【偉人録】郷土の偉人

郷土の偉人の志を引き継ごう!偉人の故郷、ゆかりの地の紹介。生誕地、記念館、史蹟、墓所、関連HP、関連書籍、ニュースの紹介。【郷土の偉人研究会】 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

タグ:岩手の偉人

伊能嘉矩の誕生150年企画展 遠野出身の台湾人類学先駆者(河北新報・2017/8/13) 岩手県遠野市出身で、台湾人類学の先駆者と称される伊能嘉矩(かのり)(1867〜1925年)の生誕150年を記念した企画展が遠野市博物館で開かれている。11月23日まで。 国立台 …
続きを読む

萬の存在、影響大きく 記念美術館 県内作家と比較し紹介(岩手日日新聞社・2015/05/10) 花巻市東和町土沢の萬鉄五郎記念美術館(中村光紀館長)で「萬鉄五郎という存在−萬鉄五郎とその周辺の画家たち−」展が開かれている。日本を代表する洋画家萬鉄五郎(1885〜1 …
続きを読む

盛岡市玉山区出身の歌人・詩人石川啄木(1886〜1912年)をしのぶ「啄木祭」(実行委主催)は6月6日午後1時半から、同市玉山区渋民の姫神ホールで開かれる。  第1部は脚本家・作家の内館牧子さんが「私と盛岡、そして啄木」と題して講演。第2部は内館さんと石 …
続きを読む

武田忠一郎(たけだ・ちゅういちろう)・岩手の偉人 岩手県遠野町東館(岩手県遠野市)生まれ。 明治25年(1892)5月8日‐昭和45年(1970)12月10日 78歳  音楽家、バイオリン・音楽教育・民謡研究家。 東北民謡三千余曲を採譜し、「東北民謡集」全6巻、「東北 …
続きを読む

後藤寿庵(ごとう・じゅあん)・岩手の偉人/宮城の偉人 素性について諸説あるが、通説では、陸奥国東磐井郡(宮城県北部・岩手県南部)を支配した葛西氏の家臣で藤沢城主・岩淵秀信の三男に生まれる。 ※藤沢城のあった岩手県東磐井郡藤沢町は、平成23年(2011)9月26 …
続きを読む
【第37代内閣総理大臣】米内光政(よない・みつまさ)・岩手の偉人

米内光政(よない・みつまさ)・岩手の偉人 岩手県南岩手郡三割村下小路36番地(岩手県盛岡市愛宕町)生まれ。 明治13年(1880)3月2日‐昭和23年(1948)4月20日 69歳 海軍軍人、階級は海軍大将。 第37代内閣総理大臣 昭和15年(1940)1月16日(59歳)−昭和1 …
続きを読む

金田一京助(きんだいち・きょうすけ)・岩手の偉人 岩手県岩手郡仁王村字四ッ家町(岩手県盛岡市本町通2)生まれ。 明治15年(1882)5月5日‐昭和46年(1971)11月14日 89歳 国語・言語学者。アイヌ語研究の創始者。 東京帝国大学教授、国学院大学教授。 非常時国家への …
続きを読む

新渡戸伝/新渡戸傳(にとべ・つとう)・青森/岩手の偉人 盛岡(南部)藩士新渡戸維民の子として花巻に生まれる。 寛政5年(1793)−明治4年(1871)9月27日 78歳 陸奥国三本木(十和田市)の開発者。 日本初の農学博士で『武士道』の著書、新渡戸稲造(にとべ・いなぞ …
続きを読む

大槻文彦(おおつき・ふみひこ)・宮城/岩手/江戸の偉人 江戸木挽町生まれ。 仙台藩の儒学者・大槻磐渓の三男で兄は漢学者の大槻如電。 祖父は蘭学者の大槻玄沢。 弘化4年(1847)11月15日−昭和3年(1928)2月17日 80歳 国語学者。 日本初の近代的国語辞典『言海』の編 …
続きを読む

萬鉄五郎(よろず・てつごろう)・岩手の偉人 岩手県和賀郡十二ヶ村(岩手県花巻市)生まれ。 明治18年(1885)11月17日−昭和2年(1927)5月1日 42歳 大正〜昭和初期の画家。 日本洋画の先駆者。 18歳で上京し早稲田中学(現早稲田高校)に入学。 一方で禅を学び、僧と …
続きを読む