【偉人録】郷土の偉人

郷土の偉人の志を引き継ごう!偉人の故郷、ゆかりの地の紹介。生誕地、記念館、史蹟、墓所、関連HP、関連書籍、ニュースの紹介。【郷土の偉人研究会】 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

カテゴリ: 大分県

◆中津に「前野良沢」ブーム 「解体新書」出版 NHKがドラマ化、評伝本も新装再刊 2月まで /大分(毎日新聞・2017/12/28) 杉田玄白らとともに「解体新書」を世に出した中津藩医・前野良沢(1723〜1803年)の偉業を紹介する特別展「『解体新書』と前野良沢 …
続きを読む

◆国東の偉人に光 江戸時代に活躍した僧侶、清虚(大分合同新聞・2017/12/3) 江戸時代後期に関門海峡で船を導く火をたき続けた僧侶、清虚(せいきょ)(1777〜1850)の生きざまを伝える創作歌舞伎が5日、国東市国見町伊美の市国見生涯学習センターである。 地元 …
続きを読む

◆前野良沢 蘭学に打ち込んだ中津藩医(大分合同新聞・2017/11/30) 日本最初の西洋医学書「解体新書」の翻訳で知られる江戸時代の中津藩医前野良沢(りょうたく)。 オランダ語を通じて西洋の文化・学術を研究する「蘭学(らんがく)」に打ち込み、手掛けたさまざまな訳 …
続きを読む

諭吉の直筆書簡見つかる 岡山の収集家が所蔵、福沢記念館で公開 [大分県](西日本新聞・2017/8/3) 福沢諭吉(1835〜1901)の直筆書簡が新たに見つかり、福沢記念館(中津市留守居町)で公開されている。 書簡は、耶馬渓にある「競秀峰」の風致保存を目的に、自費 …
続きを読む

功績しのび響く歌声 滝廉太郎115回忌(大分合同新聞・2017/6/30) 歌曲「荒城の月」「花」など日本人の情感を表現する数多くの名曲を残し、23歳の若さでこの世を去った滝廉太郎(1879〜1903)。115回忌を迎えた29日、12歳から約2年半を過ごした竹田市 …
続きを読む

朝吹英二(あさぶき・えいじ)・大分の偉人 豊前国下毛郡宮園村(大分県中津市耶馬溪町大字宮園)生まれ。 嘉永2年(1849)2月18日-大正7年(1918)1月31日 70歳 明治時代の実業家。 嘉永2年(1849)2月18日、豊前国下毛郡下郷村宮園に、朝吹泰造の次男として生まれる …
続きを読む

「いぬはりこ」の絵発見 28日オープン 記念館に展示へ(大分合同新聞・2017/4/15) 玖珠町の偉人で口演童話家の久留島武彦(1874〜1960)が120年前に描いた「いぬはりこ」の絵が見つかった。 久留島武彦記念館(同町森)の金成妍(キムソンヨン)館長(38) …
続きを読む

宇佐神宮(大分県宇佐市) 皇室第2の宗廟、八幡さまの総本宮 周防灘を望む大分県北部に位置する宇佐市。そのほぼ中央にある御許山(おもとさん)山麓に、約60万平方メートルの敷地を持つ宇佐神宮がある。 571年に始まったとされ、八幡(はちまん)大神(応神天皇) …
続きを読む
水島銕也(みずしま・てつや)・大分の偉人

水島銕也(みずしま てつや) 元治元年(1864)8月1日 - 昭和3年(1928)11月2日) 国立神戸大学(当時神戸高等商業学校)の創立者兼初代校長。 中津藩は、私立の慶應義塾大学を創立した福澤諭吉のみならず、国立大学の創立者をも輩出した。 水島先生の偉業を偲び、生誕地跡 …
続きを読む

戦国武将・宇都宮氏ゆかりの2神社 改修終え慰霊祭(大分合同新聞・2015/6/8) 戦国時代の豊前国の武将・宇都宮鎮房(しげふさ)(1536〜88)を祭る中津市二ノ丁の城井神社(長谷川保則宮司)と、家臣らを祭る扇城神社(同)で7日、恒例の例祭があった。宇都宮家や …
続きを読む