もぐらの株ブログ

山より大きな猪は出ない

マイナス1447万円_| ̄|●

2019年3月22日終値ベースのもぐらファンド(愛称 FRB利上げ打ち止め)です。

現在のポジション

現物株14銘柄
現物株20190322

株式信用取引 なし

先物・オプション
先物建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2019年3月22日までの運用成績

株式
確定損益   −565万円 (受渡日2019年3月27日まで)
含み損益  −1672万円 (2019年3月22日終値)
配当金収入  +740万円
小計    −1497万円 (先週比+106万円)

先物・オプション・FX
確定損益    +71万円 (受渡日2019年3月25日まで)
含み損益    −21万円 (2019年3月22日夜間取引中)
 小計      +50万円 (先週比+2万円)

総計    −1447万円 (先週比+109万円)

今週の先物・オプション決済 +25444円
先物決済


先週末の日経平均株価終値:21450円
今週末の日経平均株価終値:21627円

FRBが米東部時間20日午後2時に発表した今年の利上げ中止はかなりインパクトのあるニュースだと思いました。年内利上げは2回とか1回とかさかんに議論されていたのに、年内0回を予想したセンセーはいませんでした。本日朝のモーサテでもFRBウォッチャーと称する解説者が同様の意見を述べていました。

ところが、NY市場は発表直後は少し上昇したもののすぐ下落し、発表当日は前日比マイナスで引けました。それでも為替はドル安に振れました。現地21日(日本では本日未明)の米国市場は上げたものの、前日比216ドル高(+0.84%)とささやかでした。
NYダウチャート

続いて開いた本日の日本市場は、小高く始まったものの前引け時はマイナスになり、結局前日比18円高のほぼかわらずで終わりました。今までさんざんFRBの利上げ懸念でNYダウが下落して日本市場も大幅下落していたのに、利上げ打ち止めのサプライズでなぜ大幅上昇しないのか理解できません。

楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

IPO ミンカブ・ジ・インフォノイド初値売却

本日、主幹事SBI証券で当選したIPO 4436ミンカブ・ジ・インフォノイド200株(公開価格1050円、マザーズ上場)を1400円で初値売却しました。
ミンカブ初値売り
ミンカブ譲渡益
税金・手数料考慮後、55565円の利益になりました。

公開前の大手初値予想が1300円前後だったので、公募割れまでは心配していませんでしたが、1451KHC(東2上場)および7059コプロ・ホールディングス(マザーズと名証セントレックスに同時上場)と上場日が重なっているのが不安でした。

初値騰落率は、ミンカブ・ジ・インフォノイドが+33.3%、KHCが−2.1%、コプロ・ホールディングスが+14.6%でした。

4436ミンカブ・ジ・インフォノイドの上場初日の値動き
ミンカブ20190319



▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1556万円_| ̄|● & REIT−ETF680株売却

2019年3月15日終値ベースのもぐらファンド(愛称 コピペで無駄に長い記事)です。

現在のポジション

現物株14銘柄
現物株20190315

株式信用取引 なし

先物・オプション
先物建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2019年3月15日までの運用成績

株式
確定損益   −571万円 (受渡日2019年3月20日まで)
含み損益  −1773万円 (2019年3月15日終値)
配当金収入  +740万円
小計    −1604万円 (先週比+62万円)

先物・オプション・FX
確定損益    +69万円 (受渡日2019年3月18日まで)
含み損益    −21万円 (2019年3月15日夜間取引中)
 小計      +48万円 (先週比−21万円)

総計    −1556万円 (先週比+42万円)


今週の先物・オプション決済 +1800円
先物決済20190325


先週末の日経平均株価終値:21025円
今週末の日経平均株価終値:21450円


昨日売れ残った1343東証REIT指数連動型上場投信680株を本日の寄付きに1998円で全部売却しました。
REIT-ETF 680株売却
REIT-ETF利益
税金・手数料引き後、124670円の利益になりました。

本日の東証REIT指数連動型上場投信の値動き
REIT-ETF20190315
2000円は難しいと思っていましたが、本日寄りの1998円から右肩上がりの年初来高値になりました_/>● 終値は2009円です。

米中貿易戦争も英国のユーロ離脱問題も先送りばかりで決着しません。その間隙を突いて日本の株式市場がスルスルと上昇しています。そのうち来るであろう株式市場のボーラクに備えて、先物は出来れば売り長で維持したいと思っていますが、先物価格が上がるにつれて損失額が膨らんでしまいます。3月限の反省から今週は早めのサイクルの取引を心がけていますが、利益は1800円だけで労力に全く見合っていません。昼間は仕事でザラ場に参加することができないので、夜間取引だけに特化することも考えていますが、現在でも睡眠不足です。このまま破産せずに続ければ、早死するに違いありません。


3月15日更新の四季報から抜粋

3197すかいらーく【連続減益】店舗純増約50(前期56増)。既存店は宅配伸長、季節商品強化、注文点数増で成長持続。人件費上昇や上期の株主優待費用12億円増が響き営業減益だが、増税影響を慎重視する会社計画は保守的。減配。

3402東レ【好転】生産トラブルと買収のれん償却で炭素繊維複合材の利益半減。中国向けABS樹脂も後半減速。一転営業減益。20年3月期は炭素繊維の採算改善。一般繊維はエアバッグ基布など産業用が数量伸長。樹脂やフィルムの原料価格も低下。特益減。

4755楽天【費用増】EC流通総額増勢、つれてカード手数料収入伸びる。投資事業も貢献続く。ただ、携帯事業立ち上げの費用は期初から重く、後半は宣伝費も膨張。前期計上の結婚相談事業売却益230億円消え営業減益。

4901富士フイルムホールディングス【改革効果】複合機は高単価品堅調。医療と産機材料も好調で営業益やや上振れ。株売却益剥落。20年3月期はデジカメ横ばいも『チェキ』好調。複合機もIT対応機拡大で堅調。構造改革効果発現し営業益続伸。

5401新日鐵住金【前進】期末IFRS移行。自動車や都市再開発向けに鋼材需要旺盛。災害や設備トラブル影響あるも値上げ進み利益好調。20年3月期は国内鋼材需要高水準。操業不調改善で粗鋼生産量増加。原料価や海外市況懸念だが連結追加もあり、利益押し上げ。

6097日本ビューホテル【増益幅縮小】ホテルは高崎店閉鎖が9億円減収影響。2年目の札幌店黒字化。改装の旗艦・浅草店も堅調だが、台風・地震で大阪店、札幌店が集客未達。遊具施設刷新の遊園地も赤字拡大の誤算。利益計画やや過大。20年4月期は大阪店黒字化。遊園地軌道化へ。

6324ハーモニック・ドライブ・システムズ 【反落】前期の駆け込み発注の反動きつい。足元、受注急降下。ただ受注残の消化進み大幅増益に。連続増配。20年3月期は主力客のロボットの回復時期不透明。競合強まる一方、増設・のれんの償却重い。減配懸念。

6954ファナック【微増益】スマホ特需収束でロボマシン反落。貿易摩擦でFA失速。減益幅拡大。過去5年分自己株取得枠で特配。20年3月期は工作機械減速でFA低調。ロボマシンもスマホ需要後退で回復鈍い。が、在庫調整進み稼働率戻り営業益微増。年金関連特益剥落。

6961エンプラス 【底ばい】半導体に顧客の在庫調整響く。オプトもテレビ主要モデル不採用が想定より痛手。営業益減額。20年3月期はエンプラは着実に増加。ただオプトと半導体は低空飛行が続く。営業益は低水準横ばい。

8591オリックス【連続最高益】生保、太陽光発電など安定収益型事業が成長。大きな事業売却益ないが純益増。20年3月期は2月フル連結の大京が通期寄与。3割出資の航空機リースも持分で貢献。配当性向30%基準で増配か。

9005東京急行電鉄【底入れ】鉄道は新型車両導入に伴う減価償却費が重い。不動産は前期の大型土地売却益消え営業減益。20年3月期は渋谷駅直上の複合施設開業で費用先行。だが利用者増え鉄道が回復。ホテル好調。連続増配か。

9006京浜急行電鉄【停滞】主柱の鉄道は羽田空港線軸に好調。前期の土地評価損消え、営業益持ち直す。20年3月期はホテル好調続く。ただ分譲マンションは販売戸数が減少、下期の空港線加算運賃引き下げも響く。営業益停滞。

9024西武ホールディングス【微増益】不動産は上期に土地売却益。都市部軸にホテルも好調。球団観客動員増も貢献。20年3月期は不動産が賃貸物件の稼働率改善。鉄道は利用者増え新型特急車両導入による減価償却費増こなす。連続増益。

9613NTTデータ【伸長】IFRS移行。公共の不採算案件が痛手、北米の想定未達を法人向けや欧州の伸長で補う。20年3月期は製造や流通向け開発で法人向け続伸。欧州好調。米国も足元受注弱いが統合費用剥落で改善。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

東証REIT指数連動型上場投信320株売却

本日1343東証REIT指数連動型上場投信を大引けで320株売却しました。注文は1000株入れてあったのですが、部分約定になってしまいました

REIT−ETF 320株売却
REIT ETF部分約定20190314
税金・手数料引き後、58486円の利益になりました。残り680株はできれば明日売却したいと思います。

本日の東証REIT指数連動型上場投信の値動き
REIT-ETF 20190314


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

IPO ミンカブ・ジ・インフォノイド200株当選

IPO 4436ミンカブ・ジ・インフォノイドが200株当選しました。
IPO ミンカブ・ジ・インフォノイド当選
「みんなの株式」を運営している会社だそうです。主幹事はSBI証券で、しかも当選株数が3151200株と多いので、当選が奇跡的とまでは言えませんが、公募割れの可能性は低そうです。
ありがたく購入申し込みさせていただきます。


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1598万円_| ̄|●

2019年3月8日終値ベースのもぐらファンド(愛称 先物大敗)です。

現在のポジション

現物株15銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション なし

2007年7月29日(ブログ開設日)から2019年3月8日までの運用成績

株式
確定損益   −589万円 (受渡日2019年3月13日まで)
含み損益  −1817万円 (2019年3月8日終値)
配当金収入  +740万円
小計    −1666万円 (先週比−75万円)

先物・オプション・FX
確定損益    +69万円 (受渡日2019年3月11日まで)
含み損益     ±0万円 (2019年3月8日夜間取引中)
 小計      +69万円 (先週比−42万円)

総計    −1598万円 (先週比−117万円)


今週の先物・オプション決済 −611014円
先物決済1
先物決済2
3月限SQ値:21348.40円


先週末の日経平均株価終値:21602円
今週末の日経平均株価終値:21025円

本日は3月限SQ日でした。SQ決済した先物ミニは全41枚(売玉14枚、買玉27枚)でした。先物・オプション口座の収支は、12月SQ時点から813960円減りました。今年の先物・オプション収支もマイナス360661円になりました。

3月6日(水)朝寄付き前は、オプション・先物口座の含み損がマイナス125580円まで改善していましたが、6日・7日の下落で含み損が一気に増えました。見込みと逆方向になった場合は、売玉と買玉の枚数を一致させてヘッジする作戦でしたが、畳の上の水練で機敏に対応できませんでした。昨日7日の日場の引けが最後のチャンスでした。迷ったあげくSQ決済に賭けたところ、7日夜から8日早朝にかけて一段安になり、損失がさらに増えました。

せめてもの救いは、今日のザラ場の下落を喰らわなかったことくらいです。本日の日経平均終値はかろうじて21000円をキープしましたが、6月限先物の日場終値は20770円と21000円を割り込んでいます。いままで決算が良くないのにもかかわらず株価が上昇してきたツケが一気に回ってきた感じです。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1481万円_| ̄|●

2019年3月1日終値ベースのもぐらファンド(愛称 空白状態)です。

現在のポジション

現物株15銘柄
現物株20190301

株式信用取引 なし

先物・オプション
先物建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2019年3月1日までの運用成績

株式
確定損益   −589万円 (受渡日2019年3月6日まで)
含み損益  −1742万円 (2019年3月1日終値)
配当金収入  +740万円
小計    −1591万円 (先週比−58万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +130万円 (受渡日2019年3月4日まで)
含み損益    −19万円 (2019年3月1日夜間取引中)
 小計     +110万円 (先週比+19万円)

総計    −1481万円 (先週比−39万円)


今週の先物・オプション決済 −409548円
先物決済1
先物決済2


先週末の日経平均株価終値:21425円
今週末の日経平均株価終値:21602円

今週、アメリカを除く全世界注目の2回目の米朝首脳会談がありました。会談前は楽観的なムードが漂っていましたが、合意できませんでした。意外な結果に、先物価格は会談終了後のナイトセッションで21280円まで下落したものの切り返し、本日の日場は21620円で引けました。

会談結果は意外でしたが、株価的にはあまり影響が出ませんでした。今回の会談結果について、朝日新聞は今日の天声人語でトランプ大統領をボロクソに批判していますが、わたしは今回のトランプ大統領の判断は正しかったと思います。朝日新聞は、かつて北朝鮮を「この世のパラダイス」と持ち上げた極左新聞です。

米中貿易戦争はすでに交渉期限延長になり、イギリスのEU離脱問題も期限延長は確実です。去年からの懸念事項がすべて先送りになり、ぽっかりと空白状態が出現しました。3月限SQまで残すところ1週間なので、この空白状態を衝いて株価が上がることを期待しています。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

オリックス新規買い

本日、8591オリックスを1610円で1000株購入しました。

オリックス約定

オリックスは、家内がずっと前から100株保有しているので、我が家では毎年株主優待を貰っています。株主優待は年1回3月末ですが、カタログから選択することができ、内容も不満ありません。配当利回りも4.71%(予想)と良いので、長期的に100株持つのは良い選択だと思います。

ただし、今回買ったのは短期売買目的です。希望小売価格1700円でさらっと逃げることを目論んでいます。

本日のオリックスの値動き
オリックス20190226



▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1442万円_| ̄|●

2019年2月22日終値ベースのもぐらファンド(愛称 先物ミニ雪隠詰め)です。

現在のポジション

現物株14銘柄
現物株20190222

株式信用取引 なし

先物・オプション
先物・オプション建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2019年2月22日までの運用成績

株式
確定損益   −589万円 (受渡日2019年2月27日まで)
含み損益  −1684万円 (2019年2月22日終値)
配当金収入  +740万円
小計    −1533万円 (先週比+78万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +171万円 (受渡日2019年2月25日まで)
含み損益    −80万円 (2019年2月22日夜間取引中)
 小計      +91万円 (先週比−4万円)

総計    −1442万円 (先週比+74万円)


今週の先物・オプション決済 +79000円
先物決済20190222


先週末の日経平均株価終値:20900円
今週末の日経平均株価終値:21425円

3月8日のSQをあと2週間後に控えて、先物ミニがいよいよ身動き取れなくなりました。今週は12回決済取引したのでスリムになったと思っていたら、先週末の売り24枚・買い21枚(建て玉45枚)から売り24枚・買い25枚(建て玉49枚)と逆に増えていました。今、改めて勘定してビックリしています。追証が発生していないのは、売玉と買玉のバランスが大きく崩れていないだけです。

2月22日午後8時時点の日経平均先物ミニの価格は1枚21455円です。21300円〜21550円の範囲内の動きでは、どう取引してよいかもう理解できないので、放置することにしました。

このレンジから出たら取引を再開しますが、どちらか片方を全決済すると追証が発生する可能性が高いので、このままホールドして3月8日にSQ決済するのがベストかもしれません。去年の12月SQ時点の先物・オプション口座の収支が+150万円(含み損を含む)だったので、2週間後の3月限SQで+100万円維持できていればもう文句ありません。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス1516万円_| ̄|●

2019年2月15日終値ベースのもぐらファンド(愛称 すかいらーくのチキンレース)です。

現在のポジション

現物株14銘柄
現物株20180215

株式信用取引 なし

先物・オプション
先物・OP建玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2019年2月15日までの運用成績

株式
確定損益   −589万円 (受渡日2019年2月20日まで)
含み損益  −1762万円 (2019年2月15日終値)
配当金収入  +740万円
小計    −1611万円 (先週比+82万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +163万円 (受渡日2019年2月18日まで)
含み損益    −67万円 (2019年2月15日夜間取引中)
 小計      +95万円 (先週比+36万円)

総計    −1516万円 (先週比+119万円)


今週の先物・オプション決済 −100382円
先物決済


先週末の日経平均株価終値:20333円
今週末の日経平均株価終値:20900円

先物取引がますます混乱しています。今週は方針を大きく変えて、決済は極力控えて建玉をどんどん蓄積してみました。先週までは売玉と買玉の枚数のバランスを一応考えていたのですが、今週はバランスも無視して建てていったところ、現時点で売り24枚、買い21枚の超肥満体になりました。建玉操作は人智を越えて、もう何が何だか分かりません。すべて3月限なのでロールオーバーせず、3月8日のSQで全部清算するつもりです。


昨日の引け後に3197すかいらーくホールディングスの本決算発表がありました。

-------------------------引用ここから------------------------
【決算速報】すかいらーく、今期税引き前は3%減益、19円減配へ

すかいらーくホールディングスが2月14日大引け後(15:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。18年12月期の連結税引き前利益は前の期比20.9%減の185億円になり、19年12月期も前期比3.2%減の180億円に減る見通しとなった。3期連続減益になる。

同時に、今期の年間配当は前期比19円減の19円に大幅減配する方針とした。

直近3ヵ月の実績である10-12月期(4Q)の連結税引き前利益は前年同期比23.9%減の30.2億円に減り、売上営業利益率は前年同期の5.7%→4.5%に悪化した。(株探ニュース)

-------------------------引用ここから------------------------

本日のすかいらーくHDの株価は前日比125円安(-6.92%)の1682円に下落しました。

わたしも株主優待を消費するためにすかいらーくのいろいろな店舗を利用しています。昼間から営業しているのでいつも一人で利用しますが、どの店にもそこそこ客は入っているので、この減益発表は意外でした。

今回は現在の優待制度を維持する方針のようですが、会社も現在の優待制度が利益を圧迫する要因の一つと認識しているので、変更されたとたんに株価がボーラクするのは必定です。いつ株主から抜けるか、チキンレースの様相を呈しています。

ところで、わたしがすかいらーくの店舗で最もコスパが良い思っているメニューは、とんから亭のかつ丼です。ごはん大盛で税込593円です。現在カレーかけ放題無料サービス中なので、わたしはかつ丼のご飯の一部とカツを別皿に取り分けて、カツカレーもいただいています。カツはやや固めですが、お腹いっぱいになります。カレーかけ放題は期間限定になっていますが、なぜかずっとやっています。それだけではありません。来店するたびに次回使える100円割引券が必ずもらえるので、2回目以降はずっと493円になります。株主優待券1枚500円を使うと、お釣りは貰えませんが余裕を持って支払いができます。わたしは用事で東久留米によく行くので利用できますが、店舗数が少ないのが難点です。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲
Profile
もぐら


HN もぐら

独特の相場観で損失を繰り返すも、35年間相場にしがみついているゴミ投機家。


過去最大損失(週末計算)
2012年8月3日
マイナス5909万円

直近最高値(週末計算)
2018年1月26日
マイナス571万円

山頭火


アクセスランキング
日経平均株価
by 価チャート「ストチャ」





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ