2020年01月28日

サッカーシミュレーションゲーム Football Manager 2020

◇ 次点は「カルチョビットA」

 本記事ではサッカーシミュレーションゲームの「Football Manager 2020」について書きますが、本題に入る前に余談を。

 シミュレーションの高校野球ゲームなら「高校野球シミュレーション4」、プロ野球ゲームなら「ペナントシミュレーション3」で決まり。どちらも無料とは思えないほど出来が良いです。

 ところがサッカーとなるとフリーゲームの数は激減し、有料でも良いシミュレーションゲームがなかなか見当たりません。課金目当てのガチャゲーとか、もうウンザリですし。

 そんな中、ダビスタ(ダービースタリオン)で有名な薗部博之氏が手がける「カルチョビットA」はとても良かったです。以下、分かりやすくするために現実世界の用語で統一します(例:N1→J1など)。

 ガチャ課金はなく、買い切り制。JFLまでは無料でプレーでき、J2以上は1,220円(税込)。一度課金すればそれ以上の追加料金は不要です。ACLやCWC、天皇杯もあり、現実のJリーグに近い雰囲気を味わうことができます。一度強くなると「無双状態」になりがちなので、縛りプレーが必須。お勧めは女性選手限定チーム。これだとJ1では勝てても、アジアや世界ではしょっちゅう負けます。

◇ Football Manager 2020(FM2020)の使用準備

 ここではSteam版(PC版)について紹介していますが、スマホ版もあります。2005年から毎年リリースされているFMシリーズですが、ウイニングイレブンなどと比べると日本での知名度がイマイチなのは、日本語に対応していないため。

 しかし、「こちらのページ」に書かれている手順を一通り実行すると、ゲームの大半が日本語化され、Jリーグの選手も登場します! 一部英語が残ったままになってしまっている部分もあるとはいえ、これはとてもありがたいです。

 上記ページの手順はそれほど難しいものではありませんが、少し面倒ではあります。ただ、手間をかけるだけの価値がこのゲームにはありますね。なお、価格はSteam版が4,980円です。

◇ FM2020は、ざっくり言うとこんなゲームだ!

 サカつくに少し似ていますが、あちらがクラブ運営シミュレーションであるのに対し、FMはあくまで監督の役割を楽しむゲームです。なので解任されることもあります。

 試合のグラフィックは美麗、試合展開はリアル。練習の指示、試合中の指示、選手獲得なども本当に現実にかなり近いです。サッカーを好きであればあるほど嬉しい反面、サッカーの知識が少ないと何をやれば良いのか分からないかもしれません。

 50か国2500チーム以上の、50万人以上の選手が登録されています。私はJFLで始めようと思ったのをやめて、まずコンサドーレで始めてゲームの雰囲気を味わっているところなのですが、ユースの福田心之助とか前川廉らも収録されているのは驚き(2019年データ)。JFLどころか、その下の地域リーグの選手もバッチリ収録されています。これで4,980円って、かなり安いですよ。

◇ 超序盤のプレイ日記

 とりあえず雰囲気を味わうため、面倒くさいところは極力すっ飛ばして試合を中心に楽しんでいますが…。

 駒井善成がゲーム開始時点で全治半年のケガをしているあたり、妙にリアル。ただ、3-4-2-1だとどこにも適性ポジションがない選手が数名ほど・・・。なぜか菅大輝に左WBの適性がないなど、怪しいところはいくつかありますが、おおむねよく再現されています。岩崎悠人の能力が高いのは、札幌サポとしては軽く泣けます。

 リーグ戦は2連勝スタートで、特に第2節のアウェー鹿島戦で1−0で勝ったのは、新聞で金星扱い(笑) ルヴァンカップ初戦のホーム磐田戦では、前半4分までに2点を先制したのに2−3で逆転負け。DF陣の層が薄くて、ターンオーバーするのも大変・・・。まだまだ苦労は続きそうです。