【偉人録】郷土の偉人

郷土の偉人の志を引き継ごう!偉人の故郷、ゆかりの地の紹介。生誕地、記念館、史蹟、墓所、関連HP、関連書籍、ニュースの紹介。【郷土の偉人研究会】 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

カテゴリ: 神奈川県

自由闊達な萬鐵五郎に出会う(産経新聞・2017/7/13) 本展では、これまであまり注目されることがなかった水墨画にも焦点を当てた。 萬は大正7年、神経衰弱と肺結核を患い、療養のため東京から神奈川県の茅ケ崎に転居。 「水着姿」といった代表作も誕生した地だったが、海辺 …
続きを読む

横浜・旧都筑郡の豪商「中山恒三郎商店」 往時しのぶ史料 数万点見つかる(東京新聞・2017/5/20) 横浜開港資料館などを運営する横浜市ふるさと歴史財団は、江戸時代後期に現在の同市都筑区(旧都筑郡)で創業し、酒やしょうゆ、塩の製造販売で地域の豪商と呼ばれた「中山 …
続きを読む

没後20年 司馬遼太郎回顧展を開催(産経新聞・2017/5/6) 6月3日から横浜そごう 自筆原稿や初刊本などを展示 産経新聞社と公益財団法人司馬遼太郎記念財団は、6月2日(金)〜7月9日(日)に横浜市のそごう横浜店6階「そごう美術館」で、回顧展「没後20年 司馬遼太郎展−21世 …
続きを読む

偉人を学び、地域を知る 上溝に生誕 侍医「伊東方成」(タウンニュース・2017/4/13) 幕末に現在の上溝に生まれ、その後明治天皇付きの医師(侍医)として活躍した偉人・伊東方成について、地域における認知度向上を図ろうと、地元の郷土史愛好家らを中心に様々な企画が進め …
続きを読む

安居院庄七(あぐい・しょうしち)・神奈川/静岡の偉人 相模国大住郡蓑毛村(現・神奈川県秦野市蓑毛)に住む大山阿夫利神社の修験者をしていた朝田家の次男として生まれる。 寛政元年(1789)1月-文久3年(1863)8月13日 75歳 江戸時代後期の報徳社運動の指導者。通称庄 …
続きを読む

黒船乗り込んだ幕臣・中島三郎助 功績たたえイベント(神奈川新聞・2016/1/23) 幕末から維新にかけて活躍した江戸幕臣、中島三郎助(1821〜69年)の功績をたたえる催しが22日、神奈川県横須賀市浦賀5丁目の浦賀コミュニティセンターで開かれ、大勢の来場者でにぎ …
続きを読む

【かながわ秘話】鎌倉幕府倒幕後、非業の死遂げた大塔宮護良親王 明治天皇が造営指示した「鎌倉宮」に眠る英雄(産経新聞・2016/12/05) 神奈川県鎌倉市二階堂に、非業の死を遂げた後醍醐天皇の皇男子(息子)の墓がある。 眠るのは鎌倉幕府倒幕の功労者、大塔宮(おおとう …
続きを読む

横浜開港資料館で企画展開催 横浜と明治天皇の関わりが浮かび上がる(exciteニュース・2016/12/04) 明治政府が重要としていた土地・横浜 神奈川県横浜市にある、横浜開港資料館では2017年1月29日までの期間、「明治天皇、横濱へ -宮内省文書が語る地域史-」を行っている。 …
続きを読む

江戸後期、相模国磯部村の草双紙戯作者 5代目の荒井徹・功さん兄弟、翻刻全集を刊行 3作品収録 /神奈川(毎日新聞・2016/10/27) 「顕彰と先祖の慰霊に」 江戸時代後期に相模国磯部村(相模原市南区磯部)に住んだ草双紙の戯作者、仙客亭柏琳(せんかくていはくりん …
続きを読む

企画展「明治天皇、横濱へ」あす開幕 地域史に光、貴重な資料 神奈川(産経新聞・2016/10/27) 横浜開港資料館と宮内庁宮内公文書館が主催する企画展「明治天皇、横濱へ−宮内省文書が語る地域史−」(産経新聞社横浜総局など後援)が、28日から横浜市中区の同資料館新 …
続きを読む