【偉人録】郷土の偉人

郷土の偉人の志を引き継ごう!偉人の故郷、ゆかりの地の紹介。生誕地、記念館、史蹟、墓所、関連HP、関連書籍、ニュースの紹介。【郷土の偉人研究会】 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

2006年05月

安藤昌益(あんどう・しょうえき)・青森の偉人/秋田の偉人 秋田藩生まれといわれているが、定かではない 八戸に町医者として居住。八戸ゆかりの偉人。 1703(元禄16)年頃−1762(宝暦12年10月14日) 羽後国秋田郡比内二井田村(現秋田県大館市二井田)にて没。 江戸時 …
続きを読む

清武郷中野(宮崎県清武町)生まれ。 江戸時代の儒学者。信念を貫いた大儒学者。 文久三博士のひとり。  飫肥藩の藩儒、安井滄洲の次男として生まれる。幼少の頃より、息軒は、「父に負けない学者になろう」という大きな望みを持って学問を志していた。  21歳のと …
続きを読む
吉野作造(よしの さくぞう)・宮城の偉人

宮城県志田郡大柿村(大崎市・旧古川市)生まれ。 1878 (明治11)年1月29日−1933 (昭和8)年3月18日 56歳 大正期の政治学者、思想家。 「民本主義」を唱え、大正デモクラシーの理論的指導者として活躍した偉人。 『日本民主主義の父』 宮城県第一中学校(仙 …
続きを読む
西岡常一(にしおか つねかず)・奈良の偉人

奈良県生駒郡法隆寺村西里生まれ。 1908(明治41)年9月3日−1995(平成7)年4月11日 87歳 法隆寺、薬師寺、法輪寺を復興させた「最後の宮大工」 まずは「古代建築修理の功労者・寺大工棟梁 西岡家三代(県政だより奈良)」より。 『 明治維新期を迎え、寺 …
続きを読む
長州五傑

山口大学付属図書館HPより  伊藤博文(俊輔) 1841−1909 『内閣の父』 天保12年(1841)現在の熊毛郡大和町で生まれる。その後萩に移り、父:林十蔵が長州藩士伊藤家の養子となったため、「伊藤」姓になった。 1862年、高杉晋作らと、英国公使館を焼き討ちにす …
続きを読む
山田真山(やまだ しんざん)・沖縄の偉人

沖縄県那覇市壺屋生まれ。 1885(明治18)年12月27日−1976(昭和51)年1月29日 93歳 沖繩平和祈念像をつくり、世界平和を願った芸術家 本名は渡嘉敷兼慎(とかしきけんしん)。子どもの頃は真山戸(まやまと)とよばれていた。7歳の時、一家は石垣に引越し、農 …
続きを読む

岩村藩の家老佐藤信由の次男として、江戸浜町の下屋敷に生まれる。 岩村藩ゆかりの偉人。 1772(安永元年10月20日)−1859(安政6)年9月24日 88歳 江戸後期の儒学者。 幼くして読書を好み、水練・射騎・刀槍などに優れ、小笠原流礼法を身につけていた。34歳で朱 …
続きを読む
伊沢修二(いさわ しゅうじ)・長野の偉人

信濃国伊那谷高遠城下生まれ(長野県伊那市高遠町)。 1851(嘉永4)年6月30日−1917(大正6)年5月3日 67歳 明治、大正時代の教育者。近代教育の開拓者。 東京音楽大学(現東京芸大)初代校長。 高遠の藩校の進徳館で学び、藩の貢進生として大学南校(東京大学 …
続きを読む
原敬(はら・たかし)・岩手の偉人

原敬(はら・たかし)・岩手の偉人 岩手郡本宮村(岩手県盛岡市本宮)生まれ。 1856(安政3)年3月15日−1921(大正10)年11月4日 65歳 第19代内閣総理大臣。 爵位を固辞し続けた『平民宰相』。 (国立国会図書館・近代日本人の肖像より) 明治3年(14歳)藩校「作人館 …
続きを読む