もぐらの株ブログ

山より大きな猪は出ない

マイナス650万円_| ̄|●

2018年1月19日終値ベースのもぐらファンド(愛称 日経平均一時24000円突破)です。

現在のポジション

現物株15銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2018年1月19日までの運用成績

株式
確定損益   −226万円 (受渡日2018年1月24日まで)
含み損益  −1532万円 (2018年1月19日終値)
配当金収入  +639万円
小計    −1118万円 (先週比−44万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +462万円 (受渡日2018年1月22日まで)
含み損益     +6万円 (2018年1月19日夜間取引中)
小計      +468万円 (先週比+6万円)

総計      −650万円 (先週比−38万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:23653円
今週末の日経平均株価終値:23808円

今週の日経平均は、18日(木)に高値24084円をつけましたが、終盤に値を崩し24000円台を維持できませんでした。今日19日(金)も24000円はおろか、23900円にもタッチできずに終わりました。こんなことを繰り返していると、24000円の抵抗線がどんどん意識されるようになってしまいます。ただし、円高傾向にもかかわらず、今週の安値も23685円と限定的で、先週妄想したようなボックス圏の動きでした。大きく押せば現物株を買いたいのですが、皆が同じようなことを考えていると思うので、大きな押し目は期待できそうにもありません。

もぐらファンドは、5401新日鉄住金が先週末3074円から今週末2915.5円と158.5円下落したのが大きく、全体として損失額が増えました。

今週は、16日(火)日場にC25000を50円、18日(木)早朝にC25500を20円で、それぞれ2枚ずつ新規売り建てています。
オプション新規売り
2月限SQは2月9日と遥か先です。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

三菱商事700株全株売却

本日、8058三菱商事700株全株を寄付き3300円で売却しました。

三菱商事 売却
三菱商事
税金・手数料引後、1057996円の利益になりました。ずいぶん前に入れた注文なので、注文したこと自体を忘れていてビックリしました。

今日の8058三菱商事の値動き
三菱商事チャート


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス612万円

2018年1月12日終値ベースのもぐらファンド(愛称 SQ値23723円19銭)です。

現在のポジション

現物株16銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2018年1月12日までの運用成績

株式
確定損益   −331万円 (受渡日2018年1月17日まで)
含み損益  −1382万円 (2018年1月12日終値)
配当金収入  +639万円
小計    −1074万円 (先週比+31万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +462万円 (受渡日2018年1月15日まで)
含み損益     ±0万円 (2018年1月12日夜間取引中)
小計     +462万円 (先週比+24万円)

総計    −612万円 (先週比+55万円)


今週の先物・オプション決済 +109136円
オプション決済
1月限SQ値:23723円19銭


先週末の日経平均株価終値:23714円
今週末の日経平均株価終値:23653円

今週の日経平均は、先週4日大発会と5日の大幅上昇の流れを引き継ぎ、連休明け火曜日の寄付き直後には23952円の高値をつけ、24000円に50円足らずまで肉薄しましたが、その後は水・木・金と3日連続で下落して、結局先週末より下げて終わりました。一方、もぐらファンドは先週に引き続き、直近最少のマイナス額更新になりました。

また本日は1月限SQでした。1月限SQ値は24000円を越えないと背後霊が予言したので、1月限C24000売り玉もそのままSQ決済しました。結局、1月限SQ値は23723円19銭でした。オプションのSQ決済画像は、上部の「今週の先物・オプション決済」に貼り付けました。

来週以降は、1月下旬から2月上旬の決算発表に対する期待と北朝鮮リスクが当面減っていることから、アメリカ市場が大きく調整しない限り、下値は限定的だと思っています。一方、円高傾向と24000円の壁も意識されることから、しばらくはボックス圏内の動きを妄想しています。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス667万円 新日鉄住金損切りシリーズその10

2018年1月5日終値ベースのもぐらファンド(愛称 いきなりクライマックス)です。

現在のポジション

現物株16銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション建て玉2


2007年7月29日(ブログ開設日)から2018年1月5日までの運用成績

株式
確定損益   −331万円 (受渡日2018年1月11日まで)
含み損益  −1413万円 (2018年1月5日終値)
配当金収入  +639万円
小計    −1105万円 (先週比+123万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +451万円 (受渡日2018年1月9日まで)
含み損益    −13万円 (2018年1月5日夜間取引中)
小計     +438万円 (先週比−14万円)

総計    −667万円 (先週比+109万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:22764円
今週末の日経平均株価終値:23714円

2018年の相場がスタートしました。昨日は大発会でご祝儀だったとしても、いきなり日経平均が741円も上昇したのには驚きました。越年したC24000売玉もあっという間にマイ転しました。

昨日はご祝儀相場だと思っていたら、今日も日経平均は208円も上昇しました。株式評論家の多くのセンセー方が予測していた今年の大納会の株価24000円にわずか2日で肉薄してしまいました。C24000売玉の含み損も大きくなっていますが無視して、1月限C24500を本日後場に10円で2枚、夕場に15円で2枚、20円で2枚、計6枚新規売り建てています。
C24500 10円売り
オプション1月5日


現物株部門では、本日午前3000円で5401新日鉄住金を100株売却しました。
新日鉄住金約定
新日鉄住金損益
今年一年の確定損益が全く分からないので100株のみの売却です。2018年早々、還付税金と手数料考慮後530453円の損失が確定しました。残4000株です。

今日の新日鉄住金の値動き
新日鉄住金チャート


今年の日本相場は総じて強気の見方が多いようです。上がる理由として「米国市場の上昇」と「国内景気の持続的回復」が挙げられています。米国市場はドンドン上がっていますが、すでに天井圏もいいところです。国内景気も今年後半には来年10月の消費税アップが視野に入って来ます。現在の国内景気は確かに良いと実感していますが、来年10月にはどうなっているか分かりません。その上、消費税もアップになれば、国内景気はどん底になる可能性もあります。むしろ景気が良いうちに前倒しして消費税を上げてしまった方が、日本経済への影響が少ないと思います。


楽しい三連休をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

大発会 デジタルアーツ200株購入

新年あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願い申し上げます


大発会寄り付きで2326デジタルアーツ200株を4500円で購入しました。

デジタルアーツ約定

もぐらファンドでデジタルアーツを取引するのは始めてですが、一字違いのデジタルハーツというIPO銘柄が当選したことがありました。しばらくデジタルハーツという名前を聞かないので調べてみたら、2013年9月26日付けで上場廃止になり、2013年10月1日付けで持ち株会社3676ハーツユナイテッドグループに移行していました。上場廃止にはなりましたが、デジタルハーツという会社は今でも健在です。

デジタルアーツはインターネットセキュリティ関連会社、デジタルハーツは専用機およびモバイル向けゲームソフトの不具合検出の会社で、どちらも「情報・通信」業種です。当時からややこしかったので、株式売買的には分かりやすくなりました。

本日のデジタルアーツの値動き
デジタルアーツ値動き



▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス775万円

2017年12月29日終値ベースのもぐらファンド(愛称 2017年大納会)です。

現在のポジション

現物株15銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション
オプション建て玉


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年12月29日までの運用成績

株式
確定損益   −278万円 (受渡日2018年1月9日まで)
含み損益  −1589万円 (2017年12月29日終値)
配当金収入  +639万円
小計    −1228万円 (先週比+35万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +451万円 (受渡日2018年1月4日まで)2017年税金支払後
含み損益     +1万円 (2017年12月29日夜間取引中)
小計     +452万円 (先週比−18万円)

総計    −775万円 (先週比+16万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:22902円
今週末の日経平均株価終値:22764円

日経平均株価
2016年大納会: 19114円
2017年大納会: 22764円 前年比:+3650円

もぐらファンド運用成績
昨年の大納会時点: −1644万円
今年の大納会時点:  −775万円 前年比:+869万円

2017年が終わりました。日経平均株価と同様に、もぐらファンドも2012年から6年連続で損失を減らすことができました。ずいぶん含み損が減りましたが、まだ守りに入るわけにはいきません。もう少しこの相場が続くことを祈念しています。もぐらファンドもこのチャンスに乗っかり、含み損をさらに減らすことが来年の目標です。2018年はどんな年になるのでしょうか?

日経平均24000円の期待も込めて、26日に1月限C24000を10円で2枚新規売り建ててみました。
オプション新規売り
ホールドしたまま越年です。


2017年の日経平均株価推移
日経平均2017年チャート


良いお年をお迎え下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

ビリングシステム薄利撤退

昨日6850円で100株買ったばかりの3623ビリングシステムですが、本日7000円で薄利撤退しました。

ビリングシステム売却
ビリングシステム譲渡益
税金・手数料引後、11058円の利益になりました。

本日のビリングシステムの値動き
ビリングシステム チャート
本日も下落しましたが、予想PERは終値6630円でもまだ167倍です。魅力的な銘柄なので、チャンスがあったらまた参戦したいと思います。


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

ビリングシステム100株買い

本日、3623ビリングシステムを6850円で100株買いました。

ビリングシステム約定

ビリングシステムは2008年3月の新規上場以来ずっとウォッチングリストに入れていたので、わたしにとっては馴染み深い銘柄です。いつかは買いたい優良株の一つでしたが、実際に買うのはずいぶん高くなってしまった今回が初めてです。

権利付最終売買日だった昨日の終値は15300円で、本日2分割になりました。配当は無いに等しい銘柄なので分割後の株価は7650円ですが、すでに超割高の上に流動性が増したためか、本日7840円で始まったあとはズルズル値下がりしました。引け間際に気がついたときには分割値より10%以上値下がりしていたので、1単元だけ恐る恐る買ってみました。

本日の3623ビリングシステムの値動き
ビリングシステムチャート



▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

マイナス792万円

2017年12月22日終値ベースのもぐらファンド(愛称 今年の個別銘柄総括)です。

現在のポジション

現物株15銘柄
現物株

株式信用取引 なし

先物・オプション なし


2007年7月29日(ブログ開設日)から2017年12月22日までの運用成績

株式
確定損益   −279万円 (受渡日2017年12月25日まで)
含み損益  −1622万円 (2017年12月22日終値)
配当金収入  +639万円
小計    −1263万円 (先週比+46万円)

先物・オプション・FX
確定損益   +471万円 (受渡日2017年12月25日まで)
含み損益     ±0万円 (2017年12月22日夜間取引中)
小計     +471万円 (先週比±0万円)

総計    −792万円 (先週比+46万円)


今週の先物・オプション決済 なし


先週末の日経平均株価終値:22553円
今週末の日経平均株価終値:22902円

来週の金曜日の定期更新は、大納会のため2017年もぐらファンド全体の決算発表になります。そこで今週の記事で今年の個別銘柄売買について総括します。

今年はたくさんの塩漬け株の損切りをしましたが、2017年当初にはこの展開は想定していませんでした。せいぜい配当金で年末に新日鉄住金を少し減らすくらいのつもりでした。

きっかけは、5月から6月にかけての2492インフォマートの暴騰です。全部売り切るつもりはありませんでしたが、どう見ても割高だったので少しずつ売却していきました。平均902円で11200株売却した時点で株価がピークアウトしました。最終的にインフォマートだけで税引き前949万円の売却益が出ました。ポートフォリオ全体では含み損が多いのに多額の税金を払うのはバカバカしいので、含み損銘柄を損切りして損益通算することにしました。

損切りする銘柄は、ポートフォリオのバランスから見ると新日鉄住金に集中すべきでしょうが、たくさんある塩漬け株のうち上昇してきた銘柄を損切りする方が確定損失額が少なく済むように思えました。そこで保有期間や損失額に関係なく、年初来高値をつけたり、チャートで目先ピークに見えた塩漬け5銘柄を年後半に次々損切りしました。

8698マネックスグループ 6月29日 全1700株損切り 平均売却価格296円
5401新日鉄住金 7月〜12月 1000株損切り 平均売却価格2800円 残4100株
3436SUMCO 10月 全2000株損切り 平均売却価格2090円
8473SBIホールディング 10月〜11月 全900株損切り 平均売却価格1853円
5202日本板硝子 11月7日 全500株損切り 売却価格999円

死んだ子の歳を数えても仕方ありませんが、売却後の各銘柄の値動きはどうしても気になります。

8698マネックスグループ:12/22終値323円、保有していたら+45900円
5401新日鉄住金:12/22終値2863.5円、保有していたら+63500円
3436SUMCO:12/22終値2948円、保有していたら+1716000円
8473SBIホールディング:12/22終値2424円、保有していたら+513900円
5202日本板硝子:12/22終値1045円、保有していたら+23000円

損切りせず全部ホールドしていたら、12/22終値時点で2362300円も含み損が減っていました_| ̄|●

ただし、2492インフォマートを5月〜6月の暴騰時に利確しなかったら、12/22終値657円なので、現在より2744000円マイナスになります。したがって、インフォマートと上記塩漬け株5銘柄を全部鬼ホールドしていたら、現時点より381700円含み損が増えていたことになります。結局、インフォマート利確+年末に新日鉄住金単独損切りで損益通算が正解でした。


楽しい週末をお過ごし下さい


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲

アルヒ500株新規買い

本日、12月14日に上場したての7198アルヒを1280円で500株新規購入しました。

アルヒ約定

アルヒはIPOのBBで300株当選(@SBI証券)していましたが、仮条件上限の1340円より下の1300円で公募価格が決定したので、迷った挙句当選を辞退しました。

初値は公募割れの1280円でした。12月のIPOラッシュで初値が公募割れになったのは、今までのところこの銘柄だけです。しかし初値決定後すぐに公募価格1300円を越え、高値1340円までありました。

売り出し枚数も多く、業種も華やかさはありませんが、購入を迷ったときに配当も良さ気で業績もしっかりしているので、じっくり持つのには良いのでは?と思いました。「醜いアヒルの子」のように、将来きれいな白鳥になってくれるでしょうか?

7198アルヒ新規上場後の値動き
アルヒチャート


▲『もぐらの株ブログ』トップに戻る▲
Profile
もぐら


HN もぐら

独特の相場観で損失を繰り返すも、30年間相場にしがみついているゴミ投機家。


過去最大損失(週末計算)
2012年8月3日
マイナス5909万円

直近最高値(週末計算)
2018年1月12日
マイナス612万円

山頭火


アクセスランキング
日経平均株価
by 価チャート「ストチャ」





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ