【偉人録】郷土の偉人

郷土の偉人の志を引き継ごう!偉人の故郷、ゆかりの地の紹介。生誕地、記念館、史蹟、墓所、関連HP、関連書籍、ニュースの紹介。【郷土の偉人研究会】 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

原口鶴子(はらぐち・つるこ)・群馬の偉人

群馬県北甘楽郡一ノ宮(群馬県富岡市一ノ宮)生まれ。

明治19年(1886)6月18日−大正4年(1915)9月26日 30歳

心理学者。
日本女性初の博士号取得者。

旧姓・新井鶴子。

豪農の家に生まれ、父は非常に教育熱心であった。
小学校の頃から、心を病む人の多いのを悲しみ医学を志す。

群馬県立高等女学校を経て日本女子大学校英文学部に進学。
心理学教授の赴任した高崎出身の松本亦太郎博士のもとで心理学を修める。

卒業後の明治40年(1907)、渡米しコロンビア大学に留学。
明治45年(1912)、苦学の末日本女性として初めて博士号(哲学博士)を取得。
博士論文は『心的作業および疲労の研究』であった。

アメリカで神学を学んでいた原口竹二郎と結婚。
帰国後、留学時代に感染した結核が発病し、入院先で長男を出産。

『心理研究』『児童研究』などの雑誌に論文や随筆を発表。

大正4年(1915)長女を出産したが、わずか30歳で夭折。


心理学者・原口鶴子の青春

原口鶴子―女性心理学者の先駆 (1983年)

先駆者たちの肖像―明日を拓いた女性たち
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット