【偉人録】郷土の偉人

郷土の偉人の志を引き継ごう!偉人の故郷、ゆかりの地の紹介。生誕地、記念館、史蹟、墓所、関連HP、関連書籍、ニュースの紹介。【郷土の偉人研究会】 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

萩原朔太郎(はぎわら・さくたろう)・群馬の偉人

群馬県東群馬郡北曲輪町(群馬県前橋市千代田町)生まれ。

明治19年(1886)11月1日−昭和17年(1942)5月11日 56歳

口語自由詩を完成、日本近代詩を確立した詩人。
近代詩の頂点に立つ詩人として「近代詩の父」と称される。

開業医の子として生まれた。
朔太郎という名は、長男で朔日(ついたち)生まれであることから、命名された。

前橋中学在学中から文学に関心を持ち、校友会誌に短歌を発表、以後「明星」などにも短歌を投稿した。
石川啄木らとともに早くからその才能を認められていた。

卒業後、熊本の第五高等学校に入学するが、一年で岡山の第六高等学校に転じ、さらに慶応大学予科に入学するも中退。

音楽を志した時期もあり、ギターやマンドリンを習い、最新の演劇などを通じて、時代の芸術思潮、近代精神を吸収した。

大正2年(1913)、北原白秋編集の『朱欒(ざんぼあ)』に五編の詩を発表、詩人として出発した。

そこで室生犀星と知り合い、山村暮鳥と三人で人魚詩社を設立し、大正4年(1915)には詩誌『卓上噴水』を創刊した。

大正6年(1917)32歳の時、第一詩集『月に吠える』を刊行し、新しい口語象徴詩・叙情詩の領域を開拓し、詩壇に確固たる地位を確立した。

大正12年(1923)には第二詩集『青猫』を刊行。
口語自由詩のリズムを完成させ、近代人の倦怠・憂鬱を繊細な言葉で感覚的に表現した。

大正14年(1925)に上京し、昭和4年(1929)妻・稲子と離婚。
家庭的な不幸と時代との違和感も重なって、次の詩集『氷島』が生み出された。

晩年は評論集『日本への回帰』に見られる古典回帰への姿勢を示した。


萩原朔太郎記念館(群馬県前橋市敷島町262・敷島公園ばら園内)

萩原朔太郎記念水と緑と詩のまち前橋文学館(群馬県前橋市千代田町3-12-10)

萩原朔太郎詩碑
朔太郎は56年の生涯のうち30年余りを前橋で過ごし故郷をうたった多くの詩を残した。
郷里前橋には、朔太郎の詩碑が多く建てられている。
生家跡(前橋市敷島町)
敷島公園(前橋市敷島町)
広瀬川畔(前橋市千代田町3)
銀座通東端(前橋市千代田町5-5)
諏訪橋袂(前橋市千代田町5)
文学の小道(前橋市城東町・こども公園)
大渡橋(前橋市岩神町3)
若宮緑地(前橋市若宮町3)
JR新前橋駅(前橋市古市町471)
温泉公園(群馬県安中市磯部)

『氷島』の著者(萩原朔太郎像) 

萩原朔太郎墓所(政淳寺・群馬県前橋市田口町754-4)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット