2020年09月24日

全道大会組み合わせ

全道大会組み合わせ(PDFファイル)

 皆様ご存知の通り、今大会は無観客で行われます。さまざまなデバイスで手厚く中継された夏とは違い、秋はNHK頼みになりそうです。

 せめて準々決勝から放送されて…と私のような無責任な一般人は思いますが、放送枠は何ヶ月も前から決まっているので、きっと難しいのでしょうね。

 さて組み合わせですが、有力校が左に偏った印象。どこが勝ち抜くか予断を許しません。一方右側のブロックは、北北海道勢にもチャンスがありそうです。

 21世紀枠が狙えそうな高校が非常に少ないのですが、知内vs中標津の勝者は有力でしょうか。どちらも「甲子園出場経験」はありますが、帯広農も出場経験がありながら今年選ばれているので、ワンチャンあると思います。準々決勝でも勝つor接戦負けなら良いのですが。

 神宮大会は一応11月20日(金)から開幕予定になっていますが、普通にやるんですかね。今年は非常事態なので、大学の部だけにしても良いとは思います。

この記事へのコメント
左ブロックはかなりハードですね、今秋はクラークに期待を寄せていた自分としてはもう少し組み合わせに恵まれてほしかったものです。
新チームは実力のほどがわからないのですが北海、日大、クラーク、旭川実あたりが優勝しそうかなと予想しています。
21世紀枠はおっしゃるとおり知内と中標津の勝者でしょうかね、札幌東高校なんかは全道にきて1勝していれば有力だったかもしれませんね
Posted by キー坊 at 2020年09月24日 21:15
>キー坊さん

こんばんは、コメントありがとうございます。

クラーク推しでしたか。ただ書いていただいたように、組み合わせが厳しすぎますね。2回戦からの登場とはいえ、初戦の札幌日大戦から全試合南北海道の強豪との対戦になる可能性があります。

今年に関しては偵察部隊からの情報もほとんど入ってこないのですが、書いていただいた4校以外ではいつも通り駒大苫小牧・札幌第一も有力そうです。ご指摘の旭川実は楽しみなチームですし、比較的組み合わせにも恵まれたのでチャンスかもしれません。

おっしゃる通り札幌東は、全道で1勝すれば学力枠で有望でしたね。今回の組み合わせの千歳のところに入れられても厳しかったかもしれませんけど、どれくらいやれるかは見てみたかったです。
Posted by あいけい at 2020年09月24日 22:52