2020年08月21日

一部ルールを変更します

 突然ですがお知らせいたします。きちんとルールを明記していなかった私も悪いのですが、このようにさせていただきます。

 個人的利用については、当ブログのリンクは自由ですが、引用の場合はリンクを必ず明記してください。
 法人による利用や商用利用、ニュースサイト・それに準じるサイト等が当ブログの引用・リンクを掲載する場合は、コメントをつけて私の許可を取ってください。無許可での利用は固くお断りします。また、サイトの内容によっては許可しない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

◇ こんな当ブログでも需要が多いらしい

 このライブドアブログでは、最近人気になっている記事が管理者画面で分かるようになっています。ほとんどの場合は最近掲載した記事が上位なのですが、ある日突然昔の記事のアクセスが増えていることがあります。こういった場合はたいてい、どこかのサイト(5ちゃんねるとか)がリンクを貼り付けているのです。

 どこかの掲示板とか個人のブログ・ツイッターなどであれば、全く問題ないと思います。私もたまに引用させていただいておりますし。

 しかし最近驚いたのは、法人が運営する某まとめサイト(大手じゃありませんが)がリンクを貼ったうえではありますが、当ブログの記事を無断で引用したのです。

◇ 非常にレベルの低いまとめサイトだった

 そのまとめサイトでは、昨年旭川大高が甲子園に出場した際に、当ブログの昔のふっるい記事のリンクを貼りつけて「端場監督の采配はイマイチらしいです」なんて書いているのです。

 たしかに私は端場監督の采配を批判したことは何度かありますけど、そんな大昔の個人のブログの記事をソースにするなんて。手抜きにも程があります。あと端場監督はどんどん良くなってますしね。

 そのサイトの他の記事を見てみると、わけの分からないソース(当ブログ含む)を引用して「〜らしいです」「〜とのことです」「〜のようです」の連発。Googleで検索すれば誰にでも作れる、超手抜きサイトだったのでした。

 私はいったんブログの該当記事を削除して再投稿。これで記事のURLが変わり、そのサイトの引用は無効になる「URL変更の刑」に処したのでした。ちなみにそのまとめサイトの記事が見当たらないので、もしかするとサイトごと無くなったのかもしれません。

 この時はまだ「相手の良識に任せよう」と考えていたのですが、その後も変なサイトに引用されることが何回かあったので、ルールを明記することにしました。

◇ まとめただけのサイトにご注意

 ここから先は完全に余談ですが、「〜について調べてみました♪」で始まる、ただGoogleで調べてまとめただけの粗悪なサイトが近年急増しています。その大半は単なる広告収入目当てです。

 例えば「芸能人の共演NG情報」みたいな、どうでもいい情報(仮に間違えていても問題ない)を調べる手間を省くのにはちょうど良いので、一概に全否定するつもりはありません。

 しかし、誤った情報が含まれている可能性があることに留意せず、そういったサイトを簡単に信用して酷い勘違いをしてしまっている方が増えているのもまた事実。どうか皆様はお気を付けくださいませ。