【偉人録】郷土の偉人

郷土の偉人の志を引き継ごう!偉人の故郷、ゆかりの地の紹介。生誕地、記念館、史蹟、墓所、関連HP、関連書籍、ニュースの紹介。【郷土の偉人研究会】 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

姉崎正治(あねざき・まさはる)・京都の偉人

京都生まれ。

明治6年(1873)7月25日-昭和24年(1949)7月23日 77歳

明治から昭和にかけての日本宗教学の祖。号は嘲風。

明治6年(1873)7月25日京都姉崎正盛の長男として生まれる。

第三高等中学を経て帝国大学文科大学哲学科を明治29年卒業、大学院にて宗教学を専攻。

明治30年井上マスと結婚。『印度宗教史』著わす。

明治31年母校講師就任。『比較宗教学』を刊行。

明治32年『仏教聖典史論』、33年助教授となり『上世印度宗教史』と刊行。ドイツのキール大学に留学し、パウル=ドイッセンに師事す。

明治35年英国に移り、リス=デビッズにつく。『現身仏と法身仏』によって文学博士を授与さる。

明治37年教授。明治38年東京帝国大学に宗教学講座を開設し初代の主任教授となる。

明治40年より41年まで世界周遊。明治43年『根本仏教』を著す。

大正2年(1913)より4年かけハーバード大学に招かれ、日本文明講座を担当し日本宗教史を講ず。

大正5年『法華経の行者日蓮』刊行。高山樗牛の感化による日蓮信仰の学問的結実である。

大正7年カリフォルニア大学に出講。同大より法学博士の学位を贈らる。大正8年コレージュ=ド=フランスに出講。

大正10年ハワイ汎太平洋教育会議に出席。大正12年帝都復興院評議員臨時評議員に選ばる。
東京帝国大学付属図書館長に就任し、関東大震災のため炎上した図書館の復興に尽瘁。同年帝国学士院会員となる。

大正14年『切支丹宗門の迫害と潜伏』を著わし、爾後昭和7年(1932)まで切支丹関係書5冊を著わす。

大正3年フランスよりレジオン=ドヌール勲章を贈らる。
大正5年日本宗教学会設立初代会長となる。

大正8年シカゴ世界宗教大会に出席、ついでジュネーブ国際連盟学術協力委員会出席。同年停年制により名誉教授となる。

大正14年貴族院議員に推挙さる。

昭和24年7月23日脳溢血再発し熱海南北荘に没す。77歳。
法名は鷲峰院嘲風日治大居士。

墓は鎌倉市大町日蓮宗妙本寺にある。

数次の外遊を通じ日本文化を海外に顕揚し東西文化の交流に尽くす傍ら、若き日、高山樗牛と親交し文藻きわめて豊かであった。著書は上掲のほか多数。

参考文献 姉崎正治『己辧集』、同『わが生涯』、嘲風会編『(姉崎正治先生)書誌』、
増谷文雄『姉崎正治の業績』(『宗教研究』147)、小口偉一「宗教学五十年の歩み」(同)(日本近現代人名辞典) 




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット