伊集院先生のメモ帳

自称小説家の先生のメモ帳を覗き見

ようやく読み始めた。


もっと早く読んでおけばよかった。

クラシック音楽の聴き方を変えることができそうだ。これまではこのフレーズかっちょいい 、とりあえず音質がいいといった近視眼的視聴だったのが、もっと広い視野から楽しめることを学んだ。すげえぞハルキムラカミ。


手始めに馴染み深い曲から聴き比べにチャレンジ。

どれを聴いても記憶が邪魔をしてしまう。自分のことを天才だと思っていた頃の、 エゴと自己顕示欲しかなかった頃の。

聴き込んだ代償がこんなところに現れるとは。いらんことを思い出して楽曲を楽しめない。


そこで、だ。思いついた。記憶の上書きをすれば良い、のだ。

女性の恋愛は上書き保存なの、そう、それだ。


例えばシベリウスをベタなところで聴く。

IMG_1124

海沿い、シベリウス公園の脇。かなりベタだが止むを得ない。

効果も全然ない。
 

IMG_1032


久しぶりにライヴハウスに。かの有名なクラブ、いや、クラブ⤴︎。

お目当てのバンドの40分を全力で満喫しギブアップ、体力の限界。

かっこよかったぜ在日ファンク。



いかしたMVだぜ、まったく。

昼間っからビール飲んでライヴに興じるのが、ぜいたく。自分にも弾ける気がするけど楽器引っ張り出さないのが、ぜいたく。いや、ただの怠け者。

帰りに天下一品に寄るのがいちばんのぜいたくかと思いきや、途中で食べらんなくなって残す始末。
これもぜ、ぜいたく。



 

DSC00183

生まれて初めて買ったライブビデオ(当時はVHS)をDVDで買ってしまった。
記憶媒体が激しく変わっている、しかも衝動買い、立派なおじさんになりつつあります。

ビデオデッキとMDコンポを繋げてライブMDを作成したり、まんまと影響を受けて人生初の楽器にフライングVを選んでしまったり、交差点的な1枚でした。

このDVDを流しながら、腸詰屋のベーコンとソーセージをつまんでビールを飲む。
なんて贅沢な、Oh Loneliness

清里で買った軽井沢土産のおかげでまだ余韻に浸っているのでした。

各所で友人のもとを訪れる図々しいツアーになってしまいましたが、 楽しかったー。
環境が変わってるのに相手をしてくれたさけ、まんで有難い。

あぁ夢から醒めた、あらゆることが憂鬱でしかたない。
心の隙間を埋めるため、来週は憧れの方々のライヴに行きます。楽しみだー。

 

どうだ、リア充っぽいブログだって書けるんだぞ! 

このページのトップヘ