【偉人録】郷土の偉人

郷土の偉人の志を引き継ごう!偉人の故郷、ゆかりの地の紹介。生誕地、記念館、史蹟、墓所、関連HP、関連書籍、ニュースの紹介。【郷土の偉人研究会】 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

タグ:三重の偉人

企画展「芭蕉と門人」 小中学生対象の解説文付き 伊賀 /三重(毎日新聞・2017/8/14) 伊賀市上野丸之内の芭蕉翁記念館で企画展「芭蕉と門人−先師の教え」が開かれている。 小中学生対象の易しい解説文付き。夏休みの自由研究用に感想や句を書き込めるワークブックも …
続きを読む

「北海道」命名者、「カイ」に込めた思い 幕末の探検家(朝日新聞・2017/7/16) 来年2018年は、「北海道」の命名から150年目となる記念の年。 北海道は今年から産官学をあげて様々なイベントをしているが、そこで引っ張りだこなのが「名付け親」とされる幕末の探検家 …
続きを読む

江戸期の三重・秋田は深い縁 松阪出身の金児さんが歴史本(中日新聞・2017/6/11) 松阪市出身で秋田大名誉教授、金児紘征(かねこひろゆき)さん(74)=秋田市=が、秋田と三重の歴史的なつながりを紹介する「秋田の中の『伊勢』」を出版した。 江戸時代に秋田にまで商 …
続きを読む

本居宣長47の言葉 記念館館長が出版(YOMIURI ONLINE) 日本人のこころの言葉 本居宣長 [単行本]吉田 悦之創元社2015-05-12 「志を高く大きに立てて つとめ学ぶべき」(大きな夢を持ち、目標を立てて学ぶことが大切)――。江戸時代に活躍した松阪市出身の国学者・本居 …
続きを読む

稲葉三右衛門(いなば・さんえもん)・三重の偉人 美濃高須藩(岐阜県海津市)の旧家吉田詠再の六男として出まれた。 天保8年(1837)9月21日‐大正3年(1914)6月22日 78歳 実業家、築港家。 私財を投げ打ち、四日市港の近代化に尽くし「四日市港の父」と称され …
続きを読む

諸戸清六(もろと・せいろく)・三重の偉人 伊勢国桑名郡加路戸新田村(三重県桑名郡木曽岬町)生まれ。 弘化3年(1846)‐明治39年(1906)11月12日 61歳 実業家、相場師。 「山林王」「日本一の森林王」「日本一の大地主」と呼ばれる富豪。 大庄屋諸戸家・清九郎の長男 …
続きを読む

柳楢悦(やなぎ・ならよし)・三重の偉人 津藩士・柳惣五郎の子として江戸藩邸に生まれる。 天保3年(1832)9月15日−明治24年(1891)1月15日 60歳 津藩士、幕末の数学者。 数学・測量術を修め、維新後は海軍少将、貴族院議員。 我が国水路測定の創始者として「日本水路 …
続きを読む

宇田川玄真(うだがわ・げんしん)・岡山/三重の偉人 伊勢国山田・安岡家出身。 宇田川玄随没後宇田川家の養子となる。 明和6年(1770)12月28日−天保5年(1835)12月4日 67歳 蘭方医、蘭学者。 養父は宇田川玄随、養子に宇田川榕菴。号は榛斎(しんさい)。 「芝蘭堂四天 …
続きを読む

江戸川乱歩(えどがわ・らんぽ)・三重の偉人 三重県名賀郡名張町(三重県名張市新町)生まれ。 明治27年(1894)10月21日−昭和40年(1965)7月28日 70歳 大正から昭和にかけての推理小説家。 日本に本格的な推理小説の分野を確立させた。 アメリカの文豪エドガー・アラ …
続きを読む
山寺芭蕉記念館(山形県山形市)

山寺芭蕉記念館(山形県山形市大字山寺字南院4223) TEL 023-695-2221 開館時間 9:00〜16:30 休館日 不定休、年末年始(12月29日〜1月3日)、展示替のための臨時休館日 入館料 一般400円 芭蕉が「奥の細道」の旅で山寺を訪れてから三百年目、同時に山形市ができてか …
続きを読む