2006年11月16日

センバツ出場校予想

 ちょっと早いかもしれませんが、センバツ出場校の予想をしてみました(◎は確実、○は濃厚、△は微妙、×は大穴です)。皆様と予想が異なっても、悪しからずご了承ください。

北海道(1) ◎旭川南
 ここは文句なしに旭川南で確定。

東北(2) ◎仙台育英 ◎聖光学院
 結果から考えて、4強の高校を選出することは極めて考えにくい。準優勝の聖光学院も選出は確実と思われる。

関東(4.5) ◎千葉経大付 ◎佐野日大 ◎日大藤沢 ○桐生第一 △成田 ×明秀日立 ×都留
 準決勝で千葉経大付に敗れた日大藤沢までは確実。同じく佐野日大に惜敗した桐生第一もほぼ間違いなく選ばれると思われる。問題は5校目があるかどうか。準々決勝で千葉経大付に敗れたのは明秀日立だが、4−13と大差の上、シードのため1勝もしていないのがマイナスポイント。むしろ準優勝の佐野日大に3−4と惜敗した成田のほうが有力だろう。ただ、成田は希望枠での選出の可能性が大いにあり、そうなると都留が一般枠で選出される可能性まで考えられる。

東京(1.5) ◎帝京 △桜美林
 帝京は確実として、2校目があるかどうか。成田が希望枠で選ばれるケースも想定され、今年も東京2枠の可能性が高いと私は見ている。成田が希望枠で選出されなかったとしても、関東は優勝校に準々決勝で敗れた明秀日立の内容が悪いため、やはり2校選ばれる可能性が大いにある。

北信越(2) ◎日本文理 ○創造学園大付 △星稜
 すんなり準優勝の創造学園大付で決まるか否か。同校が日本文理に2−9で完敗しているのに対し、星稜は9−12と一応接戦を演じている。星稜が選ばれる可能性も無視できない、というのが妥当な見方だろう。

東海(2) ◎常葉菊川 ◎中京 ×大垣日大
 準決勝がいずれも完封ゲームであることを考えれば、準優勝の中京もほぼ確実に選ばれるだろう。大垣日大が一般枠で選ばれる可能性もないとは言えないが…。ただ、同校は希望枠での選出が考えられる。

近畿(6) ◎報徳学園 ◎大阪桐蔭 ○北大津 ○市川 △北陽 △近江 △東洋大姫路 △智弁和歌山 ×郡山 ×京都成章
 ヘンテコリンな選考が平然と行われる地区だけに、4強の北大津・市川といえども安心できない。「地域性」という意味不明な名分を持ち出して、近畿大会初戦敗退の高校が選ばれたことが何度もある。となれば、初戦敗退の郡山・京都成章あたりにもチャンスはあるのかもしれない。8強の高校についても、優勝校の報徳学園に負けた北陽は0−5と完封負けを喫しているだけに、こちらも選出濃厚とも言い切れない。確実なのは大阪桐蔭までということになる。

中国(2.5) ◎広陵 ◎関西 ○宇部商 △華陵
 もともと3校選出の可能性が高かったが、四国が神宮枠を獲得したことで、なおさら3校選ばれる可能性は高まった。となれば、準優勝の関西までは確実に選ばれるだろう。3校目はやはり広陵に敗れた宇部商が有力か。しかし、関西に5−6で惜敗した華陵も十分に可能性はある。

四国(3.5=神宮枠) ◎高知 ◎今治西 ○室戸 ×徳島商 ×香川西
 試合内容から考えて、今治西までは100%に限りなく近い確率で選ばれるだろう。神宮枠がなければこの2校で終わりだったと思われるが、今年は3校目についても考える必要がある。4強の室戸は高知に0−7、徳島商は今治西に0−13と大敗している。ここは室戸の選出が濃厚だろう。しかし、室戸は21世紀枠での選出も考えられる。そうなると徳島商はおろか、今治西に2−6とゲームを作った香川西の選出まで考えられる。

九州(4) ◎熊本工 ◎大牟田 ◎小城 ○鹿児島商 ×自由ヶ丘 ×福岡工大城東
 4強までの4校で何も問題はない。のだが、それは普通の人が選考すればの話だ。何かと理屈をつけて福岡の高校を選ぶことが慣例になっている。となれば、2勝して熊本工に敗れた自由ヶ丘や、準々決勝で小城に5−6で惜敗した福岡工大城東が選ばれる可能性もゼロとは言い切れない。そうなれば涙を呑むのは鹿児島商ということになるだろう。


 今回はやや早く、来年1月26日に出場校が決まることになっています。抽選は3月15日、大会は3月23日に始まります。早くも楽しみですね。


blog.gif



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ik1004/50822263