・2017/5/9) 鹿児島県出水市の出水麓武家屋敷群にある「中井勝郎美術・古文書館」に、シラス(火山灰)で作った高さ1・8メートルの西郷隆盛の像が登場した。 明治維新150年を迎える来年、NHK大河ドラマ「西郷( …
続きを読む

山川登美子記念館 命日のきょう観覧無料に 写真と短歌で生涯回顧 小浜 /福井(毎日新聞・2017/4/15) 明治時代に活躍した小浜市出身の歌人、山川登美子ゆかりの品などを展示している山川登美子記念館(小浜市千種1)が今年から毎年、登美子の命日(4月15日)に観覧 …
続きを読む

朝比奈泰彦(あさひな・やすひこ)・東京の偉人 東京本所区林町(墨田区本所)生まれ。 明治14年(1881)4月16日(実は12日)−昭和50年(1975)6月30日没。94歳。 明治から昭和時代にかけての薬学者。 明治14年(1881)4月16日(実は12日)、東京本所区林町(墨田区本 …
続きを読む

高杉晋作 没後150年 “維新の礎”偉業しのぶ 下関・東行忌、200人参列 /山口(毎日新聞・2017/4/15) 幕末の志士、高杉晋作(1839〜67)の没後150年の命日となる14日、晋作の菩提(ぼだい)寺の東行庵(下関市吉田)で恒例の「東行忌」が営まれ、関係 …
続きを読む

朝吹英二(あさぶき・えいじ)・大分の偉人 豊前国下毛郡宮園村(大分県中津市耶馬溪町大字宮園)生まれ。 嘉永2年(1849)2月18日-大正7年(1918)1月31日 70歳 明治時代の実業家。 嘉永2年(1849)2月18日、豊前国下毛郡下郷村宮園に、朝吹泰造の次男として生まれる …
続きを読む

大田原開墾の鈴木重郷の功績と歴史後世に 顕彰碑に子孫が解説板(産経新聞・2017/4/13) 大田原市河原で、江戸時代初期に荒れ地を開墾して両郷河原村を開いた鈴木重郷(しげさと)の功績を伝える顕彰碑が建てられて100年になるのを記念し、重郷の子孫が今月、解説板を設 …
続きを読む

良寛の書 新たに発見 出雲崎・記念館で企画展(新潟日報・2017/4/13) 出雲崎町の良寛記念館で春の企画展が開かれている。展示された書など約50点のうち、2点は新たに見つかった。 中でも1点には書いた年が記されており、良寛の作品の制作年が特定されるのは非常に珍し …
続きを読む

朝比奈宗源(あさひな・そうげん)・静岡の偉人 静岡県庵原郡両河内村和田島(静岡県静岡市清水区)生まれ。 明治24年(1891)1月9日−昭和54年(1979)8月25日 88歳 昭和時代の臨済宗円覚寺派管長。号は別峯、軒号は平等軒。 明治24年(1891)1月9日、静岡県庵原郡両 …
続きを読む

新発見の中岡慎太郎書状を高知県内初公開 龍馬の手紙含め6通(高知新聞・2017/4/30) 幕末の志士、中岡慎太郎の新発見の書状など6通を高知県内で初公開する企画展「中岡慎太郎『倒幕』の決意」が4月29日、出身地である高知県安芸郡北川村の中岡慎太郎館で始まった。 新 …
続きを読む

斎藤畸庵の屏風を民家で発見 山水図の大作、養父市に寄贈(産経新聞・2017/4/13) 豊岡市城崎町出身で幕末から明治時代初めに活躍した日本画家、斎藤畸庵(1805〜1883年)が描いた大作「山水図屏風」が養父市内の民家で見つかり、同市教委は12日、寄贈を受けたこと …
続きを読む

偉人を学び、地域を知る 上溝に生誕 侍医「伊東方成」(タウンニュース・2017/4/13) 幕末に現在の上溝に生まれ、その後明治天皇付きの医師(侍医)として活躍した偉人・伊東方成について、地域における認知度向上を図ろうと、地元の郷土史愛好家らを中心に様々な企画が進め …
続きを読む

豊田勝秋の特別展開幕 久留米出身「近代工芸の先駆者」 九州芸文館 [福岡県](西日本新聞・2017/4/12) 久留米市出身の金属工芸家、豊田勝秋(1897〜1972)の足跡をたどる特別展「近代工芸の先駆者 豊田勝秋・その門人展」が11日、筑後市津島の九州芸文館で始ま …
続きを読む

浅野長勲(あさの・ながこと)・広島の偉人 明治時代前期の安芸国広島藩主。 天保13年(1842)7月23日-昭和12年(1937)2月1日 96歳 明治時代前期の安芸国広島藩主。一族である懋昭の長男。初名は長興、通称は喜代槌・為五郎。 天保13年(1842)7月23日に生まれ、安政3 …
続きを読む

土井利位の業績紹介 古河歴史博物館 雪の殿さま、結晶図案化(茨城新聞・2017/4/17) 江戸時代に日本で初めて雪の結晶を顕微鏡観察し学問的な記録として残した、旧古河藩主、土井利位(としつら)の業績を紹介する企画展「雪の殿さま 土井利位」が、古河市中央町3丁目の古河 …
続きを読む

伊豆の碑巡り 66/顕彰碑編 6=鈴木伊三郎胸像(西伊豆町) 露の造船、航海技術学ぶ(伊豆新聞・2017/4/11) 鈴木伊三郎(1820〜90年)は、1820(文政3)年5月、宇久須村(現西伊豆町)に生まれた。 生家が海運業を営んでいたことから、ペリー来航後、江戸 …
続きを読む

熊楠記念館を訪問 孫文の関係者(紀伊民報・2017/4/8) 中国の革命家・孫文に関する事業に取り組む台湾の財団法人の一行が6日、和歌山県白浜町の南方熊楠記念館を訪問。 孫文と熊楠が交流していたことを示す手帳や写真、パナマ帽などを見て回った。 記念館を訪れたのは、 …
続きを読む

浅野研真(あさの・けんしん)・愛知の偉人 愛知県中島郡祖父江町(愛知県稲沢市)生まれ。 明治31年(1898)7月25日-昭和14年(1939)7月10日 42歳 昭和時代前期の宗教社会学者、評論家。 明治31年(1898)7月25日、愛知県中島郡祖父江町の真宗大谷派の寺院に生まれ、 …
続きを読む

「いぬはりこ」の絵発見 28日オープン 記念館に展示へ(大分合同新聞・2017/4/15) 玖珠町の偉人で口演童話家の久留島武彦(1874〜1960)が120年前に描いた「いぬはりこ」の絵が見つかった。 久留島武彦記念館(同町森)の金成妍(キムソンヨン)館長(38) …
続きを読む

良寛 逸品、新たに4点 「野積み」制作年代わかり史料的に貴重 生誕地の記念館で6月まで順次展示 /新潟(毎日新聞・2017/4/8) 長岡などで発見 江戸時代の僧侶で歌人の良寛(1758〜1831年)の新たな作品が4点見つかり、生誕地で知られる出雲崎町の良寛記念館 …
続きを読む

高杉晋作 没後150年 日記、書簡で実像に迫る 萩博物館で特別展 /山口(毎日新聞・2017/4/15) 萩博物館(萩市堀内)で14日、高杉晋作没後150年記念の特別展「高杉晋作の決意−明治維新への助走」が始まった。 幕末の動乱期を駆け抜けた晋作の実像に日記や書簡を …
続きを読む

朔太郎記念館オープン 中心市街地、観光誘客狙う(東京新聞・2017/4/8) 前橋市出身の詩人萩原朔太郎(1886〜1942年)の生家の一部が敷島公園内(敷島町)から広瀬川沿い(城東町)に移築され、8日から一般公開が約半年ぶりに再開する。 入場無料。新たな試みとして …
続きを読む

浅田信興(あさだ・のぶおき)・埼玉の偉人 武蔵川越藩(埼玉県川越市)生まれ。 嘉永4年(1851)10月12日-昭和2年(1927)4月27日 77歳 明治・大正時代の陸軍軍人。 嘉永4年(1851)10月12日武蔵川越藩に生まれた。 明治5年(1872)陸軍少尉に任ぜられ以来累進し、そ …
続きを読む

芭蕉翁記念館 俳諧一筋の生涯たどる 句や俳文、書簡など70点 伊賀 /三重(毎日新聞・2017/4/24) 「古池や…」掛け軸の実物も 伊賀市上野丸之内の芭蕉翁記念館が、伊賀出身の松尾芭蕉(1644〜94年)の人生を8期に分け、句や俳文など約70点を展示する「芭蕉 …
続きを読む

肖像画で見る郷土の星 県教育記念館で展示会(中日新聞・2017/4/6) 明治から昭和にかけて活躍した県出身者を紹介する特別展「肖像画に見る郷土の先賢」が五日、富山市千歳町の県教育記念館で始まった。五月二十八日まで。 肖像画は一九八三年の置県百年を記念し、全日本肖 …
続きを読む

龍馬の姉の帯を初公開 高知の記念館(日本経済新聞・2017/4/6) 坂本龍馬の姉、乙女が着用していた帯が、高知市立龍馬の生まれたまち記念館で公開されている。5月18日まで。 同館の山本保事務長は「坂本家や乙女の当時の生活ぶりがうかがえる大変貴重な史料」と話している …
続きを読む

安居院庄七(あぐい・しょうしち)・神奈川/静岡の偉人 相模国大住郡蓑毛村(現・神奈川県秦野市蓑毛)に住む大山阿夫利神社の修験者をしていた朝田家の次男として生まれる。 寛政元年(1789)1月-文久3年(1863)8月13日 75歳 江戸時代後期の報徳社運動の指導者。通称庄 …
続きを読む

開館10周年の旧高取邸ガイドの田中さんに聞く 炭鉱王のこだわり伝える [佐賀県](西日本新聞・2017/4/6) 明治・大正期の「肥前の炭鉱王」として知られる高取伊好(これよし)(1850〜1927)の旧宅「旧高取邸」(唐津市北城内)が今月、開館10周年を迎えた。 年 …
続きを読む

暁烏敏(あけがらす・はや)・石川の偉人 石川県石川郡出城村北安田(白山市)生まれ。 明治10年(1877)7月12日-昭和29年8月27日 77歳 明治から昭和時代にかけての仏教思想家。仏教伝道者。幼名も敏。 明治10年(1877)7月12日、石川県石川郡出城村北安田(白山市)真宗大 …
続きを読む

造船の父・肥田浜五郎紹介 案内人会が講話―伊東(伊豆新聞・2017/4/6) ■「時代に求められた人」 伊東自然歴史案内人会・伊東東郷記念館部会はこのほど、伊東市渚町の同館でミニ講話を開いた。 幕末から明治にかけて活躍し「日本の造船の父」ともいわれる同市八幡野出身の …
続きを読む

秋山定輔(あきやま・ていすけ)・岡山の偉人 岡山県倉敷市生まれ。 慶応4年(1868)7月7日-昭和25年(1950)1月19日 81歳 明治時代のジャーナリスト。反権力大衆新聞『二六新報』の刊行主。 明治元年(1868)7月7日、倉敷の商人秋山儀四郎の長男に生まれる。 明治23年 …
続きを読む