礫川徜徉記 by akabon

荷風散人にひそかにあこがれる市井人の日乗を徒然に記しました。 最近家族でミュージカルにはまっています。俳優では劇団四季の岡村美南さん、演目ではソンドハイムの作品を押しています。

狂気と現実のはざまで〜「ネクスト・トゥ・ノーマル」TENTHより


〇2018年1月10日(水) マチネ シアター・クリエ10周年記念講演「TENTH」 於:シアター・クリエ

lineup_tenthシアター・クリエ開設10周年を記念してのこの企画、2部構成になっていて、1部ではこれまで上演してきた演目から週替わりでダイジェスト版を3本上演するのですが、その冒頭を飾るのがトニー賞「ネクスト・トゥ・ノーマル(Next To Normal)」と聞いて、俄然食指が動いた次第^^;

生の公演は未だ未見ですが、Youtubeで音源やトニー賞受賞式の映像などを視聴して、一度見てみたいと思っていた演目です。
2013年にシアター・クリエで日本初演となった時も、評判を呼んだようです。
今回は、その時主演ダイアナ役を演じた安蘭けいさんが再びダイアナを、そして息子ゲイブ役を今を時めく海宝直人君が演じるということで、これは見るしかないだろうということで行ってきました(笑)

2部はガラ・コンサートとなっていて、1部から海宝君、岡田浩暉、新納慎也が残り、そこに中川晃教、武田真治などが加わるという豪華な布陣。
とにかく、ダイジェスト版とは言え、このキャストで「ネクスト・トゥ・ノーマル」がどんな風に演じられるか、楽しみに行って参りました。
続きを読む

シアターオーブ詣で〜ニューイヤー・ミュージカル・コンサート2018


○2018年1月8日(月) マチネ 「ニューイヤー・ミュージカル・コンサート」 於;シアター・オーブ

NY2018_LEAFLET_0728シアターオーブ恒例となったニューイヤー・ミュージカル・コンサート、今年で3回目だそうです。シアターオーブが不定期に開催するワールド・ミュージカル・コンサートのカテゴリーに属するもので、昨年10月に観たSong and Dance of Broadwayもその一つです。その時は、やや期待外れだったこともあり、今回はお正月だから、行ってこようかという軽いノリ(笑)での観劇です。
それでも、「ノートルダムの鐘」のオリジナル・キャストでカジモドを演じたマイケル・アーデン、「春のめざめ」のブロードウェイ・リバイバル・キャストのアンディ・ミエンタスなど、注目のキャストもおり(この二人は、私生活でもパートナーで、先般結婚したとか)、それなりに期待して行きました。果たして、どんなパフォーマンスを見せてくれるでしょうか。
続きを読む

観劇採(再)録〜2017年の回顧と展望


恒例の1年を振り返っての舞台と映画に関する回顧と展望です。このシリーズ?も漸く3回目となりました。

〇舞台、コンサート(年末のメルボルンでのBook of Mormonは2018年分に編入)
1月
「ノートルダムの鐘」(劇団四季・自由劇場)
「フランケンシュタイン」(日生劇場)
「わたしは真悟」(新国立劇場・中劇場)
「キャバレー」(六本木EXシアター)
「ロミオ&ジュリエット」(赤坂ACTシアター)
3月
「トニー賞コンサート in TOKYO」(東京国際フォーラム・ホールA)
「コメディ・トゥナイト」新橋演舞場
4月
「オペラ座の怪人」(KAAT神奈川芸術劇場)
「不信〜彼女が嘘をつく理由」(東京芸術劇場・シアター・イースト)
「ミュージカル・ミーツ・シンフォニー」(Bunkamuraオーチャードホール)
「ブラック・コメディ」(劇団四季・自由劇場)
5月
「パレード」(東京芸術劇場・プレイハウス)
6月
「レ・ミゼラブル」(帝国劇場)
7月
「ビリー・エリオット」(赤坂ACTシアター)
8月
「アンデルセン」(府中の森芸術劇場)
9月
Finding Neverland(東急シアターオーブ)
10月
Song and Dance of Broadway(東急シアターオーブ)
Sweeney Todd; Demon Barber of Fleet Street(新宿シアターモリエール)
11月
「ソング&ダンス」(劇団四季・自由劇場)
「スカーレット・ピンパーネル」(赤坂ACTシアター)
12月
「屋根の上のヴァイオリン弾き」(日生劇場)
「4Stars 2017」(東京国際フォーラム・ホールC)

〇映画(DVD,オンライン視聴を含む)
1月
「ファンタスティック・ビースト」
2月
「最強の二人」
3月
「ラ・ラ・ランド」
「ロシュフォールの恋人たち」
「ムーラン・ルージュ」
5月
「ムーンライト」
「美女と野獣」
「10クローバー・フィールド・レーン」
6月
「怪物はささやく」
7月
「マジック・イン・ムーンライト」
「ハイ・ライズ」
8月
「ブレンダンとケルズの秘密」
「ヤング・アダルト・イン・ニューヨーク」
「シェルブールの雨傘」
「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」
10月
「エヴリバディ・ウォンツ・サム」
「ヘドウィグ・アンドアングリー・インチ」
11月
「カフェ・ソサエティ」
「シング・ストリート」

続きを読む

シナトラを夢見て〜Dream Lover -The Bobby Darin Musical


○2018年1月2日(火) Dream Lover 〜The Bobby Daring Musical 於;Arts Center  Melbourne, State Theatre 

mastheadメルボルン、ミュージカル観劇の第2弾は、オーストラリアのオリジナル作品。50年代、60年代にアメリカで一世を風靡したシンガー・ソングライター、ボビー・ダーリンの生涯を、彼の作品で彩るいわゆるジューク・ボックス・ミュージカルです。

当地で何を見ようかと検討していた際、目に付いたのがこれ。オーストラリアでは一昨年(2016年)上演され、大好評を博し、再演となった模様。ボビー・ダーリンの名前は初めて聞いたのですが、タイトル曲のDream Lover, Mack the Knife, Beyond the Seaは耳にお馴染みの曲です。

Wikipediaでボビー・ダーリンの生涯を確認できる以外、ネットのどこを探しても、このミュージカルの筋書きは出てこないのですが、彼の生涯を描いたものなら、なんとなくわかるだろうということで、チャレンジングですが、飛び込みで行って来ました。
果たして、オリジナル演目の実力は如何?


続きを読む

爆笑再び〜The Book of Mormon


○2017年12月30日(金)ソワレ The Book of Mormon 於;Princess Theatre, Melbourne 

d0787f2ee2b8479439e7a6abb164238aついに、我が家のミュージカル観劇も、地球の裏側、でなくて赤道を越えて南半球にまで足を伸ばすほどになってしまいました^^;
というか実は、インドア派な我が家としては、初めてのオーストラリア訪問地として、ゴールドコースとやケアンズより魅力的に写ったのがシドニーに次ぐオーストラリア第2の都市、メルボルン。当地がミュージカルが盛んであるというのも、当然理由の一つです^^;
ということで、今回選んだ演目は、ブック・オブ・モルモンと、オリジナルのDream Loverの二つ。他にアラジンなどもやっていたのですが、滞在期間との兼ね合いでこの二つとなりました。
ブック・オブ・モルモンは、昨夏ブロードウェイで観劇し、大いに楽しませてもらいましたが、メルボルンのキャストのパフォーマンスはどの程度でしょうか。期待半分、不安半分での参戦です。

続きを読む

星に願いを〜4Stars 2017


〇2017年12月23日(土) ソワレ 「4Stars 2017」 於;国際フォーラムホールC

643_play_image1今年最後の舞台イベントとなります。
城田優が2013年にラミン・カリムルー、シエラ・ボーゲスらと4Starsなるコンサートを開催したことは記憶にあり、今回その第2弾であることは知っていたものの、当初はさほど食指が動きませんでした。
しかし、その後、来日メンバーの中に、「ピピン」でトニー賞主演女優賞を受賞したパティーナ・ミラーが入っていると知って、俄然興味が湧き、チケットを入手。
ところが、そのパティーナ・ミラーが突如降板、がっかりしていたところ、代役が2016年にリバイバル作品の「カラー・パープル」で主演女優賞を獲得したシンシア・エリヴォ(Cynthia Erivo)と聞いて、再び気持ちが上向きに(笑)

シエラ・ボーゲスのみ今春のミュージカル・ミーツ・シンフォニーで生歌を聴いたことがありますが、城田も含めて残る3人は初見。果たしてその歌唱力や如何にということで、楽しみに行って参りました^^

続きを読む

流浪の民〜ミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」


○2017年12月14日(木) ソワレ「ミュージカル 屋根の上のヴァイオリン弾き」於;日生劇場

yanenoue_mainpage本年の我が家のミュージカル見納めとなるこの演目、内容的にもキャストからもそれほど強く見たいと思っていた訳ではないのですが、森繁久弥以来、日本でも50年の上演歴のある舞台と言うことで、一応見ておこうかという軽い感じ^^;で行ってきました。
あえて言えば、初見となる鳳蘭さんと、宝塚退団後今回が初舞台となる元娘役トップの美咲凛音さんの歌声の確認、といったところでしょうか。
ブロードウェイでも作品賞を含むトニー賞9部門を獲得し、ロングランとなり、何度もリヴァイヴァルされている演目の実力や如何?
続きを読む

満艦飾?のミュージカル〜「スカーレット・ピンパーネル」


〇2017年11月23日(木)ソワレ 「スカーレット・ピンパーネル」於;赤坂ACTシアター
A1hscbUGGjGj9dBzMlVKDPIO9aJTw5oL5pT4EpdAYxrj8ejFglhz1A9HFNuz3mZf
昨年は壮絶なチケット争奪戦に一敗地にまみれた(笑)この演目。今年は何とかチケットを確保し、勇躍行って参りました。
以前に、「フランクワイルドホーン&フレンズ」でこのミュージカルからも2曲ほど歌われていて、中々いい曲だったという記憶があります。
石丸幹二、安蘭けい、石井一孝というベテランを配した布陣で、安心して聴けそうなところも魅力ですが、さて期待通りのパフォーマンスとなるでしょうか。
(11月25日、追記修正)
続きを読む

記憶の魔術師〜読書ノオト「忘れられた巨人」


51LD187r4IL__SX336_BO1,204,203,200_先日ノーベル文学賞を受賞したことで俄かに日本で注目を集めているカズオ・イシグロ。彼の最新作が文庫化されたことから読んでみることにしました。

もともと、彼の作品は「日の名残り」と「私を離さないで」しか読んでいないものの、いずれも大変感銘を受け、好きな作家の一人と言っても良いと思います。

中世イングランドが舞台のファンタジー色の強い作品ということで、個人的な守備分野にもぴったりの本作^^;
どんな物語が語られるのか楽しみです。


〇「忘れられた巨人」カズオ・イシグロ (早川epi文庫) ☆☆☆☆☆
アーサー王亡き後のブリテン島では、人々の記憶は雌竜クエリグの吐く霧によって奪われ、人々は曖昧な過去と不確かな現在を生きている。そんな中、村の老夫婦は、朧げな記憶を頼りに息子の住む村を目指して旅立つが、途中謎めいた戦士やアーサー王の甥だという老いた騎士らとの出会いを経つつ、夫婦の記憶が断片的に浮かび上がってくる…。
続きを読む

それぞれの道〜劇団四季「ソング&ダンス65」


○2017年11月3日(金) マチネ 劇団四季「ソング&ダンス65」 於:劇団四季自由劇場

JCB_L024255-0005-002約1か月ぶりの更新です^^;
四季観劇は「アンデルセン」以来、ソンダン系は「扉の向こうへ」以来となります。
この手のショー形式の演目は意外に見ごたえがあり、また、前回観た「扉の向こうへ」も好印象だったので楽しみにしていました。
とりわけ、今回が初見となる江畑さん、歌っているところを見るのは初めてとなる三平さんなどのパフォーマンスに注目です。
先般シアターオーブで観た「ソング&ダンス・オブ・ブロードウェイ」との東西対決はどういう結果となるでしょうか?



続きを読む

東京のOff Broadway?〜「スウィーニー・トッド」


○2017年10月15日(日)マチネ SWEENEY TODD ~THE DEMON BARBER OF FLEET STREET performed by Tokyo International Players at Shinjuku Theater Moliere

以前「アヴェニューQ」のコンサート版を観て、そのレベルの高さに驚嘆したTokyo International Players、久方ぶりの本格的なミュージカルがソンドハイム閣下の傑作、スウィーニー・トッドとは嬉しい限りです。

cover-Ma9zHTLg1ORF7qCd5jny3bq3mvjzyBrR実は金曜日から今日(日曜日)まで、シアターオーブで「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」のコンサート版が上演され、何と生みの親でオリジナルキャストのジョン・キャメロン・ミッチェルが来日して主役のヘドウィグを演じることになっており、そちらも行きたかったのですが、土曜は仕事で京都へ出張があり断念。
しかも、ヘドウィグは、今日の分は追加で公演が決まったもので、その前に「スウィーニー・トッド」を確保していたので、こちらを優先したという次第^^;

「ヘドウィグ」に後ろ髪引かれる思いもありましたが、カルト的な人気もあり、チケットの入手も困難な状態だったので、まあ仕方のないところでしょう。
それよりも、ソンドハイム作品の中でも、規模も大きく、美しくも歌いこなすのが難しそうな楽曲が目白押しのこの作品に対し、T.I.P.がどんなパフォーマンスを見せてくれるか楽しみにしていきました。
今回はこじゃるが試験間近ということで、相方と2人での観劇です。
続きを読む

古き良きニューヨーク〜「ソング&ダンス・オブ・ブロードウェイ」


○2017年10月7日 ソワレ 「ソング&ダンス・オブ・ブロードウェイ」 於;シアター・オーブ

song and danceシアターオーブでのワールドミュージカルコンサートの第5弾?
なんだかんだ言って結構見に行っています(笑)
今回は、特段誰がお目当てという訳ではないのですが、例によって、ブロードウェイとウェストエンドで活躍している俳優さん方が折角来日してくれるのだから、一応見ておこうかという感じです^^;
中では、アール・カーペンターがBWでレミゼのジャベールを演じていたということで、やや知名度が高い部類に入るのでしょうか。「スターズ」を歌ってくれるそうなので、そこは楽しみなところです。
あと、日本人ゲストが日替わりで登場するのですが、我が家お気に入りのアッキーこと中川晃教君の回を選びました。
ということで、こちらの意気込みの程度を反映して、席は初めての3階席(爆) シアターオーブの3階はめちゃ舞台から遠いとは聞いていますが、どうでしょうか?
続きを読む

A Boy at Heart〜ミュージカル「ファインディング・ネバーランド」


〇2017年9月10日(日)マチネ ミュージカル「ファインディング・ネバーランド」(Finding Neverland) 於:シアターオーブ

mainvisual来日公演が決まってからその日を楽しみしていたこの演目。昨年NYに行った際、あと数日でクローズドされるということで、街頭でやたらにチラシを配っていたのを思い出します。帰国後、ヒロインがローラ・ミシェル・ケリー(主役オリジナルのマシュー・モリソンはその時点でもう交替していました)と知って、見ておけば良かったと帰国後後悔したのですが、文字通り後の祭り^^;

お話は、ピーターパンの原作者であるイギリスの劇作家、ジェームス・マシュー・バリーとデイヴィス夫妻の4人の息子たち(実際は5人兄弟)との交流と、ピーターパン誕生の舞台裏を描いた実話に基づくミュージカル。元々は、ジョニー・デップとケイト・ウィンスレット主演の映画版がオリジナルです。

今回来日したの北米ツアーのカンパニーということで、キャストは勿論オリジナルではないのですが、かなりの実力者揃いのようなので、その点は安心です。
CDやビデオクリップで曲は予習済み、ストーリーもwikipediaで確認し、満を持しての参戦です(笑)

続きを読む

「物語の王様」誕生!〜劇団四季「アンデルセン」


〇2017年8月19日(土) マチネ 「ミュージカル アンデルセン」 於;府中の森芸術劇場ドリームホール

img_1デンマークの産んだ世界的童話作家、ハンス・クリスチャン・アンデルセンを主人公としたミュージカル。伝記風ですが、fictional storyということで、かなり脚色されたお話で、アンデルセンが一介の靴屋(これは本当)からstory tellerとして成功するまでを、彼の創作した物語の場面を交えながら、歌とダンスでロマンティックに綴っています。

元々は、1952年のダニー・ケイを主役とするミュージカル映画、「アンデルセン物語」をベースとする舞台(1974年ロンドン初演)だそうで、楽曲も映画で使われたフランク・レッサーのものが、そのまま使われているようです。

1983年の初演以来、劇団四季のレパートリーの中でも根強い人気を持つこの作品。とりわけレッサーの楽曲とバレエのシーンが美しいと評判でしたので、全国ツアー中の公演に参戦してきました。
続きを読む

純愛小説?再び〜読書ノオト…「1Q84」


村上春樹シリーズ(笑)も、ついにヤマを迎えた感じです。もちろん、バリバリの現役作家で、この後にも長編は書き続けている訳ですが、個人的には中間決算というか、このあたりで一区切りつけたいと思います。

文庫本にして各400ページ前後のものが全6冊というまさに浩瀚。発表当時、タイトルがジョージ・オーウェルの古典を想起させることもあり、世界中?で話題を呼び、7年前、イギリスにいた時も周囲の外人から「もう読んだか?」とか「村上春樹をどう思う?」などと聞かれて困った^^;記憶があります。

〇「1Q84」(Book1〜3 各前篇・後編) 村上春樹 新潮文庫 ☆☆☆☆
 予備校講師で小説家志望の川奈天吾は、知り合いの編集者である小松から、粗削りだが不思議な魅力を有する文学賞新人賞応募作、「空気さなぎ」のリライトを依頼され、作者である15歳の美少女、「ふかえり」に会った上、これを引き受ける。
リライトされた「空気さなぎ」は新人賞を受賞し、ベストセラーとなるが、「ふかえり」の生い立ちと彼女の描く「空気さなぎ」の世界には、新興宗教集団「さきがけ」が深く関わっており、以降、天吾の周りでは、不可解な出来事が次々と起こっていく…。

 天吾の小学校時代の幼馴染であるスポーツインストラクターの青豆は、ジムで知り合った、DV被害者のためのシェルターを運営する「老婦人」の依頼を受け、ある事情から身に着けた特異な能力=針を用いて無痛、迅速に人を死に至らしめる=を生かし、DV加害者等を密かに暗殺する殺し屋を裏稼業としている。ある日、「老婦人」は、新興宗教集団「さきがけ」のリーダーが信者の年端も行かない子女を強姦しているとして、その殺害を青豆に依頼する。「老婦人」の計らいでリーダーに接近した青豆は、リーダーから思いがけない事実を知らされる…。

天吾と青豆は、自らがいつの間にか「空気さなぎ」に描かれた世界に取り込まれていること、自分たちがお互いを昔から求め合ってきたことに気づくが、お互いの居所に関し何の手がかりもない中、リーダーを殺害された「さきがけ」も、青豆の行方を求めて、追求の輪を確実に狭めていく…。

続きを読む

自由を求めて〜ミュージカル「ビリー・エリオット」


○2017年7月22日(土) ソワレ 「ビリー・エリオット」(Billy Elliot the Musical) 於:赤坂ACTシアター

main_01映画「リトル・ダンサー」(Billy Elliot)のミュージカル版。2005年ウェストエンドで、2008年にはブロードウェイでも上演が開始されて以来、日本での上演が心待ちにされていましたが、ダンス、歌、演技と三拍子そろった子役を揃えるのが中々難しいせいか、今回が満を持しての日本初上演となりました。

上演の1年半以上前となる2015年11月からビリー役を公募、その後育成型オーディションと称する長期間の稽古を経ての公演ということで、相当手間暇とお金がかかっているせいか、劇団四季を除けば日本では珍しい2か月余りにも及ぶ長期公演。さらに、7月19日から23日まではプレビュー期間とされ、S席が12500円ですが、25日から10月1日までの本公演期間は、S席13500円と、強気の価格設定。

TBS、ホリプロ、梅芸などの主催者にとっては、絶対失敗する訳には行かない興行ということで、TVコマーシャルや特番などの前宣伝もかなり力が入っていました。

果たして、関係者たちの意気込みに相応しい、そしてトニー賞を10部門獲得した作品の力を感じさせるパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみです。
続きを読む

存在への不信と不安〜読書ノオト「海辺のカフカ」


村上春樹シリーズ、続いています(笑) 
いよいよ、近年の大作に手を付けてみたのですが、彼の作品は文体が平易なため、割とすぐ読めるものの、キャラクターやストーリーが突拍子もないこともあって、読み解くのには結構時間がかかります。
さて、村上春樹は本当に偉大な作家なのか、いわゆる「村上問題」(勝手に命名^^;)に決着はつくのでしょうか(笑)

〇「海辺のカフカ 上・下」 村上春樹著 新潮文庫 ☆☆☆☆
これまた、ハルキストの中で評価の高い作品です。蜷川幸雄によって過去2回舞台化されたとか。この話を一体どうやって戯曲化したのか、とても想像がつきませんが^^;

幼い頃に実母が姉を連れて家を出て行ったことで、自分の存在に確信が持てない「僕」=田村カフカは、父の忌まわしい予言の呪縛を逃れるべく、15歳の誕生日を機に中野区野方の家を出て四国に向かう。高松の海辺に近い町の小さな私立図書館で、「僕」は不思議な図書館員大島さんと、謎めいた女性館長の佐伯さんに出会う。数日後、何故か意識を失った後に目覚めた「僕」の服には、おびただしい血痕が残されており、その晩、野方に残された父が何者かに刺殺されたことを知る。行き場のない「僕」は途中、姉のような「さくら」の助けを得ながら、結局図書館に住み着くこととなるが、佐伯さんに母の姿を投影しながらも、その若き幻影に恋に落ちてしまう。果たして佐伯さんは「僕」の母なのか、父の予言から逃れるすべはないのか、父を殺したのは「僕」なのか。苦悩しながらも「僕」は禁断の恋に突き進んでいく…

 戦時中山梨県で不思議な事件に巻き込まれ、すべての記憶を失ってしまった「ナカタさん」は、猫とお話が出来るという不思議な能力を生かして、野方で猫探しのアルバイトをして暮らしている。ある日「ナカタさん」は、「ジョニー・ウォーカー」と名乗る奇妙な男と出会う。男は「ナカタさん」に自分を殺すよう仕向けるため猫に対し極めて残酷な所業に及び、「ナカタさん」はやむなく男を刺殺するが、気が付けば何の痕跡も残っていない。その後、啓示を受けた「ナカタ」さんは、ヒッチハイクをしながら四国を目指すが、途中出会ったトラック運転手の星野が同行する。星野と自称「カーネル・サンダース」との不思議な出会いなどを経ながら、二人は徐々に「僕」の住む図書館に近づいていく…。
続きを読む

スローボートに乗りおくれ〜読書ノオト「ねじまき鳥クロニクル」他


今年前半のテーマである三島由紀夫については、戯曲を除いては、主な代表作は読んだかなという感じ。そこで、以前から気になっていた作家である村上春樹を今年後半のテーマにしてみようかと思いたちました。
ここ数年、毎回のようにノーベル文学賞受賞が取りざたされる村上春樹ですが、大昔に少しはまって以来、話題となった「1Q84」など近作はことごとく未読です。なので、最近のブームには完全に乗り遅れています^^;

過去読んだ作品は、長編では「風の歌を聴け」、「1973年のピンボール」、「羊をめぐる冒険」、「ノルウェイの森」、「ダンス・ダンス・ダンス」、短編集では「中国行きのスローボート」、「カンガルー日和」、「回転木馬のデッドヒート」といったところで、どうやら30年以上新作を読んでいないことになります(笑)

正直「ダンス・ダンス・ダンス」を読んだときにも、もういいかなと思った記憶がありまして^^;近年の高評価には、やや狐につままれたような気がしていました
果たして、村上春樹は、川端康成や大江健三郎のような過去のノーベル賞受賞者や、谷崎潤一郎や三島由紀夫、安倍公房のような候補者と比肩しえる大作家なのか、個人的な決着をつけるべく(笑)手を付け始めてみました。
続きを読む

世界は苦痛に満ちている〜読書ノオト「怪物はささやく」他


 再び、覚書として。
 英国児童小説、ファンタジー好きとして先般見た映画「怪物はささやく」の原案者、シヴォーン・ダウドの作品に大いに興味がわき、何冊か読んでみました。
まずは、映画でやや説明不足だった点も含めてすっきりさせてくれることを期待して、この作品からです。

 ちなみに、個人的には、いわゆる児童向け、ジュヴナイルもの、YA(ヤングアダルト)などとされている作品と、一般向け作品の間には、何ら文学的芸術的な価値において差異はないと思っており、良いものは良い、ダメなものはダメ、という立場です。
 むしろ、良質(良心的?)な児童文学作品やファンタジーは、そもそも子供や青少年、そしてかつては子どもであった(周囲の)大人たちに対して、作者が何らかのメッセージを込めているのが普通なので、(優れた作品であれば)それに心を揺さぶられる場合が少なくありません。私が、いわゆる児童文学者の作品を好んで取り上げる理由でもあります。

〇「怪物はささやく」(A Monster Calls) シヴォーン・ダウド原案、パトリック・ネス作、ジム・ケイ画 池田真紀子訳 あすなろ書房 ☆☆☆☆★

 映画でははしょられていた三つ目のお話が詳細に語られ、その寓意(あくまで個人的解釈ですが)、力や恐怖では人の心は開かない、支配できない、人の関心や真の好意は購えないという真理が、よりわかりやすくなっている。
 また、これも映画でははしょられていた登場人物、近所に住む幼馴染のリリーが、原作では、重要な役回りを演じている。
 全体として、ダウドは、苦痛と矛盾に満ちた現実世界で、人間の脆さ、弱さ、暴力性にも向き合いながら、しっかりと自分を見失わずに生きていくことの大切さ、それに必要な勇気(過ちを認める率直さ、誠実、真摯さ)を子供たちに伝えたかったのではないか、あるいはダウドのメモからネスが汲み取ったものは、そのことではなかったのかと感じた。
 いずれにせよ、これらのメッセージが心を打つストーリーと相俟って、全世界でベストセラーになっているのも納得の傑作である。

 
続きを読む

稀代の思想小説〜読書ノオト「豊饒の海」他


読み終わった本が溜ってきたので、覚書きとして。
今年のテーマである三島由紀夫を何作か。

〇「花ざかりの森・憂国」 三島由紀夫 新潮文庫 ☆☆☆★
 三島の16歳での文壇デビュー作「花ざかりの森」を含む自選短編集。
とりわけ「憂国」は、著者自身が「三島の良いところ悪いところすべてを凝縮したエキスのような小説」と称するように、鮮烈な印象を残す。今回改めて読み直してみて、思春期に全集の一遍として読んだ際の衝撃を思い出した。
 主人公の武山中尉が割腹自殺を遂げる際の余りにリアルな描写は、本作を上梓して10年足らず後に、三島自身が割腹自殺を遂げるのだが、そのことを想定して、その準備、予行演習として本作を書いたとしか思えないほどで、まさに鬼気迫るものがある。

〇「午後の曳航」 三島由紀夫 新潮文庫 ☆☆☆☆
 のちに日米英合作で、舞台を英国において映画化された傑作の誉れ高い長編。
 横浜でブティックを営む若く美しい未亡人と流れ者の船員の情事の蔭で、思春期にさしかかった未亡人の息子や友人たちの、透明で純粋な残酷さや通俗への憎悪がエスカレートしていく様が描かれる。
 三島作品としては比較的分かり易い方に位置する作品であり、三島の作風の転換点とされる。首領格の少年の選良意識、主人公の少年の船舶への著しい興味や、隣室との境界壁にあけられたのぞき穴など、「豊饒の海」でも用いられたモチーフが随所に出てくるのが興味深い。

〇「鏡子の家」 三島由紀夫 新潮文庫 ☆☆☆
朝鮮戦争後の経済的繁栄と退廃的な世相の中に、自己中心的で虚無的な生を送る若者たちの末路を描く群像劇。登場人物の言葉や描写を借りて、そこかしこに三島の芸術や美学、思想が語られる。途中、主人公の一人が神秘主義にのめり込む下りがややわかりにくいが、ある意味「午後の曳航」の少年たちに通じる純粋さをもって、陳腐で俗化した社会へ同化することを拒否している若者たちへの三島の共感が見て取れる。

次いで、三島の最高傑作にして、謎に満ちた浩瀚、「豊饒の海」四部作。
「三島最後の長編小説。浜松中納言物語を典拠にした夢と転生の物語。…最後に三島が目指した「世界解釈の小説」「究極の小説」である」(Wikipediaより)とあるように、何せ天才がこの世界を小説で、文学で描きつくそうとした大作なので、凡人の私に理解できるはずもなく、ただただ圧倒されたのみ^^;したがって、以下は単なる印象。
続きを読む
QRコード
QRコード
Recent TrackBacks
Recent Comments