2019年11月18日

白樺学園、健大高崎に惜敗

(神宮大会高校の部 準決勝)
健大高崎 000 200 100=3  下(9)−戸丸
白樺学園 000 002 000=2  坂本武(5)、片山(4)−業天

 健大高崎(関東=群馬)は倉敷商(中国=岡山)・明豊(九州=大分)といずれもタイブレークで連破。連戦で今日の試合を迎えます。先発は初戦で完投、2回戦ではタイブレークの10回から登板して見事無失点に抑えたエース左腕・下慎之介。2回裏は打撃妨害などで1死満塁のピンチを迎えますが、投ゴロ併殺打に仕留めて波に乗ります。

 白樺学園は背番号10の横手投げ右腕・坂本武紗士。初戦の国士舘(東京)戦では9回途中から救援して試合を締めていますし、全道大会決勝の札幌日大戦では4回途中からのロングリリーフで札幌日大打線の勢いを止めた投手です。

 特に右打者が外角に逃げるスライダーの見極めに苦戦していた健大高崎ですが、4回表は2死2塁で左打者の5番木川玲が高めに浮いて落ち切らなかったスライダーをライトスタンドに叩き込み先制2ランホームラン! 失投なのは明らかですが、それを逃さなかった木川が見事と言うよりほかはありません。

 2回のチャンスを逃して下の術中にはまりかけていた白樺学園ですが、6回裏にようやく反撃。先頭の3番宮浦柚基がレフトスタンドにソロホームラン! さらにヒットと四球で無死1、2塁のチャンスを作りますが犠打失敗。その後2死満塁となり、途中から9番に入っている玉置健士郎がスライダーを空振り三振…と思いきや振り逃げ、中学(高崎ボーイズ)時代から下とバッテリーを組む捕手の戸丸秦吾の送球が玉置に当たり、3塁走者が生還して同点に追いつきます。

 7回表は先頭の橋本脩生がライトフェンス直撃の三塁打で無死3塁のチャンスを作り、2死後に9番山畑陸がワンバウンドしたスライダーを振り抜いてタイムリーヒット! これもバッターを褒める以外ないのですが、外一辺倒のバッテリーの配球が読まれてしまった証左でもあります。

 8回表2死3塁、健大高崎がホームスチール敢行! 完全にセーフのタイミングでしたが、バッターが見逃し三振に倒れて得点はなりませんでした。これは意表を突かれました。「ある」と思わせるだけでも十分効果があります。ただし、バッターが打っていればランナーに打球が直撃していた可能性もあり、できれば1ストライクまでに行ったほうが良いでしょう。

 7・8回裏といずれも2死満塁のチャンスを作った白樺学園ですが、後続が倒れました。9回裏も1死2塁のチャンスで後が続かず、下が154球完投勝利で健大高崎が決勝進出となりました。

 白樺学園としては、守りは無失策で盗塁も2つ刺して合格点。初戦に引き続き、課題は打撃でしょう。下が序盤に制球がやや安定しなかったところを叩きたかったですね。もちろん秋なので仕方ない部分はありますが、甘い球を見逃しボール球に手を出す選球眼に課題が残りました。下は初球にストライクを取りに来る傾向があったので、そこを叩ければ理想的でした。

 解説していた智弁和歌山の高嶋仁元監督は「白樺とはやったことがあるんですけど、ホームランを2本か…打たれましたよ。ええバッティングしてました」と発言しました。なお、高嶋監督のエース温存舐めプ継投により、同点満塁本塁打と勝ち越しソロ本塁打を浴びて真っ青になっていた模様。2本とも3番手格の投手から打ったもので、ちゃんとした継投をしていればこのホームランはなかったでしょう。



(神宮大会大学の部 2回戦)
慶應義塾大 603 000 0=9
東海大札幌 000 000 0=0 ※7回コールド

(慶応)高橋佑(4)、増居(2)、津留崎(1)−郡司
(東海)宮沢怜(0)、工藤(2)、徳橋(2.2)、福田(0.1)、高沼(2)−井内

 これは昨日の試合。仕事中にコソコソ隠れて試合を見てたのですが、ちょっと目を離したスキにどんどん失点が増えとる・・・。さすがにドラフト指名選手を4人も擁する慶応は強いですな。

 7回から3番手で登板した津留崎大成(4年=慶應義塾高)も最速153キロを誇り、楽天から3位指名を受けた好投手。7回裏2死走者なし。ネクストサークルには、初戦で死球を受けて左手小指中手骨を骨折し、ベンチスタートとなった外石和也主将(3年=駒大苫小牧)の姿が。もう一度外石を打席に立たせたい。

 ナインの思いは通じ、代打相馬大河(1年=東海大札幌高)がセンターオーバーの三塁打で出塁! そして外石は打ちたい思いをこらえて四球を選びます。さらに二進して2死2、3塁と攻め立てますが、後続が倒れてゲームセット。

 なんか、エンジンの性能が全然違う車の競走みたいな試合になってしまいましたが、六大学が思わぬ格下にコロッと負けることも増えており、やりようによっては勝てるはず。また来年に期待します。

この記事へのコメント
負けてしまいましたが収穫のある試合でしたね。
おっしゃるとおり打撃に課題がありました、打つべき球と振っちゃいけない球。高嶋さんが何度も言ってました。まあ川波君、細谷君が打たなくてもこれだけやれたのは国士舘戦、健大高崎戦ともに投手陣が頑張ってくれたからでしょう。練習した守備も良かったですし。
札幌大谷と明豊戦を思い出します、好投手相手にチャンスで打てない反省を生かして選抜につなげてほしいですね。
まあ打線の上位、中軸が機能しない時には不思議と他でカバーできる(3番打者はおみごと!名前ド忘れしました笑)のが野球、全て噛み合えば面白いチームです、選抜が楽しみです
Posted by キー坊 at 2019年11月19日 05:43
>キー坊さん

こんばんは、コメントありがとうございます。

残念な結果になりましたが、書いていただいたように、収穫が多かったと思います。

ご指摘通り、全道大会で当たっていた1、2番が全く打てませんでしたね。そんな中で3番の宮浦選手(笑)、見事な追撃の一発でしたし、それ以外の打席でもしっかりと仕事をしました。

たしかにセンバツの札幌大谷vs明豊戦のようなもどかしさがありました。ただその時とは違って、不祥事さえ起こさなければ全国で最低でももう1試合できるわけですから、今回の教訓をぜひ生かしてほしいですね。
Posted by あいけい at 2019年11月19日 21:52
こんにちは、白樺は2試合を神宮で戦うことができましたね。収穫も課題も見つかった北海道にとって実りのある秋だったと思います。
健大高崎は北海道にとってあの大敗を思い出す嫌な名前だと思いますが、真正面からぶつかって、結果として敗れはしましたが某学校とは違うところを見せられたのでは、と思います。
あとは戸出監督がどうまとめなおすかですね…勝ちきりそうで勝ちきれないという白樺のみならず北海道全体の悪癖払拭を達成してもらいたいですね。
Posted by アイエー at 2019年11月20日 19:37
>アイエーさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

おっしゃる通り、神宮で2試合やれたのは収穫だったと思います。白樺学園自身が甲子園では3回とも接戦を落としていますし、勝ちゲームを勝ちきれないのは北海道全体の課題ですね。

秋は打撃練習の時間を大幅に減らした結果だとも思いますので、守備練習が行いにくい冬場にどう打撃を向上させるか、戸出監督に期待したいです。
Posted by あいけい at 2019年11月20日 22:36