【偉人録】郷土の偉人

郷土の偉人の志を引き継ごう!偉人の故郷、ゆかりの地の紹介。生誕地、記念館、史蹟、墓所、関連HP、関連書籍、ニュースの紹介。【郷土の偉人研究会】 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

カテゴリ: 岩手県

伊能嘉矩の誕生150年企画展 遠野出身の台湾人類学先駆者(河北新報・2017/8/13) 岩手県遠野市出身で、台湾人類学の先駆者と称される伊能嘉矩(かのり)(1867〜1925年)の生誕150年を記念した企画展が遠野市博物館で開かれている。11月23日まで。 国立台 …
続きを読む

自由闊達な萬鐵五郎に出会う(産経新聞・2017/7/13) 本展では、これまであまり注目されることがなかった水墨画にも焦点を当てた。 萬は大正7年、神経衰弱と肺結核を患い、療養のため東京から神奈川県の茅ケ崎に転居。 「水着姿」といった代表作も誕生した地だったが、海辺 …
続きを読む

「一握の砂」背景紹介する 盛岡・啄木記念館 /岩手要(毎日新聞・2017/5/12) 盛岡市渋民の石川啄木記念館で、企画展「啄木と『一握の砂』」が始まっている。 啄木の代表作である歌集「一握の砂」の構成や、完成までの道のりを紹介している。 同館によると、日本文学研究 …
続きを読む

新平以前後藤家ひもとく 水沢・記念館 生誕160年企画展(岩手日日新聞・2017/5/11) 奥州市水沢区大手町の後藤新平記念館(佐藤彰博館長)は、後藤新平生誕160年記念企画展「古文書に見る後藤家の歴史」を14日まで開いている。 家系図や知行高明細書など、主に後藤家 …
続きを読む

斎藤實絶筆 保管へ 紫波町が寄託 記念館、限定公開検討(岩手日日新聞社・2017/4/29) 内閣総理大臣などを務めた奥州市出身の斎藤實が揮毫(きごう)した書が28日、所有する紫波町から同市の斎藤實記念館に管理を寄託された。 この書は斎藤が二・二六事件で倒れる前日の1 …
続きを読む

原敬の起源ここに 盛岡の記念館10月末まで生家公開(岩手日報・2017/04/02) 盛岡市本宮の原敬記念館(山内昭館長)は1日、原敬の生家の2017年度の一般公開を始めた。 平民宰相と慕われた原の起源に触れることができる。 生家は1850年に建てられ、現在は居間など …
続きを読む

稲造の父 十次郎とは 新渡戸記念館企画展(IWANICHI ONLINE・2017/1/1) 企画展「稲造の父・新渡戸十次郎」は、花巻市高松の花巻新渡戸記念館(嶽間澤茂館長)で開かれている。 国際連盟事務次長として連盟の発展や世界平和に尽くした新渡戸稲造の父十次郎(1820〜67年 …
続きを読む

みちのく建物探訪 盛岡市 原敬記念館 「平民宰相」の生家 /宮城(毎日新聞・2016/12/17) かやぶき屋根に木造の柱、畳敷きの居室。盛岡市のJR盛岡駅西口から雫石川を越えてしばらく進むと、本宮地区に1軒の古風な日本家屋がたたずむ。 「平民宰相」として親しまれた原 …
続きを読む

長崎留学時代に焦点 高野長英記念館で企画展(岩手日日新聞社・2016/11/16) 奥州市水沢区中上野町の高野長英記念館(及川文男館長)は、秋の企画展「長英と長崎」を開いている。 長崎留学時代に焦点を当て、手紙や論文、門人仲間の日記など関連資料14点を紹介。蘭学者・ …
続きを読む

仙台藩儒者「芦東山」生誕320年 教え学ぶ(河北新報・2016/10/31) 江戸時代に刑罰の在り方を先進的な思想で論じる「無刑録」を編さんした仙台藩儒者の芦東山の生誕320年を記念し、出身地の一関市で国内外の芦東山研究者が集う講演会が11月5日に開かれる。 一関市 …
続きを読む