【偉人録】郷土の偉人

郷土の偉人の志を引き継ごう!偉人の故郷、ゆかりの地の紹介。生誕地、記念館、史蹟、墓所、関連HP、関連書籍、ニュースの紹介。【郷土の偉人研究会】 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

長崎留学時代に焦点 高野長英記念館で企画展(岩手日日新聞社・2016/11/16) 奥州市水沢区中上野町の高野長英記念館(及川文男館長)は、秋の企画展「長英と長崎」を開いている。 長崎留学時代に焦点を当て、手紙や論文、門人仲間の日記など関連資料14点を紹介。蘭学者・ …
続きを読む

東大阪・宮本順三記念館で地域発展テーマのシンポジウム 文化のハブ目指す(東大阪経済新聞・2016/11/16) 近鉄奈良線・八戸ノ里駅前の「宮本順三記念館 豆玩舎ZUNZO(おまけやズンゾ)」(東大阪市下小阪5)で11月20日、「大阪・東大阪の歴史と文化・経済を語る シンポ …
続きを読む

長野・井口喜源治記念館を訪ねて 明治時代に生きた真の教育者(Christian Today ・2016/11/15) アルプス山脈を望む長野県安曇野市。少し雪化粧をした連山と澄んだ空気は、冬の訪れを感じさせながらも、心に温かな風を運んでくれる。 この地の一角に、井口喜源治(きげん …
続きを読む

「知的障害者福祉の父」創設70年 障害者こそ世の光 理解と尊重、記念Tシャツで訴え(毎日新聞・2016/11/14) 「日本の知的障害者福祉の父」と呼ばれる糸賀一雄氏(1914〜68年)が創設した知的障害児入所施設「滋賀県立近江学園」(同県湖南市)が15日、創立7 …
続きを読む

幕末の福井藩士・橋本左内の生涯を漫画化 藤島高OBら(毎日新聞・2016/11/13) 幕末の福井藩士・橋本左内(一八三四〜五九年)の生涯を描く漫画が藤島高校(福井市)の卒業生らでつくる「明新会」の活動によって完成した。 左内は、藤島高の前身である福井藩校の教育改 …
続きを読む

「すみだ北斎美術館」22日に開館 地元官民、盛り上げに躍起 (日本経済新聞・2016/11/12) 江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎ゆかりの東京都墨田区に「すみだ北斎美術館」が開館する22日まで2週間を切り、地元で記念企画が目立ってきた。 北斎作品を再現する制作体験や展示会 …
続きを読む

「大平正芳記念館」が再出発 観音寺・琴禅公園内 地域振興の発信基地に (産経新聞・2016/11/12) いったん閉館した「大平正芳記念館」が、香川県観音寺市有明町の琴禅公園内の世界のコイン館2階に再び開館した。元首相の顕彰とともに、地域振興の発信基地として再出発 …
続きを読む

ヴォーリズ 公開の2館人気 アンドリュース記念館・ウォーターハウス記念館 ぬくもりある建築、来場者ら笑顔 /滋賀 (毎日新聞・2016/11/11) 近江八幡市を拠点に建築や教育などの分野で活躍した米国出身のウィリアム・メレル・ヴォーリズ(1880〜1964)設計の …
続きを読む

其一の絵 里帰り (YOMIURI ONLINE・2016/11/11) ◇「江戸琳派の旗手」展 ◇12日開幕 米収集家作品、目玉に 近年、注目を集める江戸時代後期の画家、鈴木其一(1796〜1858年)の生涯と画風の変遷をたどる「鈴木其一 江戸琳派の旗手」展(読売新聞社など主催 …
続きを読む

【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】安政江戸地震と天才絵師・国芳 幕府を風刺 (夕刊フジ・2016/11/11) 11月11日(新暦)は安政江戸地震(1855年)が起きた日だ。この地震は江戸の中心部に甚大な被害を生み、日本の内陸で起きた地震で最大の死者を出して …
続きを読む

日本近代洋画の先駆、浅井忠全作品集(毎日新聞・2016/11/10) 日本近代洋画の先駆者、浅井忠(ちゅう)(1856〜1907年)が残した作品の全容が見渡せる初のカタログレゾネ『浅井忠全作品集』(発行・東京美術倶楽部(くらぶ)、発売・求龍堂)が刊行された。 素描 …
続きを読む

竜門社130年記念事業 デジタル版『渋沢栄一伝記資料』を11月11日(金)にネット公開!―渋沢栄一と彼が生きた時代に新たな光を当てる(時事ドットコムニュース・2016/11/10) 公益財団法人渋沢栄一記念財団(所在地:東京都北区、理事長:渋沢雅英)は、2016年11月11日( …
続きを読む

「郷土美術の先駆者展」 岡谷美術考古館(長野日報・2016/11/10) 岡谷市の岡谷美術考古館は10日から、収蔵作品の一部を展示する「郷土美術の先駆者展」を開く。 同市美術会がカルチャーセンターで同日から開く50周年記念展に合わせ企画。初公開作品も含め23点を紹 …
続きを読む

子規支えたジャーナリスト・陸羯南の企画展 司馬遼太郎も高い関心(産経新聞・2016/11/09) 新聞「日本」を創刊した明治のジャーナリスト、陸羯南(くが・かつなん)(1857〜1907年)。 当時の言論界をリードし、俳人・正岡子規の生涯を支え続けた陸を、作家の司 …
続きを読む

大平氏偉業 より見やすく(YOMIURI ONLINE・2016/11/08) ◇観音寺に新記念館  昨年3月に閉館した旧和田村(現・観音寺市)出身の元首相、大平正芳氏(1910〜80年)の記念館が、観音寺市有明町の琴弾公園で再び開館した。 「新大平正芳記念館」として、旧記念館 …
続きを読む

平尾山荘に望東尼の顕彰碑 除幕式に市民団体や住民300人 [福岡県](西日本新聞・2016/11/07) 幕末の歌人、野村望東尼(ぼうとうに)(1806〜67)を顕彰する石碑の除幕式と150年忌祭が6日、福岡市中央区平尾の平尾山荘であり、地域住民ら約300人が参加し …
続きを読む

色彩から知る浮世絵の魅力 目黒区美術館(東京新聞・2016/11/06) 江戸時代の浮世絵などの色に注目した展覧会「色の博物誌−江戸の色材を視(み)る・読む」が目黒区の区美術館で開かれている。十二月十八日まで。 江戸時代、幕府が各藩に描かせたとされる「国絵図」を公 …
続きを読む

がん研究の先駆者、山極博士の功績が映画に 県内先行上映(中日新聞・2016/11/05) がん研究で先駆的な役割を果たし、日本人初のノーベル賞候補に推薦された上田市出身の山極勝三郎博士の生涯を描いた映画「うさぎ追いし 山極勝三郎物語」が完成し、五日から県内の映画館 …
続きを読む

文京・永青文庫で仙突ワールド展 仙突義梵の「ゆるカワ」絵画を紹介(文京経済新聞・2016/11/02) 文京区の永青文庫(文京区目白台1、TEL 03-3941-0850)で現在、企画展「仙突ワールド〜来て見て笑って!仙突さんのゆるカワ絵画〜」が開催されている。 江戸時代後期の禅 …
続きを読む

幕末の武士・伊庭八郎の「征西日記」は、元祖グルメ日記!?(niftyニュース・2016/11/01) 美味しいお店を探すとき、あてにするのは、やはり「口コミ」ではないでしょうか。特に舌がしっかりとしたグルメな人の評価は気になりますよね。 江戸時代にも、ひとりこっそりと、グ …
続きを読む

阪神梅田本店で「司馬遼太郎展」 記者時代の愛用ソファも公開(梅田経済新聞・2016/10/31) 阪神梅田本店(大阪市北区梅田1)8階で12月14日から、作家・司馬遼太郎さんの回顧展「没後20年 司馬遼太郎展 21世紀“未来の街角”で」が開催される。主催は産経新聞社、司馬遼太 …
続きを読む

新聞の父、ジョセフ・ヒコに光を /兵庫(毎日新聞・2016/10/31) 7年前、横浜開港から150年を記念してさまざまな催しが行われた。 私にも誘いがあり、かねてから温めていた構想を実行に移した。 開港時の横浜で本邦初のニューズペーパーを発行し、これを「新聞」と名 …
続きを読む

仙台藩儒者「芦東山」生誕320年 教え学ぶ(河北新報・2016/10/31) 江戸時代に刑罰の在り方を先進的な思想で論じる「無刑録」を編さんした仙台藩儒者の芦東山の生誕320年を記念し、出身地の一関市で国内外の芦東山研究者が集う講演会が11月5日に開かれる。 一関市 …
続きを読む

明治維新の指導部は、知的に高度な「柔構造」集団だった──世界史上最強!?( music.jpニュースTOP・2016/10/30) 『明治維新 1858-1881 』(著:坂野潤治/大野健一) 明治維新というとまずこのようなことが思い浮かぶと思います。 ──軍事力によって幕府を倒した、 …
続きを読む

浮世絵企画展が開幕 幕末3大絵師の作品展示 県立美術館(福島民報・2016/10/30) 鮮やかな浮世絵の風景版画を集めた企画展「原安三郎(はら・やすさぶろう)コレクション 広重ビビッド」は10月29日、福島市の県立美術館で開幕した。 県立美術館の主催、福島民報社 …
続きを読む

海洋魚類養殖の父 飯田出身の故・原田さん記念碑、30日除幕(信毎web・2016/10/29) 近畿大水産研究所(和歌山県白浜町)の所長を務め、世界初となるクロマグロ完全養殖に道筋を付けた飯田市座光寺出身の原田輝雄さん(1926〜91年)の業績に光を当てようと、地元有 …
続きを読む

松陰神社に立志殿 教えに感銘 千葉の実業家が寄進(YOMIURI ONLINE・2016/10/28) 幕末の思想家、吉田松陰をまつる萩市の松陰神社で、松陰の命日にあたる27日、集会などに使用する施設「立志殿」が完成し、落成式が開かれた。 松陰の教えを生きる柱にしてきたという回 …
続きを読む

新資料公開 生前映像や当選証書など65点 木堂記念館、12月8日まで /岡山(毎日新聞・2016/10/27) 5・15事件で凶弾に倒れた元首相、犬養毅(1855〜1932)の生家に隣接する犬養木堂記念館(北区川入)で、死の3カ月ほど前の姿を撮影した16ミリフィル …
続きを読む

光太夫の足跡たどる 鈴鹿の記念館で企画展(伊勢新聞・2016/10/28) 鈴鹿市はこのほど、同市若松中一丁目の大黒屋光太夫記念館で企画展「『北槎聞略』でたどる光太夫の旅」を開き、光太夫が漂流してから帰国するまでの出来事を紹介するとともに、関連資料約五十点を展示し …
続きを読む

<吉野作造記念館>安中教会との交流紹介(河北新報・2016/10/28) 吉野作造と、軍国主義を批判した群馬県安中市の教会関係者の交流を紹介する企画展「自由を愛し、平和を貫く」が、大崎市の吉野作造記念館で開かれている。12月28日まで。 新島襄の弟子で安中教会牧師 …
続きを読む

社会福祉の先駆者・山室軍平とは 岡山で映画試写会とシンポ(山陽新聞・2016/10/27) 新見市哲多町地区出身で日本の社会福祉の先駆者・山室軍平(1872〜1940年)を題材にした映画「地の塩 山室軍平」の試写会とシンポジウムが27日、岡山市北区柳町の山陽新聞社 …
続きを読む

江戸後期、相模国磯部村の草双紙戯作者 5代目の荒井徹・功さん兄弟、翻刻全集を刊行 3作品収録 /神奈川(毎日新聞・2016/10/27) 「顕彰と先祖の慰霊に」 江戸時代後期に相模国磯部村(相模原市南区磯部)に住んだ草双紙の戯作者、仙客亭柏琳(せんかくていはくりん …
続きを読む

企画展「明治天皇、横濱へ」あす開幕 地域史に光、貴重な資料 神奈川(産経新聞・2016/10/27) 横浜開港資料館と宮内庁宮内公文書館が主催する企画展「明治天皇、横濱へ−宮内省文書が語る地域史−」(産経新聞社横浜総局など後援)が、28日から横浜市中区の同資料館新 …
続きを読む

神仏をテーマに精神世界を表現 志功記念館で企画展(中日新聞・2016/10/25) 南砺市福光の棟方志功記念館愛染苑(あいぜんえん)で企画展「神仏讃頌展」が開かれ、志功が神仏をテーマに精神世界を表現した板画など三十五点を展示している。十二月二十六日まで。 志功が戦 …
続きを読む

荒井退造、宇都宮の生家に顕彰碑 功績の象徴、資料館も併設へ(下野新聞・2016/10/25) 太平洋戦争末期の沖縄県警察部長で、多くの島民を疎開させ命を救った市出身の荒井退造(あらいたいぞう)の顕彰碑が、上籠谷(かみこもりや)町の生家の庭に設置される。 NPO法人 …
続きを読む

被災した四賢婦人、小楠の両記念館資料 田原坂で出張展示 [熊本県](西日本新聞・2016/10/23) 熊本市北区植木町の田原坂西南戦争資料館が、熊本地震で破損した同市東区の横井小楠記念館と益城町の四賢婦人記念館の資料を紹介する出張展示を開いている。 両記念館は修復の …
続きを読む

「三英傑とともに歩んだ浅野長政〜いちのみやの戦国時代〜」(一宮市博物館 愛知県一宮市大和町)(岐阜新聞・2016/10/21) 織田信長、豊臣秀吉、徳川家康に仕えた愛知県一宮市ゆかりの戦国武将、浅野長政(1547〜1611年)にスポットを当て、郷土の歴史を振り返る …
続きを読む

旧毛利家本邸あす100年式典 きょうから催しも(YOMIURI ONLINE・2016/10/21) 防府市の国指定重要文化財「旧毛利家本邸」と国指定名勝「毛利氏庭園」で22日、完成100年を記念する式典が行われる。 本邸は現在、毛利博物館として公開されており、明治・大正時代の …
続きを読む

「没後20年 司馬遼太郎展」22日から北九州市立文学館で開催(産経新聞・2016/10/21) 今年で亡くなって20年となる作家、司馬遼太郎の世界に触れる回顧展「没後20年 司馬遼太郎展−21世紀“未来の街角”で」(北九州市立文学館、産経新聞社主催、司馬遼太郎記念 …
続きを読む

秋の横浜・大佛次郎記念館でフランス特集。50’s-60'sレトロなパリの絵はがきを眺めながら、美味しいフレンチを味わうイベントも!(時事ドットコムニュース・2016/10/21) [公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団] 大佛次郎記念館テーマ展示III ロマン・ロラン生誕150周 …
続きを読む

東山の思想“再発見” 大東・記念館開館 10周年「原本無刑録」と資料公開(岩手日日新聞・2016/10/20) 一関市大東町渋民の芦東山記念館は開館10周年特別展「再発見・芦東山のメッセージ〜『無刑録』と新蔵資料〜」を開いている。 同町渋民出身で刑法思想の先駆者・芦 …
続きを読む

創成川の原型作った 幕臣・大友亀太郎知って(YOMIURI ONLINE・2016/10/19) 札幌市を東西に分ける創成川の原型を作ったとされる幕末の幕臣、大友亀太郎(1834〜97年)の業績を紹介する講演会が20日、札幌市で開かれる。 企画した札幌村郷土記念館の玉井晶子さん …
続きを読む

高知県立坂本龍馬記念館が薩長同盟前の桂小五郎の手紙を発見(高知新聞・2016/10/19) 江戸幕府による第二次長州征伐が迫る慶応元(1865)年。長州藩の桂小五郎(木戸孝允(たかよし))が、後の薩長同盟につながる薩摩藩・西郷隆盛との会談を待つ様子などを記した手紙 …
続きを読む

公爵・慶喜家三代たどる 松戸・戸定歴史館で企画展(東京新聞・2016/10/17) 江戸幕府最後の将軍の徳川慶喜(一八三七〜一九一三年)が、明治時代後期に華族の最高位の公爵に就いたことは、広くは知られていない。 「公爵 徳川慶喜家」に焦点を当てた企画展が、松戸市の …
続きを読む

高知の自由民権記念館で企画展「中江兆民と『三酔人経綸問答』」(高知新聞・2016/10/18) “東洋のルソー”と呼ばれた明治期の思想家、中江兆民の関係資料を展示する企画展「中江兆民と『三酔人経綸問答』」が高知市桟橋通4丁目の高知市立自由民権記念館で開かれている。 …
続きを読む

幕末の兵学者「赤松小三郎」来秋に企画展 上田市立博物館(中日新聞・2016/10/18) 上田市立博物館(同市二の丸)は二〇一七年秋に、上田藩出身の幕末の兵学者、赤松小三郎(一八三一〜六七年)の企画展を開く考えだ。 同館の近くで赤松小三郎記念館を運営する市民の有志 …
続きを読む

近松門左衛門の通説に新たな動き 元福井大教授「生誕地は鯖江」(福井新聞・2016/10/17) 江戸時代の浄瑠璃・歌舞伎作者、近松門左衛門の生誕地が通説では福井県福井市といわれてきたが、同県鯖江市の可能性が大きいことが16日までに、同県越前市武生公会堂記念館の三好 …
続きを読む

両藩の立場超えた友好記念 美祢に建立 幕末の逸話、長州藩・楢崎頼三と会津藩・飯沼貞吉 /山口(毎日新聞・2016/10/16) 除幕式に子孫ら参加「人間愛を感じて」 幕末の戊辰戦争で自刃した会津藩の白虎隊士のうち、唯一生き残った飯沼貞吉を、長州藩士の楢崎頼三が戦後 …
続きを読む

来年生誕200年 柳井出身、幕末維新の海防僧 地元顕彰会が講演会や本出版 /山口(毎日新聞・2016/10/16) 幕末に海防論を唱えた僧、月性(1817〜58年)の生誕200年を記念し、古里の柳井市で僧月性顕彰会(折中光雄代表理事)が、幕末維新の第一線の研究者に …
続きを読む