【偉人録】郷土の偉人

郷土の偉人の志を引き継ごう!偉人の故郷、ゆかりの地の紹介。生誕地、記念館、史蹟、墓所、関連HP、関連書籍、ニュースの紹介。【郷土の偉人研究会】 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

カテゴリ: 山口県

◆「鉄道の父」帰ってきた 丸の内駅広場に 新橋−横浜工事責任者 井上勝の銅像(東京新聞・2017/12/7) 新装なった丸の内駅前広場に、東京駅のシンボルが十年ぶりに帰ってきた。 明治政府の鉄道庁長官を務め、「鉄道の父」と呼ばれた井上勝の銅像。工事のため撤去され、 …
続きを読む

近代日本画の巨星、狩野芳崖と四天王 甲府・県立美術館で /山梨(毎日新聞・2017/11/5) 近代日本画の黎明(れいめい)期を代表する画家、狩野芳崖(かのうほうがい)と弟子たちの作品を集めた特別展「狩野芳崖と四天王〜近代日本画、もうひとつの水脈」展(毎日新聞甲府 …
続きを読む

種田山頭火の記念館、山口・防府に 7日開館 出身地の山口県防府市に(日本経済新聞・2017/10/4) 漂泊の俳人、種田山頭火の記念館が7日、出身地の山口県防府市にオープンする。 「山頭火ふるさと館」では放浪の生涯をパネルや写真で紹介、関連資料や直筆の書の展示のほ …
続きを読む

企画展 近代国家形成過程の資料40点 光で伊藤博文の生涯たどる /山口(毎日新聞・2017/9/3) 光市に生まれ、初代内閣総理大臣となった伊藤博文の生涯をたどる企画展「伊藤ドラマ第三編〜近代国家への軌跡〜」が、伊藤の誕生日に当たる2日、伊藤公資料館(光市束荷) …
続きを読む

没後150年、高杉晋作ってどんな人 生涯、遺品でたどる 下関市立東行記念館で来月24日まで /山口(毎日新聞・2017/8/30) しんさくクイズ上級編も登場 没後150年を迎えた幕末の志士、高杉晋作の生涯を分かりやすく紹介する常設企画展「高杉晋作ってどんな人?」 …
続きを読む

山口で「中原中也生誕110周年記念」展 中也の愛用品、未発表原稿も公開(山口宇部経済新聞・2017/8/11) 中原中也記念館(山口市湯田温泉1、TEL 083-932-6430)で現在、企画展「詩が生まれた場所へ−中也の見た風景」が行われている。 未発表作品の原稿「一つの境涯」 …
続きを読む

田上菊舎展 下関出身・文人 江戸・女子旅の足跡 奥州−九州2万キロ、俳諧記録など60点 市立歴史博物館 /山口(毎日新聞・2017/7/26) 市立歴史博物館で30日まで 江戸時代に全国を旅しながら俳句や書画などを残した下関市豊北町出身の女流文人、田上菊舎(1753 …
続きを読む

英で海軍学んだ長州人・服部潜蔵(産経新聞・2017/6/26) ■海自にも受け継がれる精神 「薩の海軍 長の陸軍」。明治時代、海軍は薩摩出身者が、陸軍は長州出身者が牛耳っていたことを示す言葉だ。だが、いち早くイギリス方式の海軍教育を受け、そのノウハウを日本に伝えた …
続きを読む

「高杉晋作の生きた時代に触れて」 没後150年、下関で「焦心録」 /山口(毎日新聞・2017/4/19) 高杉晋作(1839〜67)の没後150年を記念して下関市立歴史博物館と市立東行記念館による記念企画展「焦心録(しょうしんろく)」が開かれている。 焦心録は64 …
続きを読む

松陰を描いた絵師・松洞紹介(読売新聞・2017/4/18) 吉田松陰の肖像画を描いた幕末の絵師、松浦松洞(しょうどう)(1837〜62年)の作品や手紙を紹介する企画展が18日から、山口市の県立山口博物館で始まる。 松洞は松下村塾の門下生の1人。その人生はほとんど知ら …
続きを読む