2019年08月18日

コンサドーレ8発! クラブJ1新記録

(J1リーグ第23節 IAIスタジアム日本平 18時キックオフ)
清水 0−8 札幌

前半(0−2)
後半(0−6)

得点:10分 チャナティップ
   24分 ジェイ
   49分 進藤亮佑
   57分 鈴木武蔵
   75分 ジェイ
   79分 ジェイ
   84分 福森晃斗
   90分 チャナティップ


 まずはこのハイライトをご覧ください(約3分)。本来ハイライトは、シュートが惜しくも外れるシーンなども収録するのが常識なのですが、あまりにゴールが多すぎて、結果的にコンサドーレのゴールシーンだけで終わってしまってます。チャナティップの出身国であるタイの方のコメントも目立ちますね。




 清水のFWドウグラスが惜しいシュートを2〜3回外してくれたのが勝敗を分けたと思います。札幌はここ数試合、相手よりも多くのシュートを放ちながらゴールネットを揺らせない、もどかしい試合が続いておりましたが、まさに便秘が解消されたような試合となりました(たとえが悪すぎて申し訳ありません)。

 清水が決定機を外し、札幌がきちんと決めたとはいえ、前半終了時点ではまだ2−0。後半こそドウグラスが爆発する予感もありましたし、もうひと山くらいありそうな試合になる可能性はありましたが…。

 仕事のため生観戦できず、DAZNで21時30分頃から観戦を始めた私。前半を終えたところでリビングの冷蔵庫に目薬を取りに行ったのが運の尽き。NHKのサタデースポーツを見ていた父親から「8点取ったで〜♪」と壮大なネタバレを食らってしまいました。

 あわてて耳をふさいで部屋に逃亡。とはいえ8点取ったのが札幌とは一言も言ってなかったし、後半だけで6点なんて。どうせ8点取ったのは鹿島あたりだろう、と自分に言い聞かせましたが…。

 札幌が4点目を奪った後に、試合開始時点の4−2−3−1から4−1−4−1にフォーメーションを変更した清水ですが、アンカーの両脇に広大なスペースが生まれてしまいました。

 そこをFW鈴木武蔵、MFチャナティップ、MF白井康介らが自由に走り回り、さらに清水は足が止まってしまい、その結果8得点につながったというゲームでした。

 8得点はJ1ではクラブ新記録、リーグ全体でも2位。8点差はリーグタイ記録。アウェーでの8得点は、J1史上4度目。記録づくめのゴールラッシュでした。

 それでも北海道のスポーツ紙の一面は、1割バッター・清宮幸太郎の犠牲フライ。連敗を止めたのは分かりますけど、もうちょっと考えていただきたいものですね。

この記事へのコメント
9連敗で、大雨強風のなか札幌ドーム行くだけの価値あるゲームが観れるのか。
ドキドキしてましたが無事台風も夜中に過ぎ。
「勝ち方」なんて難しいことは今のうちには無理でも、理屈抜きで勝たなきゃ!
連敗でホーム帰ってきて満員の札幌でファンに勝たせてもらえないならプロ野球チーム失格!
と自分の中でなんだかよくわからないプレッシャーをかけて「俺が連敗止める!」と意気込んでドームへ。
勝てて良かったです。
多分17日負けてたら今季残り試合テレビ観戦すらしなかったでしょう。
試合後花火見てたらコンサが爆勝の速報がスマホに入り、Facebookではハチゼロ札幌コールが物議になってたり。
まあ色々ある日でしたね。
FC東京戦行きます。
Posted by フラワー at 2019年08月22日 01:02
>フラワーさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

負けが込む中で、勝ちゲームを運よく観戦できるとは、持っておられますね! それとも、フラワーさんの応援が勝利を呼び込んだのでしょうか。もっとも、そのあとはまた連敗街道をまっしぐらですが・・・。

ハチゼロコールは賛否ありますけど、相手を侮辱する意図がないとはいえ、清水サポーターにとってはあまり良い気分はしないでしょうし、控えるべきだったと考えています。

FC東京戦行かれるのですね。ドームでは一昨年も勝ってますし、昨年はほぼ今の時期に0ー2から逆転勝ちしてますので、今年も何かありそうです。FC東京にとっては地獄のアウェーの始まりですので、ここで叩いておきたいですね。
Posted by あいけい at 2019年08月22日 21:59