2019年08月11日

新生北照、粘り見せるも惜敗

(選手権1回戦)
北 照 000 001 011=3  桃枝(8)−佐藤
中 京 000 000 40X=4  不後(5.2)、赤塚(2.1)、元(1)−藤田

 中京学院大中京(岐阜)は、準決勝までの5試合をオール完封&コールドで勝っています。一方で北照もチーム打率.360を誇り、強打のチームに見えてしまいますが、これは「小樽支部あるある」。支部予選で打ちまくることができるため打撃の数字が水膨れしてしまうのですが、実際は打線に全く自信を持てない、投手のチームです。

 中京のエース左腕・不後祐将は、中学時代に全国優勝を経験し、U-15の日本代表にも選ばれたことのある好投手。この投手のすごみは内角の制球力。死球にならず打たれもしない、絶妙な内角のコースに直球・変化球をいつでも投げることができ、外角との投げ分けで的を絞らせません。

 一方で北照のエース・桃枝丈もしっかり腕を振ることができており、持ち味は存分に出ていたように思います。立ち上がりこそ球がやや高めに浮いていましたが、徐々にスライダー・チェンジアップなどを低めに集めることができるようになり、県大会の打率が.426の中京打線の爆発を許しません。


 6回表に試合が動きます。1死から不後がこの試合初の四球を与え、2番佐藤陸斗には躊躇なくバントのサイン。連打を積み重ねるチームではないだけに妥当なところでしょう。2死2塁となって3番斎藤優斗の打球を一塁手の二村洸生が横っ飛びするも打球をはじきます。何度も書きますが打力が低いだけに、2塁走者の星野央はイチかバチかホームを突く手はあったと思いますが、ランナーは自重して3塁ストップ。これは冷静な判断でした。

 もはや忘却の彼方にある2012年のセンバツ、北照vs光星学院(現・八戸学院光星)の9回裏、1死1、2塁で6番富田魁仁がライト前ヒットを放ち、2塁走者が本塁を突きますが余裕を持って楽々アウトになったシーンがありました。試合はそのまま0−3で完封負け。打球判断も悪すぎますが、3点ビハインドということすら頭になかった3塁コーチャーの大チョンボでした。当時と比べ、判断力は雲泥の差です。

 判断が良かったことのご褒美はすぐにやってきました。4番桃枝がインコース直球をしぶとくセンター前に運び、欲しかった先制点! 続く5番国方海成のカウントが1ボールとなったところでまさかの投手交代。これはビックリでした。2番手は背番号18の3年生右腕・赤塚健利。岐阜大会では全6試合に登板したとはいえ、イニング数は7回1/3。大差でリードした試合でゲームを締めたのかなと予測できる数字です。

 いきなり四球を与えて満塁となりますが、この回に148キロを計測して球場がざわつきます。直球一本でゴリゴリ攻めてきましたが、直球に威力があり後続は倒れてしまいました。

 7回裏、9番元謙太にこの試合3本目のヒットで出塁を許すと、2番申原愛斗には真ん中のスライダーを打たれ、左中間を真っ二つに破るタイムリー二塁打を浴びてまず同点。さらに2死後に4番藤田健斗にも三遊間を破られて逆転、5番小田康一郎にもレフト前に落ちるタイムリー二塁打を許してしまいました。さらにこの回すべての打者に対して真ん中〜外角のリードだったので、さすがに読まれた可能性があります。

 打ち取った当たりが風に戻され内野と外野の間に落ちるヒット、さらに6番不後が振り逃げ、7番二村にライト前タイムリーを浴びて4点目を取られたところで2回目の守備のタイム。NHKで解説を務めた杉浦正則さんの指摘もありましたが、流れが良くない中でもっと早くタイムを使うべきでした。ハッキリ言って4点も取られてからでは手遅れです。結果的にタイムを取った後は一塁ゴロでピンチを切り抜けました。


 また、8回表無死1塁で2番佐藤に送りバントを命じましたが、3点ビハインドの8回では疑問の采配。4番桃枝がセンターオーバーのタイムリー二塁打を放ち1点は取りましたが、言うまでもなくまだ2点差、そしてこの後は下位打線、ついでに言えば8回裏をゼロで抑えられる保証もどこにもありません。

 8回裏は先頭打者に四球を与え、平凡なバントを桃枝が1塁に悪送球。もう疲労がピークに達しているのか? と思いきや、無死2、3塁の大ピンチを無失点で凌いで見せました。まさに自作自演。

 9回表、中京は背番号3の2年生右腕・元が1塁からマウンドへ。県大会と同様に抑えの役割を担うことになりました。先頭の6番楠絢心がフルカウントから死球、上林弘樹監督の指導通りバットを丁寧に置いて1塁へ。8番山崎昂大が左中間を破るタイムリー二塁打で1点差! なおも1死2塁でしたが後続が倒れ無念の惜敗となりました。


 北照にとって夏初勝利とはなりませんでしたが、今年はそもそも甲子園に出場できるような戦力ではありませんでした。よくぞここまで持ってきたというチームです。

 最後に豆知識を・・・。北照は典型的な先行逃げ切り型のチームで、甲子園で逆転勝ちしたのは、実は2000年センバツの橿原(奈良)戦だけ。それも前評判で劣るチームを相手に延長戦で辛勝しただけでした。そして負けるときは無抵抗であっさり負けることの多いチームでしたが、今年は素晴らしい粘りを見せてくれました。

 もう以前の北照のことは忘れても良いのかもしれませんね。新しい北照に生まれ変わりつつある、と評して良いと思います。

この記事へのコメント
こんばんは、北海道勢はまた初戦負けでしたね…
しかし、私は驚きました。失礼ながら私は今年の北照の戦力にかなり懐疑的だったので、中京相手にこれだけの試合をしたことが凄いなと…
とくにエースで4番の桃枝くんはその肩書きに恥じない実力を見せてくれたと思います!
旭川大も北照も今までのように無抵抗のまま負けていくということは全く無くなり、負けるにしても多少の見せ場も見せてくれるようになりました。来年、もしくは再来年にもどちらかが出場したら、その時がいよいよ勝利の校歌が流れる時になるのかもしれません。
Posted by アイエー at 2019年08月11日 23:36
また惜敗でしたね、残念です。こちらの望む展開になり先制できて良かったのですが。もちろん1対0では終わることはないと思っていたので悪くても3失点以内でと願っていたら4失点、嫌な取られかたもしてしまいましたね。
向こうの継投もがっつりはまった、というわけでもなく、終盤チャンスはありました。
打線と複数投手で上回る相手によくやりました。
接戦敗戦を多くする北海道、見慣れすぎたせいか毎年の名物的なことにしか感じなくなってきました、はあ、秋季大会の話でもしますか、この流れはすっかり我が家の夏の風物詩になりました。泣
Posted by キー坊 at 2019年08月12日 09:21
うーん……惜しいと言えばまあ、そうなんですが…。
北照を優勝させてしまった大谷、駒苫、東海に喝ですね(笑)。
北海道を離れてるため、それぞれの戦力など細かくはわからないので無責任なことは言えませんが、少なくともこの3校のどれかが行くものだと思ってましたし、戦力的にも期待できたのではと思います。
駒苫、北海、東海の活躍のおかげで、ちょっと贅沢になってしまったかもしれないですが。

北照の選手達は頑張ったとは思います。
ただ、あいけいさんもおっしゃるように、3点ビハインドの8回ノーアウトで先頭が出塁のあと、送りバントはないでしょ。
あれを見てガックシきました。
善戦ではなく、勝つための采配をお願いしたいところです。

ところで、旭川大の健闘も称賛されてましたね。能登投手は素晴らしかったですが、フレッシュな状態の奥川投手を打つのはやはり難関です。調子はそれほどでもなかったようですが。
しかしながら、北北海道代表はこれで初戦8連敗と単独ワーストを更新してしまいました。
来年は是非、ワースト2位の7連敗中である島根県代表とやって貰いたいです。

今年でも、石見智翠館には勝てたよなあ……。

Posted by kita-tora at 2019年08月12日 17:23
>アイエーさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

おっしゃる通り、北照は予想以上に善戦してくれたと思います。私は最悪完封負けも覚悟しておりました。桃枝選手は4番として打撃も非凡なところを見せてくれましたね。

北照が甲子園での負け試合でこんなに粘ったのは、初出場時の1991年に沖縄水産を相手に最終回に3点を挙げて以来だと思います。あとは2010年の長崎日大戦を除き、7回以降に得点を挙げることすらできておりません。無抵抗主義の極みでした。

書いていただいたように、旭川大高ともどもこういう野球を続けていれば、甲子園での勝利はそう遠くないですね。
Posted by あいけい at 2019年08月12日 22:35
>キー坊さん

こんばんは、コメントありがとうございます。

書いていただいたように、展開としては北照にとって理想に近かったですね。少ない点数で逃げ切る以外になかったので、7回裏の4失点はせめて2〜3失点で食い止めていれば、とも思います。

ご指摘通り、中京学院大中京の継投策は成功ではなかったと思います。特に最終回に元投手に継投したのは、もう少しで失敗の烙印を押すことができました。

北照の負け方は北北海道勢の毎度おなじみ接戦+逆転負けに近いにおいがして、たしかに風物詩ですね(笑) 昨年の神宮大会のようにスカッとする出来事でもあれば良いのですが。
Posted by あいけい at 2019年08月12日 22:40
>kita-toraさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

戦力的には書いていただいた大谷・駒苫・東海の3強ということで、私の認識も同じでした。東海については打線が弱いので、仮に準決勝勝っていても桃枝投手を打てたかどうかはかなり怪しいところではあります。

大谷・駒苫についてはくじ運悪すぎですね。北照が大谷室蘭・創成と勝って準決勝でしたが、駒苫はセンバツ出場校の大谷・第一に勝ってようやく準決勝、おまけに北照のほうが休養日が1日多いという有様でした。残念ながら駒苫にとっては悪条件が重なりすぎたと思います。

もっとも、駒苫は単なるくじ運だけで済まされないミスもあったわけですが、それについてはおそらくツイッターなどで見聞していると思いますので省略いたします。

北北海道が最後に勝ったのは…白樺が鳥取商に勝った時でしたかね。あれはいつもと逆に、負けていてもおかしくない試合を拾った感じでした。北海道勢が島根と最後に対戦したのは、思い出深い1994年、元横浜の杉山俊介がいた砂川北が江の川に勝った時以来ですか。まあたしかに、そろそろ戦いたい相手ですね(笑)
Posted by あいけい at 2019年08月12日 22:58
桃枝、良かったですね!
あとは星稜に期待します!
Posted by フラワー at 2019年08月14日 00:44
>フラワーさん

こんばんは。星稜にはぜひ勝ち進んでほしいですね。
Posted by あいけい at 2019年08月14日 21:48